結婚式場の画像

結婚式にかかる費用の相場は、どの程度なのか気になっている人が多いのではないでしょうか。

このページでは、「結婚式にかかる費用の相場や内訳」から「質を落とさないで安くする方法」まで紹介しています。

「こちら」

結婚式にかかる費用の内容を知り、クオリティを下げずに結婚式を節約させましょう。

結婚式にかかる平均費用はどのくらい?相場は?

結婚式の画像

結婚式は人生の中でも多額の費用が必要になるイベントですが、平均的な費用を知っている人は少ないと思います。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、結婚式に必要な費用は全国平均359.7万円になっており、ここ最近は年々増加している傾向があります。

そのうえ結婚式で今まで支えてくれた人に感謝の気持ちを伝えたい、というカップルが増えてきているため、ゲスト一人あたりにかける費用も年々増加しています。

結婚式に招待するゲストの平均は71.6人

結婚式の画像

結婚式にかかる費用は平均359.7万円だといいましたが、費用は招待するゲストの人数で変化してくるものですよね。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、招待したゲストの人数は平均71.6人になっており、費用は増加傾向にある反面、ゲストの人数は年々少しずつ減少しています。

晩婚化などの影響もあり、家族や親族のみで結婚式をおこなう少人数結婚式も主流になってきているため、今後もゲストの人数は減少していくのではないでしょうか。

少人数結婚式にかかる費用は約20〜30人で約50〜120万円

結婚式場の画像

最近は一般的な結婚式だけでなく少人数結婚式も主流になってきていますが、実際にどの程度の規模が少人数結婚式なのかイメージできていない人も多いと思います。

実は約20〜30人規模の結婚式を少人数結婚式と呼んでおり、必要な費用は約50〜120万円です。

家族や親族のみを招待する結婚式になるため、アットホームでゲストとの距離が近いことが少人数結婚式のメリットになるのではないでしょうか。

結婚式は会場によって費用の相場が変わってくる

結婚式場の画像

結婚式にかかる費用相場はゲストの人数で大きく変化してくるものですが、結婚式を挙げる会場によっても大幅に費用が変わってくるものです。

大きく分けて4つの会場タイプがありますが、一覧でチェックしてみましょう。

会場タイプ 平均費用(55〜65名の場合)
ホテル 260万円
ゲストハウス 320万円
専門式場 260万円
レストラン 200万円

ホテルウェディング

ホテルウェディングにかかる費用は、平均260万円だと言われています。

しかし格式の高いホテルも数多く存在しているため、選択するホテルによっては大幅に平均を越えるケースも少なくありません。

ゲストハウス

ゲストハウスでの結婚式にかかる費用は、平均320万円だと言われています。

ゲストハウスは邸宅のような建物を貸切にして結婚式をおこなうため、1日に何件も結婚式を挙げることができるホテルや専門式場に比べると割高になってしまいます。

専門式場

専門式場で挙げる結婚式にかかる費用は、平均260万円と言われています。

結婚式を挙げるために建てられた専門式場は、規模や雰囲気が様々なため平均費用の金額よりも安くなったり、逆に高くなることも考えられます。

レストランウェディング

レストランウェディングにかかる費用は、平均200万円と言われています。

レストランは料理が美味しいためゲストに喜ばれること間違いありませんが、もともと結婚式を挙げるための会場ではないことが多く、スタッフさんのサポート体制が整っていないケースも少なくありません。

結婚式にかかる自己負担額はどのくらい?

結婚式の画像

結婚式を挙げる時は、多くの人がご祝儀を想定して自己負担額がどの程度になるのか計算してみるのではないでしょうか。

自己負担額を計算するためには、結婚式自体にかかる費用と招待するゲストの人数が決まっていれば、ある程度想像することが可能です。

自己負担額の計算方法については、「結婚式の最終的な自己負担額はいくら?ご祝儀予想で簡単に計算!」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式にかかる費用の内訳は?

結婚式場の画像

結婚式にかかる費用は、一体どんなものに必要になってくるのか疑問に感じている人も多いと思います。

まずは、結婚式に必要なものを大きく3つのカテゴリーに分けてみました。

挙式に必要なもの
挙式会場料、牧師or司会、聖歌隊、奏者、結婚証明書、フラワーシャワー、リングピロー
披露宴に必要なもの
料理、飲み物、テーブル装花、引出物、引菓子、引出物袋、音響照明、スクリーン、プロジェクター、司会、ウェディングケーキ、会場使用料、メニュー表、席次表、席札、招待状、BGM
衣装や写真撮影に必要なもの
新郎衣装、新婦衣装、着付け、控え室、新婦小物、ヘアメイク、リハーサル時のヘアメイクと衣装レンタル、写真撮影、アルバム、ビデオ撮影

表を見てみると分かるように、結婚式にかかる費用は細かいものまで挙げていてはきりがありません。

しかし細かい部分にまできちんと目を配っていないと、気がつかないうちに無駄に費用を払っていた、なんてケースも少なくありません。

結婚式にかかる費用の内訳は細かい部分までチェックするようにし、費用をおさえることができるポイントに気がつける体制を整えておきましょう。

両家での費用分担で揉めてしまわないように要注意

結婚式の費用でよくトラブルになってしまうことが、両家での費用分担の際に意見が合わずに揉めてしまうケースです。

両家の経済力に差があることで分担することが負担になってしまったり、主に花嫁に費用がかかるため新郎側の両親が折半を納得しないこともあります。

両家から援助がある場合は費用の分担で揉めてしまわないように、事前にきちんと分担方法を決めておくことが大切になります。

結婚式の費用を簡単に節約する2つの方法

結婚式の画像

結婚式の費用について考えていると、誰もがどうにかして節約することができないかと思うのではないでしょうか。

たしかに結婚式は、内容次第で費用を最小限に削ることは可能です。

しかし参列したゲストが節約していると気づいてしまっては、あまり好ましいことではありません。

ゲストに節約していることを気付かれることなく、費用を最小限に抑えることが大切になります。

節約できるポイントを再度確認してみる

結婚式の画像

結婚式では、内容次第で必要のない無駄なものを省くことができます。

装花の選び方や引き出物の選び方など、一つ一つの項目を見ていくと意外にも節約することができるポイントは多いものです。

結婚式の費用を節約する方法については、「結婚式の費用を節約するポイント【ケチって後悔しない節約術】」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

努力いらず!ハナユメ割なら簡単に150万円以上節約できる

ハナユメの画像"

結婚式の費用を最小限におさえるためには、ハナユメ独自の割引であるハナユメ割を利用して結婚式場を契約するのが一番です。

ハナユメ割はハナユメを経由して結婚式場を契約すると適応される、ハナユメだけの割引サービスです。

何か他に手続きが必要になることもなく、ただハナユメを経由するだけで結婚式の費用を150万円以上割引することができるなんて、努力いらずで簡単ですよね。

そのうえハナユメ割であれば結婚式の質を落とすことなく、費用を抑えることができます。

「ポイント」

結婚式の費用を抑えるためには、結婚式場と契約を交わす前から気をつけておくことがポイントです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら