紅葉

和装で前撮りをするなら、日本らしさが強く残っている京都がいいですよね。

京都の美しい街並みの中で撮った写真は一生の思い出になるに違いありません。

とはいえ京都には撮影スタジオがたくさんあるため、どこのスタジオにしようか迷う人も多いと思います。

スタジオ選びを間違えると、せっかくの思い出が台無しになってしまいます。

「こちら」

京都でおすすめの安い撮影スタジオ5つを比較したので、参考にしてください。

  • 前撮りをするならハナユメフォトがおすすめ
  • 京都 美翔苑には珍しい宿泊プランがある
  • 一番人気のフォトスポットは祇園・白川

前撮りをするスタジオを選ぶ時は追加料金に注意

電卓と豚

京都の撮影スタジオを紹介する前に、スタジオ選びで重要なポイントについて解説します。

前撮りは基本的にプラン料金というものが決まっていて、いくつか用意されているプランの中から自分で好きなものを選択することができます。

しかしプラン料金に付け加えて、追加料金が発生するスタジオがほとんどです。

追加料金の内訳はスタジオによって違いますが、衣装のランクアップや小物の使用、早朝対応など多岐に渡ります。

プラン料金が安くても追加料金で気付いたら予算を超えていた、ということも少なくないのでプラン料金だけを見てスタジオを選択するのはやめておきましょう

スタジオ選びのポイントを押さえたうえで、おすすめのスタジオを紹介していきます。

京都で前撮りができる安くてオススメのスタジオ5つを徹底比較!

京都は前撮りの人気スポットなので撮影スタジオがとても多く、どこにしようか迷う人がほとんどです。

そんな人のために前撮りを安くおこなえるオススメのスタジオを5つ比較していきます。

ただし撮影料金はプラン内容によって大幅に変わってきてしまうため、内容を統一した料金を紹介します。

「新婦」

今回は衣装は一着ロケ地は2か所30Pのアルバムを作るという条件で料金を算出しました。

わかりやすく表にしたので、参考にしてください。

料金 選べる衣装 カット数 追加料金
ハナユメフォト 159,000円〜 約75着 300 なし
STUDIO TVB 京都 192,600円〜 約70着 150 あり
LA-VIE PHOTOGRAPHY 233,000円〜 約30着 100 あり
ハルウエディングKYOTO 167,000円〜 約40着 300 あり
京都 美翔苑 181,800円〜 約80着 150 あり

ハナユメフォトが一番料金が安いのがわかります。

またハナユメフォトは衣装やカット数も多く、追加料金もかかりません。

つまり京都で前撮りをするのであれば、ハナユメフォトが一番お得だということです。

ハナユメフォトは基本料金のみで追加料金がないから安い!

ハナユメ相談カウンター

冒頭でも触れたように、撮影スタジオは追加料金がかかることがほとんどです。

しかしハナユメフォトの前撮りであれば追加料金はかかりません。

プランの内訳を見ていきましょう。

こだわり衣装アルバム付コース基本プラン

料金 159,000円(税抜)
内容 新郎新婦衣装1着、撮影、ヘアメイク、着付け、画像の明るさ補正
撮影全データ300カット、アルバム30P、選べるロケーション2ヵ所

通常アルバムの作成やロケ地の追加などは追加料金がかかるところが多いですが、ハナユメフォトは最初からプラン内容に入っているので料金の変動がなくて安心です。

選べる衣装も75着と多く、好きな衣装を見つけることができます。

注目して欲しいのが、プランの中に画像の明るさ補正が入っているところです。

画像補正は追加料金がかかってしまう場合が多いので、基本料金の中に入っているのは嬉しいですよね。

実際ハナユメフォトを選んだ決め手が、画像補正だったという人も少なくありません。

せっかく残すなら綺麗に残しておきたい人がほとんどだと思いますので、花嫁の気持ちを汲んだサービスだと言えます。

またハナユメフォトを利用する際は、ハナユメ相談カウンターで打ち合わせをおこないます。

相談カウンターで対応してくれるのはフォトウエディングに精通したブライダルのプロなので、予算に合わせて最適なプランを提案してくれるのも嬉しいポイントです。

STUDIO TVB 京都は京都最大級のフォトウエディング専用スタジオ

前撮りの衣装合わせ

STUDIO TVB 京都は京都最大級のフォトウエディング専用スタジオで、京都の前撮りスタジオとしてとても有名です。

プラン料金がリーズナブルで、多くのプレ花嫁から支持されています。

特にスタジオ撮影のプラン料金が5,000円〜とかなりお値打ちで、こだわりはないけど前撮りはしておきたいというプレ花嫁にオススメのスタジオです。

上記の表でも紹介したとおり、ロケーション撮影は192,600円〜と高いので注意してください。

料金の内訳を見ていきましょう。

祇園セットフォトプラン+八坂の塔フォトプラン

祇園セットロケーションプラン

料金 139,800円(税抜)
内容 新郎新婦衣装1着、撮影、新婦ヘアメイク、着付け、小物一式
アクセサリー、台紙写真1冊、撮影全データ150カット、アルバム30P

八坂&円山公園ロケーションプラン

料金 39,800円(税抜)
内容 新郎新婦衣装1着、撮影、新婦ヘアメイク、着付け
小物一式、アクセサリー、台紙写真1冊
追加料金
タクシー移動費3,000円、衣装代10,000〜120,000円

STUDIO TVB 京都はオプションにロケーション追加がなく、2ヵ所まわろうと思うと両方のプラン料金を払わなければいけません

また衣装の追加料金として10,000〜120,000円を支払う必要があるので、選んだ衣装によってはさらに高くなってしまう可能性があります。

そのためSTUDIO TVB 京都で前撮りをするのであれば、プラン料金が安いスタジオ撮影をオススメします。

LA-VIE PHOTOGRAPHYはフォトウエディング業界の最大手

髪のセット

LA-VIE PHOTOGRAPHYはフォトウエディング業界の最大手と言われており、日本全国のみならずハワイやグアムなど海外にまで進出しているスタジオです。

指名料はかかりますがフォトグラファーを指名することができるので、どのような仕上がりになるのか想像でき安心して撮影に臨めます。

料金は安くありませんが、大手のスタジオで安心して撮影したい人にオススメです。

では上記の表で紹介した料金の内訳を紹介していきます。

和装ロケーションプラン

料金 150,000円(税抜)
内容 新郎新婦衣装1着、撮影、新婦ヘアメイク、着付け、小物一式
アクセサリー、アテンド、撮影全データ100カット(ダウンロードのみ)
追加料金
タクシー移動費3,000円、アルバム30P 80,000円〜

30Pのアルバムを作ろうとすると、料金がかさんでしまいます。

とはいえ、プラン内の撮影場所であればロケ地を追加しても追加料金がかからないのは、嬉しいサービスですよね。

長楽館や随心院などプラン外のロケ地は例外ですので、注意してください。

ハルウエディングKYOTOは持ち込み無料だから好きな衣装で写真が撮れる

前撮りの衣装合わせ

ハルウエディングKYOTOは持ち込み料が無料です。

衣装の持ち込みは断られたり持ち込み料がかかったりするところがほとんどなので、思い出の衣装がある人にはぴったりのスタジオです。

プラン料金も特別高いということはなく、真冬や真夏の過ごしづらい時期であれば多少安くなります

上記で紹介した料金の内訳を見ていきましょう。

前撮りロケーションプラン

料金 99,000円(税抜)
内容 新郎新婦衣装1着、撮影、新婦ヘアメイク、着付け
撮影全データ300カット(DVD)、写真補正
追加料金
タクシー移動費3,000円、ロケーション追加20,000円、アルバム30P 45,000〜55,000円

プラン料金は安いですが、ロケ地やアルバムを追加すると高くなってしまいます。

アルバムは素材などの種類が選べるため、選んだものによってはさらに料金が高くなる可能性があります。

また小物やアクセサリーなどの追加料金も発生する場合があるので、オプションには注意を払っておきましょう。

京都 美翔苑には前撮りには珍しい宿泊プランがある

前撮りの写真

京都 美翔苑には、前撮りのプランとしては珍しい宿泊プランがあります

料金は238,000円と決して安くはありませんが、隠れ宿のような雰囲気の綺麗な旅館で宿泊できるため、通常はバタバタすることの多い前撮りがゆっくりおこなえます。

旅行がてら前撮りをおこなうにはぴったりのプランですので、時間とお財布に余裕がある人は検討してみてはいかがでしょうか。

とはいえ前撮り専用プランで十分だと考えている人も多いと思います。

上記で紹介した料金の内訳を紹介していきます。

和装ロケーション1着プラン

料金 98,000円(税抜)
内容 新郎新婦衣装1着、撮影、新婦ヘアメイク、着付け
3面台紙アルバム、撮影全データ150カット(DVD)
追加料金
ロケーション追加30,000円、アルバム30P 53,800円

京都 美翔苑はタクシー移動費がかからない代わりに、ロケーション追加代が少し高めです。

場所によっては追加料金に施設料や入園料などがかかる場合もあるので、予算を決めてから場所を考えましょう。

京都で前撮りをするなら費用が上がらないハナユメフォト

ハナユメ

5つのスタジオを紹介してきましたが、やはり一番安くて条件がいいのはハナユメフォトだと言えます。

他のスタジオもそれぞれ長所がありますが、気になるのは追加料金です。

プラン料金だけ見ると安く感じても、追加料金で最終的な金額が高くなってしまえば本末転倒です。

その点ハナユメフォトなら追加料金がかからないので、料金が高くなることはありません。

またハナユメは全国に相談カウンターを展開しているため、遠方の人でも気軽に前撮りについて相談することができます。

「こちら」

京都で前撮りをするのであれば、ハナユメフォトがおすすめ!

遠方から京都へ前撮りにいく人は流れをチェックしておこう

デジタルカメラ

オススメのスタジオを紹介してきましたが、遠方から京都へ前撮りに行く人は、打ち合わせの方法や当日の撮影に不安を覚えてしまうと思います。

遠方となると、詳しい打ち合わせが撮影の当日というスタジオもあるそうです。

それでは納得のいく前撮りができないのではないかと感じてしまいますよね。

上述したようにハナユメフォトなら全国に相談カウンターがあるため、遠方の人であっても住んでいる地域で打ち合わせがおこなえます。

ここからは、スタジオを代表してハナユメフォトの前撮りの流れについて紹介していきます。

1.ハナユメ無料相談デスクへ来店する

まずはハナユメ相談カウンターへ行きましょう。

ハナユメ相談カウンターの看板

相談カウンターに来店するときは予約をしておくと、待ち時間なくスムーズに相談が開始できます。

2.無料カウンセリングをおこなう

相談カウンターへ来店したら、ハナユメのプランナーに予算や希望を伝えてください。

プランナーが希望に合ったプランを提案してくれます。

3.成約・撮影日確定

カレンダー

撮影プランと撮影日を仮押さえします。

プランは変更できないので、慎重に決めてください。

悩む場合はその日に決めなくても大丈夫です。

成約後も不安なことがあれば、気軽に相談カウンターで相談しましょう。

4.衣装やポーズ、撮影場所の決定

Webから衣装やポーズを選択します。

この時に撮影場所も決定するので、どこがいいか考えておきましょう。

5.肌着や使いたい小物を用意しておく

撮影日前までに着物の下に着るVネックの肌着や、撮影に使用したい小物を用意しておいてください。

小物は持ち込み自由ですので、思い出の品があれば持っていきましょう。

6.京都のスタジオでヘアメイクと着付け

メイク道具

(所要時間:1~2時間)

撮影日当日に、京都のスタジオでヘアメイクと着付けをしてもらいます。

時間に遅れないように注意してください。

7.ロケ地へ移動してから撮影スタート

(所要時間:約5時間)

撮影場所へ移動して撮影を開始します。

スタジオが車を用意してくれるので、タクシーは手配不要です。

8.スタジオへ戻って着替えたら終了!

撮影が終わったらスタジオへ戻って、私服に着替えます。

私服に着替えたら撮影終了です。

撮影後に夜の京都を楽しむのもいいですね。

夜の京都

9.撮影データとアルバムが自宅に届く

撮影から約3ヶ月後に、撮影データとアルバムが自宅に届きます。

以上で前撮りの流れは終了です。

前撮りにかかる時間はおおよそ6時間

時計と豚

前撮りにかかる時間は、プランにもよりますがおおよそ6時間前後です。

ロケ地の追加やカット数の追加などがあれば、さらに時間が伸びます。

ほとんど1日仕事なので大変だと思う人もいるかもしれませんが、プロのヘアメイクにキレイにしてもらって、プロのカメラマンに写真を撮ってもらえることは人生でもそうそうありません。

まるでモデルになったような気分を味わえてとても楽しかったという先輩花嫁がほとんどですから、前撮りを検討している人は楽しみにしておきましょう。

しかしせっかく楽しみにしていた前撮り当日に雨が降ってしまうこともあります。

雨の場合は雨天決行か日程変更を選べる!

天気予報で雨天の予測が出た時は、スタジオから2〜3日前に連絡が来ます

雨天決行か日程を変更するか選べるため、好きな方を選択しましょう。

日程を変更した場合でもキャンセル料などはかかりませんので、安心してください。

雨は嫌だと思う人がほとんどだと思いますが、京都であれば雨天でもステキな写真が撮れます。

雨に濡れた京都の街並みは、雨粒がキラキラと光って晴れの日とは違う美しさが楽しめますよ。

肌着は忘れないように持って行こう

前撮りで気にかけて欲しいのは天候だけではありません。

撮影時に持っていく肌着は忘れないようにしましょう

忘れても撮影ができないということはありませんが、レンタル料として余計なお金がかかってしまう場合がほとんどです。

忘れ物をしてレンタルするお金は本当にもったいないので、出発前に忘れ物がないかチェックしておくと安心ですよ。

ここまで京都のスタジオや前撮りの流れについて紹介してきましたが、前撮りで大事なポイントと言えば写真を撮る場所ですよね。

ここからは京都で人気のロケーションを紹介していきます。

京都の前撮りで人気のロケーション6選!風情ある街並みに和装が映える

京都は街全体がフォトスポットといっても過言ではないため、どこで前撮りを撮ろうか悩みますよね。

人気のロケーションを紹介するので、参考にしてください。

「新婦」

各ロケーション地に対応しているスタジオも合わせて紹介していきます。

STUDIO TVB 京都 LA-VIE PHOTOGRAPHY ハルウエディングKYOTO 京都 美翔苑 ハナユメフォト
1位 祇園・白川
2位 東山・八坂
3位 鴨川 ×
4位 円山公園 × × ×
5位 梅宮大社 × × ×
6位 嵐山 × × ×

※基本プランに加えて、追加料金が必要です。

定番ロケ地は京都らしさが色濃く残る祇園や東山です。

では人気順でロケーション地を紹介していきます。

祇園・白川で京都らしい前撮りが撮れる

祇園白川では最も京都らしい前撮りを撮ることが可能です。

白川には有名な一本橋巽橋などがあり、垂れている柳の木と合わさって日本の美しさを引き立ててくれます。

特に巽橋は一番のフォトスポットと言われており、京都で前撮りをするのであれば巽橋という認識を持っている人も多くいます。

一本橋は人がギリギリ通れるほどの狭い橋ですが番傘との相性がよく、柳の間から番傘を持った着物の女性が見える図は本当に様になりますよ。

春になると桜も咲くので、桜が舞い散る中で写真を撮ってもいいですね。

東山・八坂で八坂の塔をバックに写真を撮ると映える

京都東山で前撮りをするのであれば、八坂は外せません。

京都東山には八坂通りという坂と、八坂の塔で知られている法観寺五重塔があります。

八坂通りは和建築が並んでいて、一歩足を踏み入れればタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

そんな八坂通りでの前撮りは新郎新婦から非常に人気があり、特に八坂の塔をバックにした写真が映えると有名です。

私がおすすめする八坂のフォトスポットは、二年坂にさしかかる付近です。

八坂の塔を通り過ぎて200mほど坂道をのぼったところから見る八坂の塔は、和建築や木々と重なってとても写真映えしますよ。

桜の名所である鴨川で春を感じる一枚が撮れる

鴨川の人気ロケーション地といえば、鴨川沿いの桜並木です。

京都でも鴨川は有数の桜の観光スポットで、春になると桜が咲き乱れてとてもきれいな風景を見ることができます。

春は前撮りでも人気のシーズンなので費用は少し高くなってしまいますが、多少多めにお金を出してでも撮る価値があります。

鴨川付近の桜の見頃は、4月中旬です。

夏には座敷が敷かれる納涼床という風物詩もあるので、春や夏が感じられる一枚を撮りたい人は鴨川がオススメです。

円山公園は年間を通して四季を味わえる最古の公園

円山公園は京都市最古の公園として知られているロケーション地です。

風情ある石橋や紅葉が映えるひょうたん池など、前撮りにピッタリなスポットばかりが集まっています。

緑が多い円山公園は年間を通して四季を感じられ、新緑も楽しめます。

緑に染まった枝垂れ桜は、花がなくても美しいですよ。

前撮りのスポットとしてはもちろんのこと、何もない日でもふらりと立ち寄りたくなるような落ち着いた空間が広がっている円山公園に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

梅宮大社は京都で最も古い梅の名所

梅宮大社は京都で最も古い梅の名所として知られ、広大な日本庭園も人気のロケーション地です。

日本庭園では鯉が泳ぐ池やキレイに咲き誇っている花々を見ることができ、四季を感じられます。

また紅葉が美しいことでも有名で、秋になると観光客が押し寄せてきます。

とはいえ、やはり梅の名所と知られているだけあり梅の花が一番美しいです。

桃色の梅の花と一緒に写真を撮れば、新婦の美しさも増すのではないでしょうか。

嵐山で美しい竹林に囲まれた写真が撮れる

嵐山は京都の観光地として有名で、四季折々の景観が楽しめると話題です。

嵐山には様々なフォトスポットがありますが、その中でも人気なのが竹林渡月橋です。

竹林と渡月橋は嵐山のシンボルとも言われており、風景に見とれてしまう人も少なくありません。

特に約400mにわたって高く伸びた竹の林が続く竹林で撮る写真は、美しいの一言に尽きます。

最も費用がかからない安いフォトスポットは東山・八坂!

電卓とパンフレット

ここまで人気のロケーション地を紹介してきましたが、費用も気になりますよね。

場所やスタジオによっては追加料金がかかってしまう可能性もあるため、予算と照らし合わせて場所を決める必要があります。

京都のロケーション地で一番費用がかからないのは東山・八坂です。

東山・八坂はほとんどのスタジオで追加料金がかからないだけではなく、プラン料金も安いところが多くあります。

また写真映えにおいても文句の付け所がなく、特に八坂の塔をバックにした写真は京都らしさを強く感じられますよ。

逆に費用が高くなってしまう心配があるのは、嵐山です。

嵐山は追加料金がかかって高額になる可能性があるから注意

嵐山はほとんどのスタジオで追加料金を取られたり、プラン料金が高かったりと高額になる可能性が高いです。

高額になる理由としては、嵐山がスタジオが集まっている市街地周辺から少し距離があることが挙げられます。

移動費を考えると、高くなってしまうのも仕方ないですよね。

とはいえ嵐山の景観は本当に素晴らしいので、費用が高くなってもいいという人であれば嵐山での前撮りも視野に入れましょう。

料金はできるだけ抑えたうえで、自分たちが納得できる写真を撮りたいという人は追加料金がかからない東山・八坂がオススメです。

「新婦」

定額で前撮りがおこなえるハナユメフォトなら、東山・八坂に対応しています。

京都で前撮りをして思い出を形にしておこう

京都の寺

ここまで京都の前撮りをするためのスタジオや撮影の流れ、人気のロケーションを詳しく紹介してきましたがいかがでしょうか。

京都で前撮りをおこなった先輩花嫁の写真を見ても本当に美しい写真ばかりなので、京都が前撮りの人気スポットなのも頷けますね。

せっかく日本で前撮りをするのですから、最も日本らしい街である京都で思い出を形にしておきましょう。

\前撮りなら追加料金がかからないハナユメフォトがおすすめ!/