海外挙式の画像

海外で結婚式を挙げるとなると、多くの人がハワイをイメージするのではないでしょうか。

しかし国内で結婚式を挙げるのと、ハワイで結婚式を挙げるのではどちらが自分たちに適しているのかわからずに、無難に国内を選択してしまう人は少なくありません。

このページでは、「ハワイ挙式に必要な費用」から「実際にハワイで挙式をした人の口コミ」まで紹介しています。

「こちら」

国内で挙げる結婚式よりもメリットが多いケースもあるため、ハワイ挙式について知っておかないと損をしてしまいますよ。

ハワイで挙式を挙げるなら二人だけor家族だけがおすすめ

チャペルの画像

ハワイで挙式を挙げるのであれば、二人だけや家族だけなどの少人数がおすすめです。

仲の良い友人などであれば招待しても問題ありませんが、交通費や現地でも食事などの思わぬ出費がかさんでしまうこともあります。

ハワイで挙式を挙げるのであれば、少しでも費用は抑えたいところですよね。

そのうえハワイ挙式であれば、ハネムーンだけを計画しており結婚式を挙げる予定はない、というカップルであっても、二人だけでひっそりと済ませることができます。

なおかつハワイは日本語も通じやすく治安も良いため、海外に不慣れな人でも行きやすい場所なのです。

二人だけの海外挙式については、「二人だけで海外挙式をする費用は?おすすめの場所と格安で挙げるコツ」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ハワイで挙式を挙げるときの費用はどのくらい?

結婚式場の画像

実際にハワイで挙式を挙げるときの費用は、何人で行くのかによって変わってきてしまいます。

そのうえゲストの交通費などを新郎新婦がどこまで負担するのかによっても大幅に変動してしまうものです。

そのため二人だけ、家族だけの場合に分けて紹介していきましょう。

二人だけの場合

海外挙式の画像

ハワイでの挙式を二人だけで挙げるのであれば、費用は100万円以内で抑えることも可能です。

しかしこの金額はお得なパッケージを利用したものになるため、予算としては150万円程度を予定しておくと安心できるのではないでしょうか。

挙式だけでなく旅費や娯楽費も含めた相場なので、挙式+ハネムーンの金額だと考えると国内で結婚式を挙げるよりも安いと感じますよね。

家族も参列する場合

海外挙式の画像

ハワイ挙式は二人だけで挙げるよりも、家族だけ参列してもらうという人が多いのではないでしょうか。

最近では職場の人などを招待したくないため、わざわざ海外で挙式をするなんて人もいますよね。

しかし家族を招待するときは、新郎新婦がどれだけの費用を負担するのかで相場が変わってきます。

たとえばゲストの飛行機での交通費とホテルでの宿泊費を新郎新婦が負担した場合、一人当たり約20万円プラスになると言われています。

そのため、新郎新婦の両親だけであれば約80万円のプラスになるのです。

「こちら」

家族も招待するのであれば、250万円程度を想定しておくと安心することができると思います。

家族はどんな服装で参列すればいいの?

ハワイ挙式の画像

ハワイで挙式を挙げるのであれば、参列するゲストは服装に悩んでしまうのではないでしょうか。

ハワイ挙式では日本のようなゲストのドレスコードやルールではなく、ハワイでのルールに合わせることが必要になります。

ハワイでは、女性はムームー、男性はアロハシャツが正装だと言われています。

夫婦で柄やカラーを統一させたり、新郎新婦が準備をしておくのもおすすめです。

ムームーやアロハシャツを着るのが嫌だという場合は、日本の結婚式でよく見かけるスーツやワンピースでも問題ありませんが、ポイントはきちんと両家で統一することです。

「こちら」

ムームーやアロハシャツで合わせる場合は、現地で準備をするのか、日本で購入しておくのかも決めておくと当日慌てる心配がありません。

国内での結婚式とハワイ挙式の詳細を比べてみた!

結婚式場の画像

冒頭からここまでハワイでの結婚式について説明してきましたが、日本で挙げる結婚式との明確な違いが掴めていないという人も多いのではないでしょうか。

ハワイと日本での違いを一覧で確認してみましょう。

ハワイ 国内
費用 150〜250万円 300〜350万円
準備期間 半年前〜2.3ヶ月前 1年前〜半年前
ゲストの人数 二人だけ、家族だけ 平均70人
ハネムーン 挙式と兼ねて 100万円前後かけて別でいく

一覧にしてみると、国内であげる結婚式よりも比較的安価でハワイ挙式を実現できることが分かっていただけたでしょうか。

ハワイでの挙式はハードルが高いと思われてしまいがちですが、実は手の届く範囲内なのです。

日本の結婚式で妥協してしまうのではなく、一生に一度の結婚式なので夢を叶えてみてはいかがでしょうか。

海外ウェディングについては、「海外ウェディングや海外挙式の費用はどのくらい?どんな会社を通すの?」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ハワイで挙式をするなら!おすすめの式場ランキング

チャペルの画像

ハワイで挙式を挙げる際には、やはり人気の式場をリサーチしておきたいものですよね。

そのため人気のあるおすすめの式場をランキングにしてみました。

1位 コオリナ・チャペル アクア・マリーナ

コオリナ・チャペル アクア・マリーナの画像

コオリナ・チャペル アクア・マリーナは、2017年2月にオープンした比較的新しいチャペルになります。

そのうえハワイで人気の「MWレストラン」とワタベウェディングとの共創による料理も提供することができます。

オーシャンビューのリビングガーデンでセレモニーをすることもでき、真っ白なバージンロードと360度ガラス張りになっているチャペルが印象的です。

「ポイント」

コオリナ・チャペル アクア・マリーナの費用相場は、約20〜40万円になっています。

2位 ヒルトン・ワイコロア・チャペル

ヒルトン・ワイコロア・チャペルの画像

ヒルトン・ワイコロア・チャペルは、敷地内をモノレールが走っているような壮大なリゾート内にあるチャペルになります。

リゾート内には専用のプールやゴルフ場などもあるため、ホテルステイを満喫しながら挙式を挙げることができるのです。

敷地内ではフラミンゴやイルカなどの野生動物たちが遊んでおり、自然を身近に感じることもできます。

「こちら」

ヒルトン・ワイコロア・チャペルで挙式を挙げる際の費用相場は、約30〜50万円です。

3位 シェラトン・コナ・ベイサイド・チャペル

シェラトン・コナ・ベイサイド・チャペルの画像

シェラトン・コナ・ベイサイド・チャペルは、昔ハワイの王族たちが支配していたとも言われている溶岩の台地、アリイの地に建っているチャペルになります。

チャペル内の床は白色の大理石になっており、自然光の演出が美しくなるような作りになっています。

「ポイント」

シェラトン・コナ・ベイサイド・チャペルの費用の相場は、約20〜35万円のため比較的安価にハワイ挙式を実現することができます。

実際にハワイで挙式を挙げたカップルの口コミまとめ

口コミの画像

実際にハワイで挙式を挙げたカップルの口コミをまとめてみました。

ハワイ挙式を検討している人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

rinrinさん
ハワイで結婚式を挙げることが、幼いころからの夢でした。

実際に実現できると決まった時はとても嬉しく、計画をしてくれた彼にはとても感謝しています。

両親と兄弟もお祝いにきてくれたのですが、両親は結婚式のきっちりとした雰囲気が苦手だと言っていたため、ハワイでの挙式の方がフランクで気を使うことなく楽しめたと言っていました。

式場名 タイプ
ラニレア チャペル 家族のみ(8人)
kahoさん
年齢のことも考え盛大に祝ってもらうのではなくこじんまりとしたかったので、国内ではなく海外での挙式のみを考えていました。

ハワイは日本語も通じやすく比較的行きやすい場所にあるため、すぐに決めてしまいました。

私たちの挙式日は天気も良く、写真もキレイに撮れたのでとても満足しています。

式場名 タイプ
ジ・アカラ チャペル 新郎新婦のみ

ハワイで挙式を挙げるならハナユメがおすすめ!

ハナユメの画像

ハワイで挙式を挙げるのであれば、ハナユメを活用するのがおすすめです。

ハナユメでは先ほどのランキングの式場も掲載されていますし、写真なども豊富です。

とはいえ実際にはいきなり海外挙式に踏み込むのではなく、まずは国内の結婚式場に足を運び、式場の仕組みなどの知識を得ておくことも必要です。

せっかくハワイまで足を運ぶのに、こんなチャペルにしなければよかったと後悔したくはないですよね。

そのためまずは近くの式場のブライダルフェアに参加してみてはいかがでしょうか。

ハナユメであればブライダルフェアに参加することで、最大33,000円分の商品券を受け取ることもできます。

このように身近な式場のブライダルフェアに参加した上で、ハナユメデスクからハワイ挙式の準備を進めていくのが一番お得になるのです。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら