先日、ウィスティンナゴヤキャッスルで開催された結婚式に参列する機会があったので参加してきました。

ウィスティンナゴヤキャッスルといえば、式場から名古屋城が見えることで知名度が高く、伝統あるホテルですよね。

そんな場所でおこなう結婚式だなんて、どれほど素敵なものになるのだろうと思っていました。

実際に行ってみた結論からいうと、とても素晴らしい結婚式だったのでどんな雰囲気の中で結婚式がおこなわれたのか紹介したいと思います。

ウィスティンナゴヤキャッスル〜挙式〜

結婚式当日はウィスティンナゴヤキャッスルに到着し、挙式開始までの待ち時間をロビーで過ごしました。

ウィスティンナゴヤキャッスルのロビー

さすが格式高いホテルという感じで、とても落ち着いた雰囲気で安心です。

ロビーがある一階はレストランやティーラウンジなどもあり、早く到着しすぎてしまったとしても時間を潰したりすることができます。

挙式をおこなうチャペルは別棟にありますが、チャペルのバージンロードが長くない代わりに、新郎新婦が別棟まで向かう姿を見送ることができるロビーウォークというものがあります。

ウィスティンナゴヤキャッスルのバージンロード

ロビーウォークが終わるとゲストもチャペルに移動し、挙式のスタートです。

ウィスティンナゴヤキャッスルのチャペル

ウィスティンナゴヤキャッスルならではである、大きな窓から名古屋城が見える景色はとても魅力的ですよね。

挙式は教会式で20分程度でしたが、厳粛な雰囲気の中で名古屋城をバックに誓いを立てるシチュエーションは、今までみた結婚式の中でも格別でした。

チャペルはとても広いので、100人規模の参列者でも全員座ることができます。

そして挙式が終わると、チャペル横のガーデンでフラワーシャワーやブーケトスなどをおこないました。

一通り写真撮影などが終わると、披露宴会場に移動です。

ウィスティンナゴヤキャッスル〜披露宴〜

披露宴は4つあるバンケットの中でもメインである「天守の間」でおこなわれました。

ウィスティンナゴヤキャッスルの天守の間

天守の間以外にもウィスティンナゴヤキャッスルには「青雲の間」「金の間」「銀の間」があり、招待するゲストの人数などによって会場ごとに披露宴の雰囲気を変えることができます。

さらにバンケットスタイルだけでなく、サロンスタイルやレストランスタイル、少人数でも利用できるプライベートスタイルなどの披露宴も可能です。

今回の結婚式はメニュー表や席札などが青で統一されており、上品な雰囲気でした。

ウィスティンナゴヤキャッスルのメニュー表や席札

しばらくすると新郎新婦が入場し、披露宴の醍醐味であるケーキ入刀です。

ウィスティンナゴヤキャッスルのケーキ入刀

ケーキ入刀が終わると、ゲストにとって一番のシャッターチャンスであるファーストバイトがおこなわれました。

この後は新婦のお色直しやキャンドルサービスなどの演出もおこない、披露宴を終えました。

ウィスティンナゴヤキャッスルのキャンドルサービス

ここで気になるのが、ウィスティンナゴヤキャッスルが提供する料理ではないでしょうか。

今回いただいた婚礼料理は和洋折衷のものになっており、オマール海老や牛フィレ肉のトリュフソースがけなど、とても豪華なものばかりでした。

味はもちろん絶品で、前菜からデザートまで楽しむことができました。

ウィスティンナゴヤキャッスルの披露宴食事

ウィスティンナゴヤキャッスルの披露宴食事

ウィスティンナゴヤキャッスルの披露宴食事

ウィスティンナゴヤキャッスルでは、試食会付きのブライダルフェアなども開催しているので、興味のある人は一度行ってみるのもいいかもしれません。

ウィスティンナゴヤキャッスルで挙げられた結婚式は、老若男女誰にでも受け入れられるものになっており、名古屋城が見える景色も素敵で料理も美味しく、ゲストが満足できるものでした。

名古屋にある結婚式場の中でも一二を争うほどの格式あるホテルになるので、きちんとした結婚式を挙げたいと考えている人にはおすすめしたいと思える式場でした。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら