結婚式場の画像

結婚式を控えている新郎新婦にとって、値引き交渉の有無は大きなポイントになるのではないでしょうか。

このページでは、「結婚式にかかる費用の値引き交渉術」から「結婚式の費用を値引き交渉するタイミング」まで紹介しています。

「こちら」

簡単に値引きできる裏技を紹介しましょう。

結婚式の費用をなるべく値引きしたいのであれば、式場検索サイトの利用がおすすめです。

たとえば、ハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、結婚式の費用を最大50%割引できます。

どの割引が一番お得なのかまとめてみたので、チェックしてみましょう。

式場検索サイトの「特別割引」まとめページはこちら

結婚式は値引き交渉ができるの?どのくらい安く挙げられる?

結婚式場の画像

最近は、結婚式でも値引き交渉が可能だと知っている花嫁は増えてきているのではないでしょうか。

結婚式にかかる平均費用は約360万円といわれていますが、自分たちの結婚式が360万円前後だからといって安心してはいけません。

結婚式はオプションの追加などで費用が高くなりやすいため、最終的に100万円アップしているケースもあります。

アイテムを削っていけば費用は抑えられますが、質素でなにもない結婚式にならないように上手に値引き交渉しましょう。

「新婦」

結婚式のクオリティを下げずに費用を安くするには、新郎新婦の値引き交渉力が重要です。

結婚式は個人的に式場と値引き交渉ができる

結婚式の契約は、新郎新婦と式場の間で交わされます。

値引き交渉をするときは個人的に式場と掛け合い、一つ一つ納得いくまで話し合う根気が必要です。

値引き交渉に自信のある人は問題ありませんが、手際よく値引きができるのか不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、誰でも簡単にできる値引き方法を活用してみましょう。

式場検索サイトの「特別割引」を利用するのがオトク!

結婚式の費用を簡単に値引きしたいのであれば、式場検索サイトの利用がおすすめです。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、個人的に値引き交渉をする以上に高い値引率が適応されます。

中でも、ハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると、「特別割引」の適応で結婚式の費用を最大50%割引できます。

結婚式の費用を値引き交渉するタイミングは契約前!

結婚式場の画像

結婚式の費用は個人的に式場と値引き交渉ができますが、タイミングを間違えると値引きができないケースもあります。

結婚式は準備に数ヶ月という時間がかかるため、ゆっくり交渉していけばいいなんて考えでいてはいけません。

値引き交渉をするタイミングは、契約を交わす前に徹底しましょう。

式場は契約を交わした時点で見積書に納得をしたと判断するため、契約後に値引き交渉をするほうがハードルが高くなります。

値引きを成功させるためにも、契約前に交渉をする覚悟が必要です。

そもそも、なぜ結婚式の費用が高額になってしまうのかについては、下記の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

結婚式はなぜあんなに高額になるの?お金をかけるのはもったいない?

結婚式にかけるお金はもったいない、と思っている人は多いですよね。そのうえなぜあんなにも高額になるのか理解ができないという人がほとんどだと思います。結婚式が高額になってしまう理由や、本当に結婚式にお金をかけるのはもったいないものなのか、一緒に考えていきましょう。

契約前なら他の式場と迷っている雰囲気をだすのがベスト!

結婚式の費用は契約前に交渉するべきですが、具体的な方法がわからない人も多いと思います。

値引き交渉で一番有効な方法は、他の式場と迷っている雰囲気をだすことです。

費用だけがネックになって決められない、と伝えると最大限のサービスを受けられます。

他の式場の見積書を持参していくと、値引きの勝率が上がるためおすすめです。

簡単3ステップ!契約後でもできる値引き交渉術

結婚式場の画像

すでに式場と契約を交わしている人は、契約後に使える値引き交渉術を実践してみましょう。

契約後は契約前ほど簡単に値引きができないため、あらかじめ準備をしておく必要があります。

値引き交渉をスムーズにおこなうためにも、手順を把握しておきましょう。

  1. 見積書の内容を確認して削れる項目を見つける
  2. 削れる項目の代用できるアイデアを提案する
  3. アイデアをプランナーさんに相談する
  1. 見積書の内容を確認して削れる項目を見つける
    まずは、見積書の内容を隅々まで確認して削れる項目や高すぎる項目をピックアップします。

    ゲストに直接関わらない、衣装やアルバムなどの見直しがポイントです。

    料理やドリンク、引き出物のランクを落とすとゲストにケチっているとバレてしまうため、最初からランクを落とすのは避けましょう。

    一度追加したオプションなども、本当に必要なのか再度考え直すのが重要です。

  2. 削れる項目の代用できるアイデアを考える
    削れる項目や高すぎる項目をピックアップできたら、次は代用できるアイデアを考えましょう。

    手作りや持ち込み、選び直しを検討し、少しでも安くなる方法を探します。

    代用できるアイデアは具体的に決めておき、きちんと経緯をプランナーさんに説明できるようにしておくのがポイントです。

  3. アイデアをプランナーさんに相談する
    削れる項目や高すぎる項目の代用案が決まったら、プランナーさんに相談します。

    自分たちの予算を超えてしまったため削れるところは削りたいという旨と、考えてきた代用案を提案しましょう。

    このとき、自分たちの代用案が全て通ると考えていてはいけません。

    プランナーさんからの意見を聞き、お互い譲歩し合うのがポイントです。

    契約後に値引き交渉するときは自分たちの意見を言うだけでなく、相談という形でプランナーさんに協力してもらうのがセオリーになります。

見積書の中でも値引き交渉しやすい項目と値切り方

結婚式場の画像

結婚式の費用はさまざまな項目に分けられており、どの項目を値引き交渉すればいいのかわからないという人も多いと思います。

装花や料理などは物自体に単価があるため、値引き交渉をしても簡単には安くなりません。

値引き交渉をするのであれば式場が業者に依頼をするような項目ではなく、式場が独自に保有している項目を狙いましょう。

  • 挙式会場の使用料
  • プロジェクター使用料
  • ドレス2着目と親族衣装レンタル料

挙式会場の使用料

ブライダルフェアなどに参加した際、「当日成約特典で挙式会場の使用料が無料に!」という言葉を見た経験のある人は多いのではないでしょうか。

結婚式場にとって挙式会場は常設されているものなので、料理や装花のように消耗しません。

当日成約をしていなくても、挙式会場の使用料を数万円値引きしてほしいという依頼には前向きに検討してもらえます。

プロジェクター使用料

挙式会場と同じように、披露宴会場で使用するプロジェクターも式場の設備になります。

オープニングムービーやエンドロールなど、プロジェクターの使用は必ずといっていいほど必要です。

交渉次第では値引きをしてもらえる可能性が高いので、チェックしておきましょう。

ドレス2着目と親族衣装レンタル料

結婚式は新郎新婦のお色直しだけでなく、親族の衣装も必要になります。

衣装だけでも数十万を占めるため、値引き交渉は欠かせません。

ブライダルインナーを式場で準備したり、親族の着付けなどを依頼して衣装にかかる費用を値引きしてもらいましょう。

値引き交渉するときに気をつけるべき3つのポイント

結婚式場の画像

結婚式の費用を値引き交渉するときは、式場にとって不利益にならない新郎新婦になる必要があります。

値引き交渉をするときに気をつけるべきポイントを紹介しておきましょう。

  • あらかじめ結婚式に関する情報収集をしておく
  • 費用の値引きを強要しない
  • 交渉は式場にもメリットがある方法でおこなう

あらかじめ結婚式に関する情報収集をしておく

結婚式の費用を値引き交渉するのであれば、結婚式に関する情報はあらかじめ収集しておきましょう。

やはり値引き交渉をするのであれば、プランナーさんに負けないほどの知識量が必要です。

結婚式に必要なアイテムは平均や相場をしっておかないと交渉も上手くいかないため、結婚式や式場に関する情報は細かく調べてから挑みましょう。

費用の値引きを強要しない

値引き交渉するときは、自分たちの意見ばかりを押しつけて強要してはいけません。

ゲストが楽しめる結婚式にしようと奮起する姿を見せ、どうしても費用の問題で困っていると相談するところから始めましょう。

理想の結婚式を実現するにはプランナーさんの力が必要であり、協力を促すのがポイントです。

プランナーさんは結婚式のサポートをするのが仕事なので、真摯に向かい合って相談してみると良い提案をしてもらえるでしょう。

交渉は式場にもメリットがある方法でおこなう

結婚式の費用を値引き交渉するときは、自分たちにだけメリットがあるような仕方はNGです。

予算を超えてしまったから値引きしてほしい、もう少し何か安くならないのか、など簡単に値引きを依頼しても上手くいきません。

値引きをすると式場にとってマイナスになることを理解し、あくまで式場にもメリットがある交渉の仕方をしましょう。

親族衣装を式場でレンタルするからドレス代を少し安くしてほしい、などお互いにメリットがある値引き交渉が必要です。

値引き交渉が不安な人は式場検索サイトのハナユメがおすすめ!

ハナユメの画像

値引き交渉に不安を感じている人は、あらかじめ式場検索サイトのハナユメを利用するのがおすすめです。

一生に一度しかない結婚式だからといって、費用が高くなるのは当たり前ではありません。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、個人的に値引き交渉をする以上に高い値引率が適応されます。

中でも、ハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると「特別割引」の適応で結婚式の費用を最大50%割引できます。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1