マタニティウェディングの時期は妊娠何ヶ月がベスト?式場選びの仕方

妊娠中の結婚式「マタニティウェディング」を検討している新婦さんは、果たして妊娠何ヶ月頃であれば結婚式を挙げていいものなのか悩んでしまいますよね。

日に日にお腹にいる大事な赤ちゃんが成長していく状況の中、自分の体調も含めて未知なことが多いものです。

マタニティウェディングを挙げる時期はいつ頃がいいの?

マタニティウェディング

すでに結婚式の準備をすすめていた時に妊娠がわかった人や、妊娠がわかってから結婚式を挙げようと決めた人など、マタニティウェディングを検討している人の状況は様々です。

一般的な結婚式の準備期間は半年から1年程度だと言われていますが、マタニティウェディングの場合は、ほとんどが結婚式までの準備期間が約3〜5ヶ月ほどしかないのが現実です。

そのためマタニティウェディングでは、どうしても一般的な結婚式を挙げる人よりも時間に追われてしまいます。

しかし、結婚式の準備を急ピッチですすめていかなければいけないとわかっていながらも、なかなか思い通りにすすめることができないのがマタニティウェディングでの問題点です。

結婚式の準備に必要な時間をうまく活用していくためにも、マタニティウェディングを挙げる時期について知っておきましょう。

妊娠初期はつわりがひどいので結婚式の準備程度で

一般的に妊娠初期は、妊娠がわかった時から妊娠4ヶ月までのことをいいます。

妊娠初期であればまだお腹が大きくなってくる心配もないので、結婚式を挙げやすそうだと思ってしまいますよね。

しかし妊娠初期は新婦自身もお腹にいる赤ちゃんも敏感になっている時期なのです。

人によって症状は様々なので一概に決めつけることはできませんが、妊娠初期は約8割の女性がつわりに苦しむと言われています。

食べてもすぐに吐いてしまったり、体調がすぐれないときは起き上がることが難しい人も少なくありません。

そのうえ症状が重い人の場合は入院してしまうケースもあります。

結婚式を挙げるとなると、どうしても料理の匂いや人の視線などのストレスを感じてしまいますよね。

つわりに苦しみながら結婚式を挙げることは新婦の体調だけでなく、お腹にいる赤ちゃんにとっても決して良いことではないのです。

妊娠初期は流産する危険がある

妊娠初期は流産してしまう危険が高い時期でもあります。

新婦もお腹にいる赤ちゃんも状況が安定していないまま、結婚式を挙げてしまうことはとても危険なのです。

そのため妊娠初期でおこなうことは結婚式の準備程度にしておき、プランナーさんとの打ち合わせなども体調を優先し無理をしないようにしましょう。

「こちら」

つわりが全くない人や、なるべく早く結婚式を挙げたいと考えている人は妊娠4ヶ月頃に挙げてしまう人もいますよ。

おすすめは安定期である妊娠5〜7ヶ月の妊娠中期

マタニティウェディングを挙げる時期は、安定期である妊娠5〜7ヶ月頃の妊娠中期が最適だと言われています。

妊娠5〜7ヶ月の妊娠中期

妊娠5ヶ月を過ぎた頃からつわりの症状が落ち着いてくる人が多く、行動がしやすくなるからです。

しかし、日に日にお腹が大きくなってくる時期でもあるのでお腹が目立たないうちに、と考えている人は妊娠中期に入ったら早めに結婚式を挙げるようにしましょう。

ただし早めに結婚式を挙げるということは、結婚式の準備期間がつわりの重たい時期になってしまうかもしれないことを理解しておきましょうね。

妊娠後期になってしまうのであれば産後の結婚式も視野にいれて

妊娠後期である妊娠8ヶ月以降はお腹もかなり大きくなってきているので、日常生活においても大変だと感じることが増えてきてしまいます。

妊娠後期はどうしてもトイレが近くなってしまったり、お腹が張ったりしてしまうのです。

結婚式はゲストを呼んでおもてなしをすることになるので、新婦は無意識のうちにトイレを我慢してしまいますよね。

そのため万が一結婚式を挙げることになったとしても、時々休憩する時間を確保しておくほうがいいとおもいます。

しかし式場によっては妊娠8ヶ月に入ると、結婚式を産後にするようにすすめることもあります。

新婦の状況によっては、結婚式を産後に変更することも視野にいれておきましょう。

産後の結婚式について「産後に結婚式を挙げるならいつがベスト?おすすめの時期は?」の記事でも紹介していますので合わせてご覧ください。
臨月は絶対に避けましょう

準備に時間がかかり臨月の時期になってしまったとしても、結婚式を挙げることは危険です。

結婚式の最中に産気づいてしまうこともありますし、新婦と生まれてくる赤ちゃんのことを最優先に考えると結婚式を挙げている場合ではありません。

出産して落ち着いてから結婚式を挙げるように、スケジュールを変更しましょうね。

「ポイント」

いつ出産しても不思議ではない臨月は、たとえどのような状況だとしても結婚式を挙げることはやめましょう。

マタニティウェディングに慣れている式場がベスト!

マタニティウェディング

マタニティウェディングでは、式場からのサポートがないとスムーズに準備をすすめていくことができません。

結婚式の準備に追われてしまうような生活では、お腹にいる赤ちゃんにもストレスを与えてしまうことになります。

そのため式場に全て丸投げしても、きちんと準備してもらえるのかを重視して結婚式場を選びましょう。

新婦の体調を最優先にしてもらえるような式場でないと、大事な時期に新婦の負担が大きくなってしまいます。

そのうえマタニティウェディングを何度も経験しているようなプランナーさんに担当してもらえるよう、掛け合ってみることもおすすめですよ。

しかしどの式場がマタニティウェディングに優しいのか、見ただけでは判断できないことが多いですよね。

そんな人は国内で唯一のマタニティウェディング専門式場紹介カウンターであるママ婚を利用してみましょう。

妊娠中に結婚式を挙げるならママ婚がベスト」の記事も参考にしてみてください。ママ婚ではマタニティウェディングに特化している式場ばかりを紹介してもらうことができますよ。

新婦の体調を最優先して考える

マタニティウェディングでは安定期に結婚式を挙げることが最適だと説明してきましたが、実際は新婦の体調を最優先して考えましょう。

妊娠初期であってもつわりが全くない人もいれば、出産するまでつわりの症状が続いてしまう人もいます。

新婦の体調が良いときに結婚式を挙げることが何よりも重要です。

毎月ある検診の際に病院の先生に相談しながら結婚式までのスケジュールを調整していきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら