ゼクシィフェスタのドレスショー

式場探しに役立つ情報が1日ですべて網羅できるブライダルフェスタ。

先日ゼクシィが開催しているブライダルフェスタに参加してきたので、様子をレポートしつつ感想を報告していきます。

「こちら」

式場探しをしている人であれば一度は参加してほしいと感じた、有意義なイベントでした。

  • ゼクシィフェスタの目玉はドレスショー!ダンドリ講座も見逃せない
  • 参加する際は事前予約をしておくとプレゼントがもらえてお得
  • ゼクシィフェスタとハナユメのブラフェスの違いはコンセプト

ゼクシィフェスタってどういうもの?特徴や内容を詳しく紹介

ゼクシィフェスタのステージ

ゼクシィフェスタのレポートと感想を紹介する前に、まずはゼクシィフェスタがどういうイベントなのかを説明していきます。

ゼクシィフェスタとは1日で多数の結婚式場を比較できるブライダルイベントです。

これから式場を探そうとしている人や、式場探しに行き詰まった人にぴったりのイベントになっており、たくさんの人が訪れています。

ブースで式場の話を聞けるだけではなく、新作のドレスを使用したドレスショーが見られたり結婚式で使えるブライダルグッズを手作りしたりすることもできます

結婚式の準備に関するセミナーも開いているので、結婚式はしたいけれど具体的に何をしていいのかわからないという花嫁にもぴったりのイベントです。

ゼクシィが開催しているブライダルフェスタには、ゼクシィフェスタとゼクシィプチフェスタがあり、内容が少し異なります。

普通のフェスタとプチフェスタは何が違うの?

ゼクシィフェスタとゼクシィプチフェスタの違いは内容の豪華さです。

ゼクシィフェスタでは式場の話を聞ける他に、ドレスショーが見られたり様々なイベントを体験できます。

一方で、ゼクシィプチフェスタは式場の話を聞ける他には簡単なDIY体験をすることしかできません

式場探しをするついでに色々なイベントに参加したい人はゼクシィフェスタがおすすめですが、純粋に式場探しだけをしたい人はゼクシィプチフェスタでも満足できるのではないでしょうか。

「新婦」

私は色々なイベントに参加したかったので、内容が豪華なゼクシィフェスタに参加しました。

ここからゼクシィフェスタに参加した感想を紹介していきます。

ゼクシィフェスタ東海に行ってきた感想を報告!【2017.2.11】

式場ブース

私が参加したのは、2月11日に吹上ホールで開催された第37回ゼクシィフェスタです。

開場が10時だったため、10時過ぎに会場に到着したのですが、受付にはすでに長い行列ができていました。

並ぶのが嫌いな人は早めに到着しておいた方がいいかもしれませんね。

受付で会場のマップやパンフレットを入れるための手提げ袋、プレゼントをもらうと、いよいよ会場の中へ足を踏み入れました。

結婚式場ブースでいろんな式場の話が聞ける

式場ブース

まずは式場ブースへ行くことに。

ずらりと並んだブースの間を歩いていると、式場のスタッフさんから声をかけられました。

少し立ち話をして式場のパンフレットとお菓子をもらい、また足を進めると違うスタッフさんからの声掛けが。

そのあとも様々なスタッフさんから声をかけられたので、式場ブースを歩くときは声をかけられるという心持ちでいた方が良さそうですね。

気になった式場の話は詳しく聞きましたが、一つの式場につき5分ほど説明されるだけなので次々に違う式場の話が聞けます

ちなみに式場側から聞ける話は式場の魅力や特徴、ブライダルフェアに関する話です。

ゼクシィフェスタで成約の勧誘は一度もないですが、代わりにブライダルフェアに参加してほしいというお願いはされます。

しかし会場の雰囲気なのか、とても断りやすかったので安心して話を聞けますよ。

展示コーナーでブランドドレスやジュエリーを見比べられる

ドレスの展示

次に回ったのは展示コーナーです。

展示コーナーではドレスやジュエリー、その他結婚式で使用するペーパーアイテムなどを見て回れます

普段ドレスやジュエリーをブランドごとに見比べることはできないので、貴重な体験ができました。

式場の展示コーナーもあり、実際に式場で提供される本物の料理が展示されているなど式場ブースにはない情報を手に入れられるため、補足の情報として頭に入れておきましょう。

