結婚式場の装飾

式場探しにおいて、ブライダルフェアは重要なイベントです。

一生に一度の結婚式なので、式場探しで後悔しないためにしっかりと回っておきたい人がほとんどだと思います。

しかしブライダルフェアに何件行けば、後悔しない式場探しができるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

実はブライダルフェアへの参加回数が多すぎても少なすぎても、式場探しに後悔が残ってしまう可能性があります。

  • 式場探しで後悔しないためにはブライダルフェアを3件まわっておこう
  • 4〜5件まわっておくと式場を見る目が肥えていい式場探しができるようになる
  • 1日でまわれるのは3件が限界
  • ブライダルフェアをまわるとキャンペーンでギフト券がもらえる
「こちら」

理想の結婚式場が見つかるブライダルフェアの選び方についても紹介していますので、参考にしてください。

ブライダルフェアに何件行くべきか迷ったら平均件数2.6件を目安にしよう

結婚式場のガーデン

ブライダルフェアには、最低でも3件まわっておくと後悔しない式場探しがおこなえます。

なぜ3件なのかというと、本命の式場と別のブライダルフェアに2件参加すると式場を比較することができるからです。

式場を比較する詳しいメリットは後述しますが、式場の優劣をつけやすくなることなどが挙げられます。

ゼクシィトレンド調査2019でも、実際に先輩花嫁がブライダルフェアに参加した件数の平均は2.6件というデータが報告されています。

多くの花嫁が複数の式場をまわるのは、式場検索サイトで開催されているキャンペーンに参加するためという側面も。

ハナユメやゼクシィで、ブライダルフェアに3件参加すると最大金額のギフト券がもらえるキャンペーンが開催されています。

もらえるギフト券の金額や条件はサイトによって異なりますが、ブライダルフェアをまわった件数が多いほどギフト券の金額が増えるという特徴は同じです。

気になるギフト券の金額は、以下のとおり。

ハナユメ 31,000円分
ゼクシィ 20,000円分

現在開催されているキャンペーンでは、ハナユメの特典の方がゼクシィよりも11,000円分多いことが分かります。

またハナユメはもらえるギフト券の金額が大きいだけではなく、結婚式費用が100万円以上割引されると話題のハナユメ割が利用できます。

ゼクシィにはハナユメ割のような割引はありません。

ブライダルフェアに参加するだけで31,000円分のギフト券がもらえて結婚式費用も割引されるハナユメを利用しないのは、はっきり言って損です。

4〜5件はまわっておくと自分に合う結婚式場が見分けられるようになる

結婚式場のロビー

先輩花嫁が参加したブライダルフェアの平均件数は2.6件ですが、式場探しで後悔したくない人は4〜5件まわっておきましょう。

実は結婚式を挙げた8割のカップルが、色々な式場を見ておくべきだったと後悔しています

式場決定後に「もっと色々な式場を見ておくべきだった」と後悔したことはありますか?

式場決定後に後悔したことがある人のアンケート結果

成約した式場のスタッフの対応が悪かったり、他の式場に目移りしたりなど後悔した理由は様々。

式場探しの段階で慎重になっていれば、上述したような後悔は防げたはずです。

4〜5件のブライダルフェアをまわると、式場を見る目が肥えて自分に合う結婚式場を見分けられるようになります

また様々な式場を比較することで、優劣が分かりやすくなるメリットもあります。

比較することで式場の優劣が分かりやすくなる

結婚式場の装飾

式場を比較することは、式場探しにおいて重要なポイントです。

比較しないとその式場の何が優れていて、どこが劣っているのかが判断できません。

料理の味やチャペルの雰囲気、見積書の内容など比較できる点はいくらでもあります。

特に見積書の内容は比較しておきましょう

なぜなら式場が変わると、標準仕様だと思っていたアイテムに追加料金が発生する可能性があるからです。

違いを発見できたら、必ずメモをとっておいてください。

見積書は値段交渉において重要なアイテムになります。

他の式場の見積もりを出して値段交渉すると割引率が高くなる

ブライダルフェアでもらった見積書

式場を決定する前に他の式場の見積書を出して値段交渉をおこなうと、通常よりも割引してもらえる可能性が高くなります。

式場側は結婚式を挙げてくれそうなカップルを他の式場に取られないように、多少無理な値下げをしてでも自分の式場で結婚式を挙げてもらおうとするからです。

割引されないのであれば決定はしないと強気に交渉しても、何の問題もありません。

むしろスタッフの顔色を伺うような言い方をすると、割引してもらえなくなることがあります。

堂々と値引き交渉をすることが、割引してもらうコツだと言えます。

見積もりで見ておきたい項目については以下の記事で紹介していますので、要チェックです。

結婚式の見積もりチェックポイント〜見積書の見方から注意点まで解説〜

結婚式の見積もりをもらったときにチェックすべきポイントは?実際に管理人がもらった見積もりをもとに、見積書の見方から比較方法、注意点まで徹底的に解説しています。式場と交渉できる項目を見逃すと、損をしてしまいますよ。

7,302view

複数のブライダルフェアに参加すると理想の式場が見つかったり結婚式費用を割引してもらえたりとメリットばかりですが、1件目で決定した場合他の式場に目移りして後悔してしまう可能性があります。

1件目で決定すると他の式場に目移りして後悔する可能性が高い

結婚式場と契約している様子

1件目で式場を決定した先輩花嫁の多くが、式場探しで後悔しています。

式場を即決するデメリットとして、他の式場に目移りしてしまう点が挙げられます。

式場探しの段階では見つけられなかった欠点が、結婚式の準備が進むにつれて浮き彫りになることが目移りしてしまう原因です。

欠点に気づいてしまうと、色々な式場を見ておくべきだったと必ず後悔します。

1件目で成約したものの、他の式場に目移りしてしまいキャンセルしたカップルも少なくありません。

キャンセルすると解約料がかかってトラブルになることもある

結婚式をキャンセルすると、ほとんどのケースで解約料がかかります。

キャンセル料をめぐり式場とトラブルになったとして、毎年1,000件以上の相談が消費者生活センターに寄せられています。

式場側に問題があったとしても、キャンセル料を踏み倒すことはできません。

裁判まで持ち込んだとしても敗訴する可能性が高いので、最終的にキャンセル料を支払う必要があります。

結婚式場のキャンセル料については、事業者から請求された金額が高すぎるとして裁判になったケースもありますが、キャンセル料を定める契約条項の金額が問題となった近年の裁判の流れを見ると、消費者側の主張が認められることが難しい状況となっています(注)。

一生に一度の結婚式をキャンセル料をめぐるトラブルで台無しにしないためにも、慎重に式場探しをおこなうのが得策です。

なるべく色々な式場を見てまわって、自分たちにとって最高の結婚式場を探し出してください。

ただしあまり色々な式場をまわり過ぎると、情報が多すぎて式場を決められなくなる可能性があります。

10件以上まわると情報が増えすぎて式場を決められなくなる

結婚式場の飾り

ブライダルフェアを10件以上まわると情報が増えすぎて収集がつかなくなり、式場を決められなくなってしまいます。

実際に東洋大学で、選択肢が多すぎると決定後に後悔が残る旨の論文が発表されています。

選択肢が多い決定場面においては、決定までにたくさんの時間や労力が必要とされ、心理的ストレスが高まり、決定後の後悔感情が大きくなることが示唆されている。

論文にあるように、式場も選択肢が多すぎると迷ってしまい決定後に後悔が残ってしまう可能性があります。

上述したように、ブライダルフェアに参加する件数は4〜5件が最適です。

とはいえ4〜5件まわろうと思うと1日だけでは厳しいので、仕事や用事などで時間がない人は負担に思われるかもしれません。

1日ではしごできるブライダルフェアの件数を把握して、短期間でまわれるように計画を立てましょう。

スケジュール調節をすれば1日ではしごできる件数は3件

披露宴会場

スケジュールを調整して時間をしっかりと決めておけば、最高で1日に3件ブライダルフェアをはしごすることができます。

ブライダルフェアの所要時間は内容にもよりますが、おおよそ3時間です。

式場のまわり方を事前に計画しておけば、慌ただしくなることもありません。

例として、ブライダルフェアを1日に3件まわった場合のタイムスケジュールを紹介します。

ブライダルフェアを1日3件まわった場合のタイムスケジュール

1日で3件まわれたら、忙しい人でも様々な式場を見ることができますね。

とはいえタイトなタイムスケジュールにはなりますので、遅刻しないためにも効率よくまわるコツを把握しておきましょう。

効率的にまわるために移動時間はなるべく短くする

渋滞している様子

タイトなスケジュールをこなすためには、無駄な時間を省くことが重要です。

ブライダルフェアの場合、一番無駄な時間は移動時間だと言えます。

なるべく移動時間を減らすために、同じエリアにあるブライダルフェアに参加してください。

可能であれば片道20分以内の場所にある結婚式場を選択すると、移動時間を大幅に短縮できます。

またブライダルフェアに参加する順番も、効率よく回るために気をつけたいポイントです。

行ったり来たりしなくていいように参加する順番も考慮しよう

ブライダルフェアを予約する際は来た道を戻らなくていいように、参加する順番も考慮しましょう。

同じエリアのブライダルフェアを選択したとしても、まわる順番を間違えて行ったり来たりしては時間の無駄になってしまいます。

結婚式場の場所を地図で調べて、どの順番でまわったら一番効率的か考えてからブライダルフェアを予約してください。

効率的なまわり方は移動手段によって変わります。

自分たちの移動手段に合った順番でブライダルフェアをまわるのが、効率をよくするためのコツです。

電車の乗り換えは時間のロスになるから同じ路線でまとめておく

名古屋駅

移動手段が徒歩や車ならどの道でいくのかを考えるだけなので簡単ですが、電車の場合は路線も考慮する必要があります。

路線が変わると乗り換えをしなくてはいけないので、時間のロスになってしまいます。

できるだけ同じ路線でまとめて、乗り換えをなくすようにしましょう。

とはいえ電車は出発時間が決まっているため、どうしても時間のロスが発生してしまいます。

式場によってはブライダルフェアに参加するとタクシー代を負担してもらえるケースもあるので、その場合はタクシーの利用も視野に入れてください。

あらかじめ次の予定があることを伝えて時間通りに帰宅しよう

時計

あらかじめスタッフに次の予定があることを伝えておくのも、重要なポイントです。

次の予定があることを伝えておくと、スタッフも時間を気にして早めにプログラムを進めてくれます

予約時と式場に足を運んだ際に、何時までに式場を出たいか伝えてください。

ただしあまり早すぎる時間を指定してしまうと、予定されているプログラムに参加できない可能性があります。

「こちら」

次のブライダルフェアの開始時間と移動時間を考慮して、時間を指定しましょう。

ここまでブライダルフェアを効率的にまわる方法を紹介してきましたが、本来ならば時間に余裕を持って参加するのが定石です。

時間がないと気持ちが焦って、重要なポイントを見逃してしまう可能性があります。

忙しい人は仕方ありませんが、時間が作れる人はなるべくゆっくりブライダルフェアをまわってください。

とはいえブライダルフェアは色々な式場で多数開催されているので、どれに参加したらいいのか迷いますよね。

式場探しで後悔したくない人は、ブライダルフェアの選び方を把握しておきましょう。

式場探しで後悔しないためのブライダルフェアの選び方

チャペル

ブライダルフェアが式場探しで重要なことは上述しましたが、実際にどのフェアに参加したらいいのか分からない人が多いのではないでしょうか。

実はブライダルフェアの選び方を知らないと、何件まわっても後悔してしまう可能性が高いです。

多数のブライダルフェアに時間をかけて参加して、成約後に後悔したくはないと思います。

式場探しで後悔しないためのブライダルフェアの選び方を紹介していきますので、参考にしてください。

まずブライダルフェアを選ぶ前に、自分たちの希望に合った式場を探すことから始めましょう。

自分たちの希望について決めておいてほしいポイントは、以下のとおり。

  • 結婚式場の種類(専門式場、ゲストハウス、ホテル、レストランなど)
  • 挙式スタイル(キリスト教式、人前式、神前式など)
  • 結婚式を挙げたいエリア
  • 好みの結婚式場のイメージ(クラシカル、ナチュラル、ラグジュアリーなど)

4つのポイントに当てはまる式場を、ピックアップしてください。

その中から気に入った式場を5つほど選んで、どのブライダルフェアに参加するか決めていきます。

なるべく豪華なブライダルフェアに参加して式場の雰囲気を掴もう

結婚式場の飾り

一言でブライダルフェアといっても、相談会のみや試食会付きなど様々な種類があります。

式場探しで後悔をしないコツとして、最も豪華な内容のブライダルフェアに参加することが挙げられます。

豪華なブライダルフェアに参加してほしい理由は、試食会や試着会、模擬挙式などのイベントを体験しておくことで自分がその式場で結婚式を挙げているイメージが具体的になり、式場の雰囲気が自分たちに合うか判断できるからです。

式場のイメージをふくらませて、自分たちに最も合う式場を探し出しましょう。

またブライダルフェアの参加が1件目の場合、特典がもらえることがあります。

ブライダルフェアの参加が1件目だと特典がもらえることもある

ブライダルフェアの参加が1件目のカップルに限り、特典を用意している式場もあります。

特典の内容は様々で、ギフト券やディナー券などがもらえます。

ブライダルフェアに参加するだけで、特典がもらえるのは嬉しいですよね。

せっかく式場探しをおこなうのであれば、少しでもお得にブライダルフェアに参加しましょう。

ブライダルフェアに参加している人のなかには、特典をもらうために1件目だと嘘をついて参加している人もいます。

1件目だと嘘をついても調べる手段がないのでバレることはない

特典をもらうために、2件目に参加したブライダルフェアでも1件目だと嘘をつこうと考えている人もいると思います。

正直に言うと式場側には調べる手段がないので、1件目だと嘘をついてもバレることはないのが現状です。

例え手段があったとしても、手間なのでわざわざ調べようとはしません。

とはいえ1件目だと嘘をつくと、ブライダルフェアに初めて参加したフリをしなくてはいけないため面倒です。

いつバレるのかと怯えて、素直にブライダルフェアを楽しめなくなる可能性もあります。

特典がたくさん欲しい人は、来館特典ではなく式場検索サイトのキャンペーンを利用してください。

ハナユメやゼクシィ、マイナビウエディングなどの様々な式場検索サイトでキャンペーンが開催されており、ブライダルフェアに参加するだけで数万円分のギフト券を受け取ることができます。

「新婦」

式場検索サイトを利用すると、式場が用意している特典よりも豪華な特典がもらえますよ。

キャンペーンについては以下の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

ブライダルフェアのキャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

ブライダルフェアのキャンペーン情報をまとめています。どこよりもお得に商品券をゲットする裏技や各式場検索サイトの特徴も紹介。賢くブライダルフェアに参加しないと後悔してしまうため、どこよりもお得に式場探しをしたいのであればチェックしておきましょう。

9,276view

ブライダルフェアに参加する前に、どんなことがおこなえるのか知りたい人も多いと思います。

ブライダルフェアでおこなえる内容と、各イベントでチェックしておきたいポイントを紹介していきますのでブライダルフェア初心者の人は要チェックです。

ゲストに喜んでもらえるように試食会で料理の味を確認しておこう

ブライダルフェアで食べた試食

ブライダルフェアで最もメジャーなイベントとして、試食会が挙げられます。

試食会は、結婚式で実際に提供される婚礼料理を試食できるイベントです。

牛フィレ肉やフォアグラ、オマール海老などの高級食材を使用した豪華な料理を試食できるケースが多く、9割のプレ花嫁が試食会付きのブライダルフェアに参加しています。

試食会でチェックしておきたいのは、やはり料理の味です。

結婚式の料理のクオリティはゲストの満足度に直結するほど、重要なポイントになります。

また見た目の美しさや提供のスピード、料理が冷めていないかなどもチェックしておきましょう。

ゲストが料理を食べて、満足できるかどうかを見極めることが重要です。

試食会については以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアの試食会に行こう!本当に無料?試食目当てはOK?

ブライダルフェアの試食会は試食目当てで参加してもいいのか、本当に無料なのかを徹底解説。量はどの程度なのか、フルコースでも有料でないのかなど、気になるポイントを紹介しています。市紹介に参加するうえでの注意点などもチェックしておきましょう。

8,097view

ドレスの試着会に参加して種類を見ておかないと持ち込みすることになる

ウエディングドレス

ドレスの試着会は限られた式場しかおこなっていませんが、開催されていたらぜひ参加してほしいイベントです。

試着会はウエディングドレスを試着できるイベントで、式場が保有しているドレスを着用することができます。

基本的に結婚式で着用するドレスは、式場が保有しているデザインまたは提携しているショップから選びます。

ウエディングドレスを選ぶときに、好みのデザインがないという事態は避けたいですよね。

好みのウエディングドレスがなかった場合は他のショップから探すことになり、持ち込み料が発生して費用が割高になってしまいます。

上述したような事態を避けるためにも、ブライダルフェアの段階でドレスをチェックしておくのが無難です。

ドレス試着会ではなく、ドレスサロン見学会を開催している式場もあります。

ドレスサロン見学会は、式場が提携しているドレスサロンを見学できるイベントです。

サロンを見学するだけでもドレスの種類を確認することができるので、どちらかが開催されていたら参加しておきましょう。

ブライダルフェアのウェディングドレス試着会で失敗しないための注意ポイント

ブライダルフェアのウェディングドレス試着会で、失敗しないための注意点を紹介しています。服装や持ち物、身だしなみなど注意したい点がいくつかあるので参考にしてください。試着会付きのブライダルフェアを簡単に探せる方法も教えます。

15,119view

挙式のイメージを具体的にするためにも模擬挙式は見ておきたい

挙式の様子

真剣に式場探しをしているカップルにぜひ参加してほしいのが、モデルが実際の結婚式と同じ流れで挙式をしている姿を見ることができる模擬挙式です。

模擬挙式を見ることで挙式をおこなっているモデルを自分に当てはめて、自分たちの結婚式をより具体的にイメージできるようになります。

またゲスト目線で挙式を見られるので、チャペルの雰囲気や音響、ドレスの見え方などを第三者目線でチェックすることが可能です。

その他にもバージンロードの長さや幅、天井高などチェックしておきたいポイントは多数あります。

ゲストが着席する椅子の座り心地も気になるところですね。

挙式を第三者目線で見ることができるのは模擬挙式だけなので、開催していたら必ず参加するようにしましょう。

以下の記事で模擬挙式について詳しく紹介しています。

ブライダルフェアの模擬挙式・模擬披露宴の内容は?流れやメリットを解説

ブライダルフェアで開催されている模擬挙式や模擬披露宴について紹介しています。模擬挙式や模擬披露宴の内容だけでなく、挙式スタイルの違いや参加するメリットなどをチェックしておきましょう。結婚式の本番のような雰囲気を体験することができるのは、模擬式だけになります。

3,440view

ブライダルフェアで体験できるイベントについて紹介してきましたが、どうやってブライダルフェアを探したらいいのか迷いますよね。

気になる式場のホームページから、ブライダルフェアを一つ一つ確認するのは相当な手間がかかります。

簡単にブライダルフェアを検索するなら、上述した式場検索サイトの利用が便利です。

式場検索サイトなら参加したいブライダルフェアを簡単に見つけられる

式場検索サイトを利用すると、簡単にブライダルフェアを検索できます。

参加したい内容のブライダルフェアのみを表示してくれる、こだわり検索機能を利用できるからです。

こだわり検索を利用すれば、参加したい内容にチェックを入れて検索するだけで条件に合うブライダルフェアを一気に確認できます。

予定が空いている日程で絞り込むこともできるので、いつ開催されているのかチェックする手間が省けるのも嬉しいポイントです。

式場検索サイトのハナユメなら、いつでも無料でこだわり検索を利用できます。

また上述したとおり、ハナユメではブライダルフェアに参加しただけで31,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンが開催されています。

簡単に参加したいブライダルフェアが見つかるうえにキャンペーンでギフト券がもらえるハナユメは、プレ花嫁必見の式場検索サイトです。

式場割引サイトの「ハナユメ」で31,000円分の電子マネーをGETしよう

式場割引サイトの「ハナユメ」でブライダルフェアの予約をすると、もれなく電子マネーが受け取れます。

【おトク情報】特別コラボ金額UPキャンペーン実施中!!

ハナユメ

当サイトからのフェア予約なら、通常26,000円のところ31,000円分に金額アップ!

他サイトやハナユメ公式サイトから申し込むより、5,000円もお得です。

※関東・関西・東海・九州にある式場を予約した場合

さらに管理人は、特別割引であるハナユメ割で結婚式の費用を129万円も節約できました。

もちろん質はそのまま!

理想の結婚式が、おトクに挙げられます。

「全員もらえる¥31,000円」+「結婚式の割引」はハナユメだけ!

\ 31,000円キャンペーンは12月24日まで /

ハナユメ

お正月後のブライダルフェアは、両親への挨拶を済ませたカップルたちによって1年で最も混雑します。

参加枠がなくなってしまわないように、早めに予約しておきましょう。