結婚式場の画像

  • 海外挙式に憧れがある
  • 国内で堅苦しい式をあげるのは嫌

このように思っている人も多いと思います。

きれいな海を背景に愛を誓ったり、お城や宮殿でドレスを着たり、思い描くイメージはそれぞれでしょう。

しかし海外挙式に憧れを抱いたとき、「一体いくらかかるんだろう?」という疑問は共通して生じるはずです。

そして、いくらかかるか調べた人の92%は、海外挙式を諦めます。

「こちら」

この記事では、「海外挙式にかかる費用と国内挙式との差額」について紹介していきますので、参考にしてください。

海外挙式にかかる費用相場は一体いくら?国内挙式の費用差は?

海外挙式にかかる費用の説明図

海外挙式にかかる費用相場は、約210万円です。

国内挙式の平均総額を知っている人は、「あれ、意外と安い?」と思われたのではないでしょうか。

国内挙式の費用相場は約350万円なので、確かに総額は140万円ほど海外挙式のほうが安いことになります。

しかし海外挙式と国内挙式には、ご祝儀に大きな差があることを忘れてはいけません。

意外と安い?には「ご祝儀なし」の落とし穴が

海外挙式と国内挙式にかかる費用の総額は、海外挙式のほうが安いケースがほとんどです。

しかし国内挙式の場合、ご祝儀によって自己負担額は大幅に少なくなります。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によると、結婚式の招待客人数の全国平均は70.2人です。

ブライダル業界では、ご祝儀を3.5〜3.8万円で考えるのですが、そうすると70人からもらえるご祝儀は約250万円になります。

総額350万円 – ご祝儀250万円 = 自己負担額100万円
海外挙式と国内挙式の差は約2倍

海外挙式と国内挙式の自己負担額の差は、以下のとおりです。

海外挙式と国内挙式の費用差の説明図

海外挙式 210万円
国内挙式 100万円

この金額をみて、ほとんどの人は海外挙式を諦めます。

最近は、式場割引サイトを利用して費用を節約する人が多く、海外挙式との差額はさらに広がりました。

管理人も海外挙式を諦めたうちの一人なのですが、国内の披露宴会場も探せば素敵なところはたくさんあります。

海をバッグにしたチャペルや森の中にある披露宴会場など、国内でもきっと理想の式場が見つかります。

式場割引サイトのハナユメを利用してブライダルフェアに参加すると、最大50,000円分の商品券がもらえるので、参加するだけでもとてもお得です。

ローラがCMに出演して有名になったため、知っている人も多いのではないでしょうか。

ハナユメ

とりあえず一度、国内の式場も見てみたい人は、式場割引サイトのハナユメを利用してみてください。

それでも海外ウェディングがしたい人におすすめの挙式スタイル

海外ウェディングのイメージ画像

「やっぱり海外挙式が諦められない」という人もいると思います。

できるだけ費用を抑えつつ海外ウェディングを実現させる方法を紹介していきますので、参考にしてください。

二人だけで挙式をおこなう

家族や仲の良い友人を招待しようと考えている人も多いと思いますが、海外ウェディングなら新郎新婦の二人だけでも十分、素敵な式が挙げられます。

二人だけなら費用も安く、他の人に意見されることもないので、自分たちの理想の結婚式が実現できます。

準備が少なく、忙しい人たちでも新婚旅行のついでに挙式ができる手軽さも魅力の一つです

両親や親族に晴れ姿を見せられないことが気になる人は、帰国後にお披露目パーティをおこなうと良いでしょう。

二人で挙げた海外ウェディングの話もでき、素敵な会になるはずです。

二人だけの海外挙式については、下記の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

二人だけで海外挙式をする費用は?人気の場所と格安で挙げるコツ

なぜ海外挙式は二人だけで挙げるのが格安になるのか紹介しています。ハワイやグアムだけでなくヨーロッパやオーストラリアなどの費用相場も解説しているため、参考にしてみましょう。家族や親族を招待しない二人だけの結婚式は意外にもおすすめになるのです。

8,027view

フォトウェディングという選択肢もある

フォトウェディングのイメージ画像

新婚旅行のついでに、フォトウェディングをおこなうという選択肢もあります。

フォトウェディングとは、結婚式の代わりに写真撮影をおこなうスタイルのことです。

海外にはフォトジェニックな場所がたくさんありますので、ロケーションを生かして撮影すれば、素敵なフォトウェディングになります。

プランによって金額は異なりますが、6〜20万円ほどでおこなうことができるのが最大の魅力。

衣装代やヘアメイク代、撮影料が含まれてこの値段なので、かなり費用を抑えられます。

海外挙式におすすめの国ランキング【費用・ベストシーズン】

海外挙式のイメージ画像

「海外挙式を挙げるならどこがいいの?」という人のために、おすすめの国をランキングにして紹介します。

第1位 ハワイ
第2位 グアム
第3位 ヨーロッパ

いくら費用がかかるかやベストシーズンについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

費用は、挙式料と会食費(ゲスト分含む)、新郎新婦の旅費を含んだ金額を記載していきます。

ゲストの旅費は負担しないケースがほとんどですが、もしも負担するのであればその分の費用が加えてかかりますので注意してください。

おすすめ第1位はやっぱり「ハワイ婚」

ハワイの画像

海外ウェディングといえば、ハワイを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

実際、海外挙式をおこなった人の約7割は、ハワイを選択しています。

ハワイが人気の理由は、以下のとおりです。

  • 日本との馴染みが深く、憧れる人が多い
  • 日本語が通じやすい
  • リゾート地で気候が良い
  • 新婚旅行を兼ねられる

ハワイ婚の費用相場は、約230万円になります。

ただし人気のあるハワイ婚は、多くの会社が取り扱っており、たくさんのプランが用意されています。

衣装や演出にこだわらなければ、100万円ほどで挙げられるプランもありますので、予算内におさえられるプランを探してみてください。

ベストシーズンは、4〜9月です。

ハワイ挙式について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

ハワイ挙式を格安で挙げるなら家族だけ?二人だけ?費用の相場や服装

最近では新郎新婦の二人だけや家族のみ・親族のみのハワイ挙式が人気です。ハワイで挙げる結婚式に必要な費用の相場、参列者の服装、人気の結婚式場などを紹介しています。格安で結婚式を挙げるコツや、実際にハワイ挙式をした人の口コミなどもチェックしておきましょう。

9,273view

1番リーズナブルなリゾート地「グアム」

グアムの画像

ハワイの次におすすめの海外ウェディングは、リーズナブルに挙式ができるグアムです。

ハワイと同じビーチリゾート地でありながら、費用は100万円ほどになります。

飛行機で3〜4時間程度で着くため、2泊3日で海外挙式ができ、ゲストを招待しやすいというメリットがあります。

親族や友人を多く呼びたい人は、グアムがおすすめです。

ベストシーズンは12〜4月で、特におすすめの時期は天候が安定している1〜2月です。

グアム挙式の費用総額は?格安にするコツと人気式場の口コミまとめ

グアム挙式の費用総額はいくら?ふたりだけ・家族のみで結婚式を挙げるときの相場から格安にするコツまで徹底解説しています。気軽に挙げられるのがメリットである反面、安易に決めて後悔する人が多い注意点がありますので気を付けましょう。

14,236view

大人ウェディングが叶えられる「ヨーロッパ」

ヨーロッパの画像

海外挙式におすすめの国、第3位はヨーロッパです。

宮殿や何百年もの歴史がある大聖堂で結婚式が挙げられるので、気品のある大人ウェディングが叶います。

海外挙式をした人の約2割がヨーロッパを選んでいることからも、人気の高さがわかります。

ただしヨーロッパはゲストを呼びづらく、参列者が少ない傾向にあります。

ゲストをたくさん呼びたい人には、あまり向かないでしょう。

またゲストの人数が少ないにもかかわらず、挙式費用の相場は約200万円と高めです。

ベストシーズンは、4〜11月になります。

番外編|オーストラリアなら低価格でハネムーンも兼ねられる

オーストラリアの結婚式の画像

上記の3つに次いでおすすめの海外リゾート地は、オーストラリアです。

オーストラリアで挙げる結婚式にかかる費用の相場は、約180万円になります。

ただし挙式内容や滞在日数によっては100万円以下におさえることも可能であり、ハワイやヨーロッパと比べると低価格で結婚式が挙げられます。

オーストラリアでおすすめの式場や風習など、下記の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

オーストラリアの海外挙式にかかる費用は?結婚式の服装マナーについて解説

オーストラリアで海外挙式を挙げるときに必要な費用や、結婚式に参列するときの服装マナー、オーストラリアならではの風習などを紹介しています。憧れのオーストラリアで挙式のみや二人だけの結婚式を新婚旅行も兼ねて実現させてみてはいかがでしょうか。

4,756view

海外ウェディングの費用を抑えたいなら式場割引サイトのハナユメ!

海外ウェディングの費用を抑えたいのであれば、式場割引サイトのハナユメの利用がおすすめです。

【ハナユメとは】

結婚式費用を100万円割引してもらえることがあると話題の式場割引サイト

ブライダルフェアに参加するだけで、最大50,000円分の商品券がもらえる特典付き

ハナユメが対応している国は、以下のとおりです。

  • ハワイ
  • グアム
  • サイパン
  • バリ
  • オーストラリア

海外ウェディングの場合、直接、式場を見学することはできません。

ハナユメの相談デスクを利用すれば、式場の特徴やおすすめのプランを提案してもらえるので、理想の海外ウェディングを挙げられます。

海外挙式がしたいならハナユメ相談デスクの利用がおすすめ!

海外挙式と国内披露宴のセットという選択肢もある

結婚式場の画像

「海外挙式をしたいけど、呼びたいゲストはたくさんいる…」という人は、帰国後に国内披露宴をおこなうスタイルがおすすめです。

費用負担が気になる人も多いと思いますが、お金をかけずに披露宴をおこなうこともできます。

  • ご祝儀に収まる規模でおこなう
  • 会費制にする
  • レストランウェディングにする
  • 1.5次会スタイルにする

上手に工夫すれば、海外挙式と国内披露宴のセットという理想の結婚式を費用をかけずに挙げることもできます。

要チェック!海外挙式をするときに知っておきたい4つのポイント

結婚式場の画像

海外挙式をするときに知っておきたい4つのポイントを紹介していきます。

海外ということで不安も大きいと思いますので、しっかりと確認しておきましょう。

ドレスはレンタルせずに購入して持ち込んだほうがお得!

ウェディングドレスは、挙式会場でレンタルすることもできますが、購入して持ち込んだほうが費用の節約になります。

最近の統計では、日本でドレスを購入する人が約40%、日本でレンタルする人が約35%、現地でレンタルする人が約20%となっています。

日本で購入 約40%
日本でレンタル 約35%
現地でレンタル 約20%
その他 約5%

意外にも、ウェディングドレスを購入する人の割合が多いことがわかります。

現地でドレスをレンタルする場合、サイズやデザインで気に入るものがあるか分かりません。

日本でレンタルする場合でも、レンタル期間やビーチでの着用が制限されていたりするケースもあります。

ドレスの写真

国内デパートなどで開催される「ウエディングドレス決算セール」を狙えば、なんと5,000円で手に入れることも可能。

安く購入したものなので、挙式が終わったあとはそのまま置いてくることもできます。

安くても状態は良いものが揃っているので、本当におすすめです。

ただし持ち込むのが大変という難点がありますので、費用と手軽さのどちらをとるかで決めてください。

「新婦」

海外挙式後にお披露目パーティをする場合は、持ち帰ってきてくださいね。

ゲストの旅費・お車代は負担しなくても問題なし

海外挙式の場合、ゲストの旅費やお車代を負担しなくても問題ありません。

気になるようであれば、一部を負担するという形をとるのも一つです。

ただし費用をどうするかについては、招待する段階で早めに伝えましょう。

「旅費は負担できないけど、来てくれたら嬉しい」と言っておくと親切です。

楽しい演出を用意してゲストをもてなそう

わざわざ海外まで来てくれるのですから、楽しい演出でゲストをもてなしましょう。

演出といっても、必ずしも費用をかける必要はありません。

日本では馴染みのない、海外ならではの演出を取り入れれば、お金をかけなくても十分新鮮です。

海外でよくあるおすすめの演出は、以下のとおりです。

ダーズンローズ

結婚式の画像

海外で伝統的におこなわれている演出に、ダーズンローズというものがあります。

ダーズンローズとは、新郎が新婦に12本のバラを贈る演出です。

バラには1本1本メッセージが込められており、これらをすべて新婦に誓う、という素敵な意味があります。

【12本のバラに込められたメッセージ】
感謝・希望・誠実・幸福・信頼・永遠・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力

ゲスト参加型の演出で、あらかじめゲストにバラを配っておき、新郎が挙式の入場時に集めて新婦にプレゼントします。

リングリレー

指輪の画像

国内でもメジャーになり始めているリングリレーは、指輪を交換するときにゲストがお祝いの気持ちを込めて、リボンに通したリングを新郎新婦の元まで運ぶ演出です。

最後は最前列にいる両親がリングピローまで運ぶので、両親にとっても思い出になる演出になります。

ブーケプルズ

ブーケプルズとは、ブーケから何本か紐やリボンを出しておき、ゲストに引いてもらう演出になります。

1本のみブーケに繋がっており、引き当てた女性が次の花嫁になれるという言い伝えがあります。

屋内でも屋外でもできる演出ですし、ブーケトスをするほどの場所を確保する必要もないので、手軽におこなえる演出になります。

しっかりと招待状を送ろう

招待状の画像

海外ウェディングの場合でも、親族や友人が足を運んでくれるのであれば、招待状を送らなければいけません。

招待状の記載例

拝啓 (適切な時候の挨拶)

皆様におかれましては 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて このたび私たちは○月○日にハワイオワフ島の〇〇教会にて結婚式を挙げることとなりました。

つきましては 挙式ののち ささやかな披露宴を催したいと存じます。

ご多忙の中、遠方からのお越しで誠に恐縮でございますが、ぜひご出席を賜りたくご案内申し上げます。

敬具

付箋に費用についての記載が必要

交通費や宿泊費を誰が負担するのかによって案内状に入れる付箋の内容が変わってくるため、送る前に決めておく必要があります。

【新郎新婦が負担する場合】
遠方よりお越し頂きますので交通費・宿泊費は私どもで負担させていただきます。
【新郎新婦が負担しない場合】
旅費を各自でご負担頂きますのでご祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願い申し上げます。

招待状と一緒に旅のしおりや予定表なども作成して同封しておくと、より丁寧です。

海外ウェディングのQ&A

結婚式場の画像

海外ウェディングでよくある疑問について、解説していきます。

アフターパーティはしないといけない?

アフターパーティのイメージ画像

海外ウェディングをおこなったカップルのほとんどは、帰国後にアフターパーティをおこなっています。

レストランであれば、費用もかからず、気軽におこなえます。

とはいえ、アフターパーティは絶対しなければならない訳ではありません。

やりたくなければ、やる必要はないということです。

友人などが主催して開いてくれる場合は、快く引き受けると良いでしょう。

お披露目会のような1.5次会が増えている理由は?なにが魅力なの?

お披露目会のような1.5次会が人気な理由や魅力を紹介しています。費用の相場や招待状の有無、司会や引き出物の疑問まで徹底解説!披露宴をしたくない人だけでなく、海外挙式後のお披露目パーティなどにも対応できる1.5次会について詳しく知っておきましょう。

5,779view

打ち合わせはどうやって進めていくの?

打ち合わせのイメージ画像

打ち合わせは、プロデュース会社と進めていくのが一般的です。

自分で手配することもできますが、時差や言語の壁を考慮すると、プロデュース会社に依頼するのがベターでしょう。

まずはハナユメなどの結婚式相談デスクを利用して、手配会社を紹介してもらってください。

海外ウェディングは、準備することが少なく、打ち合わせも2〜3回で済みます。

式場割引サイトの「ハナユメ」を使って150万円も節約できた!

管理人は、式場割引サイトのハナユメを使って、結婚式の費用を150万円も節約できました。

もちろん質はそのまま!

理想の結婚式が、おトクに挙げられます。

【さらにお得な情報】新CM放送記念キャンペーン開催中!!

ハナユメ

ハナユメを通してブライダルフェアに参加すると、もれなく電子マネーを受け取れます。

今なら当サイトとのコラボ企画で通常40,000円のところ50,000円分に金額アップキャンペーン中。

「結婚式の割引」+「全員もらえる¥50,000円」はハナユメだけ!

\ 50,000円キャンペーンは12月16日まで /

結婚式のベストシーズンである秋は、ブライダルフェアの内容が豪華になるため狙い目です。

特に今年は、新元号「令和」になって例年より結婚式を挙げるカップルが増えているので、早めに予約しておきましょう。