結婚式場の画像

リゾート挙式を検討している人の中には、北海道を視野に入れている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、「北海道でリゾート挙式をするときに必要な費用」から「北海道でおすすめの式場」まで紹介しています。

「こちら」

最近は、北海道でおこなうリゾート婚の人気が高まってきています。

北海道でリゾート婚をするときに必要な費用はいくら?

結婚式場の画像

北海道でリゾート婚をするときに必要な費用は、挙式のみであれば30万円程度になります。

しかし北海道で挙式を挙げるからといって、挙式料のみで済むわけはないですよね。

交通費や宿泊費などの旅費だけでなく、家族や親族を招待するのであれば引き出物や招待状などの費用も必要になります。

そのため北海道でリゾート挙式をする際、最終的に新郎新婦が負担する費用は平均100万円程度になります。

ただし旅費に関しては住んでいる地域によって変わってくるため、平均よりも安くなることも高くなることもあることを理解しておきましょう。

北海道でのリゾート挙式なら挙式料ではなく交通費や旅費を節約しよう!

結婚式場の画像

北海道でリゾート挙式を挙げるのであれば、挙式料ではなく交通費や旅費を節約することを考えましょう。

北海道で挙式を挙げようと考えているカップルが躊躇してしまうのは、交通費の高さが大きな原因になっていると思います。

しかし式場と何度もやりとりをすることが難しいリゾート挙式は、挙式料を値引きすることに限界があります。

そのため国内リゾートとして北海道での結婚式を検討するのであれば、交通費や旅費を抑えることを重視しましょう。

北海道までの交通費を抑えるなら夏以外の時期がおすすめ!

結婚式場の画像

意外にも北海道への交通費が高くなるのは夏の時期になり、雪が降ることで交通の便が悪くなる冬は安くなるといわれています。

しかし真冬に挙式を挙げてしまうと新郎新婦や家族が当日にきちんと式場に着ける保証がなく、天候によっては挙式の日程を変更しなくてはいけないケースもあります。

そのため北海道に行くのであれば、夏よりも交通費が安くなる春や秋などの過ごしやすい気候の時期を選ぶようにしましょう。

一人当たり交通費が数千円変わるだけでも、大きな節約ポイントになりますよ。

北海道でのリゾート挙式は家族のみや二人だけの少人数が主流?

結婚式場の画像

北海道で国内リゾート挙式をおこなうカップルは、家族や親族のみしか招待しない少人数結婚式が主流になっています。

しかし最近は新郎新婦の二人だけでおこなう挙式も人気が高まってきており、家族や親族すら招待しないスタイルでも違和感はありません。

北海道という広大なロケーションの中、新婚旅行を兼ねて二人だけで挙式を挙げるのも素敵な思い出を残すことができるのではないでしょうか。

招待客の交通費や宿泊費はどこまで負担するもの?

結婚式場の画像

北海道でリゾート挙式をする際には、家族や親族を招待するという人も多いですよね。

しかし家族や親族の交通費や宿泊費をどこまで負担すればいいものなのか、悩んでしまうと思います。

一般的には遠方の結婚式に足を運んでくれたゲストのご祝儀は辞退するか、宿泊費か交通費のどちらかを負担するケースが多いです。

しかし国内リゾートを選択するカップルの多くは家族に旅行としてプレゼントしたいと考えているため、交通費や宿泊費を全て負担するパターンも少なくありません。

「新婦」

家族や親族と話し合い、どこまで新郎新婦が負担をするのかを決めておくと安心できるのではないでしょうか。

北海道でリゾート挙式をするときに注意する3つのポイント

結婚式場の画像

北海道でリゾート挙式をするときには、あらかじめ注意しておくべきポイントがあります。

国内リゾートは一般的な身近な結婚式場で挙げる結婚式とは違うため、頭に入れておきましょう。

  • 荷物にならないように引出物は後日郵送する
  • ゲストの飛行機やホテルの手配はまとめて済ます
  • 何度も電話で打ち合わせをしておく

荷物にならないように引出物は後日郵送する

国内リゾート挙式で家族や親族を招待する場合、引き出物は後日自宅に届くように郵送する手配をしておきましょう。

遠方での結婚式では、引出物のような荷物を渡すとゲストを困らせてしまうことがあります。

挙式ではプチギフト程度の邪魔にならないものでおもてなしを済ませ、引出物は後日郵送で届く旨をゲストに伝えておきましょう。

ゲストの飛行機やホテルの手配はまとめて済ます

国内リゾート挙式では、ゲストの飛行機やホテルの手配を新郎新婦がまとめて済ましてしまうとトラブルが少なくスムーズに進めることができます。

家族や親族の交通費や宿泊費は、新郎新婦が負担するケースが少なくありません。

お金のやりとりを少なくするためにも新郎新婦が取りまとめ、手配を済ませてしまいましょう。

困らないように何度も電話で打ち合わせをしておく

国内リゾート挙式は、何度も結婚式場に足を運んで打ち合わせを進めることができません。

そのため疑問に感じる点があれば、すぐに式場に電話をして確認をするようにしましょう。

挙式当日まで新郎新婦とプランナーで意見がすれ違っていては、満足できる結婚式を実現することはできません。

後悔しない結婚式にするためにも、何度も電話で打ち合わせをしておくのがおすすめです。

北海道でリゾート挙式をするときのメリット・デメリット

結婚式場の画像

北海道でリゾート挙式をするのであれば、メリットやデメリットも把握しておかなければいけません。

メリットばかりに気をとられて後悔してしまわないためにも、あらかじめ理解しておきましょう。

北海道を選択するメリット

リゾート挙式で北海道を選択するメリットは、下記のようなものがあります。

  • 新婚旅行も兼ねることができる
  • ロケーションがよく料理がおいしい
  • 高齢の人や子供でも参加できる距離

リゾート挙式で北海道を選択する最大のメリットは、やはり新婚旅行も兼ねることができる点ではないでしょうか。

そのうえ料理もおいしく海外ほど距離も遠くないため、高齢の祖母や祖父、子供までの招待することが可能です。

広大な自然の中というロケーションは、都会では味わうことができない北海道ならではの挙式にすることができます。

北海道を選択するデメリット

メリットとは反対に、北海道でリゾート挙式をするデメリットは下記のようなものではないでしょうか。

  • 友人などを招待しにくい
  • 交通費や宿泊費がかかる
  • 何度も打ち合わせにいくことができない

北海道は交通手段として飛行機が必要になるため、気軽に友人や会社の人を招待することができません。

そのうえ家族や親族の交通費や宿泊費がかさみ、決してお得な結婚式とは言えないのではないでしょうか。

北海道のようなリゾート挙式はどの地域からでも遠方になるため、プランナーさんと顔を合わせて何度も打ち合わせができない点もデメリットです。

しかし紹介したデメリットよりも、素敵な思い出として残すことができるメリットのほうが魅力的なのではないでしょうか。

憧れの国内リゾートで結婚式を挙げるなら!おすすめの式場を紹介

結婚式場の画像

北海道でリゾート挙式を挙げる人の中には、札幌を選択する人も多いと思います。

遠方から足を運ぶ人が多いため、あまりブライダルフェアなどに参加することはできないかもしれませんが、札幌の式場を紹介していきましょう。

北海道の中でも札幌は比較的行動しやすい地域になるため、初めて北海道に足を運ぶカップルにおすすめです。

星野リゾート【水の教会・氷の教会】

結婚式場の画像

星野リゾートにある「水の教会・氷の教会」は、JRトマム駅より車で5分の場所にある結婚式場になります。

世界的建築家である安藤忠雄が造った水の教会は、チャペルの目の前にある水面に十字架が映る非日常的な空間です。

そのうえ冬の星のリゾートでは、1ヶ月間だけ世界で唯一になる氷の教会が出現します。

トマムの地にある星野リゾートは、近隣に結婚式の前後の時間でも楽しむことができる施設が多いのも特徴ではないでしょうか。

札幌ブランバーチ・チャペル

結婚式場の画像

札幌ブランバーチ・チャペルは、JR札幌駅より車で約30分の場所にあるゲストハウスになります。

式場周りは白樺林が広がり緑が多いため、札幌市内とは思ない雄大な景色が広がっています。

花畑や草原などのドレスが映えるロケーションが多く、挙式前におこなう前撮りなどをしても忘れられない思い出になること間違いありません。

外から見ても、中に入っても美しい純白のチャペルは、列席者に向けて新郎新婦からのメッセージを天井に映すことができる演出付きになります。

国内リゾートで札幌を選択するならハナユメを経由しよう!

ハナユメの画像

国内リゾートとして遠方から札幌を選択するのであれば、式場検索サイトであるハナユメを活用しましょう。

ハナユメのウェディングデスクで札幌の挙式について相談をすれば、格安のプランを紹介してもらうことができ、ハナユメを経由すると独自の割引である「ハナユメ割」を適応させることで、結婚式の費用が最大150万円安くなることがあります。

さらに地元でおこなう披露宴や二次会の相談をすることもできるうえ、ブライダルフェアに参加することで最大33,000円分の商品券をゲットすることもできます。

国内リゾートだからといって旅行会社ばかりを検討していると、損をしてしまうケースも少なくありませんよ。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら