結婚式の費用と相場はどのくらい?最終的な自己負担額の計算方法は?

結婚式を挙げようと検討していると、おおよそ結婚式にかかる費用や相場などを知りたいと考えるものですよね。

結婚式にかける費用は人によって全く違うと理解しているからこそ、自分たちに見合った結婚式というものを見失ってしまいがちです。

自分たちの結婚式を挙げる時に悩んでしまわないためにも、先輩花嫁たちは結婚式に一体いくら程度かけているものなのか相場を把握しておきましょう。

しかし平均の金額を知ったからといって、必ずそのレベルの結婚式を挙げなければいけないなんてことはありません。

「ポイント」

見栄を張ることなく、自分たちのレベルに合った結婚式を挙げることが一番重要なのです。

挙式・披露宴・パーティの相場はどのくらい?

結婚式場の画像

結婚式は大きく分けて挙式・披露宴・パーティの3つのパターンになると思います。

最近では挙式のみの結婚式なども、主流になってきていますよね。

ゼクシィトレンド調査2016では、結婚式にかける費用の総額が全国平均で約359.7万円になっています。

費用の総額というのは挙式・披露宴・パーティの費用のみになっており、二次会などは含まれていません。

この中でも挙式の全国平均は31.5万円となっているので、おおよそ披露宴の相場は328.2万円になります。

披露宴ではなく1.5次会のようなパーティをおこなうのであれば、会費の平均価格が1万円前後になるので、かける人数が相場になってきますよね。

しかし、結婚式は自分の住んでいる地方によっても平均が変わってくるものです。

たとえば首都圏であれば平均が385.5万円、関西地方は337.4万円など自分が考えているよりも地域で差があります。

ブライダルフェアに参加した時などに、式場のプランナーさんに結婚式を挙げる地域の相場を聞いてみるのがいいと思います。

招待客一人当たりで計算すると結婚式全体の相場が見えてくる

結婚式にかかる費用の相場を知ったとしても、自分の招待するゲストの人数が相場の人数に伴っているケースはあまりないと思います。

ゼクシィ結婚トレンド調査では、招待客1人あたりにかかった結婚式費用の平均が5.9万円になっています。

そのため自分たちの結婚式に招待するゲストの人数が確定した時点で、自分で相場を計算してみましょう。

ゲスト30人の場合
ゲスト30人 × 5.9万円 = 177万円
ゲスト60人の場合
ゲスト60人 × 5.9万円 = 354万円
ゲスト80人の場合
ゲスト80人 × 5.9万円 = 472万円

ただしこの計算方法は、あくまで相場を把握するためのものになります。

結婚式の内容によって相場より安くなる場合もありますし、大幅に高くなってしまうこともあります。

そのうえ相場の金額を全て新郎新婦で支払わなければいけない、というものでもありません。

ご祝儀の相場は?どの程度予想をすればいいの?

ご祝儀の相場は?どの程度予想をすればいいの?

結婚式にかかる費用の相場は約359.7万円といいましたが、決して全ての金額が自己負担になるわけではありません。

結婚式では、招待したゲストからお祝いの気持ちを込めたご祝儀を受け取ることができます。

そのうえご祝儀には相場というものがあり、新郎新婦との関係性でいくら程度包むのか変わってくるのです。

そのため招待するゲストのリストアップが終わったら、ある程度の相場を把握した上で一度ご祝儀の計算をしてみましょう。

ご祝儀の相場

友人や同僚 3.0万円
上司や恩師 3.8万円
親族 6.4万円

ただしゲストのリストアップができていない時点であれば、おおよそ1人あたり3.3万円で計算してみましょう。

招待するゲストの人数 × 3.3万円 = 結婚式でいただけるご祝儀

しかし最近では様々な理由から、相場ほどのご祝儀を包まない人も増えてきています。

そのため確実に計算した金額のご祝儀をいただくことができるのだ、と考えるのはやめましょう。

もしも自分の予想していた金額よりもご祝儀が集まらなかった場合、自己負担額が予想よりも増えてしまうということですよね。

ご祝儀は、ゲストの状況や気持ち次第で金額が変わってしまうものです。

事前に予想をしておくことは重要ですが、ご祝儀に頼りすぎてしまうことはやめましょう。

自己負担額は結婚式とご祝儀の相場から計算しよう

パンフレットの画像

今までの説明から、結婚式にかかる費用の相場とご祝儀の相場を計算することができると思います。

実は結婚式にかかる費用の相場とご祝儀の相場を計算することができれば、自己負担額をある程度把握することができるのです。

結婚式にかかる費用の相場 − ご祝儀の相場 = 自己負担額

上記の計算式に当てはめてみると、おおよそではありますが自己負担額を算出することができます。

たとえば、60人のゲストを招待した場合で計算してみましょう。

ゲスト60人の場合
結婚式にかかる費用は、ゲスト60人 × 5.9万円 = 354万円

ご祝儀の相場は、ゲスト60人 × 3.3万円 = 198万円

そのため自己負担額は、354万円 − 198万円 = 156万円

このように、簡単に自己負担額を計算することができるのです。

ゲストの人数 費用 ご祝儀 自己負担額
30人 177万円  99万円 78万円
50人 295万円  165万円 130万円
60人 354万円 198万円 156万円
80人 472万円 264万円 208万円
100人 590万円 330万円 260万円

結婚式では事前におおよその自己負担額を知っておくことが、自分たちに見合った結婚式を挙げられるコツになります。

親からの援助はどの程度期待するもの?

親からの援助はどの程度期待するもの?

結婚式にかける費用は全て新郎新婦が負担する場合もありますが、多くのカップルが両親からの援助を受けています。

マイナビウエディングのアンケート調査では、約40%の人が50万円程度の援助を受けたという結果になりました。

しかし親からの援助を受けたくない人や、自分たちだけで負担しなければいけない人も数多くいいます。

結婚式を挙げるためといっても、親からの援助は必ず受け取れるものだと期待することはやめましょう。
結婚式の料金は2回支払うタイミングがあるので注意しよう

結婚式での自己負担額はご祝儀を含めて計算するものだといいましたが、実際に結婚式場にお金を支払うタイミングはいつなのでしょうか。

結婚式場にお金を支払うタイミングは、大きく分けて二回あります。

契約を交わした時や申し込みをした時に発生する内金、結婚式の約1週間前に残りの全額、どちらも結婚式の前に支払いをしなければいけません。

もちろん、ご祝儀は結婚式の当日に受け取りますよね。

ここで気がついた人もいるかもしれませんが、ご祝儀を受け取る前に一旦新郎新婦が全額支払わなければいけないのです。

しかし場合によっては、結婚式の支払いを後払いにすることができます。

ハナユメデスクで料金後払いにできる

ハナユメ後払いサービスの画像

ハナユメがおこなっているハナユメデスクを活用すると、後払いサービスを適応することができます。

先ほども説明したように、多くの結婚式場は支払いを全額前払いにしています。

そのため一旦結婚式にかかる費用の全額を新郎新婦で負担しなければいけません。

しかしハナユメデスクを利用して結婚式場の契約をすると、支払いを後払いにすることができるのです。

後払いにできるということはご祝儀を受け取った後に全額支払うことになるので、一旦新郎新婦で負担をする必要がなくなりますよね。

ハナユメデスクを活用するだけで、一旦負担をするリスクを減らすことができるのです。

式場ごとに細かい見積もりシミュレーションができる

ハナユメでは掲載している式場ごとに、ゲストの人数を指定するだけで見積もりを出すことができる、シミュレーション機能を備えています。

そのため大雑把な相場ではなく、式場ごとの相場を知ることができるのです。

自分たちの招待するゲストの人数さえ決まっていれば、式場ごとに比較をすることもできますよね。

結婚式にかかる費用や相場を知りたいのであれば、ハナユメの見積もりシミュレーション機能を活用してみましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら