結婚式場の画像

最近では、様々な理由から披露宴を開催しない挙式のみの結婚式を検討している人が増えてきていると思います。

このページでは、「挙式のみの結婚式をおこなう際に必要な費用の相場」から「挙式のみの結婚式をおこなうメリット」まで紹介しています。

「ポイント」

挙式のみの結婚式をおこなうことは、決して非常識ではありません。

挙式のみの相場や費用はどのくらい?

チャペルの画像

挙式のみの結婚式をおこなう場合に必要な費用は、挙式会場の使用代などで5〜10万円、ドレスなどのレンタル料を含めるて15〜30万円程度になります。

一般的な挙式+披露宴の結婚式にかかる費用は平均350万円だと考えると、挙式のみにするだけで大幅に費用をおさえることができますよね。

そのため経済的事情などでナシ婚を選択してしまうのであれば、挙式のみを視野にいれることもいいのではないでしょうか。

挙式のみの結婚式の内訳は?何に費用がかかるの?

チャペルの画像

挙式のみの結婚式はたしかに費用が安くなりますが、満足できる内容になっているのか心配になってしまう人も多いと思います。

気をつけなければいけないことが、挙式のみは費用が安いからという理由だけで安易に選択している人が多いことです。

実は挙式のみなのに初期の見積りよりも費用が上がってしまった、というカップルは決して少なくありません。

式場と契約を交わす時はきちんと内容を確認しておかなければいけないですし、挙式のみはどこの式場でも1つのプランしかないと思っていては後悔をしてしまいます。

挙式のみのプランでも最低限、下記の内容が含まれているのかチェックしておきましょう。

  • 施設の利用料
  • 挙式料
  • 衣装関係
  • 写真撮影
  • 招待状
  • プチギフト

挙式のみを選択するときは追加料金が発生するのかチェック!

挙式のみのプランによくある落とし穴は、ウェディングドレスなどの衣装代が含まれていないことがある点です。

プランに衣装代が含まれていても好みのデザインがないケースも多く、追加料金を支払って少し高めのドレスを選択することがほとんどになってしまいます。

後々プラスで料金が発生してしまわないように、挙式のみであってもきちんとプランの内容を確認しておくのがベストなのではないでしょうか。

挙式のみを選択している人はどの程度?人気はあるの?

結婚式場の画像

ゼクシィ結婚トレンド調査では、挙式のみをおこなった人の割合は年々増えており、2011年では約3%ほどだったものが2016年には約9%3倍になっています。

そのうえ現在ではさらに増えていると言われているため、10組に1組は挙式のみを選択しているといっても過言ではありません。

たしかに挙式のみであれば費用をだいぶおさえることができますし、ナシ婚を選択して将来結婚式を挙げておけばよかったと後悔する心配もありません。

挙式のみは非常識?披露宴なしでも親族を招待する?

結婚式の画像

結婚式を挙げるにあたり、挙式のみでは非常識なのではないかという意見もありますよね。

しかし挙式のみの結婚式にしたからといって、非常識だなんてことはありません。

挙式のみでも身内や親族にパートナーを紹介することはできますし、希望すれば友人も招待することができます。

挙式のみが非常識だと言われてしまうのは、古くからのしきたりや地域の風習に沿ってないことが多いため、年配の人の受け入れてもらうことができないからではないでしょうか。

「こちら」

たとえ披露宴なしだとしても親族を招待し、結婚したことを報告するのがベストですよ。

挙式のみで後悔してしまった人はいないの?

結婚式場の画像"

挙式のみを選択する場合、将来披露宴なしにしたことを後悔するのではないかと不安になる人も多いと思います。

実際には、挙式のみにしてしまったことで後悔したという話はあまりありません。

ただし挙式のみだからとプランを検討せずに選んでしまうと、写真撮影や料金についてもっと聞いておけばよかったと感じることがあります。

最近は挙式のみのプランでもかなり多くのプランを準備しているため、予算と相談しながらきちんとプランを確認しておくと後悔することはありません。

披露宴なしで結婚式をするときの流れは?

結婚式場の画像

披露宴なしの挙式のみを検討している場合、一般的な結婚式とは流れが少し変わってきてしまいます。

一般的な結婚式と同様の振る舞いをしてしまうとマナー違反だと思われてしまうこともあるため、事前に注意するべきポイントを頭に入れておきましょう。

招待状は必要?書き方のポイントは?

招待状の画像

挙式のみの場合、招待する親族や友人に招待状は必要なのか、という疑問がうまれると思います。

最近は招待状なしでも問題ないと言われていますが、式場の場所や日時を伝えるためにも準備をしておくのがおすすめです。

しかし挙式のみの結婚式の場合は、一般的な結婚式と違い記載する文面に気をつける必要があります。

下記のポイントに気をつけながら、招待状の作成をしましょう。

  • 誠に勝手ながら披露宴はおこないません。
  • 当日は気軽にご出席いただきたいと思っているので平服でお越しください。
  • ご祝儀などのお心遣いはございませんようお願いいたします。

上記の文は一般的な結婚式の招待状には記載しないような、挙式のみの場合にのみ記載しておくべき特別な文になります。

上記の文をふまえた上で、例文を参考にしてみましょう。

挙式のみの招待状の例

謹啓 〇〇の候 皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます

この度 私たちは結婚式を挙げることになりました。

つきましては私たちの新しい人生の出発をお世話になった皆様に見届けていただきたいと思っております。

どうぞご理解いただき私たちの結婚の証人として、ご多用中とは存じますがご参列いただきますようお願い申し上げます。

なお 誠に勝手ながら披露宴はおこないません。当日は気軽にご出席いただきたいと思っておりますので ぜひ平服でお越しください。

なお 当日はご祝儀などのお心遣いはなさいませんよう お願い申し上げます。

謹白

平成〇〇年〇月吉日
新郎 フルネーム
新婦 フルネーム

日時:平成〇〇年〇月〇日(〇曜日) 挙式 午前〇時
場所:式場名
住所:〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇番地〇〇
電話番号:xxxx-xx-xxxx

ご祝儀は辞退するのが一般的

ご祝儀の画像」

一般的な結婚式では、お祝いとしてご祝儀を受け取ることになると思います。

しかし挙式のみの結婚式では、ご祝儀を辞退するのがマナーです。

そのため今まで友人の結婚式に参加をし、ご祝儀を渡してきたとしても、挙式のみの結婚式を選択するのであれば辞退するようにしましょう。

ただし挙式のみでご祝儀を辞退していると理解している上で友人や親族からご祝儀を渡された場合は、快く受け取り内祝いでお返しをしましょう。

引出物は必要ないがプチギフト程度は用意しておく

ギフトの画像

挙式のみの結婚式の場合は、ご祝儀を辞退しているため引出物も必要ありません。

ご祝儀をいただかなかった人に対して引出物を渡してしまうと、ご祝儀の催促をされていると受け取られ逆に失礼になってしまいます。

もしも来てくださった人にお礼をしたいのであれば、プチギフト程度にとどめておくようにしましょう。

500円程度のプチギフトであれば新郎新婦も準備がしやすく、ゲストの人もご祝儀などの心配をする必要がありません。

挙式のみの結婚式を選択するメリット

結婚式場の画像

挙式のみの結婚式には、多くのメリットがあります。

そのため披露宴をしたくないと感じている人にとっては、挙式のみの結婚式を選択することで問題をクリアできるケースが比較的多いものです。

では、挙式のみを選択するメリットを紹介してみましょう。

  • 一般的な結婚式ほど費用がかからない
  • 準備の手間や時間がかからない
  • 自分が主役になり多くの人に見られる心配がない
  • 結婚したけじめをつけることができる
  • 親族への紹介を済ませることができる

たしかに披露宴まできっちり結婚式を挙げたい人には、挙式のみでは物足りなく感じてしまうかもしれません。

しかしナシ婚が主流になりつつある現代では、挙式のみでも結婚式を挙げること自体が将来価値のあるものになることは間違いありません。

費用の節約だけでなく時間の節約にもなる!

挙式のみは費用を大幅に節約することができるといいましたが、節約できるのは費用だけではありません。

実は、結婚式までの準備に費やす時間も大幅に節約することができます。

一般的な結婚式にかかる準備期間は約半年〜1年だと言われていますが、挙式のみであれば数週間〜3ヶ月程度で準備してしまうことができます。

結婚式の準備期間はパートナーと喧嘩が増えることも多いため、準備期間が短くて済むのもメリットではないでしょうか。

挙式のみをするときに大切な式場探しの3つのポイント

結婚式の画像

挙式のみの結婚式をおこなう際、式場選びがとても重要になってくると思います。

式場によっては挙式のみの結婚式に対してのサービスが変わってきてしまうので、事前にブライダルフェアなどで挙式のみについて詳しく聞いてから式場選びをおこなうようにしましょう。

挙式のみだからといって、どの式場でも同じだと考えていてはいけませんよ。

  • 自分たちに合った挙式のみのプランがあるのか
  • 式場内か近くに食事会を開くことができるレストランなどがあるのか
  • 挙式のみでもきちんと対応してもらえる式場なのか

自分たちに合った挙式のみのプランがあるのか

結婚式場によって挙式のみのプランの内容は変わってきます。

そのため挙式のみのプランの中にはどんなものがあるのか確認しておきましょう。

挙式+写真撮影のものや挙式+簡単な食事会など挙式のみのプランは一つではありません。

自分たちの予算内で最適のプランを探すようにしましょう。

式場内か近くに食事会を開くことができるレストランなどがあるのか

挙式のみの結婚式の場合は挙式後に親族のみで食事会をおこなうケースが多いです。

そのため式場内か近くに食事会を開くことができるレストランなどがあるのか確認しておきましょう。

式場の回りにレストランなどがないと、食事会の会場探しや移動に時間がかかってしまいます。

そのため式場選びの段階できちんと確認しておきましょうね。

挙式のみでもきちんと対応してもらえる式場なのか

式場によっては挙式のみだからといって打ち合わせや内容の確認をきちんとしないまま進めていくような式場もあります。

挙式のみだとしても新郎新婦にとっては大事な思い出になる立派な結婚式です。

「こちら」

挙式のみだからといって雑な対応をするような結婚式場は選択しないようにしましょう。

ハナユメの定額ウエディングなら挙式のみでも追加費用は一切なし!

ハナユメの画像

結婚式場探しサイトであるハナユメには、結婚式を自己負担額0円で挙げることができる定額ウエディングというサービスがあります。

定額ウエディングを利用すると料金を後払いにすることができるうえ、追加費用は一切かかることはありません。

定額だからといって結婚式の質を落とすことなく、クオリティを保ちながら省いても問題ないものを極力なくしているため、満足できないなんてこともありません。

挙式のみ180,000円で実現することができるプランがあるため、ハナユメの定額ウエディングを利用しないと損をしてしまうのではないでしょうか。

「ポイント」

挙式のみの結婚式を検討しているのであれば、まずはハナユメのウェディングデスクで定額ウエディングの詳細を確認してみましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら