結婚式場の画像

ブライダルフェアは何件参加するのがベストなのか、悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

このページでは、「ブライダルフェアに参加する時期」から「1日にハシゴできる件数」まで紹介しています。

「ポイント」

ブライダルフェアに参加する件数は、統計ばかりを鵜呑みにしないように要注意です。

ブライダルフェアに参加するのであれば、式場検索サイトの利用がおすすめです。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

キャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

ブライダルフェアに参加する件数は平均2〜3件

結婚式場の画像

式場を決定するまでに、ブライダルフェアに参加する件数は平均で2〜3件と言われています。

しかし全国の消費者生活センターなどに寄せられる結婚式に関するトラブルは、過去5年間で毎年1,000件以上も寄せられていることをご存知でしょうか。

トラブルになってしまうほとんどの原因は、式場変更などの理由により発生するキャンセル料の確認不足です。

このように式場変更をする人の割合は、思っているよりも多いのが現状です。

見学不足による他の式場への目移りが原因

キャンセルしてしまう原因のほとんどは、十分に比較検討をしていないためにおこる他の式場への目移りです。

契約した後になってはじめて、あの式場のほうが綺麗だ、あの式場のが安い、と結婚式場について真剣に考えはじめるのでしょう。

しかし、契約してからでは遅いですよね。

キャンセル料やトラブルが発生しないためにも、ブライダルフェアには数多く参加しておきましょう。

実は後悔している!式場選びでは4〜5件参加しよう

結婚式場の画像

ブライダルフェアにあまり参加せずに契約するとトラブルになりやすいと説明しましたが、実は結婚式を挙げたカップルの中でも約8割の人が「もっと見学しておけばよかった」と後悔しています。

経験者の約8割の人が後悔しているうえにトラブルになりやすいなんて、式場を即決するのはリスクが高いですよね。

式場選びで後悔しないためにもブライダルフェアは4〜5件、もしくは5件以上参加するのがおすすめです。

見学すればするほど式場や費用について真剣に考えはじめますし、式場選びのコツも身についてきます。

さらに、値引き交渉も格段に上手くなっているかもしれません。

「新婦」

時間が許す限り、多くの式場に参加するようにしましょう。

ブライダルフェアは1日に何件はしごするのが限界?

結婚式場の画像

ブライダルフェアに数多く参加したくても、パートナーと予定を合わせるのが難しいカップルも多いのではないでしょうか。

まるまる1日、時間を使えるのであれば1日に多くの式場見学に参加したいと考えますよね。

しかしブライダルフェアは試食会や試着会などの体験をするため、式場1件で平均2〜3時間は必要になってきます。

1日に3件参加するのが精一杯になるのではないでしょうか。

1日で多くの式場を回るための3つのコツ

結婚式場の画像

1日に多くのブライダルフェアに参加するには、コツがあります。

1日に何件ものブライダルフェアに参加するときは、3つのコツを取り入れて計画してみましょう。

  • 移動時間はなるべく短くする
  • 電車であれば乗り換えをしない
  • はじめにスタッフさんに次の予定があることを伝えておく

移動時間はなるべく短くする

1日に何件ものブライダルフェアをはしごするのであれば、式場ごとの移動時間が短くなるようにエリアをまとめてから参加しましょう。

その際、結婚式場までのアクセスの仕方も確認するように心がけるのがおすすめです。

ブライダルフェアは式場の見学だけでなく、式場までの道のりも視野に入れておくのが式場選びのポイントでもあります。

電車であれば乗り換えをしない

ブライダルフェアに参加すると、資料や見積書などをいただくため式場を出る頃には手荷物が多くなります。

荷物がだんだん増えていくので、電車でブライダルフェアに参加するのであれば、乗り換えすることなく1本の路線上にある式場を1日にまとめて参加するのがいいのではないでしょうか。

電車の中では参加したブライダルフェアについて、写真などを見ながらパートナーと振り返っておくのがいいのがおすすめです。

次の式場までに頭の中を整理しておくと、2件目からの式場がリセットされた気持ちで見学できます。

はじめにスタッフさんに次の予定があることを伝えておく

1日に何件ものブライダルフェアに参加するときは、事前にスタッフさんに時間がきたら式場を出ると伝えておくことが重要になります。

ブライダルフェアは、最後に相談会がある式場がほとんどです。

相談会ではスタッフさんと1対1で見積りなどを話し合うため、その場で突然次の予定があるので、と伝えて席を離れるのは逃げているようで心苦しく感じてしまうかもしれません。

ブライダルフェアのはじめに、次の予定があることをスタッフさんに伝えておきましょう。

失敗しない!式場候補を選ぶための3ステップ

結婚式場の画像

あなたはブライダルフェアに参加する式場を、どのように決めていますか。

式場候補選びはとても重要で、その後の式場決定にも大きく関わってきます。

失敗しないためにも、式場候補を選ぶための3ステップを紹介していきましょう。

  • 挙式スタイルと重視するポイントを話し合う
  • 予算やゲストの人数をまとめて書き出す
  • 式場のランク付けをする

Step1|挙式スタイルと重視するポイントを話し合う

ブライダルフェアに参加する前は、どのカップルでもまずパートナーと話し合いますよね。

話し合う時のポイントは、挙式スタイルや重視するポイントを明確に決めておくことです。

挙式のスタイルは人前式なのか神前式なのか、場所はゲストハウスなのかホテルなのかなど、具体的に決めましょう。

挙式のスタイルやお互いの重視するポイントを決めたら、ノートなどに書き出しておくのがおすすめです。

もしも式場選びに悩んだときは、ノートに書いた一番重視するポイントを再確認し、他の項目であれば多少妥協してもいいと考えましょう。

まず式場選びの第一歩として、この時は10件程度にまで候補を絞っておくといいのではないでしょうか。

Step2|予算やゲストの人数をまとめて書き出す

式場候補を10件程度にまで絞れたら、招待するゲストや予算について考えましょう。

お互い招待するゲストを一人一人思い浮かべ、ノートに書き出して正確な人数を計算するのがベストです。

招待するゲストの人数を計算すると、大きすぎる式場や逆に小さすぎる式場が候補に入っていると気づきます。

会場の大きさは結婚式の費用にも関わってくるため、自分たちの予算を話し合い予算内で結婚式を挙げられる式場を選びましょう。

この時、5件程度にまで候補を絞っておくといいのではないでしょうか。

結婚情報誌などの写真やイメージでどれほど気に入っている式場でも、大幅に予算を超えている式場であれば参加するのは避けるのが得策です。

結婚式の費用や内訳、安くする方法などについては、の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式にかかる費用の相場や内訳は?質を落とさないで100万円〜安くする方法

結婚式の費用は一体いくらが平均なの?費用の相場や内訳、節約方法などを紹介しています、両親からの平均援助額や、結婚式の費用を簡単に安くできる裏技など、式場探しをする前に知っておくとお得な情報が盛りだくさん!結婚式にかける費用について徹底解説しています。

Step3|式場のランク付けをする

式場候補を5件程度にまで絞れたら、最後は全てのブライダルフェアに参加しましょう。

ただし、ブライダルフェアに参加する順番には要注意です。

まずは、とても興味のある式場はA、少し興味のある式場はB、など候補に出した式場をランク付けします。

多くの人が一番気になっている式場を最初に見たいと考えますが、実は式場選びをする際、最初に本命の式場のブライダルフェアに参加してはいけません。

最初に本命の式場のブライダルフェアに参加すると、ブライダルフェアというものが理解できずに何も頭に残らないまま終わるケースがあります。

式場見学でどこを注目すればいいのか学ぶためにも、まずは少し興味のあるBランクの式場から参加しましょう。

ブライダルフェアの行きすぎには要注意!

式場のランク付けをする

ブライダルフェアには数多く参加しましょうと言いましたが、10件を超えるほどの行きすぎには注意しましょう。

ブライダルフェアに行きすぎてしまうと、自分たちの中で情報を整理することができず混同してしまいます。

自分たちで管理できる程度の式場が限度と考えてブライダルフェアに参加しましょう。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1