オーストラリア挙式の画像

海外挙式を検討しているカップルの中には、ハワイやグアムなどのよく耳にする地域ではなくオーストラリアを検討している人もいるのではないでしょうか。

このページでは、「オーストラリアで海外挙式を挙げるときに必要な費用」から「オーストラリアで人気の結婚式場」まで紹介しています。

「こちら」

オーストラリア挙げる結婚式について紹介していきましょう。

オーストラリアで結婚式を挙げるときにかかる費用や相場は?

オーストラリア挙式の画像

オーストラリアでの結婚式を検討しているのであれば、どのくらいの費用が必要になるものなのか気になりますよね。

ゼクシィがおこなった海外ウェディング調査2016では、海外挙式の総額平均が約204万円になっています。

しかしオーストラリアの場合はゲストをあまり招待しないことなどもあり、少し相場が安くなるため約180万円程度で実現することが可能です。

とはいえ結婚式の内容によって費用は変わってくるため、中には100万円以下でも結婚式を挙げることができるプランもあります。

5泊7日ならハネムーンも兼ねることができる 

オーストラリア挙式の画像

オーストラリアで結婚式を挙げたいと考えているカップルの多くは、挙式とハネムーンを兼ねて済ましてしまいたいという人が多いと思います。

しかし、オーストラリアで何泊するのかによって費用も大幅に変わってきてしまいますよね。

挙式を済ませ、残りの時間は多少の観光ができれば満足だというのであれば3泊5日程度でも問題はありません。

しかし新婚旅行として様々な場所に足を運び観光したいのであれば、少なくとも5泊7日程度は必要になるのではないでしょうか。

オーストラリアの結婚式によくある風習とは

オーストラリア挙式の画像

オーストラリアを地元としている人が挙げる結婚式は、ご祝儀の制度がなくプレゼントとメッセージカードで済ましてしまうなどの風習があります。

しかし日本から海外挙式として足を運ぶのであれば、日本の形式で結婚式を挙げても問題はありません。

オーストラリアの風習を取り入れるのもいいかもしれませんが、自分たちの理想とする結婚式を実現することができるように工夫しましょう。

オーストラリア挙式に参列するときの服装マナーは?

オーストラリア挙式の画像

オーストラリアで挙式をする際、疑問に感じてしまうことは服装ではないでしょうか。

新郎新婦二人だけで挙式をするのであればタキシードにウェディングドレスが正装になるため問題ありませんが、両親などを招待する際は服装に悩んでしまうと思います。

日本と季節が逆になることを理解しておく

そもそもオーストラリアは日本とは違い南半球に位置しているため、日本と季節は真逆になることを理解しておきましょう。

そのためオーストラリアは一般的に10月〜3月が夏になり、7月〜8月が冬になります。

「新婦」

服装自体は日本の結婚式に参列するような服装で問題ありませんが、日本と季節が違うことを考慮しておかないと現地で困ってしまうことがあるため気をつけましょう。

オーストラリア挙式でおすすめの式場7選

オーストラリア挙式の画像

オーストラリアでの結婚式は夢のように感じている人が多いですが、実際は他の国でおこなう海外挙式と差はありません。

そのためオーストラリアを視野に入れている人は、思い切って他の人とは違う結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。

オーストラリアの中でも人気の式場を紹介していきたいと思います。

ハンター・ベイリー教会

オーストラリア挙式の画像

ハンター・ベイリー教会は、シドニーで最も高い優美な建物として特徴的な教会になります。

シドニー市内から車で20分ほどの場所にある、緑が多い住宅街に溶け込んだ教会です。

天井が高いだけでなく、100年以上の歴史を持つパイプオルガンでヨーロッパのような空間を作りだすことができます。

教会内にはシドニーならではのロケーションが数多くあるため、フォトジェニックな写真を残すこともできます。

サンクチュアリー・コーブ・チャペル

オーストラリア挙式の画像

サンクチュアリー・コーブ・チャペルは、ガラスのチャペルで輝く水面と緑に囲まれた教会になります。

チャペルの前にはラグーンやビーチがあり様々なロケーションで写真撮影ができるだけでなく、オーストラリアでしか体験することのできない、コアラを抱っこした姿の写真も撮影をすることができます。

ホテルの中にはパーティ会場があるので、挙式後の会食や披露宴にも対応することが可能です。

ホワイトとグリーンを基調にした外観と、エントランスのサンドストーンは神聖な雰囲気がすること間違いありません。

アルバート・ストリート教会

オーストラリア挙式の画像

アルバート・ストリート教会はヨーロッパの伝統が今でも残っており、ブリスベンの街がシンボルになっているような教会になります。

1889年に建てられており、約1000人ものゲストを収容できる教会には古いパイプオルガンがあります。

バージンロードは15mもあるので、トレーンの長いドレスがよく映える教会になります。

挙式のみであれば約30万円程度で実現できてしまうのも、魅力ではないでしょうか。

セントジョーンズ大聖堂

オーストラリア挙式の画像

セントジョーンズ大聖堂は約3,000本ものパイプが音を鳴らすため、世界中の音楽家が演奏会を開くほど有名な大聖堂になります。

セントジョーンズ大聖堂は100年もの時間と労力をかけて建てたビルになります。

石造りのアーチ型天井や聖堂内を彩るステンドグラスは、荘厳な雰囲気を感じることができます。

パーティー会場は3タイプあるため、好みの会場で会食やパーティをすることも可能です。

セント・メアリー・ウェイバリー教会

オーストラリア挙式の画像

セント・メアリー・ウェイバリー教会は、手入れの行き届いたガーデンのある旧英国式スタイルの教会です。

幅3m、長さが20m以上もあるバージンロードには、美しいステンドグラスとパイプオルガンが映える造りになっています。

オプションでハーバーフォトツアーを追加することもできるので、オーストラリアならではの写真を残してみてはいかがでしょうか。

ヒルトンブルーホライズンチャペル

オーストラリア挙式の画像

ヒルトンブルーホライズンチャペルは、ケアンズの海と調和する透明感のあるガラス張りのチャペルになります。

挙式後にはヒルトンケアンズホテル内の会場でパーティをおこなうことができ、ケアンズのマリーナを眺めることができる特別なロケーションを味わうことができます。

海の青色と緑が多いロケーションは、オーストラリアならではの写真を残すことができる最高のフォトスポットになること間違いありません。

アラマンダグレートバリアリーフチャペル

オーストラリア挙式の画像

アラマンダグレートバリアリーフチャペルは、世界遺産であるグレートバリアルーフ眺めることができるチャペルです。

180度から海を眺めることができるチャペルなので、憧れのオーシャンビューウェディングを実現することができます。

アラマンダグレートバリアリーフ限定でビーチでのフロントパーティをおこなうことができますし、オーストラリアの大自然の中でコアラを抱いたまま写真を撮ることができるフォトツアーも体験できます。

費用をかけずにオーストラリア挙式を実現するならハナユメ!

オーストラリア挙式の画像

海外挙式の中でもオーストラリアを検討している人は、式場検索サイトであるハナユメを利用しましょう。

オーストラリアでの海外挙式と聞くと、旅行会社を経由して手配するものだと考えている人が多いと思います。

しかし旅行会社の場合は値引き交渉がしづらく、自由なプランニングができないケースがほとんどです。

ところがハナユメを経由すると、独自の割引であるハナユメ割で最大150万円費用が安くなることもあり、自由に挙式の内容を変更させることができます。

安易に旅行会社を選択するのではなく、一度ハナユメのウェディングデスクで相談してみるものおすすめです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら