ブライダルフェアは今すぐ結婚式を予定していない人でも参加できる?

ブライダルフェアに参加できるのは、今すぐ結婚式場を探している人のみだと思っていませんか。

実は、ブライダルフェアは結婚式の予定が決まっていない人でも、気軽に参加することができるのです。

結婚式は、女性であれば一度は夢見るものですよね。

小さい頃の将来の夢が「お嫁さん」だった、という人も多いのではないでしょうか。

ウェディングドレスを着たり、チャペルや教会に行くことは大人になった今でもワクワクするものです。

ブライダルフェアでは、誰もがそんなワクワクするような体験ができます。

今すぐ結婚式を挙げる予定がないからといって、ブライダルフェアに参加してはいけない、というルールもありません。

「ポイント」

試食会やドレスの試着会を目的として参加しても、全く問題ないのです。

結婚式を挙げない人と結婚式の予定がない人は違う

結婚式の予定がない人

ブライダルフェアは結婚式の予定がない人でも参加できると説明してきましたが、結婚式を挙げない人と結婚式の予定がない人は違います。

どちらも今すぐ結婚式は挙げないという意味ですが、将来結婚式を挙げたい、という意思があるかないかの違いがあります。

ブライダルフェアは、結婚式の予定がない人であれば参加しても問題ありませんが、結婚式を挙げない人であれば参加するべきではありません。

結婚式を挙げない

結婚式を挙げない人というのは、結婚式を挙げる意思が全くない人だけでなく、すでに結婚式を挙げている既婚者など、結婚式を挙げる可能性がこの先100%ない人が含まれます。

ブライダルフェアは結婚式場の見学なので、やはり結婚式を挙げる意思のない人は参加するべきではありません。

ブライダルフェアで無料の試食ができるからといって、結婚式を挙げた既婚者の人が参加していては式場側としても少し迷惑ですよね。

もし自分が将来100%結婚式を挙げることがないのであれば、常識やモラルを考えてブライダルフェアに参加するのはやめましょう。

結婚式の予定がない

結婚式の予定がない人とは一般的に、パートナーはいるが結婚式の日程が決まっていない人、を思い浮かべますよね。

しかし、パートナーはいないが将来結婚式を挙げたい気持ちが1%でもある人、も含まれているのです。

そのためブライダルフェアは、結婚相手がいる人のみが参加できるイベントだ、という考え方は間違っています。

実はブライダルフェアには、友人同士で参加している人も数多くいるのです。

たとえ結婚相手が決まっていなくても、将来1%でも結婚式を挙げる可能性があるならばブライダルフェアに参加しても問題ありません。

結婚式を予定していないカップルでも式場にはメリットがある!

結婚式を予定していないカップルでも式場にはメリットがある

結婚式を予定していないカップルでもブライダルフェアに参加するだけで、式場には多くのメリットがあります。

そのため無料で様々な体験をさせてもらうことに、負い目を感じることはありません。

式場には多くの人が足を運んでくれるだけで、得られるメリットがあるのです。

将来結婚式を挙げるかもしれない

今すぐ結婚式の予定がない人でも、ブライダルフェアに参加することで式場を気に入り、将来結婚式をその式場で挙げることになるかもしれません。

ブライダルフェアに参加することで、結婚式の予定をしていなかったカップルが真剣に結婚式について考え始めるかもしれないですし、やりたい演出や着たいドレスを目標として結婚式を目指す人が出てくるかもしれません。

結婚式場にとっては、結婚式を挙げる人が増えることが一番の利益に繋がります。

目先の契約という利益だけを求めてはいないのです。

口コミで広めてくれるかもしれない

インスタ画像

結婚式の予定がない人がブライダルフェアに参加しても、その後口コミなどで式場の情報を広めてもらえることがあります。

最近では親戚や友人だけでなく、SNSで不特定多数の人に発信されることもありますよね。

結婚式場はブライダルフェアに参加してくださった人だけでなく、その先にある小さな可能性も視野に入れています。

そのためブライダルフェアは結婚式の予定がない人でも、足を運んでくださるだけで意味があるのです。

実は参加するだけでこんな役割にもなっています

ブライダルフェアに参加するだけでこんな役割にもなっています

結婚式の予定がないのにブライダルフェアに参加するなんてやっぱり気が引けてしまう、と考えていませんか。

そんな人はブライダルフェアに参加することは式場のお手伝いをしていることだ、という意識で参加してみてはいかがでしょうか。

実はブライダルフェアに参加することは、意外なところで式場のお手伝いをしていることがあるのです。

式場選びをしている人の影のお手伝い

ブライダルフェアでは結婚式の予定がない人だけでなく、真剣に式場選びをしているカップルもいますよね。

もしも自分が結婚式場を選ぶのであれば、あまり人がいないような式場よりも多くの人がブライダルフェアに参加している式場を選ぶと思います。

実はブライダルフェアに参加するだけで、真剣に式場を選んでいる人の背中を押してあげているのです。

会場を盛り上げる一員

ブライダルフェアでは模擬挙式や模擬披露宴などをおこなっている式場もあります。

模擬挙式や模擬披露宴では、あまりに参加者が少ないと本番当日の気分を味わうことができないですよね。

式場側は模擬挙式や模擬披露宴をおこなうとき、誰でもいいから多くの人に集まってほしいと考えているものです。

結婚式の予定がない人でも、ブライダルフェアを盛り上げる一員になって式場を助けているものなのです。

ブライダルフェアに誘うことは関係が悪くなることではない

口コミサイトなどで、ブライダルフェアに誘ったらパートナーとの関係が悪くなった、という意見をよく目にしますが、本来はブライダルフェアに誘うことは関係が悪くなるものではありません。

関係が悪くなってしまうほとんどの原因は、ブライダルフェアの誘い方を間違えていることではないでしょうか。

ブライダルフェアに誘うのであれば事前にブライダルフェアではどんなことをするのか、何が必要なのか、何のために参加するのかをパートナーに説明しておきましょう。

何よりもブライダルフェアは、結婚式の予定がなくても参加できるイベントだとはっきり説明しておくことが重要です。

そのうえ誘うときは自分の意見を押しつけるのではなく、2〜3件の式場を候補に出しておき、この中から1つ選んでほしいと伝えるといいのではないでしょうか。

ブライダルフェアに誘うNGな理由は相手に結婚を意識してほしいから

ブライダルフェアに誘うときは相手に結婚を意識してほしいから、との理由で誘うのはやめましょう。

女の人の中には長年付き合っているのに彼がプロポーズしてくれないため、ブライダルフェアに行くとは言わずに無理やり連れて行ったなどという話を聞いたことがあります。

このように自分一人の意思でブライダルフェアへの参加を決めるのは、その後の関係を悪くしてしまうこともあります。

相手に結婚を意識してもらいたいからといって、自分の気持ちを押しつけるようなことはしてはいけません。

ブライダルフェアはデート気分で気軽に参加できるものですが、パートナーとの関係を悪くしてしまうようであれば様子をみて誘うようにしましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら