挙式のみの結婚式は格安になるもの?費用の相場や安くするコツを解説

挙式のみの結婚式を検討している人は、一般的な結婚式に比べて費用がどの程度安くなるのか気になってしまうものですよね。

一般的な結婚式にかかる費用は、平均350万円だと言われています。

しかし挙式のみを選択するだけで、大幅に結婚式にかける費用を削減することができるのです。

では、一体どのくらいの費用をおさえることができるのでしょうか。

「こちら」

挙式のみをおこなうことで、結婚式にかける費用を節約していきましょう。

挙式のみの相場や費用はどのくらい?

結婚式場の画像

挙式のみの結婚式をおこなう場合、費用は挙式会場の使用代などで平均5〜10万円、ドレスなどのレンタル料を含めると15〜30万円程度です。

一般的な挙式+披露宴の結婚式にかかる費用は平均350万円だと考えると、挙式のみにするだけで大幅に費用をおさえることができますよね。

経済的事情でナシ婚を選択してしまうのであれば、挙式のみでも結婚式をおこなっておくのがいいのではないでしょうか。

ナシ婚については、「ナシ婚を選択する理由は?離婚率は上がる?後悔しないための対策とは」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

挙式のみの結婚式の内容は?何に費用がかかるもの?

挙式のみの結婚式はたしかに費用が安くなりますが、満足できる内容になっているのか心配になってしまう人も多いと思います。

気をつけなければいけないことが、挙式のみは費用が安いからということで選択している人は多いことです。

実は初期の見積もりよりも費用が上がってしまった、というカップルは決して少なくありません。

式場と契約を交わす時は、きちんと内容を確認しておかなければいけないのです。

挙式のみはどこの式場でも1つのプランしかないと思っていては、後悔してしまいます。

挙式のみのプランでも最低限、下記の内容が含まれているのかチェックしておきましょう。

  • 施設の利用料
  • 挙式料
  • 衣装関係
  • 写真撮影
  • 招待状
  • プチギフト

挙式のみの結婚式のプランによるある落とし穴は、ウェディングドレスなどの衣装代が含まれていないことがある点です。

衣装代が含まれていても好みのデザインがないケースも多く、追加料金を支払って少し高めのドレスを選択することがほとんどになってしまうのです。

そのうえ挙式のみであっても友人や親族を招待するのであれば招待状が必要になりますし、ご祝儀を辞退していてもプチギフト程度は準備をすることがマナーです。

もちろん新郎新婦の二人だけや家族だけで挙式をおこなうのであれば話は変わってきてしまいますが、せっかくなら仲の良い友人は招待したいものですよね。

後々プラスで料金が発生してしまわないように、挙式のみであっても内容を確認しておくのがベストなのではないでしょうか。

挙式のみは費用の節約だけでなく時間の節約もできる!

挙式のみは費用を大幅に節約することができるといいましたが、節約できるのは費用だけではありません。

実は、結婚式までの準備に費やす時間も大幅に節約することができるのです。

結婚式までにかかる準備期間は一般的に一年から半年だと言われています。

しかし挙式のみであれば、3ヶ月前から数週間のような短い期間でも準備してしまうことができるのです。

結婚式の準備期間はパートナーと喧嘩が増えることも多く、意見がすれ違ってしまうことも少なくありません。

結婚式前に喧嘩が少なくて済むことも、挙式のみを選択するメリットかもしれませんね。

挙式のみで式場を探す3つのポイント

挙式のみで式場を探す3つのポイント

挙式のみの結婚式をおこなう際は式場選びがとても重要になってきます。

式場によって挙式のみの結婚式に対してのサービスも変わってきてしまうので、事前にブライダルフェアなどで挙式のみについて詳しく聞いてから式場選びをおこないましょう。

挙式のみだからといってどの式場でも同じだと考えていてはいけませんよ。

  • 自分たちに合った挙式のみのプランがあるのか
  • 式場内か近くに食事会を開くことができるレストランなどがあるのか
  • 挙式のみでもきちんと対応してもらえる式場なのか

自分たちに合った挙式のみのプランがあるのか

結婚式場によって挙式のみのプランの内容は変わってきます。

そのため挙式のみのプランの中にはどんなものがあるのか確認しておきましょう。

挙式+写真撮影のものや挙式+簡単な食事会など挙式のみのプランは一つではありません。

自分たちの予算内で最適のプランを探すようにしましょう。

式場内か近くに食事会を開くことができるレストランなどがあるのか

挙式のみの結婚式の場合は挙式後に親族のみで食事会をおこなうケースが多いです。

そのため式場内か近くに食事会を開くことができるレストランなどがあるのか確認しておきましょう。

式場の回りにレストランなどがないと、食事会の会場探しや移動に時間がかかってしまいます。

そのため式場選びの段階できちんと確認しておきましょうね。

挙式のみでもきちんと対応してもらえる式場なのか

式場によっては挙式のみだからといって打ち合わせや内容の確認をきちんとしないまま進めていくような式場もあります。

挙式のみだとしても新郎新婦にとっては大事な思い出になる立派な結婚式です。

挙式のみだからといって雑な対応をするような結婚式場は選択しないようにしましょう。

ハナユメの定額ウェディングを活用してさらにお得に!

ハナユメの定額ウェディングの画像

挙式のみを選択しようとしている人の中には、挙式後に家族や親族だけで食事会をするという人も多いのではないでしょうか。

もちろん自分たちで手配をするのもいいかもしれませんが、おすすめはハナユメが提供している定額ウェディングを利用することです。

たとえば6名のような少人数で挙式をするのであれば、定額198,000円で挙式を実現させることができます。

そのうえ定額ウェディングの内容は会場の使用料やドレスのレンタル代だけでなく、挙式後のフルコース料理やドリンクの料金も含まれているのです。

定額ウェディングの内容の画像

ハナユメの定額ウェディングは内容に不足がなく十分満足できることはもちろんのこと、追加で費用がかかることが一切ありません。

そのうえ招待したゲストからご祝儀をいただくことができるのであれば、自己負担額が0円になるように設定されています。

6名の場合
6名:定額198,000円 − ご祝儀:6名×平均33,000円 = 自己負担額:0円

定額だからといって結婚式の質を落とすのではなく、クオリティを保ちながら省いても問題ないものを極力なくしているのです。

挙式のみの結婚式を検討しているのであれば、まずはハナユメのウェディングデスクで定額ウェディングの詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

Hanayume(ハナユメ)の定額ウェディングを見てみる

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら