結婚式場の画像

結婚式にかかる費用は、できるかぎり節約したいと感じるものですよね。

しかしゲストにケチっている結婚式だと思われてしまわないか、心配になってしまうと思います。

このページでは、「ゲストは節約した結婚式をケチだと感じるのか?」から「ケチっていると思われない節約の仕方」を紹介しています。

「こちら」

賢く節約する方法で、ゲストにも満足してもらえる結婚式を作り上げていきましょう。

ケチって後悔した先輩花嫁の意見って?

結婚式場の画像

結婚式に招待されたゲストは今までの経験から、なんとなく結婚式の相場というものを把握している場合が多いです。

そのため節約をしすぎた結婚式にしてしまうと、どうしてもお金のかかっていないケチな結婚式だなと判断されてしまいます。

そのうえゲストだけでなく、ケチりすぎて後悔しているという先輩花嫁は決して少なくありません。

結婚式にかかる費用をけずることばかり考えてしまい、ゲストのことを考えない結婚式を挙げてしまうと後悔する結果になってしまいます。

ケチって後悔した先輩花嫁の口コミとアドバイス 

実際に結婚式の費用をケチって後悔している先輩花嫁の口コミや意見、アドバイスをまとめてみました。

manamiさん
今思えばドレスはシンプルなものでもよかったし、料理や引き出物をケチらずに費用を回せばよかった。

ゲストにおもてなしをする精神を二の次にしていたので、ケチったこともゲストに失礼な対応をしたことも後悔です。

ドレスにこだわっても後悔しているので、お金をかけるポイントは間違えないほうがいいと思います。

nanaさん
花やケーキなどのゲストに見える部分をあからさまに節約してしまい、しょぼい結婚式になってしまいました。

ゲストの料理と引き出物さえ立派なものであれば問題ない、と考えていたのが間違いでした。

他の人の結婚式に参列するたび、自分たちの挙げた結婚式が恥ずかしくなります。

必要以上にケチっているとゲストも気がつく

ゼクシィがおこなったアンケート調査では、69%の人が結婚式でケチったなと思ったことがあると回答していました。

実際に新郎新婦に感想を伝えるようなことはしないものの、実はゲストの心の中でケチっていると感じているケースが多いです。

自分ではゲストにも満足してもらえた結婚式だったと思っていても、ゲストの本音は違っていたなんてことになっては悲しいですよね。

「こちら」

ゲストにケチっていると思われてしまわないように、賢く節約する必要があります。

ゲストに気づかれずに美味しい「料理」を節約する方法

結婚式場の画像

結婚式の中で一番手を抜いてはいけないものが、ゲストに提供する料理になります。

ゲストにとって結婚式の満足度は、料理によって左右されるといっても過言ではありません。

しかし、一番費用がかかってしまうのも料理ですよね。

そのため料理を選択する上での、賢い節約方法をチェックしておきましょう。

  • フリードリンクの品数をチェックする
  • 料理の品数とメイン料理をチェックする

フリードリンクの品数をチェックする

ドリンクの画像

結婚式はゲストのことを考え、一番種類の多いフリードリンクのコースを選んだりしますよね。

しかし実際、日本酒や焼酎などはあまり飲まれていないため、一番種類の多くて高いコースを選ばなくても大きな問題はありません。

当日はフリードリンク以外の物でもゲストから注文をされたら出してください、とスタッフさんにお願いをしておくことで、ゲストにケチだなんて印象を持たれてしまうこともなくなります。

「ポイント」

はじめから全てをカバーしようと準備していても、後から考えると実は必要なかったなんてケースは少なくありません。

一番高いコースの場合 約5,000円
ランクを落とした節約コースの場合 約4,000円
総節約金額 約1,000円×ゲストの人数

料理の品数とメイン料理をチェックする

料理の画像

結婚式で料理の節約をしようとすると、料理のランクを下げたりしてしまいますよね。

しかし結婚式の料理を節約するのであれば、料理のランクを下げるのではなくグラニテなどを1品減らしてしまうほうがおすすめです。

ほとんどのゲストは、メイン料理に使われている食材でどの程度いいものなのかを判断しています。

そのため料理全体のランクを落としてしまうと、メイン料理でケチっていると思われてしまうことになります。

料理の節約をするのは最終手段のようなものになってきますが、節約をするのであればランクを落とさずに影響のあまりないものから品数を減らしてみましょう。
一般的なランクのコースの場合 約18,000円
1品減らした節約コースの場合 約15,000円
総節約金額 約3,000円×ゲストの人数

しょぼいと思われずに「引き出物」を節約する方法

引き出物の画像

結婚式で節約をしようとした時に、限度がわからなくなってしまうのが引き出物ではないでしょうか。

新郎新婦が全て決めるものになるので、節約しようと思えばいくらでもできてしまうのが逆に困ってしまうポイントだと思います。

結論から言うと引き出物の商品ランクそのものを下げるのではなく、他の部分で節約するようにしましょう。

  • 共済を利用して持ち込みをする
  • 引き出物袋は持ち込みをする

共済を利用して持ち込みをする

引き出物の画像

都道府県で運営している共済を利用すれば、引き出物を安く購入することができます。

共済は非営利事業になるので、利益が出るような販売方法をしていません。

そのため共済を利用して引き出物を準備すれば、大幅に費用をおさえることが可能です。

他にも引き菓子に関して式場に持ち込みしようと考えていても、手配する時にかかる送料で費用がかさんでしまう場合もあります。

引き出物は共済で購入、引き菓子は式場で手配など、パターンを分けると無駄な費用がかかることを防ぐことができます。

式場で手配した場合 約5,500円
共済を利用して節約した場合 約4,000円
総節約金額 約1,500円×ゲストの人数

引き出物袋は持ち込みをする

引き出物の画像

ほとんどの新郎新婦は引き出物の中身で節約しようと考えてしまいますが、実は引き出物を入れてお渡しする袋を節約することもできます。

引き出物を入れる袋には式場の名前が入っていたりするため、200〜500円程度の費用がかかっています。

無地などの袋を準備してしまえば100円程度で済ませることができるため、引き出物を入れる袋は持ち込みするように心がけましょう。
式場で手配した場合 約300円
持ち込みをして節約した場合 約100円
総節約金額 約200円×ゲストの人数

見栄えを落とさずに「装花」を節約する方法

結婚式場の画像

結婚式の中で一番値段に納得ができないものが、装花ではないでしょうか。

花屋さんで並んでいる花と変わらないはずなのに、値段が倍近く高くなっているため誰もが節約したいと考えるものです。

しかしゲストがケチったと感じる部分の上位では、料理や引き出物に次いで装花が上げられています。

新郎新婦としては他にお金をかけたいと思ってしまいがちですが、ゲストのことを考えると無下にすることができないのが装花です。

  • 時期が決まっている花は選ばない
  • 予算だけ伝えて任せてしまう
  • 受付・ケーキの周り&ナイフの花・ブーケは造花でも可

時期が決まっている花は選ばない

装花を節約するのであれば、時期に限りのある花は選ばないようにしましょう。

たとえば冬の結婚式にひまわり、秋の結婚式に桜など、時期によっては希少になってしまうものがあります。

入手することが困難になってしまうため、どうしても費用が高くなってしまいますよね。

そのため装花に使う花の種類を決めるときは、バラやランのような1年中いつでも入手できるような花を選ぶようにしましょう。

予算だけ伝えて任せてしまう

装花をお願いするときに一番おすすめな注文の仕方は、予算だけを伝えておき、この予算内でボリュームのある飾り付けをお願いします、と丸投げしてしまうことです。

ある程度、色の指定はしておく必要はありますが、花の種類などについてはお任せしてしまうのが一番バランスも良く、花の魅力を活かした飾りつけをしてもらうことができます。

「ポイント」

あらかじめ予算だけは決めておき、プロにお任せしてしまいましょう。

受付・ケーキの周り・ケーキナイフの花・ブーケは造花でも可

結婚式では受付だけでなくケーキの周りやケーキナイフにつける装花など、細かい部分でも装花代がかかってきてしまいます。

ケーキナイフの花と見積書に記載がしてあると、どうしてもなくてはいけない物のような感じがしてしまいますが、実際にはリボンのみの飾り付けなどでも問題はありません。

受付やケーキの周りに散らす花は、造花であってもゲストはあまり気に留めないですし、ブーケは1つお願いするだけでも20,000円ほど費用がかかってしまいます。

ブーケは生花でないとだめ!というこだわりがないのであれば、自分で造花を使い手作りをしてみたりするのもいいのではないでしょうか。
一般的な装花を用意した場合 約15万円
こだわらずに節約した場合 約10万円
総節約金額 約5万円

衣装と小物を持ち込みして費用をおさえる方法

ドレスの画像

今まで説明をしてきたポイントは、結婚式においてゲストが一番気にしているポイントになります。

しかしまずはゲストに関係する部分ではなく、新郎新婦自身にかけるお金を節約したいと思いますよね。

我慢で節約をするのではなく、満足いくものの中で節約する方法を紹介します。

  • 新中古のドレスを探す
  • 小物はネットや通販で安いものを

新中古のドレスを探す

ドレスの画像

結婚式の衣装で節約するのであればドレスをレンタルするのではなく、思い切ってドレスを購入して持ち込むことを考えましょう。

新中古のドレスを調べてみると、約20,000円からドレスを購入することができます。

新中古といっても去年のデザインのものや最近のものなど種類は数多くありますし、知らない人が着たドレスなんてと思うかもしれませんが、実際にはレンタルであっても状況は変わりません。

そのうえ新中古のドレスを売っている会社は、定期的に全国で期間限定の販売会を開催していることもあるので、きちんと試着をしてから購入することも可能です。

「こちら」

結婚式で着るドレスはレンタルのみしかない、なんてことはないのです。

式場でレンタルした場合 約50万円
新中古のドレスを購入した場合 約20万円
総節約金額 約30万円

小物はネットや通販で安いものを

結婚式の画像

結婚式で使用する衣装は、決してドレスだけではありません。

ネックレスやピアス、グローブやベールなど準備しなければいけない小物はたくさんあります。

しかし式場などでレンタルをすると、1アイテムが10,000円ほどしてしまうことも少なくありません。

そのためハンドメイドのものを販売しているアプリや通販サイトを一度確認して、安くていいものを探してみましょう。

購入しても結婚式が終了すれば、またオークションなどで売ってしまうこともできますし、レンタルするよりも安く、そして自分の気に入るものを見つけることができます。

式場でレンタルした場合 約5万円
ネットで購入した場合 約1万円
総節約金額 約4万円

写真撮影はデータのみを買い取るのが最大の節約

結婚式の画像

結婚式で一番節約の仕方を間違えてしまうのが、写真撮影やアルバム作成になります。

ほとんどの人が写真撮影の費用が高く、節約しようとプロのカメラマンに頼むことを省いてしまいます。

しかし結婚式での写真は、決して趣味レベルの友人や親族が撮って満足できるものではありません。

節約するポイントは、プロのカメラマンを省くことではないのです。

アルバムはデータさえあれば自作できる

写真の画像

結婚式の写真を撮影してくれるカメラマンの中には、データのみを購入させてもらえるところもあります。

もしもデータのみの購入ができるのであれば、写真のみプロのカメラマンのものを使いアルバムを自作して節約しましょう。

アルバム代は安くて10万円程度するものが多く、高くて30万円程度することもあります。

しかし後日データを活用して自分で業者に作成を依頼すると、数万円でアルバムを作成することができます。

写真撮影を失敗してしまうとアルバムを作成することもできないので、写真撮影はきちんとプロのカメラマンにお願いし、アルバム代を節約するのがベストではないでしょうか。
アルバム付きの場合 約30万円
データのみを購入して節約した場合 約10万円
総節約金額 約20万円

自作できるペーパーアイテムやウェルカムボードは自作する!

結婚式場の画像

結婚式で節約するというと、ペーパーアイテムやウェルカムボードを自作するのは常識になってきていますよね。

もちろん節約にもなりますし、結婚式への思い入れも強くなるのでおすすめです。

しかし自作するのであればきちんと自分の中でスケジュールを決め、結婚式直前に作業に追われてしまうことがないように注意しましょう。

作業を後回しにしてしまうと、気がついたら間に合わない日にちになっていたなんて可能性も少なくありません。

式場に依頼した場合 約5万円
手作りをして節約した場合 約1万円
総節約金額 約4万円

契約を交わす前に値引き交渉しておく

結婚式の準備中に節約する方法ばかりを説明してきましたが、式場使用料やスクリーン使用料などを値引きしてもらいたいのであれば、契約を交わす前に交渉するようにしましょう。

契約を交わしてしまうと、結婚式場は新郎新婦が見積もり内容に同意したと判断します。

そのため契約を交わした後では、簡単に値引きをしてもらうことができなくなってしまいます。

「ポイント」

契約を交わす前には、きちんと値引き交渉をしておかないと後悔してしまいますよ。

ハナユメ割なら結婚式の質を落とさずに節約できる!

ハナユメの画像"

結婚式を挙げる際に節約するポイントを紹介してきましたが、実は結婚式場を探す時点で結婚式の費用を大幅に節約させることができます。

ハナユメ独自の割引であるハナユメ割を利用すると、結婚式場を契約するだけで結婚式の費用を150万円以上節約することが可能です。

結婚式を挙げる上で節約することは大切なポイントですが、苦しい思いをしてまで切り詰めたくはないですよね。

ハナユメ割を利用すると、どの項目を節約すればいいのか悩むことなく費用を抑えることができるため、結婚式の費用を無理して抑えるのではなく、ハナユメ割を利用して結婚式場を探し直すことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら