花嫁の画像

ブライダルフェアに参加する女性が一番楽しみにしているのは、ウェディングドレスの試着ではないでしょうか。

このページでは、「ウェディングドレスの試着に必要な持ち物」から「安心して試着会に参加できるポイント」まで紹介しています。

「こちら」

ドレス試着を満足できるものにするためにも、事前に確認しておきましょう。

ブライダルフェアのウェディングドレス試着会に参加する前に確認しておくこと

ウェディングドレスの画像

ウェディングドレスを着る機会は、日常的にあるものではないですよね。

そのため無料で参加することができるブライダルフェアの試着会は、約4割の人が参加していると言われています。

しかしブライダルフェアという時間が限られているイベントの中で、ウェディングドレスの試着会を満足できるものにするには、あらかじめ詳しく内容を知っておく必要があります。

実際にブライダルフェアの試着会に参加した男女400人を対象に、楽天ウェディングが「事前にチェックしておうたほうがいいこと」をアンケートしました。

  • どんな服装や下着で行けばいいか(38歳/女性)
  • ブライダルフェアの特典内容(33歳/女性)
  • 自分のサイズがあるかどうか(35歳/女性)

このようにブライダルフェアの試着会に参加するのであれば、事前にチェックしておかないと後悔してしまう可能性もあることを理解しておきましょう。

ウェディングドレスの試着を体験するときに必要な3つの持ち物

小物の画像

ブライダルフェアでウェディングドレスの試着会に参加するのであれば、今から紹介する3つのアイテムを持っていくようにしましょう。

必要ないと感じる人もいるかもしれませんが、使用することでドレス試着の満足度が変わってくるものです。

ブライダルフェア当日は、忘れずに準備しておくようにしましょう。

  • スタッフさんに見られても恥ずかしくない下着
  • ヘアゴムやヘアクリップ
  • ストッキング

スタッフさんに見られても恥ずかしくない下着

ウェディングドレスは肩がでているものが多いので、ベアトップブラや肩紐の取り外しができる下着を着用しておきましょう。

そのうえドレスの試着はスタッフさんに手伝ってもらうため、スタッフさんに見られても恥ずかしくない下着がおすすめになります。

しかしあまりにも下着の色が濃いと、ウェディングドレスから透けてしまうこともあるため要注意です。

髪をまとめるためのヘアゴムやへクリップ

ドレス試着をするときはヘアゴムやヘアクリップなどを持参し、髪の毛を簡単に束ねることができる状態にしておきましょう。

スタッフさんにドレスを着せてもらう際に髪の毛が邪魔になってしまうと、迷惑になってしまうこともあります。

ブライダルフェアは時間が限られているので、なるべくスムーズに試着を進めていくためにもシュシュやヘアゴム、ヘアクリップを準備しておくようにしましょう。

靴を合わせるケースのためにストッキング

ウェディングドレスの試着の際は、ウェディングドレスだけでなく靴まで選んでもらえることもあります。

足先まで本番さながらに試着をすることができるのに、黒いタイツやレギンスを履いていてはもったいないですよね。

あらかじめストッキングを履いておくか、持参するように準備しておきましょう。

ウェディングドレスの試着をするのは無料なの?気になる疑問を解決!

ドレスの画像

ブライダルフェアで体験することができるウェディングドレスの試着は、どの式場でも無料で参加することができます。

しかし、他にも試着会に関して疑問に感じることは数多くありますよね。

ウェディングドレスの試着会に関する疑問を、ひとつずつ解決していきましょう。

ウェディングドレス試着って何着くらい着れる?
ブライダルフェアで着ることができるドレスは、基本的に2〜3着だと言われています。

しかし式場によっては1着のみの場合もありますし、30分間であれば何着でも着ることができる場合もあります。

とはいえ自分の着たいドレスをどれでも試着できるわけではないので、式場のスタッフさんに従い試着会に参加するようにしましょう。

ウェディングドレス試着は写真撮影OK?
ブライダルフェアでウェディングドレスを試着した際、試着姿を写真撮影することは問題ありません。

自分に似合うドレスの形を記録しておくことも大切ですし、両親や友人から意見をもらうためにも写真に残しておくことはおすすめです。

ただし同じブライダルフェアに参加している人やドレス選びをしている人など、他人のドレス姿を撮影することはやめましょう。

ウェディングドレスの試着だけ体験することは可能?
ブライダルフェアでウェディングドレスの試着だけを体験することは、基本的にできません。

ブライダルフェアはアンケート記入や試食会、相談会などもセットになっているため、試着だけをして帰るなんてことはできません。

1つの式場でも2〜3時間必要になることを理解し、最後までブライダルフェアを体験してから式場を出るようにしましょう。

ウェディングドレスの試着会に参加するときに注意する3つのポイント

髪型の画像

ブライダルフェアのウェディングドレス試着会に参加するときは、服装や髪型などを注意しておく必要があります。

試着会に参加したときに後悔することなく満足したいのであれば、あらかじめ注意点を把握しておきましょう。

  • 脱いだり着たりしやすい服装で行くようにする
  • 髪型は普段よりも力をいれてアップにしておく
  • 結婚式場にとって閑散期の時期に行くようにする

脱いだり着たりしやすい服装で行く

ウェディングドレスの試着会に参加するときは、簡単に脱いだり着たりできるような服装で参加するようにしましょう。

タートルネックなどのトップスは脱ぎにくいですし、ヘアスタイルも崩れてしまいます。

ワンピースなどの簡単に着替えのできるものがおすすめですが、全体的にカジュアルになってしまわないように要注意です。

髪型は普段よりも力をいれてアップにしておく

ウェディングドレスの試着会に参加するのであれば、髪型は簡単にヘアアレンジをしておくのがおすすめです。

ウェディングドレスは髪の毛をアップにしているほうが映えるため、なるべくアップになるようにアレンジしていきましょう。

式場によっては簡単にヘアアレンジをしてもらえるケースもあるので、事前に式場に確認しておくと安心です。

結婚式場にとって閑散期の時期に行くようにする

ブライダルフェアのウェディング試着会に参加するのであれば、スタッフさんの余裕がある平日や閑散期がおすすめです。

結婚式場の繁忙期である5月・10月・11月は結婚式をおこなっている件数が多いため、準備のためにも人気のドレスが出払っていることが多いです。

なるべく多くの種類のドレスを見学するためにも、閑散期である1月・2月・8月のブライダルフェアに参加するようにしましょう。

ブライダルフェアに一人で参加しても試着会を体験できるの?

ドレスの画像

ブライダルフェアのウェディングドレス試着は、一人で参加していても全く問題ありません。

スタッフさんに依頼をすればドレス姿の写真を撮影してもらうこともできますし、式場は一人で参加をしているからといって断るようなことはしません。

そのうえ試着をしている最中はスタッフさんが何人も手伝いをしているので、一人で参加していても周りにはスタッフさんが付いていてくれます。

「こちら」

あまり気負うことなく、一人でも試着にチャレンジしてみるのがいいのではないでしょうか。

試着に抵抗を感じるのであればドレスのチェックだけはしておく

ウェディングドレスの試着会は一人でも参加できるといいましたが、ほとんどの式場は試着後に他のカップルの目についてしまうような構造になっています。

一部の式場では個室になっており他のカップルと鉢合わせることがないケースもありますが、全ての式場が対応しているわけではありません。

他のカップルと比べて自分は一人だから恥ずかしい、と感じるのであれば試着会の参加は避けることがおすすめです。

ただし並んでいるドレスの見学は一人でも恥ずかしいと感じることなく済ますころができるので、どのようなドレスが準備されているのかは確認しておきましょう。

もしも気に入ったドレスを見つけることができれば、勇気をだして試着してみるのもいいですよ。

試着会に参加するときに知っておくと安心できるポイント

ドレスの画像

ブライダルフェアの試着会に参加するときは、事前に知っておくと安心できるポイントがあります。

普段身近に感じることがないウェディングドレスの試着だからこそ、あらかじめ内容を理解しておきましょう。

  • ドレスのサイズを採寸してもらうことは難しい
  • ブライダルインナーを準備しておく必要はない
  • すべての式場で試着会をおこなっているとは限らない

ドレスのサイズを採寸してもらうことは難しい

ブライダルフェアでウェディングドレスの試着ができるからといって、ドレスのサイズをきちんと採寸してもらえるとは限りません。

おおよそのサイズのドレスを試着することになるため、自分のサイズを知りたいという人はドレスショップなどで採寸してもらうようにしましょう。

式場によっては余裕があり採寸をしてもらうことができるケースもありますが、あまり期待せずに試着に参加するのがおすすめです。

ブライダルインナーを準備しておく必要はない

ウェディングドレスを着るときは、ブライダルインナーを着用するほうがドレスを綺麗に着こなすことができます。

しかしブライダルフェアの試着の際に、わざわざ購入して持参する必要はありません。

ブライダルインナーは決して安いものではなく、ドレスの形や色によっても購入する種類が変わってくるものです。

ブライダルフェアに参加する時点で準備しておく必要はないため、ドレスを着せてくれるスタッフさんに任せてしまいましょう。

すべての式場で試着会をおこなっているとは限らない

ブライダルフェアで体験することができる試着会は、どの式場でも開催しているものではありません。

事前にハナユメやゼクシィなどの式場検索サイトでブライダルフェアの内容を確認し、チェックしたうえで参加する必要があります。

いきなり式場に足を運び、ドレスの試着をしたいといっても受け入れてもらえるわけではないので、気をつけましょう。

事前に準備しておこう!試着会で彼と揉めてしまわないためのコツ

花嫁の画像

ブライダルフェアでは、よくパートナーと喧嘩になると言われていますが、よくあるケースがドレス試着の際に待たされた彼が不機嫌になってしまうというパターンです。

女性であれば誰もがウェディングドレスの試着に参加したいと考えるものですが、男性は着替えをしている間、一人で待ちぼうけをくらってしまうことになります。

もしもパートナーが待たされることによって不機嫌になってしまうのであれば、試着会の参加は避けておいたほうがいいのではないでしょうか。

ブライダルフェアはパートナーと二人で楽しむことが最優先

ブライダルフェアに参加するのであれば、パートナーと二人で楽しむことが最優先になります。

喧嘩になってしまう可能性があるのであれば、事前に長い間待つことになるかもしれないことを伝えておきましょう。

ブライダルフェアはパートナーと喧嘩をしないことが、充実させるための最大のコツでもあります。

「新婦」

試着会だけでなく、喧嘩になるかもしれない体験は避けるように配慮しておきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら