結婚式場の画像

200人規模の結婚式と聞くと、芸能人や社会的に地位のある人を思い浮かべるのではないでしょうか。

最近は、大人数結婚式といっても100人程度が主流のため、200人規模に馴染みがない人がほとんどです。

このページでは、「200人規模の結婚式に必要な費用」から「200人規模の結婚式を成功させるポイント」まで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

「こちら」

200人規模の結婚式は、決して懸念される人数ではありません。

200人規模の結婚式を検討しているのであれば、式場検索サイトを利用してブライダルフェアに参加してみましょう。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

ブライダルフェアに行くだけで商品券がもらえるキャンペーンはこちら

一般人でも200人規模の結婚式を挙げるものなの?

結婚式場の画像

200人規模の結婚式と聞いても、ピンとこない人は多いですよね。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、結婚式に招待するゲストは全国平均70.2人になり、200人は平均を遥かに上回ることがわかります。

しかし、地域によっては200人規模の結婚式が標準になるケースもあります。

たとえば北海道や東北地方、沖縄などは、親族や友人だけでなく、近所の人なども気軽に招待するため大人数になるのが一般的です。

東京や大阪などの主要都市では、大人数の結婚式に馴染みがないため、芸能人などの結婚式をイメージしますが、地域によっては一般的になることを理解しておきましょう。

大人数結婚式に招待されることがあっても、慣れていないからといって懸念せず、快く参加するのがベストです。

200人規模の結婚式にかかる費用は?

結婚式場の画像

200人規模の結婚式を検討している人の多くは、費用について悩んでいるのではないでしょうか。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017のアンケート調査では、ゲスト一人あたりにかかる費用は平均6.4万円でした。

この結果を踏まえて200人で計算してみると、下記のようになります。

ゲスト200人 × 6.4万円 = 1,280万円

ゲスト200人になると、費用が1,000万円以上になる式場も少なくありません。

ただし、結婚式は内容や日取りによって大幅に費用が変動するため、あくまで参考程度に捉えておきましょう。

予想できるご祝儀は約660万円

結婚式は新郎新婦が全額支払うのではなく、ゲストからいただくご祝儀でまかなうのが一般的です。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、ゲスト一人あたりのご祝儀は平均3.3万円でした。

ゲスト200人 × 3.3万円 = 660万円

アンケート結果を踏まえると、上記のように計算でき、費用の半分以上はご祝儀でまかなえることがわかります。

しかし、ご祝儀は新郎新婦との関係性によって金額が変わるため、予想通りの金額がもらえるわけではない、と理解しておきましょう。

新郎新婦の自己負担額は約620万円

費用とご祝儀の計算が済んだら、実際に新郎新婦が負担する金額を割り出します。

1,280万円 − 660万円 = 620万円

200人規模の結婚式を挙げるのであれば、約600万円が新郎新婦の負担額になります。

200人規模の結婚式は費用の算出が難しい

結婚式場の画像

200人規模の結婚式にかかる費用を算出しましたが、実際は計算通りにいかないケースがほとんどです。

たとえば、ゲスト一人あたりにかかる費用を1,000円抑えると、全体的には20万円も変わることになります。

招待するゲストの人数が多いほど、1つの項目を変えるだけで費用に大きく影響するため、各項目ごとに細かくチェックする必要があります。

相談カウンターを利用すれば見積りチェックが楽になる

200人規模の結婚式をお得に挙げたいのであれば、相談カウンターの利用がおすすめです。

200人規模の結婚式になると、式場検索サイトに提示されている見積りで費用を確認できないうえ、割引の有無もわかりません。

また200人規模の結婚式に対応している式場なのか判断できず、自分の力で式場候補を探すのは至難の技です。

相談カウンターであれば、200人規模の結婚式に対応している式場を素早く提示してもらうことができ、その場で見積りの確認もできます。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトは、日本全国に相談カウンターを展開しており、無料で何度も相談できます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由すると、自分で交渉する以上に高い割引率が適応され、結婚式の費用が最大50%割引できます。

200人規模の結婚式を成功させる3つのポイント

結婚式場の画像

200人規模の結婚式は体験したことがない人がほとんどのため、思いがけないミスをする場合があります。

結婚式を失敗しないためにも、あらかじめポイントを頭に入れておきましょう。

  • 圧迫感のない会場を選択する
  • 披露宴のスケジュールは細かく決める
  • 式場検索サイトの特別割引で節約する

圧迫感のない会場を選択する

200人規模の結婚式になると、会場の広さを重視して式場選びをしなければいけません。

テーブルや椅子を並べても圧迫感がなく、どの席からでも新郎新婦が見えるような式場がベストです。

大人数結婚式に対応している式場は減ってきていますが、妥協せずに吟味して選択しましょう。

披露宴のスケジュールは細かく決める

200人規模の結婚式を挙げるのであれば、当日のスケジュールを細かい部分まで決めておくのがおすすめです。

チャペルから披露宴会場の移動では、200人もの人が一斉に動くため、時間がかかると予想できます。

大人数の場合は予定通りに進まないケースが多いので、なるべく細かくスケジュールを決めておきましょう。

式場検索サイトの特別割引で節約する

200人規模の結婚式は費用の節約方法を間違えると、ゲストにケチっているとバレる可能性があります。

ゲストにバレるような節約をすると、「大人数のゲストを招待するなんて、ご祝儀狙いだ」と思われても仕方がありません。

結婚式の質を落とさずに費用を抑えたいのであれば、式場検索サイトの利用がおすすめです。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で交渉する以上に高い割引率が適応されます。

200人規模の結婚式でもできる演出まとめ

結婚式場の画像

200人規模の結婚式では、費用に次いで演出に関して悩む人が多いのではないでしょうか。

ゲスト全員に楽しんでもらうためには、質素なものではいけません。

  • フォトブースを数ヶ所に準備してゲストを分散させる
  • プロジェクションマッピングで会場全体を装飾
  • インスタ映えするデザートブッフェ

フォトブースを数ヶ所に準備してゲストを分散させる

200人規模の結婚式を検討しているのであれば、フォトブースを数ヶ所に準備して、ゲストだけでも楽しめる空間をつくりましょう。

200人規模になると移動に時間がかかるうえ、ゲストが飽きてしまうことが考えられます。

ゲストだけでも楽しめる空間を創ると、新郎新婦の負担も少なくなるためおすすめです。

プロジェクションマッピングで会場全体を装飾

ゲスト全員を楽しませたいのであれば、会場全体を装飾できるプロジェクションマッピングを取り入れるのもひとつです。

新郎新婦の入場や退場をする際、プロジェクションマッピングを利用すると席が遠いと感じる人でも楽しめます。

ただし、式場によってプロジェクションマッピングに対応していない場合もあるため、式場選びをする際に確認しておきましょう。

インスタ映えするデザートブッフェ

せっかく大人数の食事を準備するのであれば、流行りのインスタ映えするアイテムを準備してみましょう。

チョコレートフォンデュやマカロンなど、色味が鮮やかなものを並べるのがベターですが、その場てクレープを焼くなどのサービスを追加すると盛り上がります。

デザートブッフェのスタートに合わせ、新郎新婦がパティシエやエプロンをつけて登場するのもいいかもしれません。

200人規模の結婚式をお得に挙げるならハナユメがおすすめ

ハナユメの画像

200人規模の結婚式を少しでもお得に挙げたいのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

200人規模の結婚式になると、アイテムを1つランクアップするだけで、費用が大幅に上乗せされます。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、自分で交渉する以上に高い割引率である「特別割引」が適応されます。

中でも、ハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、キャンペーンで40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引できます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる30,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「全員もらえる40,000円」+「抽選でもらえる60,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1