結婚式場の画像

結婚式を検討しているプレ花嫁の中には、ゲストの人数が多すぎることで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

大人数だから会場の選択肢が少ない、ゲスト全員に楽しんでもらえる自信がないなど、多くの不安を抱えていると思います。

このページでは、「大人数の結婚式を挙げるメリット・デメリット」から「大人数結婚式の費用を抑えるコツ」まで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

「こちら」

少人数結婚式が流行している中でも、大人数を選択する人は決して少なくありません。

大人数での結婚式を検討しているのであれば、式場検索サイトを利用してブライダルフェアに参加するのがおすすめです。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

ブライダルフェアに行くだけで商品券がもらえるキャンペーンはこちら

何人以上が大人数?招待するゲストは平均何人?

結婚式場の画像

結婚式を控えている人の中には、ゲストが100人以上になる、大人数結婚式を検討している人もいるのではないでしょうか。

最近は家族や親族のみで挙げる少人数結婚式や、二人だけで挙げる結婚式が注目されていますが、会社や親族の関係で大人数になってしまうケースも、決して少なくありません。

大人数での結婚式を挙げる場合は、式場の選択肢が限られてしまうため、あらかじめポイントを抑えておきましょう。

結婚式に招待するゲストの全国平均は70.2人

大人数結婚式といっても、何人程度から大人数に当てはまるのか分からない、という人もいると思います。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、結婚式に招待したゲストの人数は全国平均70.2人でした。

地域によってゲストの平均人数は違いますが、おおよそ100人以上を目処に大人数結婚式と呼ばれています。

大人数の結婚式を挙げるメリット・デメリット

結婚式場の画像

結婚式は、どんなスタイルを選択してもメリットやデメリットが存在します。

大人数での結婚式にもメリットやデメリットがありますが、考慮したうえで選択するのであれば問題ありません。

あらかじめメリットやデメリットについて理解し、自分たちに合ったスタイルを選択しましょう。

大人数結婚式のメリット

大人数結婚式で得られるメリットは、以下のとおりです。

  • 呼びたいゲストは全員招待できる
  • 派手な演出でも見劣りしない
  • 多くの人から祝福してもらえる

大人数結婚式なので呼びたいゲストを全員招待でき、派手な演出を取り入れても見劣りしないのがメリットです。

そのうえ大人数結婚式は多くの人から祝福してもらえるので、人生で一度の大切な思い出になります。

大人数結婚式のデメリット

大人数結婚式を選択するデメリットは、以下のとおりです。

  • 大人数結婚式に対応している式場が少ない
  • 結婚式の準備に時間がかかる
  • 一人一人に感謝を伝える時間が少ない

最近は少人数結婚式の需要が高まっているため、大人数での結婚式に対応できる式場が減っています。

式場選びは必要以上に時間がかかりますし、氏名や住所の確認作業にも多くの時間を割かなければいけません。

当日も、一人一人に感謝の気持ちを伝える時間を確保できないので、アットホームな結婚式にできないのがデメリットです。

大人数の結婚式にかかる費用はいくら?

結婚式場の画像

大人数結婚式を検討している人のほとんどは、費用について不安に感じているのではないでしょうか。

結婚式は招待するゲストの人数が多いほどお得になると言われていますが、実際は人数に比例して自己負担額も上がるのが一般的です。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、ゲスト一人あたりにかかる費用は約6.4万円という結果になりました。

このアンケート結果を利用して、大人数での結婚式にかかる費用を計算してみましょう。

100人規模の場合

ゲスト100人 × 6.4万円 = 640万円

150人規模の場合

ゲスト150人 × 6.4万円 = 960万円

200人規模の場合

ゲスト200人 × 6.4万円 = 1,280万円

上記の計算で割り出した費用は、あくまで計算上の金額です。

式場によって平均費用は異なるので、あくまで参考程度に確認しておきましょう。

自己負担額を計算するなら、ご祝儀予測が必要になる

結婚式に必要な費用は上記の計算で割り出せますが、新郎新婦が全額負担するわけではありません。

結婚式ではゲストからご祝儀をいただけるため、ご祝儀で費用をまかなうのが一般的です。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、ゲスト一人あたり3.3万円がご祝儀の平均金額になっていました。

上記のアンケート結果を利用すると、100人規模の結婚式では330万円、150人規模の結婚式では495万円、200人規模の結婚式では660万円のご祝儀が期待できます。

しかし、新郎新婦が実際に負担するのは、結婚式にかかる費用から予想できるご祝儀の金額を引いた金額です。

人数 費用 ご祝儀予想 自己負担額
100人規模 640万円 330万円 310万円
150人規模 960万円 495万円 465万円
200人規模 1,280万円 660万円 620万円

計算したご祝儀の金額をふまえると、自己負担額は半値程度になることが予想できます。

また計算したご祝儀の金額は、あくまで予想になり、確実にもらえる金額ではないと理解しておきましょう。

大人数結婚式でも使える!費用を抑える3つのコツ

結婚式場の画像

大人数結婚式は一般的な結婚式よりも費用が高くなりがちですが、安くを抑える方法は数多くあります。

ゲストにケチっていると思われないためにも、ドレスや装花を我慢するのではなく、賢く費用を抑える方法を身につけましょう。

  • 大人数結婚式に慣れている式場を選択する
  • DIYアイテムを増やして節約する
  • 式場検索サイトの「特別割引」を利用する

大人数結婚式に慣れている式場を選択する

まずは式場選びをする際、大人数結婚式に慣れている式場を選択しましょう。

大人数に対応できる会場は数多くありますが、実際に大人数結婚式を挙げた経験が少ないケースもあります。

大人数結婚式に慣れていないと、見積書に漏れがあるケースが多く、後々足りないものをプラスされることが考えられます。

費用のアップを未然に防ぐためにも、大人数結婚式に慣れている式場を選択するのがおすすめです。

DIYアイテムを増やして節約する

結婚式の費用を節約するのであれば、装飾アイテムなどを手づくりしてみましょう。

ウェルカムボードやプチギフトなど、手作りするだけで費用を抑えられるアイテムは数多くあります。

招待状や席次表のDIYは、花嫁の中でも常識になりつつあり、専用キットなども販売されているので簡単に作成できます。

式場検索サイトの「特別割引」を利用する

結婚式の費用を抑えたいのであれば、式場検索サイトが提供している「特別割引」の利用を見逃してはいけません。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトは、自分で交渉する以上に高い割引率のプランを準備しています。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、結婚式の費用を最大50%割引できます。

大人数結婚式を成功させるために必要なポイント

結婚式場の画像

最近は大人数結婚式を挙げる人が減ってきているため、ポイントを抑えておかないとゲストにつまらなかった、と思われることがあります。

ゲスト全員に満足してもらうためにも、大人数での結婚式を成功させるポイントを確認しておきましょう。

  • 演出や余興、スピーチに時間をとりすぎない
  • テーブルや椅子の間隔を十分確保する
  • 料理や引出物のランクを落とさない
  • 結婚式の準備や確認作業は早めにとりかかる

大人数での結婚式を挙げるのであれば、ゲストに関わる項目は入念にチェックする必要があります。

演出や余興、スピーチに時間をかけすぎず、リラックスして過ごせるようにテーブルや椅子の間隔には気を配ります。

料理や引出物のランクは落とさず、ゲストには最高級のおもてなしを心がけましょう。

「こちら」

ゲスト一人一人のことを考え、早くから準備をスタートさせると、満足できる結婚式を挙げられます。

大人数だからこそ盛り上がる!おすすめの演出まとめ

結婚式の画像

大人数での結婚式は、会場の大きさによって見える範囲が制限されるため、できる演出も少なくなります。

ゲスト全員に楽しんでもらうためにも、さまざまな角度から検討し、演出を決めていきましょう。

  • プロのマジシャンや芸人さんに依頼する
  • 遠くからでも見て楽しい「ドリップケーキ」
  • 誰でも利用できる大規模なフォトブース

プロのマジシャンや芸人さんに依頼する

100人以上ものゲストを楽しませたいのであれば、プロの力に頼るのも一つです。

マジシャンや芸人さんなど、ステージに慣れている人のほうが、ゲストも安心して見ることができます。

身内ネタで盛り上がる心配がなく、老若男女に対応できるため、大人数結婚式に向いている演出です。

遠くからでも見て楽しい「ドリップケーキ」

結婚式といえばケーキ入刀が重要なイベントになりますが、大人数結婚式の場合、後ろの人まで見えない可能性があります。

そのため、最近注目を集めているドリップケーキを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ドリップケーキとは、新郎新婦がウェディングケーキの上からメープルやイチゴソースを垂らし、初めての共同作業を彷彿させる演出です。

ケーキの上にソースが垂れていく演出は、色味の変化も楽しめるため、遠くからでも印象に残ります。

誰でも利用できる大規模なフォトブース

大人数のゲストに楽しんでもらうのであれば、誰でも利用できる大規模なフォトブースを準備するのがおすすめです。

フォトプロップスなどのアイテムを用意しておくと、新郎新婦がいない待ち時間や空き時間でも楽しめます。

チェキやコルクボードなどを置き、撮った写真にメッセージ入れて飾ってもらうのもいいかもしれませんね。

大人数結婚式をお得に実現させるならハナユメがおすすめ

ハナユメの画像

100人以上の大人数結婚式をお得に挙げたいのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

結婚式はゲストの人数が多いほど得をすると思われがちですが、実際は人数に比例して費用がアップしていきます。

しかしゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で値引き交渉する以上に高い割引率が適応されます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、キャンペーンで40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引されます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1