ゼクシィとぐるなびウエディング

結婚式を控えた人は式場探しをはじめるとき、どのサイトを利用して式場探しをすればいいものが悩んでしまうのではないでしょうか。

このページでは、「ゼクシィとぐるなびウエディングの特徴」から「ゼクシィとぐるなびウエディングのメリット・デメリット」まで紹介しています。

「こちら」

事前に特徴を理解して、自分たちに合った式場検索サイトを利用するようにしましょう。

一目でわかる!ゼクシィとぐるなびウエディングの特徴とは

ぐるなびウエディングの画像

結婚式といえばゼクシィというイメージを持っている人は多く、ぐるなびウエディングの存在を知っている人はまだまだ少ないものです。

しかし、ぐるなびウエディングにはゼクシィにはない良さが数多く隠れています。

まずはゼクシィとぐるなびウエディングの特徴が一目でわかるように表にまとめたので、一緒にチェックしてみましょう。

ゼクシィ ぐるなびウエディング
式場掲載件数 約2,500件 約5,400件
対応エリア 日本全国 36都道府県
使いやすさ 使いにくい 使いやすい
アプリの有無 あり あり
キャンペーン金額 最大10,000円分の商品券 最大10,000円分のポイント
式場割引 なし なし
相談カウンターの数 全国各地に65店舗 なし

このようにゼクシィとぐるなびウエディングを比較してみると、内容にあまり差がありません。

しかしゼクシィとぐるなびウエディングでは、掲載している結婚式場の傾向に大きな違いがあります。

簡単に説明をすると、ゼクシィには一般的なイメージで思い浮かべる結婚式場が豊富に掲載されており、ぐるなびウエディングでは顔合わせや食事会ウエディング、二次会向けの会場が豊富に掲載されている傾向があります。

「新婦」

ゼクシィとぐるなびウエディングでは、利用する新郎新婦の望む結婚式の理想像が全く別のものになっているのです。

式場掲載件数はどっちのほうが多い?

ゼクシィの画像

結婚式場探しをする上で、掲載している式場の件数は重要になってくるものです。

やはり式場の掲載件数が多いと自分たちに合った結婚式場が見つかる可能性が高く、結婚式までのトラブルが少なくなります。

では、ゼクシィとぐるなびウエディングでは、どちらの式場検索サイトのほうが掲載している式場数が多いのでしょうか。

ゼクシィは約2,500件、ぐるなびウエディングは約5,400件

ゼクシィが掲載している式場の件数は約2,500件、ぐるなびウエディングが掲載している式場の件数は約5,400件になります。

掲載している式場は、ぐるなびウエディングのほうが約2倍程度多いことがわかりますよね。

しかしゼクシィとぐるなびウエディングでは掲載している式場の傾向が違うため、式場数が多いからという理由でぐるなびウエディングを利用すればいいというものではありません。

ゼクシィには大手の結婚式場が豊富に掲載されており、どの式場を選択しても満足できる結果になります。

ところがぐるなびウエディングに掲載している結婚式場は、少人数結婚式や顔合わせ、二次会に向いている会場が多く、よくあるイメージの結婚式場が少なめになっています。

「新婦」

飲食店の口コミサイトであるグルメ情報サイトの「ぐるなび」から派生しているサイトのため、やはりレストランや食事会会場の掲載数が多いのが特徴です。

対応しているエリアはどっちのほうが広いの?

ぐるなびウエディングの画像

結婚式場探しをするうえで、自分たちが結婚式を挙げようと検討している地域の式場が掲載していないと意味がありませんよね。

結婚式は新郎新婦の地元や今暮らしている地域、もしくは北海道や沖縄などの国内リゾートやハワイなどの海外リゾートになると思います。

ゼクシィとぐるなびウエディングでは掲載しているエリアが違うため、あらかじめチェックしておきましょう。

ゼクシィは日本全国+海外、ぐるなびウエディングは36都道府県

ゼクシィが掲載している結婚式場は日本全国だけでなく、ハワイやグアム、オーストラリアやアメリカなどの海外にも対応しています。

しかしぐるなびウエディングは日本国内にしか対応しておらず、その中でも沖縄には対応していません。

日本の36都道府県にのみ対応しており、海外ウエディングを検討している人には向いていないというデメリットがあります。

とはいえ反対にぐるなびウエディングはゼクシィよりも狭いエリアで式場掲載数が多いということになり、対応しているエリアであれば隅々の会場まで情報を得ることができるのはメリットになるのではないでしょうか。

式場検索はどっちのが使いやすいの?

ゼクシィの画像

結婚式場探しをするうえで、サイトの使いやすさは重要になってくると思います。

サイトの検索機能が使いにくいと自分たちの理想の結婚式場が見つかりにくく、式場探しにも時間がかかってしまいます。

あまり差はないが、ぐるなびウエディングのほうが使いやすい

ゼクシィとぐるなびウエディングでは、式場検索の機能においてあまり差はありません。

どちらもエリアから検索することができ、結婚式を挙げたい地域の式場を一覧で見ることが可能です。

しかしぐるなびウエディングには顔合わせや結婚記念日におすすめの会場を簡単に探すことができる項目があり、ゼクシィで顔合わせの会場を見つけるよりも簡単に探すことが可能です。

探している会場の種類にもよりますが、結婚式場探しにはゼクシィ、顔合わせや結婚記念日に利用する会場はぐるなびウエディングで検索するといいのではないでしょうか。

スマートフォンやタブレットで使えるアプリはある?

ゼクシィの画像

最近は結婚式場探しをスマートフォンやタブレットのアプリでおこなう、という人も多いのではないでしょうか。

実際に式場検索サイトの中でも、アプリ配信サービスは多くの会社が取り入れているものです。

では、ゼクシィとぐるなびウエディングにはアプリがあるのでしょうか。

どちらもアプリがあり、公式サイトよりも使いやすい

ゼクシィとぐるなびウエディングを調査してみたところ、どちらもスマートフォンやタブレットで利用することができるアプリを配信していました。

どちらも公式サイトより簡単に式場探しができるような作りになっており、アプリを利用することで通勤中などの空いた時間に気軽に目を通すことが可能です。

公式サイトから式場探しをするのが大変だと感じた人は、ゼクシィやぐるなびウエディングのアプリをインストールしてみるのがおすすめです。

キャンペーンの内容はどっちのほうがお得?

キャンペーンの画像

式場検索サイトの中には、ブライダルフェアに参加をしたり式場探しをするだけで商品券やポイントなどがもらえるキャンペーンを開催していることがあります。

せっかくブライダルフェアに参加するのであれば、少しでもお得に参加したいものですよね。

ブライダルフェアや式場見学の予約をしてしまう前に、きちんとキャンペーン内容を確認しておくようにしましょう。

ゼクシィは最大10,000円分の商品券がもらえる

ゼクシィの画像

ゼクシィが開催しているキャンペーンは、キャンペーンのエントリーをしてブライダルフェアや式場見学の予約をゼクシィ経由でおこなうだけで、最大10,000円分の商品券が先着500名様に当たるというものです。

1件以上のブライダルフェア予約で3,000円分、2件以上のブライダルフェア予約で6,000円分、3件以上のブライダルフェア予約で10,000円分の商品券がゲットできます。

ゼクシィは期間内にエントリーとブライダルフェア予約をするだけでキャンペーンの対象になるため、実際に式場に足を運ぶ日程が期間後であっても問題ありません。

ゼクシィのキャンペーン(無料)をみてみる

ぐるなびウエディングは最大10,000円分の「ぐ」ポイントがもらえる

ぐるなびウエディングの画像

ぐるなびウエディングが開催しているキャンペーンは、ブライダルフェアや式場見学の予約をぐるなび経由でおこなうことで最大10,000円分の「ぐ」ポイントが当たるというものです。

そもそも「ぐ」ポイントとは、1ポイントを1円として利用することができるポイントになり、ぐるなびと提携をしているレストランやネットショッピングで活用することができます。

ぐるなびウエディング経由でブライダルフェアや式場見学に参加すると1会場あたり2,000ポイント、最大5会場で10,000ポイントゲットすることが可能です。

ぐるなびウエディングのキャンペーン(無料)をみてみる

式場を決定するときに割引は適応される?

ぐるなびウエディングの画像

式場検索サイトを経由してブライダルフェアや式場見学に参加をすると、結婚式そのものの費用が割引されるケースもあります。

ブライダルフェアに参加することで商品券やポイントがもらえるうえに、結婚式の費用が割引されることがあるなんてとってもお得ですよね。

どちらを利用しても結婚式そのものに割引はない

ゼクシィとぐるなびウエディングの式場割引について調査をしてみると、どちらも結婚式そのものに対する割引はありませんでした。

しかしぐるなびウエディングには口コミキャンペーンというものがあり、結婚式を挙げた後に口コミを投稿すると「ぐ」ポイントを1,000ポイント受け取ることができます。

飲食店などで利用することができるため、結婚記念日などのレストラン利用などで活用することが可能です。

どちらも結婚式そのものに対する割引はないものの、少しでもお得なサイトを選択するのであればぐるなびウエディングを利用するのがいいのではないでしょうか。

結局どっちを使うのがおすすめ?メリットやデメリットまとめ

結婚式場の画像

ここまでゼクシィとぐるなびウエディングの特徴を比較してきましたが、結局どっちを利用すればいいのかわからない、なんて感じている人が多いのではないでしょうか。

そのため、ゼクシィとぐるなびウエディングのメリットやデメリットをまとめてみました。

メリットやデメリットを踏まえたうえで、自分たちに合った式場検索サイトを選択するようにしましょう。

一般的な結婚式場を探すならゼクシィ

ゼクシィの画像

ゼクシィはブライダル業界の中でも大手企業になるため、一般的なイメージで思い浮かべることができる結婚式場の掲載が網羅されています。

そのためゼクシィに掲載している結婚式場の中から選択すれば、まず間違いないと考えて問題ないでしょう。

しかし一般的な結婚式よりも費用を抑えたものにしたいと考えているカップルの場合、ゼクシィに掲載してある式場の平均費用が高いと感じてしまうかもしれません。

ゼクシィのメリット

  • 一般的な結婚式を挙げる式場が豊富
  • 最大10,000円分の商品券がもらえる
  • 相談カウンターがあるため安心

ゼクシィのデメリット

  • 顔合わせや二次会向けの会場が少ない
  • 少人数結婚式に向いている会場が少ない
  • 大手の結婚式場が多く平均費用が高め

ゼクシィは費用にかかわらず結婚式にこだわりたい人や、一般的に思い浮かべることができるイメージの結婚式を実現したいカップルにおすすめです。

顔合わせや少人数結婚式の式場、二次会会場を探すならぐるなびウエディング

ぐるなびウエディングの画像

ぐるなびウエディングは、式場の掲載件数は多いもののレストランや顔合わせの会場が多く結婚式場と呼ばれる会場が少ない傾向があります。

しかし少人数結婚式や顔合わせの会場などを探しているカップルにとっては、ぴったりな式場検索サイトになります。

ぐるなびウエディングのメリット

  • 平均費用が低めの式場が多く掲載されている
  • 少人数結婚式や二次会向けの会場が豊富
  • 料理に自信がある会場が多い

ぐるなびウエディングのデメリット

  • 特典が「ぐ」ポイントのため使いにくい
  • 会場が多く気に入った式場を見つけにくい
  • 結婚式よりも食事会という雰囲気の会場が多い

ぐるなびウエディングは結婚式の費用を最小限におさえたい人や、レストランなどでカジュアルに結婚式をおこないたいカップルにおすすめです。

式場探しはゼクシィ!顔合わせと二次会の会場探しはぐるなび!

結婚式の画像

実はゼクシィとぐるなびウエディングを利用するのであれば、2つのサイトを両方使うのが一番おすすめの使い方になります。

顔合わせや結納、二次会の会場はぐるなびウエディング、挙式や披露宴の会場はゼクシィで会場探しをするのが一番お得で気に入る式場を探し出せる方法になります。

結婚式場探しをするうえで、一つの検索サイトしか使ってはいけないというルールはありません。

効率良く会場や式場探しをするためにも、いくつかのサイトを併用していくのがいいのではないでしょうか。

ゼクシィを使って最大10,000円もらえるキャンペーン中!

ぐるなびウエディングなら料理重視の会場が豊富!

  • 二次会や顔合わせの会場が豊富
  • 会員登録で「ぐ」ポイントプレゼント!
  • 抽選で30,000円分のギフト券があたる!

ぐるなびウエディングのキャンペーン(無料)はこちら