結婚式場の画像

結婚式を検討しているが、見積書の見方が曖昧で心配だという人は多いのではないでしょうか。

このページでは、「結婚式の見積書の見方」から「見積書で見落としがちな注意点」まで紹介しています。

「こちら」

結婚式の見積書は、隅々まで確認しておくのが大切です。

見積書の見方は知っておかないと損? 

結婚式場の画像

結婚式の見積書は、大きく分けて3回提示してもらえます。

  • ブライダルフェアや式場見学に参加をした時
  • 式場を決定した時
  • 結婚式直前に最終確認をした時

上記の3回のタイミングで見積書を提示されたとき、見落としや漏れがあると式場とトラブルになる可能性が高くなります。

式場側も提示する際に細心の注意を払う必要がありますが、自分たちも気をつけてチェックする必要があります。

見積書の正しい見方は、事前に身につけておいて損はありません。

結婚式の見積書はどこに注目して確認するの?

結婚式場の画像

結婚式で提示してもらう見積書は、重視して確認するべきポイントがいくつかあります。

高額な資金が必要になる結婚式では、事前準備を怠ってしまうとトラブルになるケースも少なくありません。

見積書の内容は3つの項目に分けて考える必要があるため、まずは分け方と項目ごとに注意するべきポイントを紹介していきましょう。

  • 料理や引出物などのゲストの人数で金額が変化するもの
  • ドレスや装花などのランクアップで金額が変化するもの
  • 持ち込み料などの目に見えないものにかかる料金

料理や引出物などのゲストの人数で金額が変化するもの

料理や引出物などは、ゲストの人数が変われば金額が変動します。

人数で金額が変化する項目は、事前にパートナーと話し合っておくのが得策です。

料理は一人1万円以上、引出物は5千円以上で計算しているため、ゲストの人数が10人変更になるだけで10万円以上の差が生まれます。

正確な見積書を提示していただくためにも、ブライダルフェアや式場見学に参加するときは前もってパートナーとゲストの人数を確定させておきましょう。

ドレスや装花などのランクアップで金額が変化するもの

ドレスや装花などの見た目にこだわる項目は、ランクアップで金額が変動します。

ランクアップができるものに関しては、最初の見積りの段階から最低ランクのものではなく1つランクアップさせたものを選択しておきましょう。

最低ランクのものばかりだと気がつかないままでいては、結婚式として成り立たないケースもあるので要注意です。

持ち込み料などの目に見えないものにかかる料金

持ち込み料などの目に見えないものにかかる料金は、細かく確認しておく必要があります。

式場によっては引出物のようなものだけでなく、ペーパーアイテムやプチギフトにも持ち込み料がかかるケースもあるため気をつけましょう。

他にも持ち込み料についてきちんと確認しておかないと、実は持ち込み料を払ってでも持ち込みをしたほうが安く準備できたなんて可能性もあります。

引出物や引菓子、ドレスなどは1点あたりにいくら持ち込み料がかかるのか、確認するのが大切です。

サービス料ってなに?どの項目にかかるのが一般的なの?

結婚式場の画像

結婚式は目に見えるものだけでなく、サポートしてくださる式場スタッフさんへのサービス料も必要になります。

料理の提供にはシェフやサーブするスタッフさんへ、披露宴会場では式場をセットしてくださるスタッフさんへ。

サービス料は、結婚式の準備をしてくださるスタッフさんへの人件費のようなイメージです。

目に見えないからといってそのまま鵜呑みにしない

式場によっては人件費のかからない引出物や衣装、もしくは見積り全体に10%などのサービス料がかけられているケースもあります。

衣装の着付けにはアテンドとして別に料金項目があるのが一般的ですし、見積り全体に10%もサービス料がかかっていてはペーパーアイテムや司会者にもプラスで料金が発生していることになります。

見積書の時点で納得できないサービス料が記載されているのであれば、プランナーさんに何に対するサービス料なのか確認しておきましょう。

見積書の内容で見逃してしまいがちな3つのポイント

結婚式場の画像

結婚式でいただく見積書には、こちらから質問をしないとわからないような項目もあります。

見積書に記載されている内容だけで、満足できる結婚式が挙げられる保証はありません。

見積書の中でも見落としてしまいがちな、下記の3つの項目をチェックしてみましょう。

  • 衣装の価格や付属の小物について
  • 料理やドリンクのランクや品数
  • 装花の内容にはどんな項目が含まれているか
衣装の価格や付属の小物について

衣装やドレスと記載されている項目には、ドレスやタキシードだけでなくベールやグローブなどのアクセサリーも含まれていますか。

衣装に関する料金は式場によってドレスのみであったり、小物の料金も含まれていたりとまちまちです。

そのためドレスの料金にはなにが含まれているのか、事前に確認をする必要があります。

余裕があるなら、どの程度のランクで好みのドレスを着られるのかチェックしておくのもおすすめです。

料理やドリンクのランクや品数

結婚式での料理やドリンクは、名目が記載されているだけで納得してはいけません。

料理は何品提供されるのか、ドリンクにアルコールや乾杯酒が含まれているのかなど、細かくチェックする必要があります。

他にもアレルギー食品がある人や子供に対して別の料理が提供できるのかなど、万が一のケースも考えておきましょう。

もしも最低ランクのもので料理やドリンクの種類やボリュームが少ないと感じるのであれば、1つランクアップしたものを見積りに入れてもらうのがおすすめです。

装花の内容にはどんな項目が含まれているか

結婚式で一番見落としてしまいがちなのが、会場の飾り付けである装花です。

ほとんどの人は実際に準備を進めてからでないと装花の重要性を理解できないため、あまり重視せずにスルーしてしまうことがあります。

しかし気がついたときにはこんなに装花にお金がかかるのか、と後悔します。

ブーケやブートニアだけでなく、フラワーシャワーやケーキ入刀のナイフにつける装花など、細かい装飾を追加するだけで料金がアップするケースは少なくありません。

花の種類やボリュームによって単価が変わるケースもあるうえ、装花の持ち込みは不可な式場が多いので事前の確認が大切です。

値引き交渉できるポイントって?

結婚式場の画像

結婚式の見積りの中には、値引き交渉できるポイントが数多く含まれています。

しかし結婚式に関する値引き交渉は、契約を交わす前におこなわなければ意味がありません。

契約を交わしてからゆっくり話し合って値引き交渉をしようという考えでは、思うように交渉できずに後悔します。

本命の結婚式場だと感じるのであれば、契約を交わす前に書きのポイントを値引き交渉しましょう。

  • プロジェクターの使用料
  • 2着目のドレスやタキシード
  • 引き出物などの持ち込み料
  • 写真のデータやアルバム代やカット数
  • お色直し後のブーケやブートニア

上記の項目は値引き交渉が苦手な人でも、比較的簡単に話題に出せるポイントです。

他の式場と比較するのがコツ

一層交渉をスムーズに進めたいのであれば、他の式場でいただいた見積書を持参しましょう。

他の式場ではこの値段だった、この式場ではサービスをしてくれたなど、比較をすると式場側は合わせてくれるケースがほとんどです。

結婚式は祝い事だからと鵜呑みにするのではなく、事前に知識をもって自分たちで交渉していくのが大事になります。

結婚式における値引き交渉の仕方については、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

結婚式の費用を値引き交渉するコツは?どのくらい安くできるの?タイミングや交渉術を解説

結婚式の費用を値引き交渉するコツを紹介しています。契約後でも値引き交渉ができるのか、どのくらい割引が適応され、プラン変更をすることができるのかなど。値引き交渉で使える裏技や値引きしやすい項目をあらかじめチェックしておきましょう。

見積りの金額アップを防ぐために全ての項目を含めておく

結婚式の見積りは最初に提示されるものより、100万円程度アップするといわれています。

しかし実際にはオプションで追加料金が発生したり、ドレスをランクアップしたりして費用がかさみます。

事前に費用が追加するであろう項目はチェックし、1つランクをアップした見積書を作成してもらうようにしましょう。

後日プラス料金がかかるよりも、自作するものなどを増やして見積りから引いていくほうが気持ちに余裕ができます。

最初に提示される見積書には、全ての金額を把握するためにも多めの項目を含んでもらうようにしましょう。

一般的な見積書に含まれていない内容って?

結婚式場の画像

結婚式の見積書には、一般的に含まれない項目もあります。

  • ブライダルエステ代
  • 前撮り
  • スピーチや受付を依頼したゲストへのお礼
  • 遠方のゲストの交通費
  • リングピロー

スピーチや受付を依頼したゲストへのお礼や、遠方から参列してくださる人への交通費は、結婚式を開催する新郎新婦のマナーとして準備しなくてはいけません。

しかし結婚式に関する見積りには含まれていないので、結婚式場に支払うお金とは別に準備をする必要があります。

「新婦」

結婚式にかかる費用は、決して見積書に記載されているものだけではないと理解しておきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる30,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「全員もらえる40,000円」+「抽選でもらえる60,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1