ブライダルフェアは契約しなくても大丈夫?注意するべきポイント

ブライダルフェアは今すぐ結婚式を挙げたい人だけがいく場所ではないことをご存知でしょうか。

実は結婚式の日程が未定の人などでも将来結婚式を挙げる可能性があるなら、ブライダルフェアに参加しても問題ありません。

そのためブライダルフェアに参加したからといって契約をする必要はないですし、むしろ当日契約してしまうほうがリスクが高いのです。

「こちら」

ブライダルフェアに参加すると契約させられてしまうのでは、と考えて参加しないままでいると、タイミングを逃してしまいますよ。

ブライダルフェアに参加する前に知っておきたい!仮契約と本契約とは

ブライダルフェアに参加する前に知っておきたい!仮契約と本契約とは

ブライダルフェアなどの式場見学に参加すると、仮契約と本契約という言葉を耳にすると思います。

仮契約とは自分たちが挙式をおこないたい日程に、他のカップルの予約が入らないように確保しておくシステムです。

仮契約の期間は平均1週間から10日間程度ですが、仮契約の期間が過ぎてしまうと、そのまま本契約に移行してしまうことがあります。

複数の式場で仮契約をしているときは、キャンセルの連絡をすることを忘れないようにしましょう。

ほとんどの結婚式場が無料でおこなっているシステムですが、稀に仮契約でも内金がかかる式場もあるので要注意です。

本契約とは、正式に式場と契約を交わすことになります。

本契約を交わすときは全ての契約書に目を通し、問題ないことを確認してからサインをしましょう。

本契約を交わした後では簡単に変更やキャンセルをすることも難しくなるので、最も注意を払う必要があります。

内金や手付け金などの契約金は必ず支払うの?

内金や手付け金などの契約金

仮契約や本契約をするときには、内金や手付金を支払う必要があります。

支払う金額は5万〜20万と式場によって様々ですが、一般的に内金や手付金を支払った後にキャンセルをしても、支払った料金はキャンセル料になってしまうので、戻ってきません。

そのため2〜3店舗の式場であれば問題ありませんが、複数の式場に内金を支払うことはおすすめできないのです。

しかし、内金や手付金などの料金は最終見積りから値引きされているので、結婚式を挙げる式場であれば全く関係のない支払いになってしまうことはありません。

契約するときに注意するべき3つのポイント

契約するときに注意するべき3つのポイント

全国の消費生活センターなどには結婚式に関するトラブルが、過去5年間で毎年1,000件以上寄せられています。

結婚式場ではあまりトラブルがおこらないと思われがちですが、実際にはとても多くのトラブルがおきているのです。

結婚式の相談件数と契約・解約に関する相談件数

そのためにも契約するときに、注意するべき3つのポイントを頭に入れておきましょう。

キャンセル料について

全国の消費生活センターなどに寄せられる結婚式のトラブルの中で9割を占めているのが、契約・解約に関するキャンセル料の問題です。

最近では高額なキャンセル料を請求されたことで、裁判になったというケースも複数あります。

しかし裁判になったとき、消費者側の主張を認めることが難しいのが現状です。

そのためにも契約をおこなうときは、キャンセル料について詳しく確認しておきましょう。

キャンセル料は、挙式日の何日前にキャンセルするのかで金額が変わってきます。

当日や前日のキャンセル料だけでなく、1ヶ月前、2ヶ月前などのキャンセル料も細かく確認しておきましょう。

契約したときはキャンセルしないと考えていても、災害や身内の不幸などの思わぬ理由でキャンセルしなければならないこともあります。

このように絶対にキャンセルしないという意思があっても、キャンセル料については確認しておく必要があるのです。

クーリングオフは適応外

結婚式での契約をクーリングオフしたい、という意見をよく聞きますが、そもそもクーリングオフとは主に訪問販売や電話勧誘販売に対する法律です。

結婚式場のような自ら訪問して契約を交わす場合は、クーリングオフの対象ではありません。

そのため結婚式場に内金を返してほしいとクーリングオフをお願いしても、内金が戻ってくることはありません。

クーリングオフができるだろう、という考えで契約をしてはいけないのです。

値引き交渉は仮契約後から本契約前にしておく

結婚式の見積りを値引きすることは、決して恥ずかしいことではありません。

安くしろと威圧的に発言することは好ましくありませんが、他の式場と検討していることやドレスの金額が少し高いなどの具体的な理由を伝えると、値引きをしてもらえることがあります。

しかし、値引きをお願いするときに気をつけることは、仮契約後から本契約前におこなうことです。

式場は本契約をする=全ての見積りを納得したと判断してしまいます。

本契約をしてからではなかなか値引きをしてくれないことがあるので、仮契約後から本契約前の期間に交渉しましょう。

ブライダルフェアで当日契約してはいけない

ブライダルフェアで当日契約してはいけない

ブライダルフェアに参加すると、当日割引や特典などの言葉に魅力を感じてしまいますよね。

しかし当日契約することはとてもリスクが高く、あとからトラブルになってしまう原因にもなります。

割引や特典などで当日契約したくなる気持ちもわかりますが、実際は後日値引き交渉などで補填することができるかもしれません。

そのため当日契約してしまうのではなく、見積りを一旦持ち帰り冷静になって考えましょう。

ブライダルフェアでは一番魅力的だと思っていた式場でも、他の結婚式場の見学に行ってみたいと考えるかもしれません。

自分たちに合った結婚式場を選ぶには、比較・検討することが重要です。

その場で即決してしまうことが、キャンセルに繋がる一番の原因でもあるので注意しましょう。

契約後でもブライダルフェアに参加してOK!

口コミサイトなどで、結婚式場と契約をしたあとでもブライダルフェアに参加していいのか、という質問を目にしますが、参加しても全く問題はありません。

他の結婚式場のブライダルフェアでも演出や飾り付けなどの参考になるので、積極的に参加することがおすすめです。

しかし人数に制限のあるようなブライダルフェアは避け、式場選びを真剣にしているカップルの邪魔になってしまわないように気をつけましょう。

成約した結婚式場では成約者フェアをおこなっていることもあるので、成約者フェアに参加してみるのもいいのではないでしょうか。

ブライダルフェアに比べて引き出物や飾り付けなどを詳しく説明してもらうことができますし、挙式に対するイメージをより掴むことができると思います。

満足できる結婚式を挙げれるように、会場やプランナーさんとの打ち合わせ前に自分たちの理想を明確にしておきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら