結婚式場の画像

結婚式にかかる費用の相場は、いくらくらいなのか気になっているという人が多いのではないでしょうか。

このページでは、「結婚式にかかる費用の相場や内訳」から「結婚式の質を落とさないで安くする方法」まで紹介しています。

「こちら」

結婚式にかかる費用の内容を知り、クオリティを下げずに結婚式を節約させましょう。

結婚式に必要な費用を知るためには、ブライダルフェアで見積書をもらうことが一番の近道です。

そのうえ式場検索サイトから予約をしてブライダルフェアに参加すると、商品券やポイントなどの特典がもらえるキャンペーンに参加することができます。

ブライダルフェアに参加して結婚式の費用を知り、お得に商品券などをゲットしてみてはいかがでしょうか。

ブライダルフェアに参加するだけで商品券がもらえるキャンペーンはこちら

結婚式にかかる平均費用はどのくらい?相場は?

結婚式の画像

結婚式は人生の中でも多額のお金が必要になるイベントになりますが、平均的な費用を知っている人は少ないのではないでしょうか。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、結婚式に必要な費用総額は全国平均354.8万円になっており、前年度よりも減少しています。

しかし結婚式で今まで支えてくれた人に感謝の気持ちを伝えたい、というカップルは増えてきており、ゲスト一人あたりにかける費用は年々増加している傾向があります。

結婚式に招待するゲストの平均は70.2人

結婚式の画像

結婚式にかかる費用は全国平均354.8万円だといいましたが、結婚式に必要な料金は招待するゲストの人数で変化してくるものです。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、招待したゲストの人数は全国平均70.2人になっており、年々減少している傾向があります。

晩婚化などの影響もあり、家族や親族のみで結婚式をおこなう少人数結婚式が主流になってきているため、今後もゲストの平均人数は減少していくのではないでしょうか。

少人数結婚式にかかる費用は約20〜30人で約50〜120万円

結婚式場の画像

最近は平均値である70人規模の結婚式だけでなく、少人数結婚式も主流になってきています。

しかし実際にどの程度の規模が少人数結婚式に当てはまるのか、イメージすることができていない人も多いと思います。

実は招待するゲストの人数が20〜30人規模の結婚式を少人数結婚式と呼んでおり、必要な費用は50〜120万円程度です。

家族や親族、仲のいい友人のみを招待する結婚式になるため、アットホームでゲストとの距離が近いことが少人数結婚式のメリットになるのではないでしょうか。

少人数結婚式における費用総額一覧

ゲストの人数 費用 ご祝儀 自己負担額
20人 118万円  66万円 52万円
30人 177万円  99万円 78万円
40人 236万円  132万円 104万円
50人 295万円 165万円 130万円

ご祝儀予測で結婚式にかかる自己負担額を計算できる

披露宴会場の画像

結婚式にかかる平均的な料金について紹介してきましたが、実際にはすべての金額を新郎新婦が負担するわけではありません。

招待したゲストからご祝儀をいただくことで、結婚式の費用支払いをまかなうことができます。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016によるご祝儀金額の全国平均は、約3.3万円になっていました。

そのため「招待するゲストの人数×3.3万円」である程度のご祝儀予測をしてしまうことができます。

ご祝儀の予想をしておくことで、結婚式に必要な自己負担額を計算することができます。

ゲストにの人数が決まったら、ある程度の予想をしておくようにしましょう。

自己負担額の計算方法については、「結婚式の最終的な自己負担額はいくら?ご祝儀予想で簡単に計算!」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式は会場のスタイルによって費用の相場が変わってくる

結婚式場の画像

結婚式にかかる料金の相場はゲストの人数で大きく変化してくるものですが、結婚式を挙げる会場のスタイルによっても大幅に費用が変わってくるものです。

会場タイプ 平均費用(55〜65名の場合)
ホテル 260万円
ゲストハウス 320万円
専門式場 260万円
レストラン 200万円

ホテルウェディング

ホテルの画像

ホテルウェディングにかかる料金は、平均260万円だと言われています。

とはいえホテルウェディングをおこなうことができるホテルの中には、格式高いホテルも数多く存在しています。

選択するホテルによっては、大幅に平均金額を超えてしまうケースがあることを理解しておきましょう。

ゲストハウス

ゲストハウスの画像

ゲストハウスでの結婚式にかかる料金は、平均320万円だと言われています。

ゲストハウスは邸宅のような建物を貸し切りにして結婚式をおこなうため、1日に何件も結婚式を挙げることができるホテルや専門式場にくらべるとどうしても割高になってしまいます。

しかしゲストハウスは他の新郎新婦やゲストと鉢合わせてしまうこともなく、時間に追われることもないためおすすめです。

専門式場

専門式場の画像

専門式場で挙げる結婚式に必要な料金は、平均260万円と言われています。

結婚式を挙げるために建てられた専門式場は、規模や雰囲気が様々なため平均費用の金額よりも安くなったり、高くなることも考えられます。

しかし専門式場にスタッフさんは結婚式に慣れているプロのプランナーさんが多く、安心して任せることができます。

レストランウェディング

レストランの画像

レストランウェディングにかかる料金は、平均200万円だと言われています。

レストランは料理に自信があるためゲストに喜ばれること間違いありませんが、もともと結婚式を挙げるための会場ではないことが多く、スタッフさんのサポート体制が整っていないケースがあることを理解しておきましょう。

結婚式にかかる費用総額の内訳は?何にいくらかかるもの?

結婚式場の画像

結婚式にかかる費用は想像しているよりも高額になりますが、一体どんなものに必要になってくるのか疑問に感じている人もいると思います。

まず、結婚式に必要なアイテムや項目は大きくわけて4つに分類させることができます。

  • 挙式会場料などの挙式に必要なもの
  • 料理や飲み物などの披露宴に必要なもの
  • 衣装や写真撮影に必要なもの
  • ブライダルエステなど結婚式の見積書に含まれないもの

挙式会場料などの挙式に必要なもの

結婚式場の画像

結婚式は、大きく分けて挙式と披露宴パーティの2部に分かれているものです。

披露宴をおこなわないという人でも挙式のみはおこなうため、挙式に必要なものは見逃していてはいけません。

挙式会場料、牧師or司会、聖歌隊、奏者、結婚証明書、フラワーシャワー、リングピロー

一般的に挙式のみであれば、20〜30万円程度で準備をしてしまうことができます。

しかし挙式に必要なものは教会式や人前式、神前式などで変わってくるため、まずは挙式スタイルを決めると必要なものも明確になってきますよ。

ウェディングケーキや料理などの披露宴に必要なもの

料理の画像

挙式に必要なものの次は、披露宴に必要なものを紹介していきましょう。

披露宴に必要なものはゲストに直結しているものが多く、削ることができないものばかりになります。

料理、飲み物、テーブル装花、引出物、引菓子、引出物袋、音響、照明、スクリーン、プロジェクター、司会、ウェディングケーキ、会場使用料、メニュー表、席次表、席札、招待状、BGM

披露宴に必要なものを必要以上に節約してしまうと、ゲストに貧相な結婚式だと思われてしまうことがあります。

そのため妥協することなく選び、費用がかさんでしまうのであれば他の部分から費用を抑えることを優先させましょう。

ウェディングドレスなどの衣装や写真撮影に必要なもの

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスなどの衣装や写真撮影に必要なものは、挙式と披露宴のどちらでも必要になるアイテムになります。

しかし内容はゲストに直接関わるものではなく、新郎新婦に関わるアイテムばかりです。

もしも費用を節約したいと考えるのであれば、下記で紹介するアイテムから節約することを考えましょう。

新郎衣装、新婦衣装、着付け、控え室、新婦小物、ヘアメイク、リハーサル時のヘアメイクと衣装レンタル、写真撮影、アルバム、ビデオ撮影

新郎新婦の衣装は挙式と披露宴で着ることになるため、1着または2着の準備が必要になります。

写真撮影やアルバムは20〜30万円近く必要になることもあるため、カット数やカメラマンの拘束時間、アルバムのページ数は事前に確認しておくようにしましょう。

ブライダルエステなど結婚式の見積書に含まれないもの

結婚式場の画像

結婚式に必要な費用は、決して見積書に記載されているものだけではありません。

ブライダルエステ代、前撮り、スピーチや受付を依頼したゲストへのお礼、遠方のゲストの交通費

ブライダルエステや前撮り、スピーチや受付を依頼したゲストへのお礼や遠方から来てくださったゲストのお車代は、当然見積書の内訳には含まれていません。

しかしゼクシィ結婚トレンド調査2015では、ブライダルエステに平均8.6万円かけているという結果が出ているうえ、ゲストへのお礼やお車代などは一般的なマナーとして準備しておくべきアイテムになります。

「新婦」

結婚式にかかる費用は見積書に記載されているものだけだと考えるのではなく、他にも細かい料金が積み重なることを覚悟しておきましょう。

結婚式の明細金額が上がってしまうポイントは?どうして高くなるの?

カタログの画像

結婚式は最初に提示される見積書から平均100万円近く価格が増えると言われていますが、なぜ高くなるのかわからないという人が多いのではないでしょうか。

しかし結婚式の見積書に記載されている総額が上がってしまうことにはいくつかの理由があり、事前に把握をしておけば大幅に料金が上がってしまうことはありません。

そのため下記で紹介する料金が上がってしまうケースを、あらかじめ頭に入れておきましょう。

  • ゲストの人数が変更になる
  • 衣装や料理のランクアップをする
  • 目にみえないものにかかる料金のチェック不足

ゲストの人数が変更になる

結婚式はゲストの人数が5人変更になるだけで、数十万円分の費用が変わってくるものです。

そのためゲストの人数が増えてしまったり、逆に少なくなってしまうと見積書の内容通りに結婚式を挙げることはできません。

結婚式場と契約を交わすときは簡単に計算をしたゲストの人数ではなく、明確に顔ぶれを思い浮かべながら割り出すと、見積書の金額が跳ね上がってしまうようなことはありません。

衣装や料理のランクアップをする

結婚式で使用するアイテムには豪華さによってランク付けがされており、ランクを上げることで見積書の金額が上がってしまうことがあります。

しかし最初に提示をされる見積書の内容は全て最低ランクのものになっており、契約を交わした後にランクアップをせざるおえなくなってしまうケースが少なくありません。

新郎新婦の衣装やゲストに提供する料理、飲み物などは最低ランクのままでは満足できないため、事前に確認をして見積書の金額アップを防ぎましょう。

目にみえないものにかかる料金のチェック不足

結婚式には、目にみえないものにかかるお金があることをご存知でしょうか。

サービス料や持ち込み料と呼ばれるものは、実際に目に見えているものにかかる料金ではありません。

そのため、必要以上の割合でサービス料や持ち込み料が設定されているケースもあります。

目にみえないものにかかる料金だからといって全てを鵜呑みにしてしまうのではなく、きちんと割合や金額を確認してから契約を交わすと見積り金額が跳ね上がってしまうことがありません。

結婚式の費用を両家の親で分担するときはどうするの?割合は?

両親の画像

結婚式の費用は新郎新婦が全額負担するだけでなく、両家の両親が援助してくださるケースは少なくありません。

しかし両家でどのように分担すればいいのかわからない、という人は多いですよね。

そのため結婚式に必要な料金の分担方法や割合などについて、紹介していきたいと思います。

結婚式の費用分担でよくある3つのパターン

結婚式における費用分担では、下記で紹介する3つのパターンのどれかになるケースがほとんどです。

両家で分担する際は事前に顔合わせなどの機会で話し合い、両家の間で話の食い違いが起きてしまわないように気をつけましょう。

  • 両家で折半または6対4
  • 招待するゲストの割合で決める
  • 項目ごとに両家で分担する

結婚式で必要になるお金を両家で折半または新郎6:新婦4で総額を分けてしまうケースは、今でも一番主流の分担方法になります。

しかし他にも新郎新婦が招待するゲストの割合で費用を分担してしまったり、項目ごとに両家で分担する方法もあります。

「こちら」

結婚式に必要なお金を両家でどの程度負担するのかは、明確に決めてしまうようにしましょう。

両家での費用分担で揉めてしまわないように要注意!

結婚式に必要な費用を両家で分担する際に気をつけなければいけないことは、援助する金額や割合によって両家が揉めてしまうことです。

両家の経済力に差があることで分担することが負担になってしまったり、花嫁にお金がかかることで新郎側の両親は折半を了承しないこともあります。

両家から援助がある場合は、お金の分担で揉めてしまわないように、事前にきちんと分担方法を決めておくことが重要になります。

結婚式のお金が足りない!払えないときはどうするの?

結婚式の画像

結婚式に関する準備を進めていくと想像していたよりも料金がかさんでしまい、お金を払うことができない、なんてケースもゼロではありません。

そのため万が一、費用を払うことができなくなってしまったケースにどうすればいいものなのか、紹介していきたいと思います。

ブライダルローンを利用するのも選択肢の一つ

急遽両親からの援助がなくなってしまったり、お金が足りないなんて事態に陥ってしまったときは、ブライダルローンを利用するのも選択肢の一つです。

しかし、はじめからブライダルローンを利用するつもりで結婚式を挙げることはやめましょう。

車や住宅のローンを同じだと考えている人もいるかもしれませんが、ブライダルローンは何かトラブルが起きたときにお金に変えられるものがありません。

ブライダルローンは、どうしても結婚式場に支払うお金が足りなくなってしまったときの最終手段として考えるようにしましょう。

そもそも予算内で挙げることができる結婚式にする

前述では結婚式で支払うお金が足りなくなってしまったときの対処法を紹介しましたが、実際には予算内で結婚式を挙げることが大前提になります。

もしも結婚式までの準備期間に料金が上がってしまったのであれば、もう一度式場のプランナーさんと話し合い、少しでも金額を抑えることができるようにしましょう。

「こちら」

予算内で結婚式を挙げることができない、とプランナーさんに伝えれば一緒に削ることできるポイントなどを考えてもらうことができますよ。

結婚式の費用を簡単に安くする3つの方法

結婚式の画像

結婚式の料金について考えていると、誰もがどうにかして節約することができないかと思うのではないでしょうか。

たしかに結婚式は、内容次第で費用を最小限に削ることは可能です。

しかし招待したゲストが節約していると気がついてしまっては、いい結婚式だったとは言えません。

ゲストに節約していることを気付かれることなく、費用を最小限に抑えることが大切になります。

節約できるポイントを再度確認してみる

結婚式の画像

結婚式では、内容次第で必要のない無駄なものを省くことができます。

他にも装花の選び方や引出物の選び方など、一つ一つの項目を見ていくと意外にも節約することができるポイントを見つけることができます。

ゲストにケチっていることがバレてしまわないように、うまく節約するコツをあらかじめチェックしておきましょう。

結婚式の費用を節約する方法については、「結婚式の費用を節約するポイント【ケチって後悔しない節約術】」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

あらかじめ結婚式に関する知識を付けておく

結婚式場の画像

結婚式は、誰もが初めての経験になると思います。

しかし結婚式に関する情報は学校や社会に出て教えてもらう機会がなく、自分たちから知ろうとしなければ得ることができないものばかりです。

とはいえ結婚式を挙げるにもかかわらず結婚式に関する情報が乏しいままでいては、必要以上の金額が提示されていたとしても気がつけずに損をしてしまうことがあります。

結婚式に関する知識や情報は、結婚式場と契約を交わす前にきちんと頭に入れておくようにしましょう。

努力入らず!ハナユメ割で簡単に150万円節約してみる

ハナユメの画像"

結婚式の費用を最小限におさえるためには、ハナユメ独自の割引であるハナユメ割を利用して結婚式場と契約をするのがおすすめです。

何か他に手続きが必要になることもなく、ただハナユメを経由してブライダルフェアに参加して式場と契約を交わすだけで結婚式の費用を150万円以上割引することができるなんて、努力入らずで簡単ですよね。

ハナユメ割を利用すれば、結婚式の質を落とすことなく結婚式の料金を抑えることができます。

結婚式の費用を抑えるためには、結婚式場と契約を交わす前から気をつけておくことがポイントです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら