ブライダルフェアの試食会の画像

ブライダルフェアと聞くと、婚礼料理の試食会を思い浮かべるという人が多いのではないでしょうか。

このページでは、「ブライダルフェアの試食会を選択する方法」から、「試食会に参加するときに気をつけるポイント」まで紹介しています。

「こちら」

ブライダルフェアの試食会に参加する前に、疑問に感じるポイントをなくしておきましょう。

ブライダルフェアの試食会に行くときに気をつけることは?

ブライダルフェアの画像

マイナビウェディングのアンケート調査では、式場決定の際に「もっとこうすればよかった」と心残りに思ったことの回答としてこんなものがありました。

美容部員 29歳

試食などオイシイ思いができるし、ラブラブなデートができるから、もっとブライダルフェアに参加しておけばよかった。

アパレル 26歳

ドレスの試着やお料理の試食など、もう少し色々楽しんでから決めても良かったかなと思います。

ブライダルフェアにおいて試食会は、豪華なものを選択しておかないと後悔してしまう可能性が高くなってしまうのです。

豪華な試食付きブライダルフェアはどうやって探せばいいの?

ハナユメの画像

ブライダルフェアでは試食会を開催しているところが多いと言われていますが、実際には試食会の内容によって後悔してしまうことも少なくありません。

フルコースに近い豪華な試食からデザートビュッフェのようなものまであるため、あらかじめ試食会の内容をチェックしておかなければいけないのです。

式場探しサイトであるハナユメでは、ブライダルフェアの試食会についてフルコース試食やハーフコース試食など、どの程度の量を試食することができるのかまで細かく記載しています。

ブライダルフェアに参加するときは、ハナユメでブライダルフェアの内容を確認してから予約を申し込むと、試食会で失敗してしまうことはありませんよ。
式場探しはハナユメを使うのがゼッタイお得!

  • ハナユメ割により最大150万円引きで結婚式を挙げることができる
  • 式場見学をするだけで最大33,000円の商品券をもらうことができる

ハナユメの申し込み(無料)はこちら

ブライダルフェアに「試食目当て」で参加してもいいの?

試食会の画像

ブライダルフェアに試食目当てで参加するなんて、言葉だけを見ると無料でご飯を食べる下品なことのように感じてしまうと思います。

しかし実際には試食目当てでブライダルフェアに参加することは、決していけないことではありません。

実際にブライダルフェアに参加したカップルに目的をアンケートしたところ、「式場の雰囲気を確認する」にならんで「試食会」を目的としているカップルが多いことがわかりました。

ブライダルフェアへ参加したカップルの目的アンケート

たとえ試食目当てでブライダルフェアに参加していたとしても、式場から拒否されるようなことはないですし、試食も立派な式場見学の一部です。

「ポイント」

とはいえ結婚式を挙げた既婚者の人や100%結婚式を挙げる予定のない人は、式場に迷惑になるのでブライダルフェアの参加はひかえましょう。

ブライダルフェアの試食会は本当に無料なの?料金は?

試食会の画像

ブライダルフェアの試食会は本当に無料なのか、何か違う形で請求されるのではないかと不安になっている人も多いと思いますが、ブライダルフェアの試食会は全て無料です。

一部有料の式場もありますが、事前にハナユメなどの式場探しサイトで確認しておくと、実は有料だった!なんてことにはなりません。

コストのかかるブライダルフェアが全て無料なんてありえない?

もちろん、ブライダルフェアの試食会にはコストがかかっています。

しかし試食会を実施していない式場と、無料で試食会を実施している式場を比べたとき、無料で試食会を実施している式場を選択する人がほとんどですよね。

「こちら」

結婚式場にとってブライダルフェアの試食会は、将来結婚式を挙げてくれる人を増やすための先行投資なのです。

式場探しはハナユメを使うのがゼッタイお得!

  • ハナユメ割により最大150万円引きで結婚式を挙げることができる
  • 式場見学をするだけで最大33,000円の商品券をもらうことができる

ハナユメの申し込み(無料)はこちら

実際にブライダルフェアに行ってきた口コミや体験談を報告!

結婚式場の画像

実際に管理人がブライダルフェアに参加してきたので、体験談を報告したいと思います。

名古屋にある3件の結婚式場に足を運んだのですが、結婚式の予定がまだない管理人でも快く受け入れてもらうことができました。

ちなみに朝早くから行動すれば、1日に3件のブライダルフェアに参加することは可能です。

アンケート記入の画像

結婚式場に到着すると、まずはどの式場でもアンケートの記入をおこないます。

ゲストの人数や予算などを記入しますが、実際には曖昧でも問題ありません。

見学を担当していただくスタッフさんには、「まだ何も決まっていないが、とりあえず式場を見学しにきた」と伝えておくと不思議がられることもないため安心できます。

結婚式場の画像

アンケートの記入を終えると、式場内の見学がスタートします。

チャペルや披露宴会場、ドレスやタキシードなど、スタッフさんに説明をしてもらいながら回ることになるので、もしも一人でブライダルフェアに参加するのであればメモを忘れずにするようにしましょう。

試食会の画像

そして試食会や試着会がある場合は、式場内の見学前後でスタッフさんのタイミングに合わせて参加します。

事前に試食会や試着会に参加できるのかは、ハナユメなどの式場探しサイトでチェックすることができるので、申し込み時に確認しておきましょう。

相談室の画像

試食会や試着会などの参加を終えると、最後にスタッフさんと相談会をおこなうことになります。

相談会では見積書の提示をしてもらうことができますが、最初に記入をしたアンケートをもとに見積書を作成するため、嘘の記入をしてしまうと相談会の際に不審に思われてしまうかもしれないので要注意です。

相談室の画像

相談会の最中には、当日成約の特典などで契約を勧められることもあります。

しかし管理人の行った結婚式場では契約を強いられることもなく、検討しますという言葉だけでブライダルフェアを終えることができました。

結婚式場の画像

管理人がブライダルフェアに参加した当日の服装は、普段お出かけする時に来ているワンピースにパンプス、カーディガンでした。

試着会の参加をする予定がなかったので、下着やストッキングも気にすることはなく見学時に浮いていると感じることもありませんでした。

平日に参加したのですが、スタッフさんもバタバタしておらず隅から隅まで見学することができたので、週末の賑わっているブライダルフェアよりも平日がおすすめになります。

「こちら」

気軽にデート感覚で参加することができるので、試食会目当てでも決して問題はありませんよ。

式場探しはハナユメを使うのがゼッタイお得!

  • ハナユメ割により最大150万円引きで結婚式を挙げることができる
  • 式場見学をするだけで最大33,000円の商品券をもらうことができる

ハナユメの申し込み(無料)はこちら

ブライダルフェアに参加する際によくある悩みとは

結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加する時には、誰もが疑問に感じるポイントがいくつかあります。

初めての試食会参加で恥ずかしい思いをしてしまわないためにも、頭に入れておきましょう。

  • フルコース試食が普通?どの程度の量なの?
  • ほとんどの人が当日契約するものなの?
  • 試食会に参加するときの服装は?

フルコース試食が普通なの?どの程度の量を試食できる?

試食会の画像

ブライダルフェアの試食会は豪華なものが多いといいましたが、全ての式場がフルコース試食をおこなっているとは限りません。

そのうえフルコース試食をおこなっている式場でも、式場の予定によっては急遽ブライダルフェアの内容が変更になってしまうこともありますし、毎日のようにおこなっているものでもありません。

フルコース試食だと思い気合を入れてランチを抜いたまま参加してしまったりすると、当日思わぬハプニングに巻き込まれてしまうこともあります。

試食目当てで参加しても問題はありませんが、ブライダルフェアの試食を当てにして1日のスケジュールを立てることはやめておきましょう。

ほとんどの人が当日契約をするの?

契約の画像

最近は、勧誘や営業に関しての法律も厳しくなっているため、結婚式場も契約するまで帰さないなどの契約を迫る行為はできません。

しかし、結婚式場もボランティアではないので、全く勧誘をしないということはありません。

ブライダルフェアに参加する上で重要なことは、式場探しをしている人もデート気分で参加している人も、絶対に当日契約をしてはいけないということです。

実際にブライダルフェアに参加している約8割のカップルは、当日契約をしていません。

「こちら」

もしも勧誘を一切受けたくないのであれば、ブライダルフェアがはじまる時に雰囲気を見に来ただけです、とスタッフさんに伝えておくのもいいのではないでしょうか。

試食会に参加するときの服装は?

結婚式場の画像

ブライダルフェアの試食会に参加する時は、白っぽい服を着ていくのは避けましょう。

ブライダルフェアの試食では普段食べなれないようなコース料理などが多く、テーブルマナーなどに気をとられてしまい、食べこぼしなどをしてしまうことがあります。

服が汚れたままの状態で、ブライダルフェアに参加するのは嫌ですよね。

ブライダルフェアの試食会に参加する時は白い服ではなく、色付きのものを選ぶようにしましょう。

ブライダルフェアの理想はデート感覚で気軽に参加すること!

デートの画像

ブライダルフェアは気軽に参加できるといいましたが、理想はデート感覚でパートナーと足を運ぶことです。

ブライダルフェアに参加することで結婚式のイメージがより具体的にできますし、見積書などで相場の把握をすることもできます。

ブライダルフェアにパートナーを誘うのは気が引ける、と考えている人もいるかもしれませんが、事前にブライダルフェアについて説明をしておけば、そんな心配もいりません。

ただし付き合って数日の場合や、結婚式を100%挙げないような相手の場合は引かれてしまうかもしれないので、ブライダルフェアに誘うことはやめましょう。

ブライダルフェアの試食会に一人で参加するのは引かれる?

結婚式場の画像

ブライダルフェアの試食会に一人で参加している人は、決して少ないわけではありません。

パートナーと予定が合わないから、遠距離だから、という理由から一人でブライダルフェアに参加している人は思っているよりも多いのです。

そのため式場のスタッフさんから引かれるかもしれない、という心配をする必要はありません。

むしろ一人でもブライダルフェアに参加してくれるほど、真剣に式場探しをしているという認識をしてもらうことができます。

もしも一人で試食会に参加するのが恥ずかしいのであれば、人数の少ない平日のブライダルフェアに参加するのがいいのではないでしょうか。

「こちら」

スタッフさんも土日に比べて余裕があるため丁寧に対応をしてもらえますし、他のカップルからじろじろ見られる心配もないのでおすすめです。

ブライダルフェアは平日がおすすめな3つの理由

結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加するのであれば平日がおすすめと言われていますが、なぜ土日の賑わっているブライダルフェアよりも充実していると言われているのでしょうか。

ブライダルフェアは平日に行くべきだと考えていることには、大きく3つの理由があります。

  • 試食が豪華になっている傾向にある
  • スタッフさんの手が空いている
  • 少人数のためゆっくり見学できる
試食が豪華になっている傾向にある

ブライダルフェアの試食会は人気があるため、土日の試食会は多くのカップルが予約をしています。

式場は予約分の試食を用意しておかなければいけないため、コストもかかり大変ですよね。

しかし、平日の試食会であれば少人数の参加になるため、その分準備も少なく試食の内容が少し豪華になっている傾向があるのです。

平日にパートナーと予定が合うのであれば、土日よりも平日のブライダルフェアに参加しましょう。
スタッフさんの手が空いている

平日のブライダルフェアであれば実際に結婚式をおこなっていることも少ないので、スタッフさんの手が空いていることが多いです。

実際に結婚式をおこなっていることの多い土日は、結婚式にスタッフさんを多く配置しているためブライダルフェアまで人手が確保されていないことがあります。

そのため、少ないスタッフさんがブライダルフェアの全てを対応することになり、ばたばたした慌ただしい雰囲気になってしまったり、スタッフさんの対応が良くないと感じてしまうことがあるのです。

スタッフさんに余裕のある対応をしてもらうためには、平日のようなブライダルフェアに参加するのがいいのではないでしょうか。
少人数のためゆっくり見学できる

平日のブライダルフェアは、参加している人数がとても少ないです。

仕事終わりの人や土日に予定の合わないカップルなどは参加していますが、土日に比べて混雑するほどの参加者はいません。

他のカップルを気にすることなくゆっくり式場見学をしたい人や、スタッフさんに質問したいことがたくさんある人などは、平日の少人数のブライダルフェアに参加しましょう。

試食会に参加するときはパートナーと式場選びをしよう

結婚式場の画像

ブライダルフェアの試食会に参加するときは、事前にパートナーと式場選びをしておきましょう。

参加する式場を全て自分一人で決定してしまい、試食会もあるからブライダルフェアに行こう、と誘ってもパートナーはブライダルフェアの試食会というものが何をするものなのかわかっていないことがほとんどです。

試食会といっても料理の内容は式場によって違いますし、もしかしたらパートナーの食べることのできないものが出てきてしまうこともあります。

「ポイント」

そうならないためにも、試食会をおこなっている式場を2〜3件パートナーに提案し、その中から参加する式場を二人で決めるのがいいのではないでしょうか。

試食会に参加するなら料理を写真に残しておこう

試食会の画像

ブライダルフェアの試食会に参加するのであれば、料理を全て写真に残しておきましょう。

ブライダルフェアの試食内容は、結婚式当日に提供されているものと同じ場合もあれば、ブライダルフェア専用にアレンジされているものもあります。

試食をした式場で結婚式を挙げないとしても、写真に残しておくことで将来自分の結婚式を挙げるときの参考資料になりますよね。

ブライダルフェアの試食会は毎回内容が変わってくることがあるため、その場で食べている料理にまた出会うことができるとは限りません。

「こちら」

自分の結婚式で同じ料理を出したいと思ってもなかなか言葉では伝えることができないので、写真で残しておくと役立ちますよ。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら