結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加しようと考えていても、いまいち参加するタイミングが掴めないという人が多いと思います。

このページでは、「ブライダルフェアに参加するタイミング」から「ブライダルフェアに参加するおすすめの月」まで紹介しています。

「こちら」

ブライダルフェアは、時期によっても内容が変わってくるものですよ。

ブライダルフェアに参加するのであれば、式場検索サイトの利用がおすすめです。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

キャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

ブライダルフェアは挙式の何ヶ月前に参加するのがベスト?

結婚式場の画像

まずはじめに、ブライダルフェアには必ず参加しておくべき月というものがありません。

試食会のメニューや装花の種類などは時期や季節によって変化していくものですが、ブライダルフェアの内容自体は1年を通してあまり大幅な変更はありません。

そのためブライダルフェアに参加しようと思い立ったら、すぐに参加することが理想です。

とはいえブライダルフェアに参加したいと思い立った時期が遅く、結婚式を予定している日にちまで期間がないなんてこともあります。

ブライダルフェアに参加する時期はいつでも問題ありませんが、遅くても挙式予定日の半年前には行動するようにしましょう。

挙式予定日の6ヶ月前スタートでは遅すぎる?

ブライダルフェアの参加は遅くても挙式予定日の半年前までに行動するようにしましょうといいましたが、実際には挙式予定日の6ヶ月前から1年前に参加しはじめているカップルがほとんどです。

そのため結婚式場と契約を交わすのは、挙式予定日から平均7〜8ヶ月前と言われています。

グラフ

実は結婚式場選びにしっかりと時間をかけたいのであれば、挙式予定日の6ヶ月前からのスタートでは少し遅いことに気がついていただけたでしょうか。

結婚式までの期間が短いと焦って式場を決めてしまいがちですし、焦って式場を決めてしまうと後でトラブルの原因になる確率が高くなってしまいます。

余裕を持ってブライダルフェアに参加していないと、式場探しにおいてメリットは何一つありません。

「新婦」

そのためブライダルフェアの参加は、挙式予定日の約1年前から計画しておくのがベストなのではないでしょうか。

実は式場内の装飾が違う!挙式の1年前にいくのがおすすめ

結婚式場の画像

ブライダルフェアの内容は1年を通して大きな変化がないと冒頭で説明しましたが、実は装飾に関しては季節によって大きく変化させている式場がほとんどです。

装花や飾り付けなどは、季節によって花の種類や色味を変えていくものです。

そのため挙式予定日の時期に合う飾り付けを参考にしたいのであれば、1年前にブライダルフェアに参加しておくようにしましょう。

同じ時期であれば1年後でも手に入りやすい花で飾り付けをしていることがほとんどですし、季節と色味のマッチング度合いを測ることもできます。

飾り付けにこだわりたいカップルは、1年前の同じ時期にブライダルフェアに参加するといいですよ。

ブライダルフェアの参加は早いほうがいい

結婚式場の画像

ここまでブライダルフェアの参加は約1年前から始めるべきだと紹介してきましたが、実際には早ければ早いほどメリットがあります。

そのため結婚式に興味を持った瞬間から、ブライダルフェアに参加することを意識しはじめるのがベストです。

ブライダルフェアに早めに参加していれば、式場決定までに余裕があるので多くの式場のブライダルフェアに参加することができますし、ゆっくりと時間をかけて比較検討することができます。

式場探しにおいては、ブライダルフェアに参加した式場を比較検討することが、理想の結婚式場を探しだすためのコツでもあります。

早ければ早いほど受けられる割引もありますし、希望する日程が予約で埋まっていることもほとんどありません。

ドレスの予約も埋まっていて着たいドレスを選ぶことができないなんてこともないので、早めに行動しておいても損をすることはありませんよ。

ブライダルフェアに参加するなら式場検索サイトで事前予約をしよう

ハナユメの画像

ブライダルフェアに参加する時期が決まったら、事前予約をしておくのがおすすめです。

ブライダルフェアは試食会や試着会など多くの体験ができますが、事前予約をしておかないと体験できないまま帰らされるケースもあります。

事前予約は、リアルタイムで空き状況がわかる式場検索サイトを利用し、特典やサービスを余すことなく受け取りましょう。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引されます。

ブライダルフェアに早く参加する3つのメリット

結婚式場の画像

早くからブライダルフェアに参加するメリットは、数多くあります。

その中でも見逃すことができない、3つのメリットを紹介していきましょう。

  • 結婚式のイメージが具体的に湧いてくる
  • 結婚式場選びに時間をかけることができる
  • 具体的に貯蓄をはじめるようになる

結婚式のイメージが具体的に湧いてくる

ブライダルフェアの参加をすると、結婚式のイメージが具体的に湧いてくるようになります。

そのため曖昧だった結婚式の理想像が明確になり「できること」や「できないこと」、「やりたいこと」や「やらなくてもいいこと」の判断ができるようになります。

結婚式は、自分のやりたいことだけを詰め込むことはできません。

ブライダルフェアに参加することで、結婚式のイメージが湧くと理想の結婚式場の選択に失敗する可能性も低くなりますよ。

結婚式場選びに時間をかけることができる

早くからブライダルフェアに参加していると、結婚式場選びに時間をかけることができます。

一般的に式場との打ち合わせが始まるのが挙式予定日の約4ヶ月前と言われているので、1年前から式場選びをしていると約半年間はいろいろな式場を見て、検討する余裕が生まれることになります。

式場選びに時間をかけることなく式場を決定してしまうと、結婚式準備の段階でキャンセルしてしまったりトラブルになることも考えられます。

きちんと納得した上で式場選びをするためにも、早くから時間をかけてブライダルフェアに参加するようにしましょう。

具体的に貯蓄をはじめるようになる

ブライダルフェアに参加すると、見積書を提示していただくことになります。

見積書は招待するゲストの人数や料理のランクなどでも金額が変わってきますが、明確に決まっていない場合は全国平均である70人で見積書を作成してもらいましょう。

演出などは少し豪華に設定し、一般的な見積書よりも少し高めに設定してもらうのがコツです。

ブライダルフェアで見積書を提示してもらうと貯蓄しなくてはいけない金額が明確になり、具体的な計画を立てて貯金をし始めるようになります。

早くからブライダルフェアに参加をすると、余裕を持って貯蓄をすることができるのもメリットです。

結婚式場の繁忙期や閑散期はいつ?

結婚式場の画像

ブライダルフェアは普段結婚式がおこなわれていない日に開催されていますが、稀に結婚式がある日でも参加することができます。

しかし結婚式場によっては繁忙期にブライダルフェアを開催していることが少なかったり、閑散期に豪華なブライダルフェアが開催されていることもあります。

ブライダルフェアに参加するときは、結婚式場の繁忙期や閑散期もチェックしておくと一層満足できる結果になること間違いありません。

繁忙期(5月・10月・11月)

結婚式場の繁忙期である5月・10月・11月は、1日に何件もの結婚式を抱えている事が多く、ブライダルフェアの見学者まで気が回らないことがほとんどです。

そのためブライダルフェアを開催していても、スタッフさんに余裕を持った接客をしてもらえる保証がありません。

そのうえせっかく結婚式場の雰囲気を気に入っていたとしても、周りのスタッフさんが慌てて準備をしている中で説明を受けなくてはいけません。

繁忙期のブライダルフェアに参加してしまうと、本当に挙げたい結婚式場を見失ってしまうことがあるので気をつけましょう。

閑散期(1月・2月・8月)

閑散期である1月・2月・8月は寒すぎたり暑すぎたりすることや、お盆やお正月などの大型連休があるという理由から結婚式があまり挙げられない月と言われています。

そのためスタッフさんは繁忙期のときよりもブライダルフェアに集中することができ、有意義な式場見学を体験することができます。

大規模なブライダルフェアをおこなっていることも多いので会場の隅々まで確認することができ、スタッフさんにも余裕だあるので1組1組のカップルに丁寧に向き合ってもらうことができます。

ブライダルフェアに参加するなら閑散期を狙うのがベスト! 

このようにブライダルフェアに参加するのであれば、スタッフさんが忙しい結婚式の繁忙期ではなく、余裕がある閑散期がおすすめです。

そのうえ閑散期は豪華な試食になっていることが多いだけでなく、人気のあるウェディングドレスが出払っていることも少ないため試着やドレス見学でも満足できます。

もしもブライダルフェアに参加する期間に余裕があるのであれば、少しでも繁忙期から外れた月にするようにしましょう。

ブライダルフェアは下見になる!結婚式にふさわしい月はいつ?

結婚式場の画像

ブライダルフェアは、結婚式を挙げる1年前に参加するのがベストです。

式場内の装飾は季節に影響されるため、同じ時期に式場を見ておくと新しいアイデアを数多く取り入れられます。

そのためブライダルフェアに参加する時期は、結婚式を挙げる時期も踏まえて考えなくてはいけません。

1月から12月には、それぞれ特徴があるため、どの月を選択するのかパートナーとよく話し合っておきましょう。

1月〜12月の特徴

1月 費用が安い、帰省している人が多いので少人数結婚式向き
2月 和装でも暑いと感じない、親戚の結婚式を被る可能性が低い
3月 ガーデンが色鮮やかに整う、桜などの演出を取り入れられる
4月 気候がいいため演出の幅が広い、5月よりも値引き交渉ができる
5月 人気のある月のため費用が高い、ゲストの出席率が良い時期
6月 天気の影響を受けやすい、人気月よりも費用が安い
7月 海が見える式場の需要が高まる、暑さ対策が必要になる
8月 一年の中で費用が安い月、お盆があるため日取り選びが難しい
9月 秋なので食材の選択肢が豊富、和装や神前式が似合う月
10月 どんな演出でも取り入れられる、予約の確保が難しい
11月 平均費用が高い、気候が安定しているため参列しやすい
12月 寒さ対策が必須になる、年末なので日取り選びが難しい

上記の表で紹介したように、1月から12月にはそれぞれメリットやデメリットがあります。

自分たちの理想としている結婚式のスタイルに一番ふさわしい月を選び、ブライダルフェアに参加する時期を検討しましょう。

ブライダルフェアに参加するタイミングはパートナーと相談をしてから

結婚式場の画像

ブライダルフェアには早めに参加しましょうと言いましたが、パートナーに相談しないまま自分一人でブライダルフェアに行くことを決めるのはやめましょう。

よくブライダルフェアにパートナーを誘ったら引かれたという意見を聞きますが、多くの男性がブライダルフェアは今すぐ結婚式を挙げたい人のためのイベント、だと勘違いをしていることが原因の一つでもあります。

そのためブライダルフェアは、デート感覚で気軽に参加してもいいものだということを説明してから誘うようにしましょう。

パートナーにもブライダルフェアというものを理解してもらい、決して自分一人でブライダルフェアの予約をしてしまわないように気をつけましょう。

ブライダルフェアの上手な誘い方については、下記の記事でも紹介しているので合わせてご覧ください。

ブライダルフェアで彼に重いと思われない誘い方|行きたくない彼氏はどうすればいいの?

ブライダルフェアデートに誘うのは重いの?彼に重いと思われない誘い方や、行きたくない彼氏をブライダルフェアに誘う方法を徹底解説!ブライダルフェアで体験できることや、豪華な試食や商品券がもらえることを伝えるのがコツ!マンネリデートを脱するためにもブライダルフェアに参加してみましょう。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1