結婚式の親族の画像

自分の大切な家族や親戚が結婚式を挙げることになったら、正しい服装マナーで参列したいですよね。

このページでは、結婚式における「結婚式に親族が着ていく服装マナーのポイント」「親族が結婚式の衣装をレンタルするときの相場」などを紹介しています。

「こちら」

大切な家族・親戚の結婚式を正しい服装でお祝いしましょう。

どうして結婚式は親族と一般ゲストで衣装が違うの?

結婚式の画像

親族として結婚式に参列する衣装を選ぶ際、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

まず親族は、新郎新婦の両親、兄弟姉妹、おじ・おば、既婚・未婚など、立場によって注意点が異なることを知っておく必要があります。

親族は「ゲストをお迎えする側」であることを忘れないこと

結婚式で親族が一番意識しなければならないのは、「ゲストをお迎えする側」であることです。

また新郎新婦と記念撮影があったり親族紹介があるので、「ゲストに見られる側」であることも理解しなければなりません。

そして両家で服装がチグハグにならないように、格を合わせることも重要です。

結婚式の基本的な服装マナーに加えて、親族としての服装マナーをきちんと理解して、大切な家族・親戚の晴れの日を祝いましょう。

【男性親族】結婚式の服装マナーと注意点

スーツの画像

結婚式の服装は、正礼装であるモーニングコートやタキシード、準礼装であるディレクターズスーツ、略礼装であるブラックスーツやダークスーツの3種類に分かれています。

まずは会場の格にふさわしい服装を理解することが重要です。

これを踏まえて、親族男性の服装について説明していきましょう。

父親|昼間は「モーニングコート」、夕方からは「燕尾服」「タキシード」

高級ホテルのような格式高い会場で昼間に結婚式を挙げる場合、新郎新婦の父親は正礼装であるモーニングコートが定番です。

モーニングコートは、前身頃の裾が大きくカットされたデザインの礼服になります。

ネクタイとベストも白黒で統一するのが基本ですが、シルバーにアレンジするとソフトな印象になるのでおすすめです。

結婚式が夕方以降の時間のときは燕尾服(テールコート)かタキシードが正礼装になります。

レストランなどカジュアルな結婚式なら、ディレクターズスーツなど正礼装を少し簡略化した準礼装を着るのが常識です。

和装するなら伝統的な「紋付羽織袴」

和装の場合、紋付羽織袴が男性の正礼装になります。

自前の紋付羽織袴を持っている人は少なく、着付けの手間もあることからレンタルするのが一般的です。

「新婦」

父親は親族代表として見られるので、貫禄と品格のある服装を心がけましょう。

兄弟|新郎より控えめな衣装が基本!未婚・既婚でも異なる

新郎新婦の兄弟が結婚式に参列するときの服装は、未婚か既婚で異なります。

未婚男性はブラックスーツ、既婚ならディレクターズスーツやタキシードが結婚式にふさわしい服装です。

未婚既婚に関わらず、新郎より控えめに映るような衣装を選ぶようにしてください。

祖父|父親より色柄を抑えた正礼装・準礼装を意識して

新郎新婦の祖父は、父親より少し控えめの服装を心がけるのがポイントです。

新郎新婦の父親がモーニングコートなどの正礼装なら、祖父は色柄を抑えた正礼装か、ディレクターズスーツなどの準礼装を着用します。

和装であれば父親と同じ紋付羽織袴になります。

叔父(伯父)|結婚式場と両家の格に合わせたスーツを選ぶこと!

叔父(伯父)として結婚式に参列するときは、特に服装のルールが定められているわけではありません。

一般的な結婚式であれば、ディレクターズスーツかブラックスーツ、カジュアルウェディングならダークスーツを着用しましょう。

結婚式場の格と両家の服装の格に合わせた服装を選ぶことが重要です。

従兄弟|結婚式場タイプに合ったブラックスーツかダークスーツ

新郎新婦の従兄弟も、特に結婚式の服装に規定はありません。

結婚式場のタイプと両家の服装の格を確認した上で、ディレクターズスーツ、ブラックスーツ、ダークスーツから最もふさわしい服装を選ぶといいでしょう。

甥っ子(こども)|は制服が礼服になるの?

甥っ子など、お子さんが結婚式に参列する場合、結婚式のためだけに服を新調するのは大変なので、よそ行き用の服があればそれで構いません。

手持ちのシャツに蝶ネクタイを付けると、それだけで結婚式らしく見えるのでおすすめです。

靴はきれいに磨いたローファーや革靴を合わせるのがベストです。

親族男性の衣装は両親の衣装に合わせて決めること

新郎新婦の兄弟や親戚の男性は、準礼装であるディレクターズスーツかブラックスーツを着用するのが基本ですが、例外もあります。

両家の父親がディレクターズスーツを着る場合は、兄弟や親戚は格をひとつ落として略礼装のブラックスーツを着用するのが正しい服装マナーです。

そのほか男性ゲストの結婚式の服装については、「【結婚式の服装】男性ゲスト必見のおしゃれスーツ着こなし術&マナーを解説」でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

【女性親族】結婚式の服装マナーと注意点

結婚式の画像

女性親族の場合も、結婚式の服装は正礼装・準礼装・略礼装の3種類に分かれています。

結婚式場のタイプで服装が異なるのは男性と同じですが、女性の場合はドレスのバリエーションが多いので、より複雑になります。

新郎新婦に恥をかかせてしまわないように、チェックしておきましょう。

母親|洋装はアフタヌーンドレスかイブニングドレス、和装は黒留袖

ホテルや専門式場など格式高い式場でおこなう結婚式なら、母親は正礼装であるアフタヌーンドレスかイブニングドレスを着用し、足元にはパンプスを合わせます。

もう少しカジュアルな結婚式であれば、カラーのロングドレスやワンピースでもいいでしょう。

花嫁の母親らしい気品ある佇まいを心がけてください。

和装は両家で事前打ち合わせを!五つ紋付きの黒留袖が第一礼装

和装の場合は、五つ紋付きの黒留袖が第一礼装になります。

花嫁の母親が着る衣装の定番ですが、柄で個性を出してみてはいかがでしょうか。

結婚式場のタイプによって、色留袖や紋付きの訪問着など準・略礼装にする場合は、事前に両家で話し合って格に違いが出ないように気をつけてください。

姉妹|和装で参列したほうがいい?ドレスを選ぶポイントは?

新郎新婦の姉妹は、黒やネイビーなど少し控えめな色合いのドレスを選ぶといいでしょう。

また和装で参列する人も多く、その場合は未婚女性は振袖、既婚女性は黒留袖か色留袖が一般的です。

和装の場合も柄や色は抑えめにすることを心がけてくださいね。

祖母|母親より控えめな柄の黒留袖が主流

結婚式における祖母の服装は、母親の服装より控えめにすることを意識しましょう。

和装する場合は、母親と同じ格の黒留袖で構いません。

最近は、年配の女性もシックなフォーマルドレスを選ぶ人が増えていますので、結婚式場の雰囲気に合ったドレス・着物を選びましょう。

叔母(伯母)|新郎新婦の両親よりも控えめな服装を心がけて

新郎新婦の叔母(伯母)は、両親の服装より控えめな服装が好ましいですが、ある程度は華やかさも必要です。

ブラックドレスやシンプルなネイビーのワンピースに、羽織りものやパールのアクセサリーを合わせるなど、品のある着こなしを工夫してみてください。

従姉妹|和装もOK!ドレスはネイビーやベージュカラーが◎

新郎新婦の従姉妹は、特に細かく服装に注意する必要はありません。

和装をするなら姉妹同様に、未婚女性は振袖、既婚女性は黒留袖か色留袖が基本です。

ドレスはネイビーやベージュカラーであれば、落ち着いた色合いなので年配のゲストや親族からも好まれるでしょう。

あくまでも親族の代表として参列するので、過度な露出や奇抜なデザインのドレスは避けるように心がけましょう。

姪っ子(こども)|制服とドレス・ワンピースどちらがいい?

姪っ子など女のお子さんが結婚式に参列する際は、特に服装に決まりがあるわけではありません。

制服が礼装と言われていますが、華やかな結婚式ですので、フォーマル感のあるワンピースやよそ行きの服で参列することをおすすめします。

リボンやコサージュなどのアクセサリーを付けると、結婚式らしさが出るのでおすすめです。

母親以外の親族が和装するときに気をつけることは?

母親以外の親族女性が和装するときは、目上の人より格が高くならないように配慮しなければなりません。

また新婦が和装する場合は、色が被らないように注意して、柄も控えめな着物を選ぶようにしましょう。

「こちら」

不安なときは新郎新婦に直接確認しておくと安心です。

親族が結婚式の衣装をレンタルするときの相場はいくら?

結婚式におけるゲストの服装の画像

男性親族が着るモーニングコートやタキシードは、自前で持っている人はあまりいませんので、レンタルするのが一般的です。

結婚式の衣装のレンタルにかかる費用の相場はどのくらいでしょうか。

衣装の種類 レンタル値段

※小物やアクセサリーの一式を含めた金額

モーニングコート(一式) 1万~2万円
タキシード/燕尾服(一式) 1万~2万円
紋付袴 3万円〜5万円
黒留袖・色留袖 (一式) 3万円
振袖 (一式) 3万円
フォーマルドレス 1万5千円〜3万円

衣装の料金は手配するお店や会場で差があるので、あくまでも参考価格ですが、これに加えてヘアセットや着付け代が別途かかること忘れてはいけません。

料金の相場は、美容院でヘアセット&着付けをした場合は1万円程度が目安です。

結婚式場で直接着付けをおこなう場合は、美容室でやるよりも1.5〜2倍割高だと思っておいてください。

着物のレンタルショップで着付けとヘアメイクをやってくれる場合もあるので、着物を借りるときに確認してみてください。

衣装の着付けやヘアセットの手配は誰がいつ手配するべき?

結婚式場がホテルや専門式場なら美容院が併設されているので、親族の着付けやヘアセットをおこなうことができます。

しかし繁忙期は予約が殺到することもあるので、できれば個々に予約するのではなく、新郎新婦に取りまとめてもらい、早めに予約を済ませたほうが安心です。

和装の着付け代は新郎新婦側が負担するのがマナーと言われていますので、一度確認を取ってみるといいでしょう。

結婚式場によっては、家族の着付け代もセットで割引してくれることがあるので、まずは確認してみましょう。

親族としての服装に悩んだときの解決法!

親族の結婚式で着る衣装は、両家で格を揃えなければなりません。

しかし地域によって考え方やしきたりや違うこともあり、結婚式の服装のことで悩んでしまう人は多いです。

もし衣装のことで悩んでしまったら、まずは新郎新婦に直接相談してみてはいかがでしょうか。

「こちら」

主役の二人の希望を第一に考えて、二人の門出にふさわしい衣装を身につけましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら