契約の画像

ブライダルフェアに参加すると、契約を迫られるのではないかと不安に感じている人が多いのではないでしょうか。

このページでは、「ブライダルフェアで契約をしなくても問題ないのか」から「ブライダルフェアで契約をするときに気をつけること」まで紹介しています。

「こちら」

ブライダルフェアでは、必ずしも契約をする必要はありません。

ブライダルフェアに参加する前に知っておきたい!仮契約と本契約とは

結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加すると、仮契約と本契約という言葉を耳にすると思います。

しかし、仮契約と本契約という言葉の意味をきちんと理解していない人は多いのではないでしょうか。

仮契約とは

仮契約とは自分たちが挙式を検討している日程に、他のカップルの予約が入ってしまわないように確保しておくシステムです。

仮契約の期間は平均1週間から10日程度ですが、仮契約の期間が過ぎてしまうとそのまま本契約に移行してしまうケースがあります。

複数の結婚式場で仮契約をしているときは、キャンセルの連絡を必ず入れるように気をつけましょう。

本契約とは

本契約とは、式場と正式に契約を交わすことです。

本契約を交わすときは全ての契約書に目を通し、問題がないと確認してからサインをしましょう。

本契約を交わした後では簡単に日程の変更やキャンセルできなくなるため、細心の注意を払って契約を交わすようにしましょう。

内金や手付け金などの契約金は必ず支払うの?

結婚式場の画像

仮契約や本契約をするときには、内金や手付け金を支払うケースがほとんどです。

支払う金額は5〜20万円と式場によって様々ですが、一般的に内金や手付金を支払った後にキャンセルをしても支払った料金は戻ってきません。

2〜3件の式場と仮契約を交わすうえで内金や手付け金を支払うのは問題ないかもしれませんが、5件以上の複数の式場に内金を支払うのは避けましょう。

ただし、その後その結婚式場で結婚式を挙げるのであれば、内金や手付金などの料金はきちんと最終見積もりから値引きされます。

結婚式を挙げる式場であれば内金や手付金を支払っても問題がないため、他の人に日程を取られたくないと感じる式場とは仮契約を交わしてしまっても問題ありません。

ブライダルフェア当日は契約を交わさないようにする

結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加をすると、どうしても当日割引や特典などの言葉に魅力を感じてしまいます。

しかしブライダルフェア当日に契約を交わすのはとてもリスクが高く、あとからトラブルの原因にもなります。

割引や特典などで当日契約したくなる気持ちもわかりますが、実際は後日値引き交渉などで補填できる可能性も少なくありません。

ブライダルフェア当日に契約を交わしてしまうのではなく、見積書を一旦持ち帰って冷静になりましょう。

自分たちに合った結婚式場を選ぶには、比較や検討をするのが大切です。

契約後であってもブライダルフェアに参加するのはOK!

結婚式場の口コミなどを見ていると、結婚式場と契約を交わした後であってもブライダルフェアに参加していいのか、という疑問を抱いている人が多いと思います。

結論から言うと、契約を交わした後に他の式場のブライダルフェアに参加しても、何の問題もありません。

ただし人数制限があるブライダルフェアに参加するのは避け、式場選びを真剣にしているカップルの邪魔をしないことが最低限守るべきマナーになります。

他の式場のブライダルフェアに参加するときは、式場検索サイトや相談デスクを利用してみるのもひとつです。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、商品券などがもらえるキャンペーンが受けられるだけでなく、「特別割引」によって結婚式の費用も抑えられます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引されます。

結婚式場と契約を交わすときの流れは?契約書はどう見るの?

結婚式場の画像

結婚式場と契約を交わすときは、どんな流れで進んでいくのか不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

ほとんどの結婚式場では、ブライダルフェアへ参加して仮契約で日程を押さえ、本契約で式場を正式に決定する流れになります。

もちろんブライダルフェアでは、とりあえず契約を交わさない、という選択をしても問題ありません。

後日契約だけを交わしに行くようにしたり、なるべく当日には契約を交わさないようにしておきましょう。

契約書の中でもキャンセル料が変動するタイミングをチェック

結婚式場と契約を交わすときが来たら、まず契約書の中でもキャンセル料についての項目をチェックしておきましょう。

キャンセル料は挙式予定日の何日前、という括りでパーセンテージが変動し、キャンセル料にかかる費用が変わります。

契約書を確認するときはキャンセル料について詳しく説明を聞き、わからない点があればその都度確認しましょう。

実際に結婚式場と契約を交わすときの注意点については、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式場と契約する時の注意点は?トラブルにならないためのポイント

結婚式場と契約を交わすときは何に注意すればいいの?契約前に知っておくべき注意点を紹介しています。結婚式選びを失敗しないためにも、持ち込み料やキャンセル料などのポイントを徹底解説!いざというときに頼れる相談センターも紹介しています。

結婚式場と契約を交わすときに注意するべき3つのポイント

結婚式場の画像

結婚式場と契約を交わすときは、あらかじめ注意するべきポイントというものがあります。

全国の消費生活センターには、結婚式に関するトラブルが過去5年間で毎年1,000件以上寄せられており、多くのトラブルが起こっています。

結婚式の相談件数と契約・解約に関する相談件数

そのため、契約するときに注意するべきポイントを頭に入れておきましょう。

  • キャンセル料がかかることを理解する
  • クーリングオフの対象外だということを理解する
  • 値引き交渉は本契約前に済ませておく

キャンセル料がかかることを理解する

全国に消費生活センターなどに寄せられている結婚式のトラブルの中でも、約9割を占めているのが契約や解約に関するキャンセル料の問題です。

最近では高額なキャンセル料を請求されたことで裁判になった、というケースも複数あります。

しかし結婚式場と裁判になってしまったとき、消費者側である新郎新婦の主張を認めるのが難しいのが現状です。

契約したときにはキャンセルしないと考えていても、災害や身内の不幸などの思わぬ理由でキャンセルしなければならないケースもあります。

絶対にキャンセルしないという意思があっても、キャンセルしなくてはいけない状況に陥ってしまう可能性は少なくありません。

キャンセル時には、どのような場合でもキャンセル料がかかると理解しておきましょう。

結婚式場に関するキャンセル料やクーリンオフについては、下記の記事で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。

結婚式のキャンセル料って必ず払うの?クーリングオフはできないの?

結婚式はキャンセル料がかかる?クーリングオフはできないの?結婚式に関するキャンセルについて紹介しています。キャンセル料の相場はいくらなのか、何ヶ月前から支払う義務があるのかなど。法的に対応できるのかもこのページで紹介しています。

クーリングオフの対象外だということを理解する

結婚式場との契約はエステや訪問販売のようにクーリングオフができるものだ、と考えている人は比較的多いのではないでしょうか。

しかしクーリングオフとは、主に訪問販売や電話勧誘販売に対する法律になります。

結婚式場のような自ら訪問をして契約を交わす場合、クーリングオフの対象にはなりません。

そのため結婚式場から内金を返してほしいとクーリングオフをお願いしても、内金が戻ってくることはほとんどありません。

クーリングオフができるだろう、という安易な考えで契約をしてしまわないようにしましょう。

値引き交渉は本契約前に済ませておく

結婚式の見積もりを値引き交渉するのは、決して恥ずかしいことではありません。

安くしろと威圧的に発言するのは好ましくありませんが、他の式場と検討していることやドレスの金額が少し高いなどの具体的な理由を伝えると、値引きをしてもらえる確率はぐんと上がります。

しかし値引き交渉をするタイミングは、仮契約後から本契約までの間になります。

結婚式場は本契約をした時点で、全ての見積もり内容に納得したと判断してしまいます。

本契約をしてからではなかなか値引きをしてもらえないので、仮契約から本契約までの期間に交渉するようにしましょう。

結婚式の費用に関する値引き交渉やタイミングについては、下記の記事で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。

結婚式の費用を値引き交渉するコツは?どのくらい安くできるの?タイミングや交渉術を解説

結婚式の費用を値引き交渉するコツを紹介しています。契約後でも値引き交渉ができるのか、どのくらい割引が適応され、プラン変更をすることができるのかなど。値引き交渉で使える裏技や値引きしやすい項目をあらかじめチェックしておきましょう。

ブライダルフェアの申込金や内金の返金で式場とトラブルになったケース

結婚式場の画像

結婚式場と契約をする上で心配になるのが、申込金や内金の関係でトラブルになってしまうのではないかという点ではないでしょうか。

実際にトラブルになってしまったケースの中でも、よくあるものが下記のような状況になります。

  • 気がつかないうちに仮契約が本契約に移行していてトラブルに
  • 式場スタッフに非があったものの内金が返金されずにトラブルに
  • 見積もり内容に納得ができずにトラブルに

仮契約と本契約の違いや意味を知っていないまま式場と契約を交わしてしまい、知らないうちに本契約に移行していたケースは決して少なくありません。

そのうえ式場スタッフに非があったにもかかわらず式場変更でも内金が返金されないことや、見積り内容に納得ができずにトラブルになってしまったというケースもあります。

先ほども紹介したように、結婚式場とトラブルになってしまうと契約書に同意をしてサインを記入した新郎新婦に勝ち目はありません。

契約とは簡単に交わしてはいけないことを知り、決めた結婚式場と契約を交わすときは慎重に判断できるようにしておきましょう。

結婚式場でよくあるトラブルは、下記の記事でまとめているので合わせてご覧ください。

実際に結婚式でおきたトラブルとは?返金や裁判になるケースはある?

結婚式では、準備中や当日に思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。よくあるトラブルの実例から、実際に損害賠償を請求することができた事例まで紹介しています。自分たちの結婚式で先輩花嫁たちと同じトラブルを起こしてしまわないようにチェックしておきましょう。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1