結婚式の画像

すでに入籍は済んでいるため結婚はしているものの、ブライダルフェアに参加したいと考えている人は比較的多いのではないでしょうか。

結婚式を挙げていないからという理由の人だけでなく、中にはもう一度結婚式場の雰囲気を味わいたいと思っている人もいると思います。

このページでは、「既婚者でもブライダルフェアに参加できるパターン」から「既婚者がブライダルフェアに参加する時に気をつけること」まで紹介しています。

「こちら」

既婚者でもブライダルフェアに参加することは可能ですよ。

そもそもブライダルフェアは既婚者でも参加できるの?

結婚式の画像

ブライダルフェアは結婚式を検討している人が結婚式場探しをする際に参加するイベント、というイメージがありますよね。

しかし、実際にはどのような人であっても参加できるイベントになります。

そのため結婚式場探しをしている人はもちろんのこと、結婚式をすでに挙げた既婚者であっても参加できないということはありません。

なぜなら、式場側は実際に結婚式を挙げた人なのか確認する手段がないのです。

既婚者であっても結婚式を挙げたことがあることを黙って参加してしまえば、参加を断られるようなことはありません。

結婚式を挙げた既婚者がブライダルフェアに参加する時は、真剣に式場探しをしているカップルの邪魔をしてしまわないように配慮することがマナーになります。

既婚者でもブライダルフェアに参加できるパターンとは

ブライダルフェアの画像

既婚者でもブライダルフェアに参加することができるといいましたが、実際には悪いことをしているようで罪悪感が生まれてしまうものですよね。

しかし、既婚者でも罪悪感に襲われることなくブライダルフェアに参加できるケースもあります。

今から紹介するケースに当てはまるのであれば、既婚者であっても気軽にブライダルフェアに参加してみてはいかがでしょうか。

  • 入籍は済んでいるが結婚式は挙げていない
  • 結婚式を検討している家族や友人などの付き添い
  • ブライダル関係の仕事をしている

入籍は済んでいるが結婚式は挙げていない

既婚者ということは、すでに入籍を済ませている夫婦ということになります。

しかし入籍をしているからといって、どの夫婦も結婚式を挙げているとは限らないですよね。

既婚者でも結婚式を挙げていなければ、たとえ何歳になってもブライダルフェアに参加することができます。

ブライダルフェアに参加している人の中には子連れの人もいますし、高齢の夫婦が参加していることも少なくありません。

何年も前に入籍をしているから結婚式を挙げてはいけないなんてルールはないですし、結婚式を挙げていないのであればブライダルフェアに参加するべき人になります。

「こちら」

既婚者であるからといって、結婚式を挙げていないのであればブライダルフェアの参加を躊躇する必要はないのです。

結婚式を検討している家族や友人などの付き添い

ブライダルフェアは、必ずしもパートナーと二人で参加しなくてはいけない訳ではありません。

友人や両親、姉妹などの身近な人と参加している人も少なくないのです。

そのためすでに結婚式を挙げているような既婚者は、結婚式を検討している人の付き添いで参加するのが一番自然な参加方法になります。

そのうえ結婚式を検討している家族や友人にとっては、結婚式を経験している人からのアドバイスは貴重なものになりますよね。

「ポイント」

周りに結婚式を検討している人がいるのであれば、一緒にブライダルフェアに参加してみてはいかがでしょうか。

ブライダル関係の仕事をしている

ブライダル関係の仕事をしている人の場合、既婚者であってもブライダルフェアに参加するケースは少なくありません。

装花のアレンジの勉強や情報収集など、様々な知識を得るためにブライダルフェアに参加することはよくあるケースなのです。

もしもブライダル関係の職に就いているのであれば、気軽にブライダルフェアに参加できるのではないでしょうか。

既婚者がブライダルフェアに参加する時に気をつける3つのポイント

ブライダルフェアの画像

ブライダルフェアに既婚者が参加する時は、あらかじめ気をつけるべきポイントを理解しておかなければいけません。

ブライダルフェアは誰でも参加できるイベントですが、結婚式場側は成約してもらうことが第一になります。

そのため、すでに結婚式を挙げた既婚者がブライダルフェアに参加する時は、ある程度の配慮が必要になるのです。

  • アンケートの記入で嘘をつかない
  • あくまでも付き添いで来たことを伝えておく
  • 式場探しをしているカップルの邪魔をしない

アンケートの記入で嘘をつかない

ブライダルフェアに参加をすると、ほとんどの結婚式場でアンケートの記入をすることになります。

アンケートには電話番号や住所だけでなく予算や招待するゲストの人数など、結婚式に関する情報を細かく記入しなくてはいけません。

しかしすでに結婚式を挙げている既婚者の人がブライダルフェアに参加をするということは、アンケートの内容も嘘になってしまいますよね。

そんな時はアンケートの記入をする前に、結婚式場の見学に来ただけなので結婚式の予定はありません、と伝えておくようにしましょう。

あえて既婚者であることを隠す必要はないですし、アンケートに記入する個人情報を偽る必要もありません。

あくまでも付き添いで来たことを伝えておく

結婚式を検討している家族や友人の付き添いでブライダルフェアに参加するのであれば、プランナーさんには付き添いで参加している旨をきちんと伝えておきましょう。

付き添いで参加しているということをきちんと伝えておけば、結婚式を挙げる予定がないままブライダルフェアに参加していても罪悪感に襲われることはありません。

「こちら」

もちろんプランナーさんも理解してくれるので、アンケートの記入などをする必要もなくなります。

真剣に式場探しをしているカップルの邪魔をしない

結婚式をすでに済ませている人がブライダルフェアに参加する時に一番気をつけなければいけないことが、真剣に結婚式場探しをしているカップルの迷惑になるような行為は絶対にしないことです。

ブライダルフェアは参加人数が限られているようなものや、高級食材を使用した婚礼料理の試食会などが開催されています。

結婚式を検討している人にとっては貴重なブライダルフェアになりますが、結婚式を挙げる予定のない既婚者の人が参加してしまっては、真剣に式場探しをしている人の迷惑になってしまいますよね。

「こちら」

既婚者であってもブライダルフェアに参加することはできますが、内容によっては自重をすることも必要になってきますよ。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら