結婚式場の画像

プレ花嫁の中には、結婚式の準備に追われて時間がないという人も多いのではないでしょうか。

このページでは、「結婚式までの時間がないときの対処法」から「結婚式準備の時短テクニック」まで紹介しています。

「ポイント」

結婚式の準備に追われる日々から脱出しましょう。

結婚式準備に追われている人におすすめの対処法

結婚式場の画像

気に入った式場を選ぶために式場決定に時間をかけてしまっていたら、挙式までの準備期間が全然ない!なんて人も多いのではないでしょうか。

結婚式は当日までに準備することが山ほどあるため、時間に追われながら作業をすすめているとストレスが溜まりマリッジブルーになるケースもあります。

土日しか準備ができない人や、パートナーと遠距離で1人で準備をしなくてはいけない人など、様々な状況により時間がないと感じる人は多いものです。

ここでは結婚式の準備に追われない、おすすめの対処法を紹介していきましょう。

  • 具体的なスケジュールを決める
  • 自分たちの理想の結婚式像をまとめておく
  • 結婚式のテーマカラーを決めておく

具体的なスケジュールを決める

結婚式までの時間がなく、どこから準備をすすめていけばいいのかわからないなんて人は、まず挙式当日までのスケジュールを1から考えましょう。

挙式の1ヶ月前までに手作りアイテムの作成を終わらせる、2週間前までには引き出物を決定しておく、1週間前までには全ての最終チェックを終わらせておくなど、具体的な内容まで決めておくのが重要です。

プロフィールムービーの作成やペーパーアイテムの作成などは、どうしても時間がかかってしまうので短縮できません。

「ポイント」

無謀な計画を立ててしまわないためにも、作業ごとに最適な時間を確保した上でスケジュールを組む必要があります。

自分たちの理想の結婚式像をまとめておく

結婚式の準備をスムーズに進めるのであれば、必ずパートナーと話し合って自分たちの考えている理想の結婚式をまとめておきましょう。

可能であればノートなどに、イラストや写真をつけてまとめておくのがおすすめです。

着たいドレスのイメージ、ウェディングケーキ、装花など、やはり口頭で伝えるには限界があり、プランナーさんと意思疎通ができないだけで打ち合わせの回数も増え、時間がかかってしまいます。

何回も式場に足を運んだり、メールや電話でやりとりをする時間がないカップルにとっては無駄な時間です。

事前にノートにまとめておくことで結婚式に対するパートナーとの価値観のズレがなくなり、喧嘩になる心配もありません。

結婚式のテーマカラーを決めておく

結婚式の準備をはじめる前に、結婚式のイメージカラーを決めておくのがおすすめです。

結婚式は装花だけでなく、テーブルクロスやキャンドルなど、様々なものを選択していかなければいけません。

事前に自分たちの結婚式のイメージカラーは白とピンク、などと決めておけば初めから選択肢が少なくなります。

1つ1つのアイテム選びに時間をかけすぎていては、結婚式の準備はなかなか進みません。

事前にカラーだけでも決めておくと、スムーズに準備を進められます。

項目ごとに新郎新婦で担当を割り振っておく

結婚式場の画像

結婚式の準備をさらにスムーズに進めるのであれば、各項目ごとに責任者として担当を割り振っておきましょう。

たとえば演出は新郎、会場装飾やドレスは新婦など、仕事のように作業の割り振りをします。

そして、ある程度それぞれで意見がまとまったら最終的な決定を話し合います。

一度決定したのにもう一度選び直すなんて、時間がないカップルにとっては苦痛ですよね。

きちんと1項目ずつ話し合っておけば、無駄に時間が取られる心配はありません。

ドレス選びはなるべく早めにとりかかる

結婚式場が決まったら、まず一番に衣装を決めてしまいましょう。

式場などでレンタルするドレスは、早く予約をしておかないと他の人にレンタルされる危険があります。

たとえ同じ日に挙式がなかったとしても、ドレスはレンタルする2週間前程度からメンテナンスをするため選択肢が少なくなります。

そのうえドレスを決めておかないとアクセサリーや髪飾り、靴を選ぶこともできません。

式場のプランナーさんにまずドレスを選ばせて欲しいとお願いをして、早めにドレスを決定しましょう。

時間がなくてもメイクリハーサルはしておくこと

結婚式の準備をする時間がないからといって、多くの花嫁が省いてしまいがちなのがメイクリハーサルです。

しかし、どれだけ時間がない状況でもメイクリハーサルをなくすのはやめましょう。

結婚式のメイクは普段のメイクと違うため、どれほど自分の理想を伝えていても全く違うメイクになるケースもあります。

結婚式当日になって自分の思っていたメイクとは違い嫌な気分でいるより、1日時間を割いてメイクリハーサルをしておくほうが、結婚式を満足できるものにできます。

結婚式に使用するアイテムは業者に頼んでおく

ここまで説明をした方法を全て実行したけれど時間がなくて間に合わない、という人は時間をお金で買ってしまいましょう。

ムービーやペーパーアイテム、ウェルカムボードなどは、探してみると安く代行をしてくれる業者がたくさんあります。

結婚式の準備に追われて満足がいかず、結婚式当日もそわそわしたままなんて事態になってしまってはいけません。

業者であれば期間内に納品してもらうことができますし、クオリティも満足できるものばかりです。

思い切って業者にお願いをしてしまうことも、視野に入れておきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1