結婚式の画像

結婚式にかける費用は人によって全く違うと理解しているからこそ、自分たちに見合った結婚式というものを見失ってしまいがちです。

このページでは、「結婚式にかかる自己負担額の計算方法」から「両家で分担する際に気をつけること」まで紹介しています。

「こちら」

結婚式に必要な自己負担額を予想することで、より自分たちの身の丈に合った結婚式を挙げることができます。

招待客一人当たりで計算をすると結婚式の自己負担額が見えてくる

結婚式の画像

結婚式に必要な自己負担額は、結婚式にかかる費用の相場とご祝儀の予想ができれば、ある程度計算することができます。

まずは結婚式にかかる費用の相場から、計算していきましょう。

結婚式にかかる費用の相場は、自分たちが招待するゲストの人数によって計算することが可能です。

招待客1人あたりの結婚式費用は平均5.9万円

ゼクシィ結婚トレンド調査では、招待客1人あたりにかかった結婚式費用の平均が5.9万円になっています。

そのため自分たちの結婚式に招待するゲストの人数が確定した時点で、一度相場を計算してみましょう。

ゲスト30人の場合

結婚式場の画像""

ゲスト30人のような少人数結婚式の場合で計算をしてみると、下記のようになります。

ゲスト30人 × 5.9万円 = 177万円

ゲスト30人であれば結婚式の費用は200万円以内に収まることが多いため、負担になることが少ないのがメリットです。

ゲスト60人の場合

結婚式場の画像

一般的な結婚式で多いゲストの人数は、約60〜70人になります。

そのため、ゲスト60人の場合で計算をしてみましょう。

ゲスト60人 × 5.9万円 = 354万円

60人規模の結婚式になると必要な費用は内容次第で大きく変化してきますが、費用を節約したいという意識が強くなってくる人数でもあります。

ゲスト80人の場合

結婚式場の画像

ゲスト80人になると、少しゲストの多い結婚式という印象になってきます。

結婚式の費用もきちんと管理しておかないと想像より高くなってしまう傾向があるため、まずは平均を知っておきましょう。

ゲスト80人 × 5.9万円 = 472万円

このように80人規模の結婚式にかかる費用は500万円以内、と考えるのがいいのではないでしょうか。

ただしこの計算方法は、あくまでも相場を把握するためのものになります。

結婚式の内容によっては相場よりも安くなる場合もありますし、大幅に高くなってしまうケースも少なくありません。

「こちら」

しかし、相場の金額を全て新郎新婦が負担をして支払わなければいけない、というものでもありません。

ご祝儀の相場は?どの程度を予想すればいいの?

ご祝儀の画像

結婚式にかかる費用の相場は、ゲストの人数である程度予想することができるといいましたが、決して全ての金額が自己負担になるわけではありません。

結婚式では、招待をしたゲストからお祝いの気持ちを込めたご祝儀を受け取ることができます。

そのうえご祝儀には相場というものがあり、新郎新婦との関係性である程度いくら包むのか予想をすることが可能です。

招待するゲストのリストアップが終わったら、ある程度の相場を把握した上でご祝儀の計算をしてみましょう。

ご祝儀の相場

友人や同僚 3.0万円
上司や恩師 3.8万円
親族 6.4万円

もしもゲストのリストアップをする前に計算するのであれば、おおよそ1人あたり3.3万円で計算してみましょう。

ゲストの人数 × 3.3万円 = 結婚式でもらえるご祝儀

しかし、最近では様々な理由から相場ほどのご祝儀をつつまない人も増えてきています。

そのため確実に計算した金額のご祝儀をいただくことができる、と考えるのはやめましょう。

万が一、自分たちの予想していた金額ほどのご祝儀が集まらなかった場合、自己負担額が予想よりも増えてしまうということですよね。

ご祝儀はゲストの状況や気持ち次第で金額が変わってきてしまうものです。

事前に予想をしておくことは大切ですが、ご祝儀に頼りすぎてしまうことは避けましょう。

自己負担額は費用とご祝儀の相場から計算しよう

結婚式の画像

結婚式にかかる費用の相場とご祝儀の予想をすることで、おおよその自己負担額を計算することができます。

費用の相場 − ご祝儀の相場 = 自己負担額

上記の計算式に当てはめてみると、おおよそにはなりますが自己負担額を算出することができます。

たとえば、60人のゲストを招待した場合で計算してみましょう。

ゲスト60人の場合
費用の相場は、ゲスト60人 × 5.9万円 = 354万円

ご祝儀の相場は、ゲスト60人 × 3.3万円 = 198万円

自己負担額は、354万円 − 198万円 = 156万円

このように、簡単に自己負担額を計算することができるのです。

ゲストの人数 費用 ご祝儀 自己負担額
30人 177万円  99万円 78万円
50人 295万円  165万円 130万円
60人 354万円 198万円 156万円
80人 472万円 264万円 208万円
100人 590万円 330万円 260万円
「こちら」

結婚式では事前におおよその自己負担額を知っておくことで、自分たちの身の丈に合った結婚式を挙げることができます。

そもそも挙式・披露宴・パーティの相場はどのくらいなの?

結婚式場の画像

結婚式にかかる費用の相場はゲストの人数から、ある程度予想をすることができますが平均値を知っておくことも大切ですよね。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では結婚式にかかる費用の総額が全国平均で約359.7万円になっています。

もしも披露宴ではなく1.5次会のようなパーティをおこなうのであれば、会費の平均価格が1万円前後になるため、招待するゲストの人数で相場を計算することができます。

地域によって平均費用の差は大きい

結婚式にかかる費用の全国平均は約359.7万円ですが、住んでる地域によって平均が変わってくるものです。

首都圏であれば平均385.5万円、関西地方は337.4万円など考えているよりも差が大きいものです。

ブライダルフェアに参加した際に、式場のプランナーさんに結婚式を挙げる地域の相場を聞いておくのがおすすめです。

両家の両親からの援助はどの程度期待をするもの?

ご祝儀の画像

結婚式にかける費用は全て新郎新婦が負担するケースもありますが、多くのカップルは両親からの援助を受けています。

マイナビウエディングのアンケート調査では、約40%のカップルが50万円程度の援助を受けたと回答していました。

しかし両家からの援助を受けたくない人や、自分たちだけで負担しなければいけない人も数多くいると思います。

結婚式を挙げるためといっても、両家からの援助が必ず受け取れるものだと期待することは避けましょう。

結婚式は2回、料金を支払うタイミングがある

結婚式の自己負担額はご祝儀を含めて計算ができるものだといいましたが、実際に結婚式場にお金を支払うタイミングは大きく分けて2回あります。

契約を交わした時や申し込みをした時に発生する内金、結婚式の約1週間前に費用の残り全額、どちらも結婚式を挙げる前に支払いをしなくてはいけません。

多くの式場が全額前払い = ご祝儀払いができない

もちろんご祝儀は結婚式の当日に受け取ることが多いですよね。

気がついた人もいるかもしれませんが、結婚式は多くの式場が全額前払いのため、ご祝儀を受け取る前に一旦新郎新婦が全額支払わなければいけません。

しかし場合によっては、結婚式の支払いを後払いにさせることも可能です。

両家で費用を分担する時は細かい部分まで確認!

先ほど説明をしたように、結婚式の費用は両家からの援助があるケースが多いです。

しかし同じように、両家での費用分担で揉めてしまうことは決して少なくありません。

両家とも負担をしてくれることはありがたいことですが、結婚式を意識しすぎてトラブルになってしまっては元も子もありません。

招待するゲストの割合や交通費の負担、ドレスのレンタル料金など、トラブルになってしまわないように細く決めておくようにしましょう。

ハナユメデスクなら料金を後払いにできて安心!

ハナユメの画像

結婚式の費用は多くの式場が前払いだといいましたが、ハナユメの相談デスクを利用すると後払いにできるサービスを受けることができます。

ハナユメデスクを経由して結婚式場を契約するだけで費用の支払いを後払いにできるなんて、経由しておかないと損ですよね。

前払いでも問題ないという人は多いかもしれませんが、結婚式までの準備期間に金銭的なトラブルが起こる可能性も0ではありません。

いざという時のためにも、後払いにできる選択肢を確保しておくと安心できるのではないでしょうか。

ハナユメを利用するとハナユメ割でさらにお得に!

ハナユメデスクを利用するメリットは、後払いサービスが受けられるだけではありません。

ハナユメ独自の割引であるハナユメ割を利用することで、結婚式の費用を最大150万円以上安くすることができます。

ハナユメ割で費用を抑えられるだけでなく後払いにできるなんて、ハナユメを活用しないと損ですよね。

結婚式の自己負担額を最小限にするためにも、ハナユメを経由して結婚式場探しをしてみてはいかがでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら