ブライダルフェアの参加は必ず予約が必要なの?

ブライダルフェアに参加するときは、ブライダルキャンペーンサイトなどから、まず参加したい式場の予約をする人がほとんどではないでしょうか。

ブライダルフェアは、1日に何部も構成されていることが多いですし、参加できる人数も決まっていることがほとんどです。

そのため事前に予約をしておかないと、試食会や試着会には参加できないことがあります。

「こちら」

ブライダルフェアで試食会や試着会に参加したいなら、予約をしておきましょう。

ブライダルフェアは予約が必須?予約しておく理由は?

ブライダルフェアの画像

ブライダルフェアでおこなっているイベントを問題なく全て体験したいのであれば、事前に予約をして確実に参加できる状態にしておくのがいいのではないでしょうか。

ブライダルフェアを予約しておくメリット

ブライダルフェアは予約をして参加すると多くのメリットがあります。

もしもブライダルフェアの参加を検討しているのであれば事前に予約をすることを心がけましょう。

  • 少人数のブライダルフェアでも参加できる
  • 事前に計画しやすい
  • 式場と良好な関係を築くことができる
少人数のブライダルフェアでも参加できる

ブライダルフェアは内容によって、人数が制限されているものがあります。

たとえば、試食会や試着会などは事前の準備や時間の問題もあるため、式場側も参加する人数を把握しておかなければいけません。

そのため予約をせずに当日飛び入りでブライダルフェアに参加してしまうと、試食会や試着会の参加は断られてしまうことがあるのです。

せっかく時間を割いてブライダルフェアに参加すると決めたにもかかわらず、体験できないものがあっては残念ですよね。

逆にいうと事前にきちんと予約をしておけば、少人数の限定ブライダルフェアでも問題なく参加できるということです。

高級食材を使用している試食会やフルコースの試食は、少人数での募集がほとんどのため予約をしておくことが必須ですし、予約が埋まってしまわないためにも早めに確認しておくことが重要です。

参加したい式場のブライダルフェア情報は、見逃してしまわないように注意しましょう。

事前に計画しやすい

ほとんどのカップルは、平均3〜4件のブライダルフェアに参加しています。

そのうえ土日であれば、1日に何件もの結婚式場をはしごしているカップルもいるほどです。

もしも、自分たちが1日に何件ものブライダルフェアに参加するのであれば、事前に開始する時間や終わる時間が決まっているほうが計画を立てやすいですよね。

ブライダルフェアの予約をしておくことで、当日の時間の使い方などを事前に決めておくことができます。

ブライダルフェアに参加するといっても日常の時間は無駄にしたくないですし、当日だらだらと時間が過ぎてしまうのは嫌ですよね。

そうなってしまわないためにも、事前に会場の予約をしておくことが、時間を有効活用するコツなのではないでしょうか。

式場と良好な関係を築くことができる

ブライダルフェアに参加するということは、今後その式場で結婚式を挙げる可能性があるということです。

ブライダルフェアの段階では、自分たちがどの式場で結婚式を挙げることになるのかわからないものですよね。

そのため、式場に迷惑になってしまう行為は避けましょう。

式場からすると土日などは忙しいので、予約がない飛び入りのお客様に対して付きっきりで対応することが難しくなります。

せっかく行っても参加できないことがありますし、結婚式場を困らせてしまわないためにも、事前に予約をして良好な関係を築いておくのがいいのではないでしょうか。

ブライダルフェアは車のショールームや住宅展示会と違い、見学するために予約をしておくことが大事なのです。

急用ができた!ブライダルフェアの予約はキャンセルできる?

ブライダルフェアの予約はキャンセルできる?

ブライダルフェアを目前にして、急遽予定が入ってしまったとしてもキャンセルすることは可能です。

しかし、予定が入ったからといって連絡をしないまま、当日ドタキャンするようなことは常識的に考えてもやめましょう。

もしもキャンセルが決まってしまったら、早めに式場に連絡を入れることが重要です。

予約をキャンセルしてしまうことに罪悪感を抱いてしまうかもしれませんが、キャンセルの連絡しないまま式場が試食会の準備をしてしまうほうが迷惑になってしまいます。

急用などが理由でキャンセルしてしまうことは自分だけが起こるケースではないですし、式場側も何度も経験しています。

ブライダルフェアにおいては、式場側の準備も関わってくることになるので、キャンセルするときは連絡を入れることを忘れないようにしましょう。

当日飛び入りで予約なし!それでも参加できるの?

予約なしで参加した画像

思いがけない日に急にパートナーと都合が合い、ブライダルフェアに参加したいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、ブライダルフェアの予約をしないまま参加してもいいものなのか、躊躇してしまいますよね。

平日のようなブライダルフェアであれば、実際に結婚式をおこなっていることも少ないため、プランナーさんの時間も空いていることが多いですし、飛び入り参加をしても式場には普段通りの対応をしてもらえます。

しかし、土日のブライダルフェアの場合は予約をしていた参加者と共に参加することになるため、式場によっては自分たちだけ試食の準備がないまま同じ場所で説明を受けることもあります。

そのため、少し居心地悪く感じてしまうこともあるかもしれません。

土日は実際に結婚式を挙げていることも多いので、プランナーさんの人数も限られていますし、常に担当してくださる人が付いていてくれる保証もありません。

平日のブライダルフェアであれば飛び入り参加でも問題ないと思いますが、土日の場合は式場に着く前に電話などで連絡をしておくといいのではないでしょうか。

ブライダルフェアの予約はいつまでにしておくのがベスト?

予約はいつまでにしておくのがベスト?

少人数限定のブライダルフェアや、来場者特典を受けることのできるブライダルフェアの場合は、予約が埋まってしまわないためにも早めに予約をしておくのがベストです。

ブライダルフェアの予約は式場によって様々ですが、ほとんどの式場が約2ヶ月先までの予約を受け付けています。

そのため約2ヶ月後のブライダルフェア情報をチェックしていれば、人気のブライダルフェアでも予約が埋まってしまうことはありません。

しかし、2ヶ月先の予定まではなかなか決めることができないですよね。

そのためほとんどの人が、ブライダルフェアの1ヶ月前から1週間前までに予約をしています。

予約が定員に達していないブライダルフェアであれば、前日まで予約を受け付けているので、遅くても前日までには予約をしておくようにしましょう。

前日であれば当日飛び込みで参加するのと変わらないのでは、と思われがちですが試食会などには式場側も準備が必要になってきます。

たとえ前日に決まったとしても、予約をしておくようにしましょう。

ブライダルフェアの予約はブライダルキャンペーンサイトからしよう

ブライダルフェアの予約方法は、一般的に次のようなものが挙げられます。

  • ブライダルキャンペーンサイトからネット予約する
  • 結婚式場のホームページから予約する
  • 結婚式場に電話をして予約する
  • 結婚式場に直接訪問して予約する

ブライダルフェアに参加するほとんどの人が、ブライダルキャンペーンサイトから予約をしているのではないでしょうか。

たしかに上記で挙げられた選択肢の中であれば、ブライダルキャンペーンサイトからブライダルフェアの予約をおこなうことが最適です。

なぜならブライダルキャンペーンサイトを通すことで、お得なキャンペーンに応募することができ、商品券やポイントなどの特典を受けることができるからです。

全て無料のブライダルフェアに参加するだけで商品券などがもらえるなんて、見逃していては損ですよね。

せっかくブライダルフェアに参加するのであれば、式場に直接電話をしたりするのではなく、ブライダルキャンペーンサイトから予約をするのがいいのではないでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら