結婚式場の画像

最近の結婚式では招待するゲストの人数を少なめにする、いわゆる少人数結婚式の人気が高まってきている傾向があります。

このページでは、「少人数結婚式に必要な費用」から「少人数結婚式の流れやメリット」まで紹介しています。

「こちら」

少人数結婚式は現代のニーズに合っている、新しい結婚式のスタイルでもあります。

そもそも少人数結婚式は何人程度から?

結婚式場の画像

そもそも少人数結婚式の中には、家族や親族のみなどの10人〜20人程度のものから、仲のいい友人も招待する30〜40人規模のものがあります。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016では、招待するゲストの全国平均人数が約70人になっていますが、少人数結婚式と呼ばれるゲスト40人以下の結婚式の割合は年々増加している傾向があります。

2016年では少人数結婚式の割合が全体の13.9%となっており、おおよそ7組に1組は少人数結婚式を選択しているのが現状です。

少人数結婚式の割合データ

想像していたよりも少人数結婚式を選択している人の割合が多い、と感じた人がほとんどではないでしょうか。

経済的事情や晩婚化により少人数結婚式が人気に

結婚式を挙げるために必要な費用は、平均350万円と言われています。

しかし新生活を迎える二人にとっては、結婚式だけでなく新居や結婚準備にもお金がかかりますよね。

家族や親族のみなどの少人数結婚式を選択するのであれば、大きい披露宴会場なども使用しないため平均100万円以内に収めることができます。

「ポイント」

最近では35歳以上での初婚率が高まってきており、あまり派手な結婚式を望んでいない人が増えてきているのも、少人数結婚式の人気が高まってきている理由の1つです。

家族や親族のみなどの少人数結婚式は寂しさよりも温かみが勝る!

結婚式の画像

家族や親族のみなどの少人数結婚式を検討している人は、一般的な結婚式よりも寂しくなってしまうのではないかと心配している人が多いと思います。

しかし実際には、少人数だからといって結婚式が寂しくなってしまうことはありません。

会場の広さに気をくばり、人数に対して大きすぎない会場を選ぶことで、寂しいと感じるよりもアットホームな温かみのある結婚式にすることができます。

口コミサイトには、こんな意見もありました。

100人規模の結婚式ばかりに参列していたけれど、初めて少人数結婚式に参列した時、今までにない結婚式の雰囲気が魅力的で自分も少人数結婚式を挙げたいと思いました。

このように、少人数結婚式には少人数結婚式にしかない良さがあります。

「こちら」

身近でリラックスできる人のみでおこなう少人数結婚式は、新郎新婦だけでなくゲストも満足することができる新しいスタイルです。

少人数結婚式にかかる費用はいくらくらいなの?

結婚式場の画像

先ほども説明したように一般的な結婚式に必要な費用は、平均350万円です。

しかし少人数結婚式の場合は、費用の平均額が約100万円になっています。

一般的な規模の結婚式を挙げる余裕がないという人も、少人数結婚式であれば実現することができるという人は多いのではないでしょうか。

そこで、少人数結婚式に必要な費用と最終的な自己負担額を具体的な人数で一覧にしてみました。

ゲストの人数 費用 ご祝儀 自己負担額
10人 59万円 33万円 26万円
20人 118万円 66万円 52万円
30人 177万円 99万円 78万円
40人 236万円 132万円 104万円

最近は入籍のみで終わらせてしまうナシ婚を選択している人が増えてきていますが、家族や親族に晴れ姿を見せることで日頃の恩返しをすることもできます。

たとえ少人数だとしても、結婚式を挙げておくほうが将来後悔することもありません。

自己負担額の計算方法については、「結婚式の最終的な自己負担額はいくら?ご祝儀予想で簡単に計算!」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

少人数結婚式を挙げる3つのメリット

結婚式の画像

家族や親族のみでおこなう少人数結婚式には、一般的な規模の結婚式に比べて得ることのできるメリットが数多くあります。

人数が少ないから寂しいと感じるのではなく、少人数にしかないメリットを考えてみましょう。

  • 結婚式の準備に追われない
  • 家族に近い距離で見てもらえる
  • プレゼントや引出物選びに時間をかけれる

結婚式の準備に追われない

少人数結婚式では、一般的な規模の結婚式でおこなうような派手な演出を減らしてしまっても問題ありません。

そのため打ち合わせをする内容が少なくなり、結婚式準備の負担を減らすことができます。

よく結婚式の準備期間にはマリッジブルーに陥ってしまったり、パートナーと喧嘩をしてしまうという話がありますよね。

少人数結婚式では準備期間が短いためスケジュールが厳しくなることもなく、結婚式の準備に追われてしまうような心配もありません。

家族に近い距離で見てもらえる

一般的な披露宴では友人や会社の上司などを前方のテーブルに案内するため、親族や家族が一番後ろのテーブルになってしまいますよね。

しかし少人数結婚式であれば、親族や家族が物理的に遠くなってしまう心配がありません。

少人数結婚式であれば親族だけで有意義な結婚式にすることができますし、新郎新婦の晴れ姿を誰よりも近くで見てもらうことができます。

プレゼントや引出物選びに時間をかけれる

少人数結婚式では招待するゲストの人数が少ないからこそ、一人一人に時間をかけ、感謝の手紙を書いたりプレゼントや引出物の内容を変えることができます。

少人数結婚式に招待するゲストの中には、職場の人のような義理で招待する人がいないですよね。

気を使うことなく、一人一人に感謝の気持ちを表現することができます。

「ポイント」

ゲストも新郎新婦の心遣いに感動すること間違いありません。

少人数結婚式を挙げる時の流れは?

結婚式の画像

少人数結婚式を挙げる時の流れは、少し一般的な結婚式と違う部分があります。

一般的な結婚式と同じ流れで進めてしまうと、違和感をおぼえることがあるため注意しましょう。

  • 家族や親族のみであっても招待状は送付しよう
  • 受付は新郎新婦の兄弟に依頼するのがベスト
  • 挨拶は新郎、司会進行はプランナーで担当しよう

家族や親族のみであっても招待状は送付しよう

招待状の画像

家族や親族のみで結婚式をおこなう場合、招待状を送るべきなのか悩んでしまうと思います。

親族であれば招待状を送る前に出欠は確認してある場合がほとんどですし、招待状を送るとしても文面をどのような雰囲気にすればいいのか悩んでしまう人も多いと思います。

しかし親族だからこそ手を抜くことなく、きちんとした招待状を送る必要があるので、紹介する例文を参考にしてみましょう。

皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。

このたび私たちは結婚式を挙げることになりました。

つきましては親しい皆様にこれまでお支えいただきました感謝の気持ちをこめささやかではございますが祝宴をもうけました。

ご多忙の折誠に恐縮でございますがご案内申し上げます。

平成○○年○月吉日
新郎 フルネーム
新婦 フルネーム

日時:平成○○年○月○日(○曜日)
開宴 午前○時
場所:○○ホテル○階○○の間 ○○県○○市○○町123-45
電話番号:xxxx-xx-xxxx

このように出席の確認をする必要がない親族への招待状には、返信をお願いする一文が必要ありません。

出欠を確認したい場合は、最後の一文に下記の文を付け加えておきましょう。

ご多忙の折誠に恐縮でございますが ぜひご出席いただきたくご案内申し上げます。
なお 恐縮ながら◯月◯日までにご返事を頂ければ幸いに存じます。
「こちら」

招待状には式場までの地図も入れておくとゲストが困ってしまうことがなく、おすすめです。

受付は新郎新婦の兄弟に依頼するのがベスト

ロビーの画像

少人数結婚式を挙げる際にまず直面する問題が、受付を誰にお願いするのかという点ではないでしょうか。

ご祝儀を辞退しており数人の友人と親族のみになると、受付は必要ないのではないかと悩んでしまいますよね。

一般的にご祝儀を辞退している場合は受付が必要ないと言われていますが、少人数結婚式ではご祝儀を辞退していてもお祝いとして親族がご祝儀を渡してくれるケースが多いです。

念のため、新郎新婦の兄弟に受付を依頼をしておきましょう。

数人しかいない友人を受付をお願いしてしまうと、かえって迷惑になってしまうこともありますし、親族などの顔を知っている兄弟のほうがスムーズに受付を済ませることができます。

ただし事前に参加者全員からご祝儀をいただいている場合や、家族のみだけでおこなう場合は受付を設ける必要がないので注意しましょう。

挨拶は新郎、司会進行はプランナーで担当しよう

結婚式の画像"

家族や親族のみなどの少人数結婚式の場合、挨拶や司会進行を誰にお願いすればいいのか悩んでしまうと思います。

一般的に家族のみの場合は新郎が挨拶をしますが、親族も含めておこなう場合は叔父などに依頼するケースがほとんどです。

司会進行は新郎新婦が担当してもいいですが、入場やケーキカットのタイミングを逃してしまわないためにも、プランナーさんに司会を依頼しておくと安心できるのではないでしょうか。

少人数結婚式だからこそできる演出は多い!

結婚式場の画像

少人数結婚式は少人数だからこそできる演出が多く、一般的な規模の結婚式ではできない演出をすることができます。

とはいえ会場は広くないことがほとんどなので、規模の大きい演出をする必要はありません。

小さい頃の写真をスライドショーで流したり、プレゼントを一人一人に渡して昔話に花を咲かしてみるのもいいのではないでしょうか。

お色直しはしてもいいの?

少人数結婚式を検討している人の中には、お色直しをしてはいけないと考えている人もいるかもしれませんが、実際にはトイレ休憩などの意味も含めて一度だけお色直しをする人がほとんどです。

ただし家族や親族のみの結婚式の場合は、披露宴というよりも食事会をおこなうケースが多いので、ウェディングドレスをそのまま着て参加したり、ワンピースなどの平服に着替えて参加する人も多いです。

同じ会場内に食事ができる会場があれば、どのままウェディングドレスで食事会をおこなうことができるので、式場を決定する際には家族のみで食事をすることができるのか確認しておきましょう。

少人数結婚式でおすすめの演出は、「ゲームや余興でアットホームな結婚式に!少人数結婚式でもできる演出は?」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

少人数結婚式は人数に合わせた会場を見極めるのがコツ

結婚式場の画像

少人数結婚式を挙げるうえで、一番気をつけなければいけないことが会場の広さです。

会場の広さにより寂しいと感じるか、アットホームな良い雰囲気だと感じるのかが変わってきます。

ブライダルフェアなどで式場見学をしつつ、会場によって何人程度入ることができるのかを聞き、会場の感覚を身につけておきましょう。

ある程度会場の見学をしていると、どの程度の会場が自分たちの招待するゲストの人数に合っているのか見極めることができます。

少人数結婚式だからこそ一人一人に感謝を伝えることができる

少人数結婚式では、ゲスト一人一人にきちんと感謝の気持ちを伝えることができる時間があります。

たしかに、少人数結婚式には一般的な結婚式ほどの華やかさはありません。

しかしゲスト一人一人の好き嫌いに合わせてオリジナルの料理を提供することができたり、時間をかけてゆっくりとコミュニケーションをとることもできます。

「こちら」

少人数にしたからといって寂しく感じるようなことはないですし、ゲストが満足できないなんてことはありません。

二次会は必ず開催しなくても問題なし

家族や親族のみの結婚式の場合、二次会を開催するという人は少なくないと思います。

ほとんどが会費制になるため結婚式に招待するほど気を遣わなくてもいいですし、自分たちで自由な会を開くこともできます。

しかし二次会は新郎新婦や友人の意向になってくるため、必ずやらなければいけないということはありません。

「ポイント」

逆に家族や親族のみの少人数結婚式では寂しいかもしれないと感じる人は、二次会を開催するという方法もあります。

ハナユメの定額ウエディングなら自己負担額0円で少人数結婚式を実現!

ハナユメの画像

少人数結婚式を検討している人の中には、費用がおさえられることを重視している人が多いと思います。

ハナユメの定額ウエディングを利用すれば、ゲストの人数が少ない少人数結婚式であっても自己負担額を0円にすることができます。

招待するゲストの人数から想定できるご祝儀の金額で費用が設定されているため、ご祝儀払いをすることで自己負担額を0円にすることが可能です。

追加費用は一切かからないですし、お日柄や時間帯も自由に選択することができます。

少人数結婚式でさらに費用を抑えたいと考えているのであれば、ハナユメの定額ウエディングを利用してみましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら