結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加する際、内容を確認していると模擬挙式や模擬披露宴という言葉を目にしますよね。

このページでは、「模擬挙式や模擬披露宴の内容や流れ」「模擬挙式や模擬披露宴に参加するメリット」を紹介しています。

「こちら」

式場選びをするうえで、模擬挙式や模擬披露宴の参加は重要な体験になってきます。

そもそも模擬挙式と模擬披露宴ってなに?体験できる内容は?

結婚式場の画像

そもそもブライダルフェアで体験できる模擬挙式や模擬披露宴とは、どんなことが体験できるものなのか理解できていない人が多いのではないでしょうか。

模擬という言葉から、本番に真似て挙式や披露宴をすることだということは想像できるかもしれません。

しかし自分たちが新郎新婦側なのか、招待されるゲストの立場なのか悩んでしまう人もいると思います。

模擬挙式や模擬披露宴とはどんなことを体験できるものなのか、簡単に説明していきましょう。

模擬挙式とは

模擬挙式とはブライダルモデルや式場のスタッフさんが新郎新婦の役を務め、本番と同じ順序で挙式をおこなうことになります。

本番と同じく平均20〜30分で模擬挙式は終了です。

式場によっておこなう挙式スタイルが違うので、自分たちに合った挙式スタイルを模擬挙式を体験して検討していきましょう。

最近は教会式か人前式を選ぶ人が多いですが、挙式の順序や内容が全く違うため実際に目で見て確認することが重要です。

模擬披露宴とは

ガーデンウェディング

模擬披露宴とは本番と同様のセッティングをした会場でおこなう、披露宴のデモンストレーションになります。

模擬挙式と同じくブライダルモデルや式場のスタッフさんが新郎新婦を務め、一般的な演出であるキャンドルサービスからお色直しまで一通りおこないます。

模擬披露宴を開催している式場は模擬披露宴の最中に婚礼料理の試食会をおこなっていることが多く、稀にドレスのファッションショーなどをおこなう式場もあるため、事前に式場検索サイトなどで内容を確認しておきましょう。

模擬挙式ってなにができるの?模擬挙式の流れを紹介

結婚式の画像

挙式という言葉を聞き、おおよその大雑把な流れを思い浮かべることができる人は多いかもしれません。

しかし実際に目の前で見学してみると、挙式の流れに関するイメージが変わることになります。

牧師のいない人前式ではなく、一般的な教会式で流れを紹介していきましょう。

  1. 牧師さんと新郎が入場する
  2. 新婦が父親と入場する
  3. 賛美歌を斉唱
  4. 牧師さんが聖書の朗読をする
  5. 誓いの言葉
  6. 指輪の交換
  7. 新婦のヴェールをあげ誓いのキスをする
  8. 誓約書にサインをする
  9. 新郎新婦退場
  10. フラワーシャワーやライスシャワー

模擬挙式の場合は途中で退席することもできますが、なるべく後ろの出入り口付近に座るか、立ち見で参加するなどの配慮をしましょう。

模擬挙式に参加するメリットは?参加しておくべき?

結婚式の画像

模擬挙式に参加するメリットは、想像しているよりも数多く感じることになります。

模擬挙式を体験するまでは教会式がいいと考えていても、人前式の模擬挙式に参加するこで挙式スタイルを変えるきっかけになるかもしれません。

メリットを理解し、充実したブライダルフェア体験をしていきましょう。

  • 挙式体験で結婚式のイメージができる
  • ゲスト目線で式場の確認ができる
  • 挙式の流れやバージンロードの確認ができる

挙式体験で結婚式のイメージができる

模擬挙式を体験すると、冷静に式場の見学をすることができます。

新郎新婦の入場から退場まで一通り見学することができますし、挙式当日に自分たちがする行動も確認できます。

さらには牧師さんの雰囲気や言葉遣いなどもチェックすることができるため、その式場で結婚式を挙げるときのイメージがしやすいのではないでしょうか。

ゲスト目線で式場の確認ができる

模擬挙式に参加すると、自分たちが招待するゲストの気持ちになってチャペルを見学することができます。

たとえばチャペルの端すぎる席の場合は新郎新婦が見えづらくなってしまう点などは、実際にゲスト目線でチャペルを見学してみないと気づくことができません。

式場によってはオルガンの位置やステンドグラスからの光の入り方なども気になるケースがあるため、チェックしておきましょう。

挙式の流れやバージンロードの確認ができる

模擬挙式に参加をすると、一般的な挙式の流れを知ることができます。

バージンロードの長さがどの程度なのか、どのくらいの時間をかけて歩くことになるのかなど、女性にとっては確認しておきたいことが山ほどでてくると思います。

バージンロードは見ただけの感覚で歩く時間を把握できるものではありません。

実際に模擬挙式で新婦さんが歩いている姿を見ることで、自分の理想とどれほど差があるのか確認するようにしましょう。

模擬挙式に参加するときの服装は?やっぱり正装?

結婚式の画像

模擬挙式を体験するときは模擬といえども神聖な場のような感じがしてしまい、どのような服装で参加すればいいのか悩んでしまいますよね。

普段結婚式に参列をするような正装をしなければいけないものなのか、ジーパンやTシャツなどのラフな格好でもいいものなのか、模擬挙式に参加するときの服装について説明します。

ブライダルフェアに参加するときの服装でOK

模擬挙式に参加するときは、結婚式に参加するときのような正装をしていく必要はありません。

とはいえジーパンにTシャツのようなカジュアルすぎる格好は結婚式場の雰囲気と合わないため、レストランやホテルの中を歩けるような少しおしゃれな服を選択しましょう。

「新婦」

ブライダルフェアに着ていくスタイルで問題ありません。

模擬挙式に参加して挙式スタイルを決定しよう

結婚式の画像

模擬挙式を体験しておく一番の理由は、挙式スタイルと流れを把握することです。

結婚式といえば、ほとんどの人が牧師さんに誓いの言葉を捧げる教会式をイメージしているのではないでしょうか。

しかし最近では教会式だけでなく、人前式の人気も高まってきています。

教会式を選ぶカップルの割合は約65%

マイナビウェディングのアンケート調査では、実際に教会式を選んでいるカップルは約65%になっており、挙式スタイルの中では最多の割合を占めています。

昔から教会式に憧れていた人や、家系がキリスト教など理由は様々ですが、今でも結婚式といえば教会式という風習は根強く浸透しています。

しかし最近は教会式の賛美歌や牧師による祈祷に違和感を感じ、人前式に切り替えるカップルが少なくありません。

人前式は自由な挙式を演出できる

人前式は教会式と違い、牧師さんではなく司会者に挙式を進行してもらい、自分たちで誓いの言葉を考えて参列者に証人になってもらいます。

信仰などを気にする必要がなく自由な演出をすることができる人前式は、牧師さんやオルガン奏者を依頼する必要がなく、費用を抑えることも可能です。

しかし人前式の認知度はまだまだ低いため、事前に両親や親族には理解してもらうようにしましょう。

模擬披露宴ってなにができるの?参加するメリットは?

披露宴会場の画像

模擬披露宴では、実際に披露宴に参加しているかのような体験をすることができます。

そのため模擬披露宴に参加することで、自分たちの理想とする披露宴を明確にしていくことが可能になります。

その中でも模擬披露宴を体験するうえで忘れてはいけない体験できることやメリットをチェックしておきましょう。

  • 披露宴会場の飾り付けがイメージできる
  • 披露宴会場の大きさや収容人数の確認ができる
  • 司会進行・音響・照明の確認ができる

披露宴会場の飾り付けがイメージできる

披露宴会場の画像

模擬披露宴では、本番当日と同じように会場の飾り付けやコーディネートがセットされています。

式場によって雰囲気が違うため好みがあるかもしれませんが、色合いや装花の量などは模擬披露宴の際に確認しておきましょう。

プロジェクターの位置やスクリーンの位置、ガーデンでできる飾り付けなども確認しておくと安心できるのではないでしょうか。

模擬披露宴では実際にウェディングケーキの入刀やキャンドルサービスなどの演出をおこなうこともあるので、自分たちの披露宴ではどんな演出を取り入れようかチェックしておくのがおすすめです。

披露宴会場の大きさや収容人数の確認ができる

披露宴会場の画像

模擬披露宴に参加するときは、会場の大きさと収容できるゲストの人数を確認しておきましょう。

会場の大きさや収容できるゲストの人数などは、自分たちの工夫次第でどうにかできるものではないですよね。

招待するゲストが収容できるサイズの会場でも狭く感じてしまうのでは避けるべきですし、少人数結婚式なのに会場が広すぎてしまってもいけません。

自分たちの招待するゲストの人数に見合った会場を選択するためにも、模擬披露宴でテーブルの配置や新婦が歩く導線なども確認しておきましょう。

司会進行・音響・照明の確認ができる

披露宴会場の画像

模擬披露宴では、実際に司会の人が披露宴の進行をすすめていきます。

そのため司会進行の順序などに不備がないかの確認をしておきましょう。

実際に自分たちの披露宴で同じ司会の人が担当する可能性は低いですが、式場によって司会者の雰囲気はだいぶ変わってくるものです。

そして模擬披露宴では通常の式場見学では確認することができない、音響や照明の確認をすることが可能です。

音響や照明の設備があまりにも質素なものだと自分たちの披露宴でも心配になってしまうため、契約を交わす前に模擬披露宴などでチェックしておくと安心できます。

要注意!模擬挙式や模擬披露宴に参加するときに気をつけること

結婚式の画像

ブライダルフェアの模擬挙式や模擬披露宴に参加すると、目にした式場の光景が結婚式の本来の姿だと錯覚してしまうことがあります。

そのため多くの人は模擬挙式や模擬披露宴を見て、こんな素敵な結婚式を挙げたい!と考えるものです。

しかしブライダルフェアの装飾は、平均的な結婚式の内容よりも豪華になっていることがほとんどです。

ブライダルフェアの装飾は平均よりも豪華になっている

たしかに結婚式場のアピールをするためのブライダルフェアで最低限の装飾のみをしていては、見栄えがしないですよね。

ブライダルフェアに参加するカップルはブライダルフェアと同じような装飾をしたいと考えるものですが、想像しているよりも高くなってしまうため諦めてしまうケースがほとんどです。

そのため模擬挙式や模擬披露宴の装飾は参考程度に考え、どの装飾なら省いても問題ないのかという視点で見学するようにしましょう。

絶対に外すことができない装飾が決まっているのであれば、ブライダルフェアで式場のスタッフさんに金額を聞いてみるのもおすすめです。

模擬挙式や模擬披露宴は楽しむだけでなくチェックすることが重要

結婚式の画像

ブライダルフェアの模擬挙式や模擬披露宴に参加すると、きらびやかな空間に浮かれてしまい確認するべきところを確認しないまま終わってしまうことがあります。

しかしせっかくブライダルフェアに参加しているのに、何も情報を得ないまま帰宅してしまったらもったいないですよね。

模擬挙式や模擬披露宴を楽しむことは大切ですが、自分たちの結婚式を挙げるうえでも大切な体験になってくるので必要最低限の情報は頭に残して帰るようにしましょう。

模擬挙式や模擬披露宴は時間がかかるため気をつけよう

ブライダルフェアで体験することができる模擬挙式や模擬披露宴は、本番と全く同じ流れて進められていることがほとんどです。

そのため模擬挙式や模擬披露宴に参加するときは、ある程度の時間が必要になることを理解しておきましょう。

模擬挙式や模擬披露宴は結婚式場で長い時間を過ごさなければいけなくなるため、パートナーと揉めてしまわないように事前に参加したいという旨を話しておきましょう。

「こちら」

ブライダルフェアが原因で揉めてしまうこともあるため、気をつけましょう。


ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら