結婚式場のプール

国内リゾート婚は、海外に行かなくてもリゾート気分を味わえる結婚式スタイルです。

最近では30代からの大人ウエディングで、国内リゾート婚を選択するカップルも増えてきました。

実は国内リゾート婚の費用相場は、通常の結婚式と比べるとお得に設定されています。

リゾート婚が通常の結婚式よりもお得におこなえることに、驚いた人も多いのではないでしょうか。

では国内リゾート婚の具体的な費用についてシーン別に紹介していきますので、参考にしてください。

  • 家族挙式のみなら50万円でリゾート婚がおこなえる
  • 30人規模のリゾート婚なら費用は約200万円
  • 挙式とハネムーンをセットにすると旅費を抑えられる
「こちら」

国内リゾート婚の人気エリアも合わせて紹介していきます。

国内リゾート婚の費用は家族挙式のみなら50万円程度に収まるから安い!

電卓

国内リゾート婚の家族挙式のみの費用は、約50万円と格安です。

一般的な結婚式や海外リゾート婚の費用と比較して、いくらお得になるのか以下の表にまとめました。

費用
国内リゾート婚 約50万円
海外リゾート婚 約210万円
一般的な結婚式 約360万円

海外リゾート婚と比較すると160万円、一般的な結婚式とは310万円の差があります。

どちらも国内リゾート婚と比べて100万円単位の差があるため、驚いた人も多いのではないでしょうか。

リゾート婚は家族だけでおこなうのが一般的なので、ゲストの人数が少ないことが費用を抑えられる理由です。

とはいえ、結婚式を挙げるなら友人を招待したいと考えている人も多いと思います。

友人を招待して30人規模にすると費用は200万円程度かかる

披露宴会場

友人を招待して30人規模のリゾート婚にする場合、費用は約200万円かかります。

家族のみなら挙式だけでも問題ありませんが、友人を招待するのであれば簡単な披露宴をおこなうのが一般的です。

披露宴の費用は150万円ほどかかるため、挙式代の50万円と合わせて約200万円の費用が必要になります。

とはいえ披露宴を豪華にする必要はありませんので、プロフィールムービーやフォトラウンドなど料理と会話を楽しめるような演出をおこないましょう。

大事なのは、参列してくれたゲストへのおもてなしの気持ちです。

旅費や交通費を負担しない代わりにご祝儀を遠慮するのが一般的

リゾート婚に友人を招待するときに、ご祝儀はどうするべきか迷う人も多いと思います。

国内リゾート婚の場合は、ゲストの旅費や交通費を新郎新婦が負担しない代わりにご祝儀は遠慮するのが一般的です。

もしくは、新郎新婦がゲストの旅費や交通費を負担してご祝儀をいただいても問題ありません。

どちらを選択するのか、パートナーとよく話し合っておきましょう。

挙式とハネムーンをセットにすると旅費が抑えられる

リゾート婚を選択するカップルの多くが、挙式とハネムーンをセットにしています。

なぜなら挙式とハネムーンを同じ場所にすると、旅費を浮かすことができるからです。

交通費が浮くのはもちろん、ホテルや宿は連泊した方が割引してもらえます。

ではエリア別で、ハネムーンと挙式をセットにした時の費用を紹介していきます。

費用は都内からの交通費と宿泊費、挙式代を含んだ金額です。

食費やお土産代などは含まれていませんので、ご了承ください。

沖縄 60万円
北海道 40万円
軽井沢 50万円
京都 60万円
伊豆・箱根 40万円

北海道は結婚式費用が安い傾向にあるため、交通費が高くても全体の金額を抑えられます。

国内で最も人気の高いリゾート地である沖縄は、挙式の費用相場である50万円に10万円を上乗せするだけでハネムーンを兼ねることができます。

とはいえ上述した金額は挙式のみの場合となりますので、友人を招待して披露宴をおこなうときは150万円ほど上乗せした金額が必要です。

自己負担額を少しでも抑えたい人は、会費制の1.5次会を選択しましょう。

自己負担額を抑えるなら披露宴は会費制の1.5次会にするのがベスト

1.5次会をしている様子

会費制の1.5次会であれば、プランによっては自己負担額50万円以下でおこなうことが可能です。

通常の披露宴が150万円かかるので、1.5次会にすると3分の1に抑えられます。

1.5次会は、二次会と披露宴の間のような雰囲気のカジュアルなパーティーです。

挙式後にそのままリゾート地でおこなってもいいですし、後日地元でアフターパーティとして開催しても楽しめます。

アフターパーティーを開催するのであれば、ドレスは購入しておくのが得策です。

ウエディングドレスは持ち込むと費用を抑えられる

ウエディングドレスとタキシード

費用を抑えるコツは、ウエディングドレスを購入して持ち込むことです。

挙式とアフターパーティーでドレスをレンタルすると、2回分のレンタル料がかかってしまいます。

ドレスのレンタル料は安くても5万円と割高なので、購入した方が安くすみます。

デパートなどのセールを利用すると、5,000円程度で購入可能です。

通販などでも手に入れることができるため、簡単に格安でドレスを手に入れられます。

種類も豊富になっていますので、気になる人はチェックしてみてください。

また費用を抑えたい人は、挙式ではなくウエディングフォトという選択肢を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ウエディングフォトなら15万円で思い出を形に残せる

デジタルカメラ

ウエディングフォトとは、結婚式を挙げない代わりに撮影するドレスやタキシード姿の写真を指します。

リゾート地でのロケーション撮影であれば、費用はおおよそ15万円です。

挙式をするよりも費用を抑えられますし思い出を形に残すことができるので、節約したい花嫁から人気を集めています。

プランによってはアルバムを作成してもらえますが、自作の方が思い出に残ります。

アルバム作成は業者に頼むと割高なので、費用を節約するためにも自分で作成しましょう。

とはいえリゾート婚をおこなうのであれば、やはり挙式はしておきたいですよね。

挙式の費用を抑えたい人は、式場検索サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

式場検索サイトを利用すると結婚式費用を割引してもらえる

式場検索サイトは、結婚式場の紹介や費用の割引をしてもらえるプレ花嫁必見のサイトです。

リゾート婚を検討中のカップルのなかには、旅行会社のプランを利用しようと考えている人も多いと思います。

しかし旅行会社は旅費の割引を得意とする反面、結婚式場とのつながりは弱い特徴があります。

そのため交通費は安くしてもらえても、挙式費用そのものの割引は期待できません。

最終的な費用で見ると、交通費ではなく挙式費用を割引してもらった方が安くなります。

式場検索サイトであれば式場との繋がりが強いため、大きく値下げしてもらえるメリットがあります。

その中でも式場検索サイトのハナユメは、結婚式費用を100万円以上割引してもらえるとプレ花嫁から評判です。

結婚式費用を大幅に割引してくれるのはハナユメだけなので、お得に結婚式を挙げたいカップルは要チェックです。

国内リゾート婚で人気ランキング第1位の沖縄にかかる費用は約50万円!

結婚式場のリゾート風の装飾

国内リゾート婚といっても、日本国内には様々なリゾート地があります。

その中でも人気のリゾート地を、ランキング形式で5ヶ所紹介していきます。

1位 沖縄
2位 北海道
3位 軽井沢
4位 京都
5位 伊豆・箱根

国内の人気リゾート地ランキング第1位は、沖縄です。

沖縄は、海外リゾート地にも劣らないロケーションの良さが魅力的なリゾート地だと言えます。

ではリゾート婚をおこなう場合、予算はいくらなのかランキング順で詳しく紹介していきます。

※紹介する予算にゲストの旅費は含まれていません。

沖縄でリゾート婚をおこなう場合にかかる費用は約50万円です。

費用の内訳は以下のとおり。

交通費(往復) 16万円
ホテル代 4万円
挙式費用 30万円

絶景のロケーションの中でおこなう挙式が50万円で叶えられるのですから、嬉しいですよね。

冬場や春先などのシーズンオフの時期を狙えば、交通費を抑えられるためさらに安くリゾート婚がおこなえます。

逆にハイシーズンである6月〜7月の間は旅費が高くなっているため、費用を抑えるのであれば避けるのが無難です。

とはいえ沖縄旅行には最適の時期となりますので、費用と時期どちらを優先させるのかパートナーと話し合っておきましょう。

次に、人気ランキング第2位の北海道の費用について紹介していきます。

大自然が魅力の北海道ウエディングは約40万円の予算があると安心

北海道ウエディングにかかる費用は、約40万円と沖縄よりも低めです。

交通費(往復) 14万円
ホテル代 4万円
挙式費用 20万円

北海道は他の地域よりも結婚式費用が安いという特徴があるため、旅費を除けば20万円で挙式がおこなえます。

披露宴も会費制が一般的で費用が安く、友人を招待したいカップルにぴったりのエリアです。

ただし北海道はアクセスの良い場所を選ばないと、移動だけでかなりの時間を費やすことになります。

札幌や函館など、空港が近くにあるエリアで式場を探しましょう。

都内で結婚式の段取りが完結できる軽井沢なら約45万円で挙式が可能

軽井沢は、関東在住のカップルから人気の高いエリアです。

高原の落ち着いた雰囲気が大人ウエディングにぴったりなので、30代のカップルから特に人気を集めています。

東京から新幹線で1時間というアクセスの良さも、魅力です。

そんな軽井沢の挙式にかかる費用は、約45万円。

交通費(往復) 2.4万円
ホテル代 4万円
挙式費用 40万円

挙式費用だけ見ると少し割高ですが、交通費が安いため全体的な費用は低めです。

結婚式の打ち合わせや準備などが都内で完結できるメリットもありますので、結婚式の準備にあまり時間を割けない人にぴったりの場所だと言えます。

京都の費用相場は約60万円!由緒ある場所で厳かな結婚式がおこなえる

京都は日本の歴史が感じられる街並みの中で挙式がおこなえるため、和装婚に憧れているカップルから人気の高いエリアです。

費用は約60万円ほどで、内訳は以下のとおり。

交通費(往復) 5.6万円
ホテル代 4万円
挙式費用 50万円

他のリゾート地に比べて挙式費用が少し高い傾向にありますが、歴史的建造物で厳かな挙式がおこなえることを考えると費用が高めなのも頷けます。

京都は街並み自体が美しいので、フォトウエディングを視野に入れてもいいですね。

特に秋や春など街全体で季節を感じられる時期にフォトウエディングをおこなうと、思い出に残る写真が撮れます。

京都での前撮りやフォトウェディングにかかる費用については、以下の記事で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。

京都で結婚式の和装前撮りをしよう!おすすめのスタジオ5つを徹底比較

京都で結婚式の前撮りをおこないたいプレ花嫁のために、おすすめのスタジオ5つを徹底比較しました。費用はもちろん、オプション料金の有無や衣装数なども比較しています。また前撮りの流れや京都で人気のフォトスポットも合わせて紹介していますので、参考にしてください。

6,298view

伊豆や箱根は約35万円で家族とアットホームな結婚式ができる

伊豆や箱根は温泉のイメージが強いため、結婚式と言われても違和感を覚える人が多いと思います。

しかし伊豆や箱根は家族でアットホームな挙式がおこなえると最近話題のリゾート地であり、実際に結婚式場が少しずつ増え始めているエリアです。

費用が約35万円と、リーズナブルなのも魅力的。

交通費(往復) 1.6万円
ホテル代 4万円
挙式費用 30万円

伊豆や箱根でリゾート婚をおこなうのであれば、ぜひ家族も一緒に宿泊してアットホームな時間を楽しみましょう。

箱根や伊豆に幼い頃に家族旅行をした経験や両親との思い出がある人なら、旅行のプレゼントとして挙式に招待するのもいいですね。

ここまで各リゾート地で挙式をおこなう場合の費用について紹介してきましたが、どのエリアも通常の結婚式と比べると格安です。

費用が安いうえに国内でありながら現実から離れた場所で挙式をおこなえる国内リゾート婚は、とても魅力的な結婚式スタイルだと言えます。

「こちら」

国内リゾート婚に魅力やメリットについて詳しく紹介していきますので、検討段階の人はぜひ参考にしてください。

海外にも劣らないロケーションで費用も抑えられるのが一番のメリット!

結婚式場のプール

国内リゾート婚の一番のメリットは、費用を抑えつつ海外リゾート地に劣らない素晴らしいロケーションのなかで挙式がおこなえることです。

海外リゾートウエディングは国内に比べて費用が高額なだけでなく、移動に時間がかかるため何日も会社を休む必要があります。

仕事が自営業などで仕事を休むことに抵抗がないカップルであれば問題ありませんが、普通のサラリーマンカップルだとそうはいかずリゾート婚を諦めてしまうカップルが多いのが現状です。

国内リゾート婚なら費用を抑えつつ一泊二日で帰宅できます。

海外と国内のリゾートの違いを表にまとめましたので、参考にしてください。

国内 海外
費用 約50万円 約200万円
滞在日数 1泊2日 5泊7日
ロケーション

比較してみると、国内の方が費用が安いうえに時間もかからないことが分かります。

リゾート婚は基本的にゲストの旅費を負担もしくはご祝儀を遠慮するため、海外の場合は約200万円を自己負担しなくてはいけません。

また海外となると旅費や滞在日数の関係で招待できる友人も限られてきますし、招待するときに迷惑にならないか悩んでしまう人も多いと思います。

一方、国内であれば海外よりも友人を呼びやすいメリットがあります。

ゲストに移動や旅費などの負担が少ないから友人を呼びやすい

駅

リゾート婚は地元から離れておこなう結婚式なので、基本的に友人を招待しづらいです。

海外となれば旅費も高いですし、呼ばれたゲスト側はパスポートを用意したり仕事を休んだりする必要があるため負担に思う人も少なくありません。

しかし国内リゾート婚なら、国内なので海外よりもゲスト側の負担が少なくてすみます。

例えば軽井沢なら、東京から新幹線で1時間もかからずに到着します。

交通費は往復で2万円弱なので、海外に行くことを考えたら格安です。

海外だと呼びづらい友人も、国内であれば気軽に誘えるのではないでしょうか。

家族や友人とアットホームな結婚式がおこなえるから絆が深まる

披露宴の様子

国内リゾート婚の魅力は、非日常的な空間で家族や親しい友人に囲まれたアットホームな結婚式がおこなえる点にあります。

通常の結婚式の場合、家族と友人だけではなく会社の上司や恩師なども招待するのが一般的なので、フォーマルな雰囲気になるケースが多いです。

フォーマルな雰囲気が悪いわけではありませんが、どうしても緊張感が漂うため疲れてしまいます。

結婚式の厳かな雰囲気が、苦手な人も多いのではないでしょうか。

国内リゾート婚なら、家族と親しい友人だけでアットホームな雰囲気のなか結婚式がおこなえます。

通常の結婚式でも少人数結婚式を選択肢をするとアットホームな挙式がおこなえますが、リゾート地ならではの開放感はありません。

現実から離れた場所でおこなうからこそ、開放感のある本当の意味でのアットホームな結婚式になります。

とはいえリゾート婚はどうしても場所が遠くなってしまうので、式場見学や打ち合わせに行きにくいというデメリットがあります。

リゾート婚のデメリットは場所が遠いから打ち合わせに行きにくいこと

車が渋滞している様子

国内に限ったことではありませんが、リゾート婚は自分たちが住んでいる地域から離れた場所にしか式場がないため、式場見学や打ち合わせに行きにくいです。

式場見学であれば1回きりなので休日に予定を合わせて見に行けますが、打ち合わせとなると頻度が高くリゾート地まで毎回足を運ぶのは骨が折れます。

そのため、リゾート婚の打ち合わせは電話でおこなうのが一般的です。

電話での打ち合わせで困ることはありませんが、初めての結婚式の打ち合わせが電話のみだと少し心細いですよね。

上述した式場検索サイトのハナユメを利用すると、相談デスクが全国に展開されているため顔を合わせて打ち合わせがおこなえます。

ハナユメなら全国に相談デスクがあるから近所で打ち合わせがおこなえる

ハナユメウエディングデスク

ハナユメは、無料で結婚式のプロが相談に乗ってくれるハナユメウエディングデスクを全国展開しています。

通常の結婚式の相談はもちろん、国内リゾート婚にも対応していますので安心して相談できます。

何回相談しても無料なので、不安なことや疑問点があれば気軽に相談してください。

ハナユメウエディングデスクは、オリコン顧客満足度ランキングの結婚式場相談カウンター部門で4年連続No.1を獲得しています。

小さなことでも親身になってくれるとプレ花嫁から絶大な支持を受けているため、信頼できる相談デスクだと言えます。

打ち合わせの仲介もおこなってくれますので、初めての結婚式が不安な人にぴったりのサービスです。

相談デスクを利用すると、上述した100万円以上割引されると話題のハナユメ割が自動的に適用されるのも嬉しいポイントです。

式場割引サイトの「ハナユメ」を使って129万円も節約できた!

管理人は、式場割引サイトのハナユメを使って、結婚式の費用を129万円も節約できました。

もちろん質はそのまま!

理想の結婚式が、おトクに挙げられます。

さらに!おトクに結婚式を挙げるなら

ハナユメ

ハナユメを通してブライダルフェアに参加すると、もれなく電子マネーを受け取れます。

今なら当サイトとのコラボ企画で通常26,000円のところ31,000円分に金額アップキャンペーン中。

※関東・関西・東海・九州にある式場を予約した場合

「結婚式の割引」+「全員もらえる¥31,000円」はハナユメだけ!

\ 31,000円キャンペーンは12月24日まで /

ハナユメ

お正月後のブライダルフェアは、両親への挨拶を済ませたカップルたちによって1年で最も混雑します。

参加枠がなくなってしまわないように、早めに予約しておきましょう。