結婚式の写真撮影はプロのカメラマンに頼むもの?

結婚式は人生の中でとても重要な日になるため、キレイな写真に残しておきたいと思うのが一般的ではないでしょうか。

しかしプロのカメラマンに依頼をしたほうがいいのか、写真を撮るのが上手な友人や親族に依頼をして費用削減に努めたほうがいいのか、悩んでいる人もいると思います。

人生で一度しかない結婚式を形に残しておくためにも、写真撮影は妥協してしまうことのないようにしましょう。

「こちら」

結婚式は撮り直しをすることができない、大事なイベントですよ。

結婚式の写真撮影はプロに頼むもの?

結婚式の写真撮影と聞くと式場提携のプロに頼んだほうがいいのか、趣味としてカメラに詳しい友人や親族などに頼んでも事足りるものなのか、基準がよくわからないですよね。

そのため写真について詳しく知っていないと、趣味程度の友人や親族でも一眼レフさえ持っていればプロ並みの写真が撮れるものだと勘違いをしていたりするのです。

しかし結婚式の写真撮影は、自分たちが考えているほど簡単なものではありません。

挙式会場は新郎新婦の立つ場所によって光の入り方が違うので、毎回設定を変えなければいけないですし、フラワーシャワーなどをするために外に移動をしたら再度設定を変えなければいけません。

室内設定のまま外で写真を撮ってしまうと、白飛びして何にも写っていないなんてこともありえるのです。

そのうえ失敗をしてしまってもやり直しはできないですし、友人や親族だと強くクレームを言うこともできません。

もちろん友人や親族に写真を撮ってもらうことも大事ですが、それに頼り切ってしまうのは避けるようにしましょう。

結婚式の写真撮影は、あくまでもプロのお仕事なのです。

結婚式でカメラマンに依頼する時の相場

カメラマンに依頼する時の相場

結婚式の撮影をプロのカメラマンに依頼するとき、衣装などに劣らないほどの費用がかかることがほとんどです。

挙式だけでなく披露宴なども含めて1日カメラマンさんを拘束したとすると、平均で10〜20万円の費用がかかります。

ただしこの費用の中にはアルバム代が含まれていないケースがほとんどのため、アルバムを作成するときはプラスで料金が発生してしまいます。

カメラマンを依頼する=アルバムも付いてくるという考え方でいてはいけないのです。

式場提携のカメラマン?外注のカメラマン?どっちのがいいの?

結婚式の写真

結婚式の写真撮影はプロのお仕事だと説明しましたが、プロといっても式場と提携をしているカメラマンか外注のカメラマン、どちらにお願いをしたほうがいいのか悩んでしまいますよね。

一般的に式場提携のカメラマンさんに頼むと、料金の中に仲介料として式場へのマージンが上乗せされていることが多いです。

だからといって外部のカメラマンにお願いをしても、持ち込み料がプラスで必要になってきます。

そのため自分の選択した式場の価格をプランナーさんにきちんと確認し、より安くていいものを選択する必要があります。

しかし式場と提携しているカメラマンに写真撮影をお願いすると、次で説明するようなリスクがあるのです。

式場提携のカメラマンの中にはアルバイトがいるのは本当?

結婚式場と提携しているカメラマンはアルバイトが多い、という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

実際にアルバイトが存在しているのかどうかの確認をすることはできませんが、調べてみると多くの求人が出ていることは確かです。

未経験でも大丈夫と記載している式場もあるほどなので、高いお金を払って撮影をお願いしたカメラマンが実は初めて結婚式の写真撮影をする可能性も0%ではないのです。

もちろんすべての式場がそうだというわけではないのですが、中にはそんな式場もあるのだということを理解しておきましょう。

「データはすべてお渡しします」と謳っているカメラマンがおすすめ

結婚式の写真撮影はプロ

外注のカメラマンの中には式場提携のカメラマンと違い枚数制限を設けていなかったり、データをすべてお渡ししますと謳っているカメラマンもいます。

どんなカメラマンでも一定のスキルがあり、差がないからこその自信の表れです。

逆に言えば、データはすべてお渡ししますと謳っている外部のカメラマンであれば、失敗するリスクはあまりないということです。

稀に持ち込み料も含めて式場提携のカメラマンより高くなってしまうこともありますが、後から写真をみて納得がいかないなんてことになってしまうよりは安心できるのではないでしょうか。

しかし外部のカメラマンを頼むときに注意しなければいけないことが、式場提携のカメラマンのみしか立ち入ることのできない、立ち入り禁止区域があるかもしれない点です。

挙式では、牧師さんの背後などから撮っているカメラマンを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

あのアングルから写真を撮ってほしいと考えていても、実は式場提携のカメラマンのみしか入ることのできない、立ち入り禁止区域だったなんてこともあるのです。

外部のカメラマンにお願いをするのであれば、事前に式場に細かく確認をしておく必要があるのです。

写真撮影でよく聞く1カットってなに?

結婚式の写真などでは、よく「1カット」という単語を目にしますよね。

ほとんどの人は1カットと聞くと、1枚きりしか撮ってもらうことができないのではないかと考えてしまいがちです。

しかし本当の1カットの意味とは、1ポーズを何枚か撮った内から選んだ1枚になります。

そのため1カットといっても、実際に撮る枚数は20〜30枚なことがほとんどです。

データ300カットというと実際に撮る枚数は1000枚近くになり、その中から厳選した約300枚がデータとして渡されるということです。

カメラマンによってはおまけをしてくれたり、構図に差がないのに2カットと判断されてしまうこともあります。

そのためカメラマンを選ぶ時は、過去の作品を見せてもらうことがベストなのです。

式場のアルバムではなくカメラマンの過去の写真をチェックしておく

結婚式場やスタジオなどではじめに見せてもらうアルバムは、あくまでサンプルになってしまうので実際に自分たちの撮影をしてくれるカメラマンが撮った作品とは違います。

そのためできるのであれば、担当してくれるカメラマンの過去の作品を一度見せてもらうようにしましょう。

やはりカメラマンといえども好みはあるので、どうしても同じ雰囲気になってしまうものです。

過去の写真をチェックした上であまり気にいるものがないのであれば、違うカメラマンに変更してもらうことも視野に入れておきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら