結婚式場の画像

初めてブライダルフェアに参加するという人は、当日何を注意すればいいのか分からないという人は多いのではないでしょうか。

ブライダルフェアに参加するときは、あらかじめ注意点を確認しておかないと、気がつかないうちに落とし穴にハマっていることがあります。

このページでは、「ブライダルフェアに参加する前に知っておくべきこと」から「参加する際に気をつけるべき注意点」まで紹介しています。

「こちら」

ブライダルフェアに参加する前に、一度チェックしておきましょう。

ブライダルフェアに参加するのであれば、式場検索サイトの利用がおすすめです。

式場検索サイトを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

どのキャンペーンが一番お得かわからない人は、キャンペーンまとめをチェックしてみましょう。

キャンペーン情報まとめ【商品券を最大限にゲットする裏技】

ブライダルフェアに参加するときに気をつける3つのポイント

結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加するときは、あらかじめ注意点を確認しておく必要があります。

ブライダルフェアは無料なので、誰でも気軽に参加できるイベントですが、知識がないと損をする可能性も少なくありません。

ブライダルフェアの参加を一層満足できるものにするためにも、今から紹介する注意点を頭に入れておきましょう。

  • 参加するときの服装
  • 事前予約をしてから参加する
  • 参加する時期を見極める

参加するときの服装

ブライダルフェアに参加するときの服装は、あらかじめ確認しておく必要があります。

結婚式のようにスーツやドレスで参加する必要はありませんが、高級レストランでも歩ける服装を意識するのがベストです。

ブライダルフェアとはいえ会場は結婚式場なので、当日は結婚式をおこなっているケースがあります。

結婚式場の雰囲気を損なわないためにも、カジュアルすぎる格好で参加するのはやめましょう。

ブライダルフェアに参加するときの服装については、季節別に下記の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアに参加するときの服装は?「春夏秋冬」おすすめスタイル

ブライダルフェアに参加するときの服装について紹介しています。ジーンズやスニーカー、ブーツは大丈夫?服選びの疑問に全て回答しています!春夏秋冬の季節別おすすめスタイルも紹介しているので、女性も男性も一度このページを参考にしてみましょう。

事前予約をしてから参加する

ブライダルフェアに参加するときは、事前に予約しておくことをおすすめします。

予約なしの状態でも参加できますが、試食会や試着会など、確実に参加するためには予約が必須です。

初めてブライダルフェアに参加する人の中には、予約できることを知らずに直接式場に足を運ぶ人が多いですが、いきなり足を運んでもブライダルフェアに参加できないケースがあります。

せっかくブライダルフェアに参加するのであれば、様々な体験が確実にできるよう、事前予約をしてから参加しましょう。

予約なしのメリットやデメリットについては、下記の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアは予約なしでもOK?絶対に損をしない予約方法を詳しく解説

ブライダルフェアや式場見学は予約なしでも参加できる?予約をしておくメリットやデメリット、キャンセルの仕方などを徹底解説!このページの絶対に損をしない予約方法をチェックしておくと、一層お得にブライダルフェアへ参加できます。一度チェックしておきましょう。

参加する時期を見極める

ブライダルフェアに参加するときは、時期にも気を付けましょう。

一般的には、挙式予定日の1年前にブライダルフェアへ参加するのが理想ですが、結婚式場には閑散期と繁忙期があります。

1月・2月・8月は閑散期、5月・10月・11月は繁忙期になるため、できるだけ閑散期を狙うのがおすすめです。

スタッフさんに余裕があるだけでなく、時間の融通もきかせられるので気軽に参加できるのがメリットです。

ブライダルフェアに参加する時期については、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアはいつから参加する?ベストな時期は何月?

ブライダルフェアはいつ参加するべきなのか、時期について徹底解説!式場の迷惑にならない方法や結婚式場の繁忙期と閑散期について紹介しています。いつからブライダルフェアに参加するのがベストなのか、このページでチェックしておきましょう。

当日割引に惹かれて契約をしてはいけない!

結婚式場の画像

ブライダルフェアで一番注意しなければいけないのが、当日割引や特典などの誘惑に負けて契約をしてしまわないことです。

結婚式は、高額な費用が必要になります。

当日契約をしたら50万円引きなどの割引はとても魅力的ですし、結婚式は良いものを安く創りあげたいと誰もが考えています。

しかし、当日割引の誘惑に負けてはいけません。

そのうえブライダルフェア当日は、ほとんどの人が契約をしていません。

契約なしでブライダルフェアに参加してもいいのか不安に感じている人は、下記の記事をチェックしてみましょう。

ブライダルフェアは契約しなくても大丈夫?本契約の流れや申込金の返金について

ブライダルフェアに参加すると絶対契約する必要があるの?ブライダルフェアに参加した経験から紹介しています。本契約や仮契約、申込金や内金などについても詳しく解説。契約時に注意するポイントや契約の流れについても紹介しています。

ブライダルフェアで提示される見積書は必要最低限のものばかり

実際にブライダルフェアなどで提示してもらう見積書の内容は、必要最低限の内容しか含まれていないケースがほとんどです。

実際に見積書の内容では、満足できるほどの結婚式を挙げられません。

見積書の内容に割引が適応されたとしても、満足できる結婚式を挙げるにはプラス100万円前後追加費用が発生するのがよくある話です。

ブライダルフェアの素晴らしい雰囲気に浮かれて契約をするのは絶対にやめましょう。

ブライダルフェア以外にも、相談会や式場見学と呼ばれるものがありますが、どのパターンでも同じです。

見積書を提示されたからといって、必ず契約する必要はありません。

ブライダルフェア・相談会・式場見学の違いについては、下記の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

ブライダルフェアと式場見学と相談会の違いは?メリットやデメリット

ブライダルフェア・式場見学・相談会の違いってなに?式場選びをするときはどのイベントに参加するのがベストなのか、式場探し初心者のプレ花嫁に徹底解説!それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、どの方法がベストなのか一緒に判断していきましょう。

ブライダルフェアの内容を実現できるとは限らない

結婚式場の画像

ブライダルフェアで見学できる装飾は、一般的な結婚式の内容よりも豪華になっています。

ブライダルフェアに参加することで結婚式のイメージは湧きやすくなりますし、夢見るような演出もやりたくなるかもしれません。

しかしブライダルフェアの飾り付けや演出は最高級のものばかりなので、現実的な目線でブライダルフェアに参加しましょう。

見積書は平均的なものと理想を全て含んだものをもらうのがコツ

ブライダルフェアに参加すると見積書の提示をしてもらえます。

しかし、その見積書を基準に考えてはいけません。

先ほども説明したように、ブライダルフェアで提示をされる見積書は一般的な結婚式を挙げれる内容になっていません。

見積書の金額アップは約8割の花嫁が経験していますが、金額が上がるには大きく分けて4つの理由があります。

  • 招待するゲストの人数漏れ
  • 料理や引出物のランクアップ
  • アイテムの追加
  • 項目自体の漏れ

上記の4つの理由は、全て見積り金額からプラスになる項目です。

逆にいうと事前に気をつけておけば、金額アップにはならない項目でもあります。

提示された見積書に変更したい点があればその場で変更してもらい、参考になる正しい見積書をもらっておきましょう。

もしもスタッフさんの時間に余裕があるならば平均的な内容の見積書と自分たちの理想を全て盛り込んだ見積書の2枚を提示してもらうのがおすすめです。

式場によってできる演出なども変わってきますが、だいたいの相場を知れますし見積書の比較もしやすくなります。

何より理想と現実のギャップを目の当たりにすることで、妥協するべきところやこだわりたいところを再確認できます。

結婚式の見積書の見方や見落としがちなポイントなどは、下記の記事でも紹介しているので合わせてご覧ください。

結婚式の見積書の見方は?【見落としがちな注意点と値引き交渉】

結婚式の見積書の見方について紹介しています。見落としがちなポイントや値切るときの交渉術など。見積もりの相場が上がる項目や、実際に見積書に含まれていない内容なども細かく紹介しています。見積書の見方を失敗して式場選びで後悔してしまわないようにチェックしておきましょう。

結婚式場の雰囲気を壊すようなことはしない

結婚式場の画像

ブライダルフェアに参加するときは、結婚式場の雰囲気を壊してしまわないように気をつけましょう。

たとえば服装に決まりはないからジャージで参加する、試食会に参加したかっただけだから相談会では機嫌が悪い、などの行為は厳禁です。

ブライダルフェアは、実際に結婚式を挙げている傍らでおこなっている場合もあります。

ブライダルフェアに参加するときはその時、結婚式を挙げている人たちがいるかもしれないと理解しておきましょう。

新郎新婦だけでなく招待されているゲストのことも考え、結婚式場の雰囲気を壊してしまう行動はさけましょう。

初めていった式場以外はダメだと思い込まない

結婚式場の画像

ブライダルフェアに初めて参加する人は、結婚式場というものを真剣に見た経験がない人が多いため、どの結婚式場に参加しても素晴らしいと錯覚してしまいます。

初めて参加した式場の感動を忘れられず、初めて参加した式場以外はダメだと思い込んでしまいがちです。

しかし実際は、他にも素晴らしい結婚式場はいくつも存在します。

初めて結婚式場をみたときはとてもキレイな会場やドレスに感動することは間違いないのですが、その式場が全てだと思い込んでしまってはいけません。

「こちら」

結婚式場探しは、なるべく多くの式場を見学してから決定しましょう。

ブライダルフェアに参加する件数については、下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアは何件参加するの?1日何件はしごするのが限界なの?

ブライダルフェアは何件参加するべきなのか、1日に何件ハシゴできるのか徹底解説!1日に多くのブライダルフェアに足を運ぶコツなど、実際に管理人が利用した方法を紹介しています。式場見学にいくのであれば、このページをチェックしておきましょう。

両親への報告をしないまま式場を決定しない

結婚式場の画像

ブライダルフェアの参加は、今すぐ結婚式を挙げる予定のない人が参加しても問題ないですが、式場の決定をする時は両親へ報告しておきましょう。

実は式場を決定したあとにキャンセルしてしまう原因は、両親との意見の食い違いが多いです。

せっかく式場探しをして契約を交わしていたのに、両親の意見でキャンセルしなければいけなくなるなんて残念ですよね。

両親への報告をしないまま、式場と契約を交わしてしまうのは避けましょう。

結婚準備中は両親への報告を欠かさず、きちんとおこなっているのか確認し合うことが重要です。

結婚式は自分たちのためにおこなうものでもありますが、両親に感謝をする場所でもあります。

いざというときに意見をもらうことができるのは両親なので、自分たちのわがままばかりを貫き通すのも時と場合によっては冷静になって考えましょう。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1