結婚式場の画像

ブライダルフェアは、真剣に式場探しをしているカップルのみが参加できるイベントだと考えていませんか。

このページでは、「ブライダルフェアをデート感覚で楽しむ方法」から「彼に重たいと思われない誘い方のポイント」まで紹介しています。

「こちら」

ブライダルフェアを気軽にデート感覚で楽しんでみましょう。

ブライダルフェアをデートに誘うと重いと思われる?

結婚式場の画像

ブライダルフェアにパートナーを誘うことは、決して重たいことではありません。

たしかに付き合って数日の場合では、ブライダルフェアに誘ってしまうと相手に重たいと思われてしまうこともあります。

しかし常識的な期間を交際しているカップルや、お互いが結婚を意識しているようなカップルであれば、ブライダルフェアに誘っても問題ないのではないでしょうか。

ブライダルフェアの誘いはプレッシャーに感じるもの

結婚式場の画像

ブライダルフェアに誘うことは決して重たいことではないといいましたが、実際には多くの男性がブライダルフェアに誘われると「早く結婚したい」と言われているようでプレッシャーに感じるそうです。

そのためパートナーが「ブライダルフェアは結婚式を今すぐ挙げる人が行くもの」と認識しているのであれば、ブライダルフェアはデート感覚で気軽に参加できるものだと伝えておきましょう。

ブライダルフェアに参加することは、今すぐ結婚式を挙げたいというアピールではないことを、きちんと理解してもらうことが大切なのです。

ブライダルフェアに消極的な男性には試食会が有効!

試食会の画像

男性は女性よりもブライダルフェアや結婚準備に関して、消極的だと言われています。

男性のほうが結婚というものに対して知識が乏しかったり、多くの男性は結婚式の主役は花嫁だと考えていることが原因になっているからです。

もしも彼がブライダルフェアに参加したくないと考えているのであれば、無料の試食会を話題に出し彼の興味を引いてみましょう。

マイナビウェディングの調査では、男性の9割が「お肉を無料で食べられるブライダルフェア」「コース料理を無料で食べられるフェア」には、これなら行きたい!と回答しています。

「ポイント」

消極的な彼をうまくブライダルフェアに誘うには、試食会を活用してみるのがベストなのではないでしょうか。

ブライダルフェアをデート感覚で気軽に楽しむコツ

結婚式場の画像

彼とブライダルフェアをデート感覚で楽しむためには、ある程度のコツを知っておくことも大切です。

  • 夜デートにはナイトブライダルフェアがおすすめ
  • ウェディングドレス試着で花嫁気分に!
  • 試食目当てでもOK!試食内容が豪華な式場を狙ってみて

夜デートにはナイトブライダルフェアがおすすめ

結婚式場の画像

普段からしている、ありきたりなデートコースにナイトブライダルフェアを取り入れてみませんか。

ブライダルフェアの中には平日の夜17時半以降に開催されている、ナイトブライダルフェアというものがあります。

平日の夜におこなわれているブライダルフェアのため、もちろん試食会に参加することもできますし、夏であればビアガーデンなどの体験もすることができます。

最終受付時間もほとんどの式場が20時までになっているので、仕事の終わる時間が遅いカップルでも安心して参加することが可能です。

ウェディングドレス試着で花嫁気分に!

ウェディングドレスの画像

ブライダルフェアでは、ウェディングドレスの試着会に参加することもできます。

女性であれば、誰もが一度はウェディングドレスを着てみたいと考えますよね。

ブライダルフェアでおこなっているウェディングドレスの試着会であれば、無料でドレスを着ることができるだけでなく写真などに残しておくことも可能です。

「ポイント」

普段とは違うデート気分を味わうためにも、試着ができるブライダルフェアを選択してみてはいかがでしょうか。

試食目当てでもOK!試食内容が豪華な式場を狙ってみて

試食の画像

ブライダルフェアにデート感覚で気軽に参加するのであれば、豪華な試食目当てで参加したいという人も多いと思います。

ブライダルフェアに試食目当てで参加することは悪いことのように感じてしまいますが、実際には全く問題はありません。

試食目当てに関しては、「ブライダルフェアの試食会に行こう!本当に無料?試食目当てはOK?」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

彼に重たいと思われない誘い方って?気をつけるべき3つのポイント

結婚式場の画像

彼をブライダルフェアに誘うときには、絶対にやってはいけないポイントがあります。

先輩花嫁と同じ失敗をしてしまわないためにも、ブライダルフェアの誘い方には注意しましょう。

  • 勝手にブライダルフェアの予約をする
  • 会話の中で「結婚」というワードを頻繁に使う
  • 何度もブライダルフェアに誘う

勝手にブライダルフェアの予約をする

彼をブライダルフェアに誘う時は、何月何日に予約をしておいたから、という自分勝手な意見を押し付けてしまってはいけません。

ほとんどの男性は、勝手にブライダルフェアの予約をして連れていかされることに、嫌悪感を抱いてしまいます。

ブライダルフェアを強制されてしまうことで、結婚への意識がさらに低下してしまうのです。

勝手にブライダルフェアの予約をするのではなく、きちんとパートナーと話し合ってから予約をするようにしましょう。

会話の中で「結婚」というワードを頻繁に使う

会話の中で結婚というキーワードを頻繁に出してみたり、結婚式やブライダルフェアの話をしてしまうと、パートナーは結婚すること自体にプレッシャーを感じてしまいます。

ブライダルフェアに誘う勇気が出ないからといって、結婚情報誌をわざとらしく置いておいたり、友達や親戚の結婚話を頻繁にするなど遠回しにアピールしすぎるのは、姑息な手段だと思わることがあるのです。

ブライダルフェアに一緒に参加しようと誘うときは、直接堂々と言うことが一番有効なのではないでしょうか。

何度もブライダルフェアに誘う

最後に気をつけることは、一度断られたからといって何度も何度も誘ってしまわないことです。

もしもパートナーが断った理由を聞くことができるのであれば理由を聞き、問題をクリアできるブライダルフェアを探すのがベストになります。

ブライダルフェアに誘うことは悪いことではありませんが、了承してくれないからといって何度も誘ってしまわないように気をつけましょう。

大学生カップルが参加しても冷やかしにならない?

学生カップルの画像

ブライダルフェアは大学生カップルのような場合でも、問題なく参加することができます。

しかし相談会やアンケートの記入において職業や年齢を聞かれることがあるため、少し居心地悪く感じてしまうかもしれません。

スタッフさんに冷やかしで参加していると思われていないか、不安な気持ちになってしまうかもしれませんが、結婚式に関する情報収集だということを事前に伝えておくと安心して参加することができます。

ブライダルフェアは気軽にデート感覚で参加してみよう!

結婚式場の画像

ブライダルフェアの参加は想像しているほどハードルの高いものではなく、デート感覚で気軽に参加できるものになります。

結婚式を挙げる予定が今すぐなくても、ブライダルフェアでもらえる見積書をもとに貯蓄をスタートさせることもできます。

将来的に、いざ結婚式を挙げようとした時に困ってしまわないためにも、早くからブライダルフェアに参加しておくのがいいのではないでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら