ゲストの服装の画像

結婚式に招待されたことのある女性の中には、「お呼ばれ服」で迷ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

このページでは、「結婚式のお呼ばれ服マナー」から「お呼ばれドレスを安く手にいれる方法」まで紹介しています。

「こちら」

女性が一番悩んでしまう服装について、詳しく紹介しています。

女性が結婚式に着ていくお呼ばれ服の基本マナー

服装の画像

結婚式に参列するときの服装は、フォーマルウェア、セミフォーマルウェア、インフォーマルウェアの3種類に分かれています。

この3種類の服装は参列する結婚式場の格や雰囲気に合わせて選択する必要があるため、あらかじめ招待された式場は調べておくと安心することができます。

新郎新婦との関係や式場タイプによって服装が違う

ドレスの画像

礼服の種類 ドレスの種類 フォーマル ↔︎ カジュアル
正礼装 アフタヌーンドレス
イブニングドレス(夜)
準礼装 セミアフタヌーンドレス
カクテルドレス
タウンフォーマルウェア
略礼装 インフォーマルウェア
式場タイプ 専門式場・ホテル レストラン・ゲストハウス 1.5次会・2次会の会場

ホテルや専門式場といった格式高い結婚式に参列する場合、お昼のフォーマルウェアはアフタヌーンドレス、夕方以降ならイブニングドレスが適した服装になります。

レストランウェディングやゲストハウスウェディングなどは多少カジュアルなドレスを着用することも可能ですが、事前に式場の雰囲気を調べておくと安心できるのでおすすめです。

結婚式に着ていく服装を決めるときは、新郎新婦との関係性も考えるようにしましょう。

新郎新婦の親族の場合はアフタヌーンドレスかイブニングドレス、友人ならセミアフタヌーンドレスを着用すれば間違いありません。

和装を着るのであれば柄を選択に気をつけよう

和装の画像

和装も結婚式の衣装のひとつですが、着ていくのあれば控えめな柄を選ぶなどの心遣いに必要になってきます。

未婚女性なら振袖が正礼装になりますが、新郎新婦の親族が和装する場合は黒留袖や色留袖と呼ばれる着物がベストです。

結婚式に着ていく親族の服装については、「結婚式に親族が着ていく服装のマナー【両親・兄弟姉妹・親戚まとめ】」でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

結婚式には着ていかないで!NGファションを解説

服装の画像

結婚式は縁起やマナーなどの細かいルールがあるので、お呼ばれ服を選ぶときに迷ってしまう人も多いですよね。

しかしあらかじめ結婚式における服装のNGマナーを知っておけば、結婚式で恥をかくことはありません。

結婚式には着ていってはいけない、女性の服装を紹介していきましょう。

  • 真っ白なドレス
  • 膝よりも短いミニ丈のドレス
  • チャイナ服やアオザイなどの民族衣装
  • 全身黒のコーディネート

真っ白なドレスは花嫁のウェディングドレスと被ってしまうので、絶対に避けるのがマナーになります。

そのうえ露出が多い服装も結婚式では避けるべきと言われているため、ミニ丈のドレスもやめましょう。

他にもチャイナ服やアオザイなどの民族衣装は、日本国内の結婚式にふさわしくありません。

派手な服装は避けるべきだといっても、全身真っ黒になってしまうコーディネートは、お葬式を連想させるため結婚式というお祝いの場では控えるのがおすすめです。

服装に悩んでしまうのであれば、最低限着ていってはいけないNGファッションは避けるようにしましょう。

お呼ばれドレスに合うヘアスタイルやメイクは?やっぱり派手にするもの?

結婚式の髪型の画像

結婚式に参列するなら、ドレスだけでなく髪型やメイクも華やかにアレンジしたいですよね。

しかしゲストの場合、髪型やメイクをプロに依頼したほうがいいのか、自分で済ませてしまってもいいのか悩んでしまうと思います。

結婚式の髪型は式場の雰囲気で考えよう

結婚式の髪型にはアップスタイルやハーフアップスタイル、ダウンスタイルがあります。

格式高い結婚式に参列するならアップスタイルが基本になり、カジュアルな結婚式ならハーフアップスタイルでも問題ありません。

ダウンスタイルは1.5次会や2次会向けのヘアスタイルになるので、結婚式ではなるべくアップスタイルやハーフアップスタイルにするのがおすすめです。

結婚式に参列するときのメイクは派手すぎないように注意!

メイク道具の画像

結婚式に参列するときのメイクは、普段のメイクよりも華やかにしたいものですよね。

そのため誰でも簡単に取り入れることができる、結婚式に参列するときのメイクのコツを紹介していきましょう。

  • あまりにも濃すぎるメイクはNG
  • 着ていくドレスとマッチするメイクがベスト
  • ワンポイントにはラメがおすすめ!

結婚式には濃いメイクがふさわしいと勘違いしている人も多いですが、あまりにも濃すぎるメイクは結婚式の雰囲気に合いません。

しかし可愛らしいドレスを着ている人がクール系のメイクにしてしまうと、やはり違和感が出てしまいます。

メイクをするときはドレスに合わせた色を選択し、着ているドレスの雰囲気に合わせることを心がけましょう。

もしも結婚式だから少し普段と違うメイクをしたいと感じるのであれば、ワンポイントとしてラメを使うのがおすすめです。

アイシャドウなどで目元にラメをつければ、ハイライト代わりになって明るい印象になります。

ただし顔中にラメを使用してしまうと、光が反射して写真映りなどが悪くなってしまうので要注意です。

結婚式に参列するときは何に費用がかかるの?ドレスだけ?

服装の画像

結婚式に参列するときは、ドレスを準備するだけでいいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし実際に結婚式に参列してみると、ドレスを準備しただけで参加できるものではないと実感すると思います。

結婚式に参列するときはドレスを購入するだけでなく祝儀代や交通費など、思っているよりも費用がかさんでしまいます。

結婚式に参列したときの平均費用5万円以上

女性が結婚式に参列するときに必要な出費は、ドレス・靴・アクセサリーなどの衣装代やヘアセット代、交通費です。

ドレス代には1万円〜3万円かけている人が多く、ご祝儀代と合わせると5万円以上かかるのが一般的です。

ドレス代を安く済ませたいならレンタルドレスを利用しよう

結婚式に参列するときの費用を抑える方法として、同じドレスを着回すという方法もあります。

しかし友人の結婚式が続いた場合、ゲストの顔ぶれが同じこともあるため何度も同じドレスを着るわけにはいきません。

そんなときは、思い切ってドレスをレンタルしてしまうことを考えましょう。

レンタルドレスであれば平均費用が5千円〜1万円なので、新しくドレスを購入するよりも1万円以上節約することができます。

さらにレンタルドレスは常に流行りのドレスを取り揃えているので、いつでも最新のドレスを着ることができるのもメリットではないでしょうか。

「新婦」

結婚式のお呼ばれドレス代を節約したい人は、レンタルドレスを検討してみましょう。

20代〜50代まで年代別!結婚式に着ていくドレスの選び方

服装の画像

結婚式に参列するときの服装は、着ていく人の年代によってもふさわしい服装が変わってきます。

50代の女性が20代の女性が着るようなレースだらけの服装などをしていると、やはり周りからは常識がないと思われてしまいますし、新郎新婦にも恥をかかせてしまうことになります。

そのため女性が結婚式に参列するときにふさわしいドレスを、20代〜50代に分けて紹介していきましょう。

20代の今が一番似合う!華やか&甘めのカラードレス

20代の女性には、年配のゲストが避けてしまう華やかで甘めのカラードレスをおすすめです。

20代の女性は友人の結婚式にお呼ばれする機会が多いため、ほかのゲストと被る心配のないドレスを選びたいですよね。

カラードレスの中でもピンクや赤、ブルーなどの人気が高く、華やかな色合いで結婚式を盛り上げることができます。

甘めのデザインは年齢を重ねてくると似合わなくなるので、20代でしか着られない可愛らしいドレスを選ぶのがおすすめです。

20代女性へのワンポイントアドバイス

華やかなカラードレスがおすすめと紹介しましたが、明るいカラーのドレスは他のゲストの印象に残りやすいため、何度も着回しているとまた同じドレスだと思われてしまう可能性があります。

ドレスを何着も準備できるという人は問題ないですが、20代の女性の中には何着もドレスを買う余裕がない人が多いと思います。

そんな人はドレスをレンタルしたり、ボレロやアクセサリーをうまく使って同じアレンジすることを心がけましょう。

30代はタイトライン・マーメイドラインで上品に

30代の女性には、タイトラインやマーメイドラインのドレスがおすすめです。

30代になると、友人の結婚式に加えて仕事関係の結婚式に呼ばれる機会が増えてきますよね。

自分の上司や部下の結婚式に参列することもあるかもしれません。

シンプルで品のあるタイトラインのドレスや、体にフィットするマーメイドラインのドレスは「大人の女性」を演出してくれます。

30代女性へのワンポイントアドバイス

丈の短いドレスや、フリルやレースをあしらったガーリーなドレスは、無理して若作りしていると思われるので、30代女性にはおすすめできません。

どうしても可愛い要素がほしいなら、さりげなく靴やアクセサリーに取り入れましょう。

40代は落ち着いた色合いのエレガント系ドレス

40代女性におすすめしたいのは、落ち着いた色合いのエレガント系ドレスです。

40代の女性は親族や仕事関係の結婚式に参列する機会が多く、30代の頃より立場を意識した服装が求められます。

ドレスの色はベージュやネイビー、ダークグリーンなどの華やかさと落ち着いた印象を与えてくれるものがおすすめです。

40代女性へのワンポイントアドバイス

40代の女性は自分の体型に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかしコンプレックスを気にして露出を抑えすぎたドレスを選ぶと、周りのゲストに暗い印象を与えてしまいます。

ドレスを選ぶときは、見せる部分と隠す部分のバランスを考えるのがおすすめです。

50代は体型をすっきり見せるシックなシルエットのドレス

50代の女性には、体型をすっきり見せるシルエットのドレスがおすすめです。

50代になると、久しぶりに結婚式に参列するという人も多いのではないでしょうか。

そんな「久しぶりの結婚式で何を着ればいいか分からない」「体型に自信がない」という人には、ウエストを絞った長め丈のドレスがおすすめです。

ウエストは隠さず、あえて絞ったデザインにすることで、すっきりとした印象を与えることができます。

50代女性へのワンポイントアドバイス

さらに体型をすっきり見せたいという人は、ネイビーや黒のドレスを選ぶようにしましょう。

色による引き締め効果で、体をさらに細く見せることができますよ。

コンプレックスがあっても大丈夫!体型のお悩み別おすすめドレス

結婚式場の画像

結婚式のお呼ばれドレスやワンピースは、腕や足を露出するデザインのものが多いので、体型にコンプレックスがあると着るのをためらってしまいますよね。

体型で悩んでいる人のために、体型のお悩み別におすすめしたいドレスを紹介します。

カバーしたい部位 おすすめの服装
二の腕 シフォン素材の切替袖ドレス
お尻 シフォンスリーブワンピース
肩幅 アイラッシュレースワンピース
お腹 Iラインのクラシックワンピース
背が高い エレガントチュールロングドレス
背が低い パールビジュー付きノースリーブドレス

二の腕が気になるなら「シフォン素材の切替袖ドレス」

シフォン素材の切替袖ドレスは、ボリュームを持たせた袖が二の腕を隠してくれる上に、Iラインシルエットのドレスが上品さをプラスしてくれます。

大きなお尻を隠したいなら「シフォンスリーブワンピース」

シフォンスリーブワンピースは、露出の少ないシンプルなデザインで大きなお尻や二の腕をしっかりカバーしてくれます。

肩幅が広くて隠したいなら「アイラッシュレースワンピース」

アイラッシュレースワンピースは、袖部分にアイラッシュレースをふんだんに使用しており、肩から腕にかけてのラインをうまくカモフラージュすることができます。

お腹ぽっこりを見せたくないなら「Iラインのクラシックワンピース」

クラシックなIラインのワンピースは、ぽっこりお腹を隠すだけでなく全体的にスタイルをよく見せるデザインです。

体型カバーだけでなく、上品さを演出することができます。

背が高すぎて困っているなら「エレガントチュールロングドレス」

エレガントチュールロングドレスは、スカート部分がプリーツになっており背が高くないと着こなすことができません。

背が高いというコンプレックスを、自分にしかない強みに変えてくれるドレスです。

背の低さがコンプレックスなら「パールビジュー付きノースリーブドレス」

パールビジューを胸元にあしらったノースリーブドレスは、視線がパールビジューがついている胸元にいくので背の低さがあまり気になりません。

小柄な人を、よりキュートに引き立ててくれるドレスになります。

「こちら」

体型の悩みをうまくカバーしてくれるドレスを見つけましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら