ブライダルフェアに参加するときの注意点まとめ

はじめてブライダルフェアに参加する人は、見学する時にどこに注意しておけばいいのかわからないものですよね。

ブライダルフェアでは注意をしておかないと、気がつかないうちに落とし穴にハマっていることがあります。

ブライダルフェアはいろいろな体験をして楽しむものですが、ふとしたことで気分が悪くなってしまい、ブライダルフェアどころか結婚式を挙げること自体が嫌になってしまうこともあるのです。

「ポイント」

ブライダルフェアの思い出が良くないものになってしまわないためにも、ブライダルフェアに参加するときの注意点を知っておきましょう。

当日割引に惹かれて契約をしてはいけない!

当日割引に惹かれて
契約をしてはいけない

ブライダルフェアで一番気をつけなければいけないことは、当日割引や特典などの誘惑に負けて契約をしてしまわないことです。

結婚式は1日の挙式や披露宴ために、とても多くのお金が動くことになります。

そのため当日契約をしたら50万円引きなどの割引は、とても魅力的ですよね。たしかに結婚式は良いものを、なるべく安くつくり上げたいと誰もが考えています。

しかし、当日割引の誘惑に負けてしまってはいけません。

ブライダルフェアで提示される見積書は必要最低限のものばかり

実際にブライダルフェアなどで提示してもらう見積書の内容は、必要最低限の内容しか含まれていないことが多いのです。

実際にその見積書の内容で、満足できるほどの結婚式を挙げることは到底できません。

見積書の内容に割引が適応されたとしても、満足できる結婚式を挙げるにはプラス100万円前後の金額がかかってしまうことはよくある話です。

一度契約を交わしてしまうと他の式場に変更したいと思っても、キャンセル料などがかかってしまいますよね。

そのため契約を交わすときは、慎重にならなければいけません。ブライダルフェアの素晴らしい雰囲気に浮かれて契約をしてしまうことは絶対にやめましょう。

ブライダルフェアの内容を実現できるとは限らない

ブライダルフェアの内容

ブライダルフェアで見学することのできる装飾は、一般的な結婚式の内容よりも豪華になっていることが多いです。

そのためブライダルフェアで見た装飾を気に入り、実現させたいと考えてもあまりにも金額が高くなってしまうため断念してしまうことがほとんどです。

実際は装花の量や飾り付けをする場所だけでなく、絨毯やテーブルクロスなども色や質によって金額が変わってきます。

ブライダルフェアに参加することで結婚式のイメージは湧きやすくなりますし、夢見るような演出もやりたくなるかもしれません。

しかし、ブライダルフェアの飾り付けや演出は最高級のものばかりなので、現実的な目線でブライダルフェアに参加するようにしましょう。

見積書は平均的なものと理想を全て含んだものをもらうのがコツ

ブライダルフェアに参加すると見積書の提示をしてもらえます。しかし、その見積書を基準に考えてはいけません。

先ほども説明したように、ブライダルフェアで提示をされる見積書は、満足に結婚式を挙げれるほどの内容になっていないことが多いのです。

そのため内容の確認は帰宅してからではなく、プランナーさんと一緒にするようにしましょう。

1つ1つ説明をしてもらい、持ち込み料や他のグレードに変更したときの金額も聞いておくのがベストです。

見積書の金額アップは約8割の花嫁が経験していますが、金額が上がってしまうことには大きく分けて4つの理由があります。

  • 招待するゲストの人数漏れ
  • 料理や引出物のランクアップ
  • アイテムの追加
  • 項目自体の漏れ

上記の4つの理由は、全て見積り金額からプラスになってしまう項目です。

逆にいうと事前に気をつけておけば、金額アップにはならない項目でもあるのです。

そのため最初に提示された見積書に、漏れや変更がないか確認しておく必要があります。

提示された見積書に変更したい点があればその場で変更してもらい、参考になる正しい見積書をもらっておきましょう。

もしもスタッフさんの時間に余裕があるならば平均的な内容の見積書と、自分たちの理想を全て盛り込んだ見積書の2枚を提示してもらうようにするのがおすすめです。

式場によってできる演出なども変わってきますが、だいたいの相場を知ることもできますし見積書の比較もしやすくなります。

何より理想と現実のギャップを目の当たりにすることで、妥協するべきところやこだわりたいところを再確認することができますよ。

結婚式場の雰囲気を壊すようなことはしない

結婚式場の雰囲気

ブライダルフェアに参加するときは、結婚式場の雰囲気を壊してしまうようなことはやめましょう。

たとえば服装に決まりはないからジャージで参加する、試食会に参加したかっただけだから相談会では機嫌が悪い、などの行為は厳禁です。

ブライダルフェアは、実際に結婚式を挙げている傍らでおこなっていることもあります。

もしも自分の結婚式を挙げているときに自分たちが招待したゲストが、ブライダルフェアに参加している人と遭遇してしまったらどうでしょう。

結婚式という素晴らしい雰囲気の中、ジャージの人や声を荒らげているような人には出会ってほしくないですよね。

ブライダルフェアに参加するときはその時、結婚式を挙げている人たちがいるかもしれないことを理解しておきましょう。

新郎新婦だけでなく招待されているゲストのことも考えて、結婚式場の雰囲気を壊してしまうような行動はさけましょう。

初めていった式場以外はダメだと思い込まない

ブライダルフェアに初めて参加をする人は、結婚式場というものを真剣に見たことがない人が多いため、どの結婚式場に参加しても素晴らしいと思ってしまいます。

そのため初めて参加した式場の感動を忘れられず、初めて参加した式場以外はダメだと思い込んでしまいがちです。

しかし実際は、他にも素晴らしい結婚式場はいくつも存在します。

初めて結婚式場をみたときはとてもキレイな会場やドレスに感動することは間違いないのですが、その式場が全てだと思い込んでしまってはいけません。

結婚式場探しは、なるべく多くの式場を見学してから決定するようにしましょう。

両親への報告をしないまま式場を決定しない

ブライダルフェアの参加は、今すぐ結婚式を挙げる予定のない人が参加しても問題ないですが、式場の決定をする時は両親への報告をしておきましょう。

実は式場を決定したあとにキャンセルしてしまう原因は、両親との意見の食い違いが多いのです。

せっかく式場探しをして契約を交わしていたのに、両親の意見でキャンセルしなければいけなくなるなんて残念ですよね。

そのため両親への報告をしないまま、式場と契約を交わしてしまうのは避けましょう。

そのうえ結婚準備中は両親への報告をお互いが忘れることなく、きちんとおこなっているのか確認し合うことが重要です。

結婚式は自分たちのためにおこなうものでもありますが、両親に感謝をする場所でもあります。

しかし両親の意見に耳を傾けすぎるのではなく、自分たちの意見も理解してもらえるように関係は良好に保っておきましょう。

いざというときに意見をもらうことができるのは両親なので、自分たちのわがままばかりを貫き通すのも時と場合によっては冷静になって考えましょうね。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら