チャペル

結婚式費用を安く抑えたい、でもしょぼいと思われるのはイヤ」という人のために、ケチったと思われない節約術を紹介していきます。

ただ予算を削るだけでは、招待客にバレてがっかりされてしまいます。

「こちら」

しっかりとゲストをおもてなししつつ、賢く節約しましょう。

結婚式の費用を節約したいのであれば、式場検索サイトで100万円以上の特別割引が適用される格安プランを探すのがおすすめです。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、50,000円分の商品券がもらえるキャンペーンに参加することもできます。

商品券キャンペーンについて詳しく知りたい人は、下記をチェックしてください。

キャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

結婚式費用の節約ポイント 〜基本ワザから裏ワザまで紹介〜

計算機

結婚式費用は、やり方次第で簡単に節約できます。

中には、自力で100万円以上の節約に成功した先輩花嫁もいますので、ぜひ頑張ってみてください。

節約できるポイントは、以下のとおりです。

  • 手作りできる物は自作する
  • 装花はこだわりすぎない
  • 衣装や小物は持ち込んだ方が安く済む
  • 料理の品数をチェックする
  • 引き出物は安く購入して持ち込む
  • アルバムは購入せず、データのみを購入する

それぞれ詳しく解説していきます。

手作りできる物は自作する(ペーパーアイテムやウェルカムボードなど)

招待状

結婚式の節約といえば、ペーパーアイテムやウェルカムボードを手作りするのが定番です。

節約になるのはもちろん、結婚式への思い入れも強くなります。

手作りできるアイテムは自作して、節約しながら自分たちらしい結婚式を作り上げましょう。

手作りできるアイテムまとめ

アイテム名 手作りにかかる費用
招待状 0〜30,000円
ウェディングノート 500円
リングピロー 1,500〜5,000円
ウェルカムボード 3,000〜10,000円
プチギフト 一人当たり 300〜500円
ムービー 10,000円
両親への贈呈品 20,000〜30,000円

ただし結婚式に間に合うようにスケジュールを決めておかないと、式直前に作業に追われることになりますので注意してください。

楽しんで手作りするためには、時間に余裕を持って作り始めることが大切です。

また、すべてのアイテムを手作りしようとするのではなく、できる範囲でおこなうことも、結婚式の準備を楽しむコツになります。

式場に依頼した場合 約5万円
手作りをして節約した場合 約1万円
総節約金額 約4万円

見栄えを落とさずに装花の予算を削る方法

高砂の装花

結婚式の中で最も「値段に納得できない」という意見が多いのが、装花にかかる費用になります。

一般的な花屋さんで並んでいる花と変わらないはずなのに、値段は倍です。

誰もが節約したいと考えますよね。

しかし装花はケチるとゲストにバレやすいため、あまり無下にすることもできません。

そんな装花の費用を節約するコツは、以下のとおり。

  • 時期が決まっている花は選ばない
  • 予算だけ伝えて任せてしまう
  • 受付やケーキの周り、ナイフの花、ブーケは造花でも可


季節に合わない花を選ばない

入手するのが難しい季節に合わない花は単価が高いため、選ばないようにしましょう。

たとえば冬の結婚式にひまわり、秋の結婚式に桜など、時期に合わない種類の花は希少になります。

わざわざ高い装花を選んでも、満足するのは自分たちだけです。

ゲストは華やかさがあれば、ケチったとは思いません。

バラやランなど、1年を通して入手できる花を選ぶのがベターでしょう。

予算だけ伝えて任せてしまう

装花をお願いするときに一番おすすめな注文の仕方は、イメージと予算を伝えて、「ボリュームのある飾り付けをお願いします」と丸投げすることです。

プロに任せたほうが、バランスがよく、花の魅力を活かした飾り付けを考えてもらえるので、自分たちで決めるよりも見栄えがよくなるケースも少なくありません。

「ポイント」

装花の色などに希望があれば、伝えておかないとイメージと違う仕上がりになる可能性がありますので注意してください。

受付やケーキ台、ケーキナイフの飾り、ブーケは造花でも可

ケーキカット

結婚式では受付だけでなくケーキ台やケーキナイフにつける飾りなど、細かい部分でも装花代がかかってきてしまいます。

しかし見積書に記載されているからといって、必ずしも注文しなければいけない訳ではありません。

たとえばケーキナイフの飾りは、わざわざ装花を使わなくても、リボンだけで十分素敵になります。

受付やケーキ台に散らす花については、造花であってもゲストはあまり気に留めません。

また挙式で使うブーケは、1つお願いするだけで30,000円ほど費用がかかります。

生花にこだわりがなければ、造花を使って自分で手作りしてみるのもおすすめです。

ブーケにかかる費用や作り方について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

挙式で使うブーケの選び方|白以外はあり?カラードレスとの相性は?

カラードレスと相性の良いブーケの選び方を教えます!ブライダルブーケには8つの基本形がある。ドレスのラインに合うブーケが知りたい!ブーケを準備するときにかかる相場を「式場」「個人注文」「レンタル」「手作り」で解説!手作りブーケは専用キットや百円ショップの造花がおすすめです。

8,363view

一般的な装花を用意した場合 約15万円
こだわらずに節約した場合 約10万円
総節約金額 約5万円

結婚式の装花については、下記の記事でも詳しく紹介しています。

結婚式の装花の相場はなぜあんなにも高いの?節約するときのコツは?

結婚式を豪華にするためにも重要なのは装花ですよね。実はブライダルフェアや式場見学に参加しているときから装花のチェックをしておくことはとても重要なのです。装花の費用を抑えるポイントなどをまとめたので確認してみましょう。

7,899view

ドレスなどの衣装や小物は持ち込みにして節約できる

ウェディングドレス

ウェディングドレスやカラードレスなどは、レンタルするだけでかなり高額です。

「借りるだけで何でこんなに高いの?」と思われる人も多いのではないでしょうか。

しかし花嫁にとって、ドレスは譲れないポイントですよね。

素敵なドレスを格安で入手する方法を紹介していきます。

  • 新中古のドレスを探す
  • 小物はネットや通販で安いものを購入する

新中古のドレスを探す

ウェディングドレスなどの衣装は、レンタルではなく、思い切って購入するのも結婚式の費用を節約する方法の一つです。

新中古のドレスなら、なんと20,000円から入手することができます。

新中古といっても、1年前のデザインから最新のデザインまで数多くありますので、きっとお気に入りの1着に出会えると思います。

中古という点が気になる人もいると思いますが、言ってしまえばレンタルも中古品です。

新中古でも状態の良いものが多く、試着してから購入できるショップがほとんどですので安心してください。

式場でレンタルした場合 約50万円
新中古のドレスを購入した場合 約10万円
総節約金額 約40万円

ウェディングドレスのレンタル相場は?衣装にかかる費用を安くするコツ

ウェディングドレスのレンタル相場から安くするコツを徹底解説!ドレスのレンタルは本当にお得なのか、レンタル以外に手配をする方法はないのかを紹介しています。ウェディングドレスの費用はいくらかけるものなのか、平均費用も紹介しているのでチェックしてみましょう。

9,132view

アクセサリーや小物はネットや通販で安いものを購入する

タキシードとウェディングドレス

花嫁衣装はウェディングドレスだけでなく、ティアラやブライダルインナー、ベールなどの小物も必要です。

しかし、それぞれ用意すると1アイテム10,000円以上するため、費用がかさんでしまいます。

メルカリなどのアプリや通販サイト、ハンドメイドのアクセサリーを販売しているサイトなどをチェックして、安くて質のよいものを探してみましょう。

結婚式で使ったあとは、オークションで売ることもでき、レンタルするよりお得です。

式場でレンタルした場合 約5万円
ネットで購入した場合 約1万円
総節約金額 約4万円

ゲストに気づかれずに婚礼料理を節約する方法

婚礼料理

結婚式の中で一番手を抜いてはいけないのが、ゲストに提供する料理です。

料理の質によって、ゲストの結婚式への満足度が決まるといっても過言ではありません。

しかし、最も費用がかかってしまうのも料理のため、できれば安く抑えたいですよね。

料理のコースを選択する上での、賢い節約方法を紹介していきます。

  • フリードリンクの品数をチェックする
  • 料理の品数とメイン料理をチェックする

フリードリンクの品数をチェックする

結婚式ではゲストのことを考え、一番種類の多いドリンクコースを選ぶ人がほとんどです。

しかし実際は、日本酒や焼酎を飲むゲストはあまりいません。

一番高いコースを選ぶ必要はなく、ビールやワインなどが入ってさえいれば、ランクを下げても問題ないということです。

心配であれば、「フリードリンク以外の飲み物でもゲストから注文されたら出してください」とスタッフにお願いしておきましょう。

そうすれば、ゲストからケチった印象を持たれることはありません。

「新婦」

全てをカバーしようとせず、必要のない部分は減らしていきましょう。

一番高いコースの場合 約5,000円
ランクを落とした節約コースの場合 約4,000円
総節約金額 約1,000円×ゲストの人数

60人規模の結婚式であれば、「1,000円 × 60人 = 60,000円」もの節約になります。

料理の品数とメイン料理をチェックする

婚礼料理

婚礼料理を節約するならランクを下げるしかないのでは、と思われる人も多いのではないでしょうか。

しかし料理のランクを下げると、ゲストにすぐにバレてしまうため注意が必要です。

節約するなら、グラニテなどを1品減らしてしまいましょう。

手っ取り早く節約するのであればメイン料理のランクを下げるのが一番ですが、ゲストはメイン料理に使われている食材でランクを判断します。

メイン料理のランクを下げるくらいなら、1品減らしたほうがゲストにバレにくく、満足度は高くなります。

美味しい婚礼料理が食べられるのを期待してくるゲストのために、料理で節約するのは最終手段にしたほうが無難です。
一般的なランクのコースの場合 約18,000円
1品減らした節約コースの場合 約15,000円
総節約金額 約3,000円×ゲストの人数

結婚式の料理に関する品数や種類については、下記の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

婚礼料理の平均品数と費用は?【和食・フレンチ別】結婚式メニューの選び方

結婚式でゲストに提供する婚礼料理の平均品数や費用、選び方やランクやコースの値段について紹介しています。和食やフランス料理、折衷料理では何品が一般的になるのか、内容はどの程度であれば満足できるのかなど。結婚式メニューの例や節約方法まで解説しています。

10,031view

しょぼいと思われずに引き出物の費用を安く抑える方法

結婚式場で引き出物を用意すると、割高です。

自分たちで準備して持ち込めば、質を落とさずに節約することができます。

特に都道府県が運営している共済を利用すると、安く購入できるのでおすすめです。

  • 共済で安く購入する
  • 引き出物袋は式場のものを使わない

共済組合を利用すると安く手にはいる

引き出物は、共済組合を利用すると安く手にいれることができます。

なぜ安く手に入れられるのかというと、共済組合は非営利事業だからです。

金額に利益が上乗せされていないぶん、同じ品物でも安く購入することができます。

上手に活用して、引き出物代を節約しましょう。

式場で手配した場合 約5,500円
共済を利用して節約した場合 約4,000円
総節約金額 約1,500円×ゲストの人数

共済組合で結婚式はどれだけ割引できるの?手続きは面倒くさい?

共済組合を利用して結婚式を挙げるメリットを紹介しています。共済組合で結婚式を挙げる流れや利用方法について徹底解説!このページでは、ドレスや親族衣装のレンタルのみはできるの?どんな仕組みで成り立っているの?どうして安いの?などの疑問に答えています。

6,325view

引き出物袋は式場のものを使わない

結婚式場が用意する引き出物袋は、立派ではありますが、値段が高いのがネックです。

引き出物だけでなく、袋も自分たちで用意して節約しましょう。

ただし造りが弱い袋を選んでしまうと、ゲストが引き出物を持ち帰るときに破れてしまう可能性があります。

無事に家まで引き出物を持って帰れる、強度のある袋を選んでください。

式場で手配した場合 約300円
持ち込みをして節約した場合 約100円
総節約金額 約200円×ゲストの人数

結婚式当日の写真撮影はデータのみ購入すれば高くならない

結婚式

結婚式当日の写真撮影は、データのみを購入して節約しましょう。

プロに頼まず、友人や親族にお願いして費用を浮かせようとする人もいますが、仕上がりが全然違います。

「ブレブレだった」「半目だった」など、友人や親族に撮影係を任せて後悔してしまった人も少なくありません。

プロのカメラマンに依頼しつつ、データのみを購入して節約するのがベターです。

データがあればアルバムは自作できる

アルバム代は安くても10万円、高くて30万円ほどするため、撮影データを購入して自作することをおすすめします。

最近はアルバムを作成できるサービスをおこなっているアプリやお店が多く、データさえあれば簡単に自作できます。

自分好みに、何冊でも作ることができるので、アルバムでもらうよりも自由度が高いのもメリットです。

写真撮影で失敗してしまうと、アルバムを作成することもできません。

撮影はプロのカメラマンにお願いして、アルバム代を節約するのがベターです。

アルバム付きの場合 約30万円
データのみを購入して節約した場合 約10万円
総節約金額 約20万円

結婚式の写真で作るアルバムの相場は?手作りすることはできるの?

結婚式で作成をするアルバムは、どのようなものがいいと考えていますか。結婚式だからといってとても高級なアルバムを選択していてはいけません。結婚式のアルバム作成で後悔してしまなないように、アルバムの相場や簡単にできる節約法について学んでおきましょう。

8,293view

契約前に値引き交渉して安くしてもらうのが効果的!

結婚式場と契約

ここまで結婚式の準備中における節約ポイントについて紹介しましたが、値引き交渉して結婚式自体の費用を安くしてもらえれば、内容はそのままで費用を抑えることができます。

自分たちで節約のために工夫することも大切ですが、結婚式自体が安くなれば、一番嬉しいのではないでしょうか。

ただし契約をした後だと、一度見積もり内容に同意しているため、値引き交渉はなかなか難しくなります。

値引き交渉するなら契約前におこなってください。

結婚式の値引き交渉にはコツがある!赤字ギリギリまで安くしてもらう交渉術

結婚式の値引き交渉にはコツがある!限度はどこまで?式場に割引してもらって安く済ませるためには、戦略が必要です。しつこい強要や自分たちのメリットだけ考えるのはNG。プランナーさんとよい関係を築きつつ、赤字ギリギリまで安くしてもらう交渉術を紹介しています。

9,023view

ハナユメなどの式場割引サイトを使うと100万円以上の節約ができる

ハナユメなどの式場割引サイトを利用すると、結婚式費用を100万円以上割引してもらうこともできます。

企業の力によって自分たちで交渉する以上の割引が受けられますので、使わなきゃ損ですよ。

実際に多くの先輩花嫁が、ハナユメを使って節約に成功しています。

ハナユメってすごい。本当に100万円安くしてもらえた。(23歳/女性)
結婚ラッシュなんだけど、友達みんなハナユメ使ってる。私も使ったけど、簡単に安くしてもらえるから本当におすすめ。(26歳/女性)

ハナユメを通してブライダルフェアに参加するだけで、50,000円分の商品券がもらえるキャンペーンも実施されていますので要チェックです。

結婚式費用の割引 + 50,000円分の商品券がもらえるのはハナユメだけ!

ハナユメ

*当サイトから申し込むと、特別タイアップキャンペーンによって通常40,000円の商品券が10,000円アップの50,000円分になります。

結婚式は節約しすぎると後悔する?【ケチって後悔した先輩花嫁の声】

結婚式費用を節約したいからといって、何でもかんでも削ってしまうと、後悔することになるかもしれません。

実際に、結婚式費用をケチりすぎて後悔している先輩花嫁の口コミや意見、アドバイスをまとめましたので参考にしてください。

manamiさん
今思えばドレスはシンプルなものでもよかったし、料理や引き出物をケチらずに費用を回せばよかった。

ゲストにおもてなしをする精神を二の次にしていたので、ケチったこともゲストに失礼な対応をしたことも後悔です。

自分の憧れだったドレスを着れても後悔しているので、お金をかけるポイントは間違えないほうがいいと思います。

nanaさん
花やケーキなどのゲストに見える部分をあからさまに節約してしまい、しょぼい結婚式になってしまいました。

ゲストの料理と引き出物さえ立派なものであれば問題ない、と考えていたのが間違いでした。

他の人の結婚式に参列するたび、自分たちの挙げた結婚式が恥ずかしくなります。

ゲストから「ケチったな」と思われたり、自分自身が満足できない結婚式になってしまえば、元も子もありませんよね。

節約するところとしないところを明確にしておこう

ケチって後悔しないためには、節約する部分とこだわる部分をしっかりと決めておきましょう。

たとえばウェディングドレスに憧れていたにもかかわらず、安く済ませようと妥協してしまえば、きっと後悔します。

「ポイント」

人生で一度の結婚式なのですから、こだわるところは大切にしつつ、賢く節約する方法を見つけてください。

賢く節約しないとゲストに気付かれる

ゼクシィがおこなったアンケート調査によると、69%の人が参列した結婚式で「ケチったな」と感じたことがあると回答しています。

新郎新婦に直接伝えることはないものの、心の中でケチっていることに気付いているケースが多いということです。

自分では満足してもらえたと思っていても、ゲストの本音は違っていたなんてことになっては悲しいですよね。

結婚式の質を落とさずに節約するためには、式場割引サイトを利用する以上にベストな方法はないでしょう。

式場割引サイトの「ハナユメ」を使って150万円も節約できた!

管理人は、式場割引サイトのハナユメを使って、結婚式の費用を150万円も節約できました。

もちろん質はそのまま!

理想の結婚式が、おトクに挙げられます。

【さらにお得な情報】新CM放送記念キャンペーン開催中!!

ハナユメ

ハナユメを通してブライダルフェアに参加すると、もれなく電子マネーを受け取れます。

今なら当サイトとのコラボ企画で通常40,000円のところ50,000円分に金額アップキャンペーン中。

「結婚式の割引」+「全員もらえる¥50,000円」はハナユメだけ!

\ 50,000円キャンペーンは12月16日まで /

結婚式のベストシーズンである秋は、ブライダルフェアの内容が豪華になるため狙い目です。

特に今年は、新元号「令和」になって例年より結婚式を挙げるカップルが増えているので、早めに予約しておきましょう。