結婚式の準備はいつから始める?スムーズに進めるスケジュール表

結婚式に向けての準備は約8ヶ月前から進めておけば、全てのことが滞ることなく安心できると言われています。

準備を始める前は8ヶ月なんて時間を取りすぎなのではないかと思ってしまいますが、実際に準備を始めてしまうと時間はあっという間に過ぎていってしまいます。

「ポイント」

今から紹介するスケジュールを参考に、事前に計画をしておきましょう。

挙式まで8ヶ月の期間があれば完璧な準備をすることができる

結婚式場の画像

結婚式は挙式日の8ヶ月前から準備を進めるのがベストだと言われていますが、実際は通常の生活の間をぬって準備を進めることになります。

そのため予定通りに進まないこともありますし、週末の休みが準備で潰れてしまうことも考えられますよね。

そのうえ8ヶ月前からスケジュールを組むのであれば、会場の下見をして決定するまでの6ヶ月前と招待状の発送や席次などの決定をする2ヶ月前が多忙になります。

8ヶ月前から準備を進めているからといって、必ずしも準備に余裕が持てるわけではないのです。

新居の準備やハネムーンの計画をすることも考え、効率良く結婚式の準備を進めていくことを心がけましょう。

挙式8ヶ月前 〜両家の親に挨拶〜

挙式の8ヶ月前には両家の親への挨拶は済ませておき、積極的にブライダルフェアなどに参加して結婚式場の下見をしておきましょう。

  • 両家の親に挨拶
  • 式のコンセプト、日取り、予算などの決定
  • 会場下見&検討

自分たちの理想とする結婚式場を見つけられるように、パートナーと話し合う機会を多く設けておくことが重要です。

気になる式場全てのブライダルフェア参加には、長くて3ヶ月程度の時間が必要になってくる人もいます。

式場決定までに時間がかかりそうなのであれば、挙式の約1年前から少しずつ進めていくと安心できますよ。

挙式6ヶ月前 〜結婚式場の決定〜

結婚式場の画像

挙式の6ヶ月前には、結婚式場の決定をしましょう。

結婚式場の選び方や探し方については「結婚式場の選び方や探し方〜後悔しないための3ステップ〜」の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

  • 式場決定、内金の支払い
  • 挙式スタイルの決定
  • 結納についての検討

最近では結納をおこなわない家庭も増えてきているため、両家の親と相談をして決定しましょう。

そして式場の決定をしたら、新居について検討し始めておくのが重要です。

すでに同棲をしているカップルであれば問題ありませんが、結婚式の準備と同時進行で新居の準備も進めていくのであれば、挙式の6ヶ月前には始めておかないと慌ててしまいます。

挙式5〜4ヶ月前 〜招待客のリストアップ〜

招待客のリストアップ

挙式の5〜4ヶ月前には招待客のリストアップや媒酌人の依頼など、ゲストに関することを早めに進めておきましょう。

結婚式の準備

  • 招待客のリストアップ
  • 挙式&披露宴の媒酌人の依頼
  • 衣装の下見&検討
  • プランナーさんとの打ち合わせ
  • 引き出物、引き菓子の検討
  • 結納の仲人の依頼、結納、婚約式
  • 婚約指輪購入

結納をおこなうのであれば、この時期におこなうのがベストです。

結婚式以外の準備

  • ハネムーンプランの検討
  • 上司への結婚報告

結婚式の準備の他にも、ハネムーンについての準備や上司への報告などを並行してすすめておきましょう。

ハネムーンの検討には場所や予算だけでなく、飛行機の予約やホテルの空き状況にも左右されるので早目に準備しておく必要があります。

挙式3ヶ月前 〜細かいアイテムの決定・作成開始〜

ウェルカムスペースの画像

挙式の3ヶ月前には、招待状の準備や自分たちで作成するアイテムの準備を開始しましょう。

演出で使用するプロフィールムービーなどは、簡単に作成できるものではありません。

結婚式の準備

  • 招待客の決定、招待状の準備
  • 招待状の筆耕依頼
  • 引き出物、引き菓子の決定
  • プログラムの検討
  • ウエディングケーキの決定
  • 衣装決定
  • 司会者の決定&打ち合わせ
  • 二次会プランの検討&決定
  • 美容エステの開始
  • 結婚指輪購入

挙式の3ヶ月前から準備を進めておくと最終的な見直しやチェックにも時間をかけることができるので、早めにとりかかっておくと結婚式を満足できるものにできますよ。

結婚式以外の準備

  • ハネムーンの行き先決定、予約
  • 旅行のための必要書類の申請、期限の確認
  • パスポートの準備
  • 勤務先への結婚報告

結婚式の準備を進めながらハネムーンの行き先を決定し、新婚旅行の準備にも取りかかっておきましょう。

パスポートの準備などは1日で終わらせることができないので、余裕を持って時間を確保できるようにしておくのがおすすめです。

挙式2ヶ月前 〜招待状の発送・席次の決定〜

招待状・席次

挙式の2ヶ月前になったら、結婚式の全体像が明確になってきます。

結婚式の準備

  • 招待状発送
  • 席次表レイアウト決定
  • 席札、メニュー表、ウェルカムボードの準備
  • 演出関係依頼
  • カメラマンの手配
  • 料理、飲み物の決定
  • 司会者と打ち合わせ
  • 二次会の衣装、司会者の決定

招待状の発送や席次の決定をおこなったり、余興や受付の依頼なども2ヶ月前には済ませておきましょう。

結婚式以外の準備

  • 新居決定、契約
  • 家具や家電の購入
  • 引っ越しの準備

結婚式の準備と同時進行で新居への引っ越しをおこなうのであれば、2ヶ月前までには新居の契約をしておきましょう。

新居への引っ越しが遅れてしまうと、結婚式の準備にも影響してきてしまいます。

結婚式の準備をスムーズにおこなうためにも、新居への引っ越しを後回しにすることなく進めておくのが大事です。

挙式1ヶ月前〜会場装飾決定・宿泊や送迎の手配〜

披露宴会場の画像

挙式の1ヶ月前には招待状の返信を確認したり、メイクのリハーサルなどをして本番に向けて内容を詰めていきましょう。

結婚式の準備

  • 会場装飾決定
  • 宿泊や送迎関係の手配
  • 招待客の最終人数決定
  • 受付などのスタッフの依頼
  • 会場スタッフさんと打ち合わせ
  • 席次の検討、席次表の準備
  • 二次会の内容決定
  • メイク&ヘアメイクのリハーサル

1ヶ月前には自分たちで作成するアイテムも完成させておき、今後の準備に余裕を持てる状況にしておくのがおすすめです。

結婚式以外の準備

  • 新居への引っ越し
  • 旅行用品などの準備
  • クレジットカード、トラベラーズチェックの手配

トラベラーズチェックとは旅行や出張などの海外へ行く際に、多額の現金を持ち歩かなくてもいいように発行される外国旅行者向けの小切手のことで、日本では旅行小切手ともいわれています。

毎日やらなければいけないことが多いので追われる日々になってしまいますが、早めに新居への引っ越しを完了させてハネムーンの荷造りを進めておきましょう。

挙式10〜5日前 〜すべての予約・依頼の確認〜

打ち合わせの画像

挙式の10日前になると、結婚式に関する最終確認をすすめていくことになります。

結婚式の準備

  • 衣装、ヘアメイク最終確認
  • 会場担当者、スタッフさんとの最終打ち合わせ
  • すべての予約、依頼の確認
  • 媒酌人への挨拶
  • 引き出物チェック
  • 結婚式費用入金
  • 二次会の最終打ち合わせ
  • 美容エステ、ボディーの総チェック

結婚式費用の入金も挙式の1〜2週間前であるこの時期なので、お金の準備も忘れないようにしましょう。

結婚式以外の準備

  • ハネムーンのお土産リスト作成
  • 旅行チケットなどの受け取り
  • 海外旅行保険の加入
  • 旅行の荷造り、最終確認

結婚式前後はどうしても結婚式の準備にしか手が回らなくなるので、新婚旅行の準備はこの時期までに終わらせておくのがおすすめです。

挙式3〜2日前 〜出席者の最終確認・小物の搬入〜

結婚式の装飾の画像

挙式の3〜2日前には、出席者の最終確認をしておきましょう。

急遽参列できないなどの連絡があった場合はプランナーさんに相談しておくと、料理などの数を当日減らしてくださることもあります。

結婚式直前は最後の調整や確認などでバタバタしてしまうことが考えられますが、心を落ち着かせるためにもネイルケアやマッサージなどに行き冷静になっておきましょう。

結婚式の準備

  • 衣装、小物などの搬入
  • 出席者の最終確認
  • スタッフさんへのご祝儀と当日精算するお金の準備
  • ネイルケア

挙式前日 〜持ち込み品・タイムスケジュールの最終確認〜

挙式前日は、当日持ち込むアイテムの確認をしましょう。

そしてタイムスケジュールを見て、挙式当日に自分がおこなう行動のイメージをしておくのが重要です。

最終確認に時間がかかってしまうと前日に寝不足になってしまうこともあるので、睡眠をきちんと確保できるように調整しておきましょう。

結婚式の準備

  • 媒酌人、スタッフさんへ電話で挨拶
  • 持ち込み品の最終確認
  • 持ち物の準備をタイムスケジュールの確認

挙式当日 〜挙式リハーサル・スタッフさんへのお礼〜

結婚式の画像

挙式当日は結婚式をトラブルなく終わらせることも大事ですが、式場のスタッフさんへのお礼をすることも忘れないようにしましょう。

結婚式の準備

  • 挙式リハーサル
  • 残金の支払い
  • スタッフさんへのお礼

挙式当日は自分たちのことで頭がいっぱいになってしまうと思いますが、余裕を持って準備をすすめておくことで回りの人たちへの気遣いができるようになります。

きちんと回りへの気遣いができれば、満足できない結婚式だったと感じる人はいません。

ゲストに良い結婚式だったと感じてもらうためにも、早くから結婚式の準備を進めるようにしましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら