服装の画像

ブライダルフェアに参加する時の服装選びは、答えのない迷路にハマってしまったようで、決めることができない人も多いのではないでしょうか。

このページでは、「ブライダルフェアに参加するときの服装」から「季節別のおすすめスタイル」まで紹介しています。

「ポイント」

安心してブライダルフェアに参加するためにも、服装の悩みはなくしておきましょう。

レストランに行くような格好がベスト!カジュアルすぎはNG

結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加するときの服装は、一般的にレストランやホテルを歩く時に恥ずかしくない格好がベストだと言われています。

レストランで思い浮かぶのは女性であればワンピースなどの清楚な格好、男性はジャケットなどでしょうか。

しかし、レストランやホテルと言われてもあまりピンとこない人もいますよね。

そのうえカジュアルすぎる服装はNGと言われていますが、カジュアルすぎる服装とはどんな服装なのだろう、と考えてしまう人もいると思います。

そのため自分の手持ちの洋服を思い浮かべながら、選択肢を絞っていきましょう。

スニーカー・サンダル・スーツは避けるのが無難

スニーカーの画像

ブライダルフェアは結婚式場でおこなっているので正装であるスーツで参加するのでは、と考えている人もいると思います。

しかし、スーツほどきちんとした服装で行く必要はありません。

そのうえ結婚式場に足を運ぶにしては軽い感じがしてしまうので、スニーカーやサンダルは避けましょう。

女性であればフラットシューズやローヒール、男性は革靴であれば安心です。

もしも男性で革靴を持っていない人は、少しおしゃれでキレイ目なスニーカーを選ぶようにしましょう。

普段から履きつぶしているようなスニーカーでは、会場で少し浮いてしまうので要注意です。

ジーンズでも問題ないが合わせる服に要注意

ジーンズの画像

ブライダルフェアの服装で一番気になるのはジーンズを履いていってもいいのか、という点ではないでしょうか。

ジーンズといっても、スキニージーンズやダボダボのジーパンなど種類が様々ですよね。

ブライダルフェアにジーンズで参加しても問題ありませんが、あまりにもダボダボのジーパンやボロボロのものはやめましょう。

もしもジーパンを履いていく場合は、男性も女性も上はシャツやジャケットなどを着るようにし、少し上品なイメージになるように工夫しましょう。

ジーパンにTシャツのような格好だと、カジュアルすぎてしまい結婚式場では浮いてしまうことがあります。

試食会に参加する時は白い服装を避けると安心

洋服の画像

ブライダルフェアに参加する時は式場見学だけでなく、試食会にも参加する人が多いのではないでしょうか。

もしも試食会に参加するのであれば、食べこぼしをしてしまった時のことも考え、白い服を着ていくのは避けましょう。

自分は食べこぼしなんてしないと思っていても、コース料理などでテーブルマナーを気にしたり、普段とは違う雰囲気の中で食事をするため、思ってもいないトラブルがおこることもあります。

白い服が汚れたままブライダルフェアに参加するのは、気分が落ち込んでしまいますよね。

事前の対策としてなるべく白い服は避け、色付きのものを選ぶようにしましょう。

女性の服装で気をつけるべきポイント

服装の画像

ブライダルフェアに参加する時の女性の服装といっても、実際は服によって組み合わせも様々なので、これといった決め手がみつからないですよね。

まずはなるべくしわや汚れがなく、よれよれになっていない服をピックアップしておきましょう。

ワンピースだと安心!パンツスタイルでもOK

ブライダルフェアの服装について調べていくと、女性はワンピースがおすすめ!という意見が多いですよね。

スカートにトップスを合わせても問題ないですし、試着がある場合はワンピースでなく上下セパレートしている方が着替えやすいこともあります。

他にもジーンズなどのパンツスタイルでも問題ありませんが、パンツスタイルの時は上に着る服がラフになりすぎてしまわないように気をつけましょう。

ドレス試着がある時はタイツやブーツはNG

ブライダルフェアでは、ドレスの試着会も同時におこなっていることが多いですよね。

もしドレスの試着会に参加するのであれば、タートルネックのような脱ぎにくい服は避けましょう。

そしてドレス姿になったときに合わせやすいように、タイツやレギンスではなくストッキングを履いておくのがおすすめです。

そのうえ試着のときは靴も脱いだり履いたりすることが多いので、ブーツのような時間のかかる靴もやめましょう。

履きなれた靴がベスト!

ブライダルフェアは見学の際に長時間歩き回るため、履きなれていない靴では靴擦れなどを起こしてしまうこともあります。

そのため少しおしゃれな靴を意識しすぎて、履きなれていない靴を選ぶのはやめましょう。

自分が履きなれている靴の中から、フラットシューズやローヒールのパンプスなどを選ぶのがいいのではないでしょうか。

歩きやすくて疲れにくい靴を履いていくのがベストですよ。

男性の服装で気をつけるべきポイント

シャツの画像

ブライダルフェアに参加するときの男性の服装は、基本的に「きちんと感」が演出できていればどんなものでも問題はありません。

もし洋服だけできちんと感がだせているのか不安な人は、腕時計などを身につけておくだけでも演出できるので、アクセサリーや小物も意識しておくといいのではないでしょうか。

清潔感があればOK

男性は服装だけに気を配っていればいいというものではなく、ヒゲや髪型などでも印象が変わってきてしまいます。

いかに服装を完璧にしていても、清潔感がなければブライダルフェアに向いているとは言えません。

そのため男性は服装をキレイにすることよりも、全身の身だしなみを整えることを重視しましょう。

ブライダルフェアに一緒に参加する彼女のためにも、ヒゲや寝癖のセットはきちんとしておくのがベストです。

襟がついているものであれば安心

男性の服装で一番間違いないと言われているのが、襟のついているものを着ていくことです。

シャツやポロシャツ、ジャケットなどの襟のついているものであれば、ブライダルフェアに参加する際に浮いてしまうことはありません。

しかし襟がついていてもシワが入っていたり、よれよれにくたびれてしまっているものはやめましょう。

春夏秋冬別!女性・男性のおすすめスタイル

洋服の画像

ブライダルフェアは1年中開催されているものなので、季節別のおすすめスタイルを知ることができれば服装選びの基準になりますよね。

カップル揃って季節別にこれを着ていけばハズさない、という格好があるので参考にしてみましょう。

春・秋|上着があるコーディネート

春や秋のような過ごしやすい気候の時は、男性も女性も脱いだり着たりできるような上着を1枚用意しておきましょう。

少し暖かい日であればトップスを薄手にするなどして、温度調節ができる状態にしておくのがいいのではないでしょうか。

女性はワンピース+カーディガン、スカートorパンツ+薄手のトップス+カーディガンなどがいいですし、男性はシャツ+薄手のジャケットなどであれば問題ありません。

夏|カジュアルすぎないコーディネート

夏は男性も女性も汗をかきやすいのでラフになってしまいがちですが、タンクトップや短パンなどは避けるのが無難です。

そのうえ結婚式場の中はクーラーが効いていることも多いので、簡単に上に羽織ることができるものを準備しておくと安心できます。

男性も女性もクロックスのようなサンダルはNGですし、女性はミュールなどのかかとがパカパカするサンダルもやめましょう。

ジーパンでも問題ないですがTシャツはカジュアルすぎてしまうため避け、女性はワンピース、男性はポロシャツなどがおすすめです。

冬|コートを脱いでも問題ないコーディネート

冬はニット素材のものを選んでしまいがちですが、あまり毛玉の多いものや見た目が汚れているものはやめましょう。

女性はニットorワンピース+ジャケットorコートなどがいいですし、男性はシャツorニット+コートなどがいいのではないでしょうか。

冬は着込んでいくことが多いと思いますが、式場内では上着を脱ぐ機会が多いため、脱いだ後の服装も考えて洋服選びをしましょう。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら