結婚式場の画像

彼が結婚式の準備を手伝ってくれない、という問題に陥っているプレ花嫁は多いのではないでしょうか。

実際に口コミサイトでも、どうしたら彼が準備に積極的になってくれるのかという質問をよく目にします。

このページでは、「結婚式の準備を手伝わせる方法」から「やる気の出させかた」を紹介しています。

「ポイント」

彼の結婚式のモチベーションを上げるコツを、学んでおきましょう。

彼が結婚式の準備を手伝ってくれないのはなぜ?

結婚式場の画像

男性が結婚式の準備を手伝わないのは、女性が主役と考えている人が多いからではないでしょうか。

結婚式は花嫁のためだから好きにさせてあげるのが新郎の役目だと、勘違いしている人が多いのも原因です。

多くの男性は結婚式の準備がどれほど大変で、やるべきことが多いのかを知りません。

彼に結婚式の準備を手伝ってもらうためには、結婚式に対する考え方から変えていく必要があるのです。

男性の約50%は結婚式を実はやりたくないと思っている

彼が結婚式の準備を手伝ってくれない原因には、実は結婚式を挙げたくないと考えているケースもあります。

実際にT-SITEがおこなったアンケートでは、70%以上の男性が結婚式をあげなくてもいいと回答していました。

結婚式をあげなくてもいいと思いますか?
はい 73.0%
いいえ 27.0%

多くの男性が結婚式は女性のためだと考えているため、両親やお世話になった人への感謝を示す場所だということを忘れています。

もしも彼が結婚式を挙げたくないと考えているようであれば、おそらく結婚式の準備をお願いしても時間の無駄など考えてしまうでしょう。

彼が妥協して結婚式を挙げてくれるのであれば、そもそも結婚式の準備を手伝ってもらえるものだと考えないのが得策です。

そもそも手伝ってもらえるものだと思っていてはダメ

彼が結婚式に無関心な場合、そもそも結婚式の準備は手伝ってもらえると考えてはいけません。

結婚式に対するモチベーションが違うので、自分の価値観を押し付けても嫌悪されてしまうだけです。

結婚式の準備は彼に頼るのではなく、花嫁だけで進めていくことを前提にしましょう。

時間があまりないのであれば、思い切って業者などにお願いをするのも選択肢の一つです。

結婚式の準備に追われて精神的にも肉体的にもボロボロになっていては、結婚式を万全の状態で迎えられません。

手作りアイテムを作るのも大事ですが、自分の出来る範囲内で準備を進めていきましょう。

お願いごとは期限を決めて具体的に説明する

結婚式場の画像

結婚式の準備をすすめていくと、新郎側のゲストや両親の意見など新婦だけでは把握しきれない部分が出てきます。

結婚式の準備では、どうしても新郎にリストアップや伝言などをお願いしなくてはいけません。

そんな時は大雑把に招待客のリストを出しておいてほしいとお願いするのではなく、具体的に名前を書きだしてもらうようなお願いの仕方にしましょう。

ただ単にリストを出しておいてほしいというお願いの仕方だと、ミスや漏れが多く二度手間になるケースがあります。

彼にお願いごとをするときは具体的に説明し、出来上がりの期日を決めておくのがおすすめです。

結婚式は準備期間が何ヶ月もあるため、タイムリミットがいつまでなのか明確にしておかないと、いつまでもずるずると準備をしないままになる危険があります。

結婚式に関する段取りについては下記の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

お願いごとをする際、期限を決めるのに役立つと思います。

結婚式までの段取りは?プロポーズから挙式後までの流れを準備期間ごとに解説!

結婚式の準備は段取りが大切!プロポーズから結婚式までの段取りチェックシートで流れをつかもう。準備期間の日数別に段取りをまとめました。結婚式の準備期間は最短で3ヶ月あれば大丈夫!最短結婚式当日の新郎新婦のスケジュールを解説!結婚準備は段取りが悪いとトラブルの原因になるので要注意!

無理に手伝わせるのではなく最終的な決定のみ二人で考える

結婚式の準備はBGMやタキシードなど、自分一人では決めることができない部分もあります。

そんなときは、まず新婦が選択肢を最小限にまで絞り最終的な決定のみを二人で考えるようにしましょう。

たとえば引き出物はどんなものがいいかと質問するのではなく、引き出物はAとBのどちらがいいのか質問するなど、選択肢を減らします。

そうすることで何かトラブルが起きた時に、新婦一人で勝手に決めたと言われることもなくなりますし責任感も生まれます。

無理に手伝ってほしいとお願いするのではなく、最終的な決定のみ二人で考えていくと喧嘩もなくスムーズに準備をすすめられるでしょう。

パートナーと喧嘩になる可能性が高いのであれば、下記の記事で紹介している仲直りの方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

結婚式の準備で喧嘩してしまった時はどうするの?仲直りの方法とは

結婚式の準備中にパートナーと喧嘩になってときはどうするの?対処法や原因を紹介しています。喧嘩になりやすいカップルにある特徴と、問題なくすすめられるカップルの特徴を徹底解説!誰でもできる仲直りの方法をチェックしておきましょう。

結婚式の準備で彼にやる気を出させる3つのコツ

結婚式場の画像

彼が結婚式の準備に無関心だとしても、少しでもやる気を出してもらいたいものですよね。

彼が結婚式の準備に積極的になるようなコツを紹介したいと思います。

  • 少しの手伝いでも大げさに感謝する
  • 得意分野の準備を任せる
  • 家の中ではなく外で話し合いをしてみる

少しの手伝いでも大げさに感謝する

結婚式の準備で大事なのは、少しの手伝いでも大げさに感謝することです。

結婚式準備は手伝ってもらうのが当たり前という考え方では、もう手伝わないと言われてしまいます。

どんな些細なこと手伝ってもらえたら、感謝を忘れないようにしましょう。

得意分野の準備を任せる

結婚式の準備の中には招待状の作成やBGM選び、演出の内容決めなど様々なものがあります。

彼にやる気を出してもらうには、彼が一番得意としているものを手伝ってもらいましょう。

彼の得意なことであれば興味も湧きやすいですし、自分がやるよりも良いものができ上がる、などの理由で誘導もしやすいです。

結婚式に対する興味を持ってもらうためにも、彼の得意分野で手伝いをしてもらいましょう。

家の中ではなく外で話し合いをしてみる

結婚式の準備を進めていくなかで意外とおすすめなのが、家でなくカフェで話し合うことです。

家で話し合いをしていると、どうしても周りのものに気が散ってしまいます。

外であれば周りの目もあるため、激しい言い合いなどになる心配がありません。

お互い冷静になって話し合えるので、外でおこなうのがおすすめなのです。

頼んだ後は放っておくのがベスト

結婚式場の画像

結婚式の準備で彼に何かお願いごとをした後は、すぐに準備にとりかかってほしいのが本音だと思います。

しかし、焦って「なんですぐに準備をしてくれないの?」などと声をかけるのはやめましょう。

出来あがりに指定した期間までは、長い目で待つことが重要です。

まだ期限もきていないのに催促ばかりをされていては、積極的に準備を進める気力がなくなってしまいます。

結婚式の準備でお願いごとをした後は、期限になるまで放っておくのがベストです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1