似顔絵やエステが無料で体験できる

体験コーナー

展示品を見たあとは体験コーナーへ移動しました。

体験コーナーでは無料で似顔絵を描いてもらえたり簡単なエステをしてもらえたりと体験内容が豪華で、とても賑わっていました。

私も似顔絵とエステを体験したかったのですが、すでに予約が埋まっており、残念ながら参加することはできませんでした。

これからゼクシィフェスタに行く人は、事前にイベント情報をチェックしておき入場したらすぐに予約することをおすすめします

「新婦」

ちなみに私は手作りコースター体験をしました。

目玉はドレスショー!新作ドレスが見られる

ドレスショー

コースターを作り終えた頃にちょうどドレスショーの時間になったので、見に行くことに。

ゼクシィフェスタの目玉らしく、開始時間の5分前にステージに着いても人がいっぱいでした。

最前列でドレスショーが見たい人は早めに席を取っておくと良さそうですね。

ドレスショーでは最新のドレスを見ることができます。

モデルさんがドレスで歩いている姿を見ることで、ドレスの動きや見え方を客観視できました。

なかには、カタログと印象が違うドレスも。

実物を見られるドレスショーは、一見の価値があると思います。

結婚式の準備について教えてくれるダンドリ講座は見ておかないと損

結婚式の準備は何をしたらいいのかを、プロジェクターを使って解説してくれるダンドリ講座も参加しました。

結婚式までの段取りを一から丁寧に教えてくれるので、初心者にオススメです。

また既に式場が決まっていて準備を始めている人でも、忘れていたことを思い出させてくれるきっかになるかもしれません。

時間が合えば、一度見ておくことをオススメします。

「こちら」

滞在時間は4時間ほどでしたが、充実した時間を過ごすことができました。

これから式場探しをする人は、ブライダルフェアに参加する前にブライダルフェスタに参加した方がいいなと感じました。

ブライダルフェアとの違いは?どっちがおすすめ?

チャペル

ブライダルフェアとブライダルフェスタは名前が似ているので、混同してしまう人も多いと思います。

しかし名前が似ているだけで、全くの別物です。

ブライダルフェアは結婚式場が開催しているイベントで、主な目的は式場見学です。

一方ブライダルフェスタはゼクシィやハナユメなどのブライダルサイトが開催しており、式場探しが目的で開催されています。

そのため順番的にはブライダルフェスタで気になる式場を見つけて、ブライダルフェアに参加するのが一番です。

どちらも重要な役割を担っているので、できるだけ参加できるようにしたいですね。

しかしブライダルフェスタは不定期なうえに開催期間も短いため、パートナーと予定が合わず諦めてしまう人もいます。

友達同士や一人での参加もできる

ブライダルフェスタはパートナーと予定が合わなくても、友達同士または一人で参加することができます

パートナーと一緒じゃないと参加できない、ということはないので安心してください。

実際に参加者の2割は友人同士もしくは一人で参加しています

周りの目が気になる人もいるかもしれませんが、式場ブースや展示品、体験コーナーと目が奪われるものばかりで他の参加者を見ている人はあまりいません。

周りの目を気にして有意義なイベントに参加しないのはもったいないので、一人は難しくても友達を誘って参加してみてはいかがでしょうか。

「こちら」

入場料や参加費はかからないため、気軽に誘えますよ。

入場料や参加費はすべて無料だから気軽に行ける

電卓とハリネズミ

ブライダルフェスタは入場料が無料なので、気軽に参加することができます。

会場内でおこなわれている体験イベントやドレスショー、ダンドリ講座も無料で参加できるため、とてもお得なイベントです。

またゼクシィフェスタでは、会場内の一角にフリードリンクコーナーも設けているので飲料代もかかりません。

無料で入場できるうえに貴重な体験もタダでおこなえて、さらにジュースまで飲めるのですから驚きですよね。

参加方法も簡単で、面倒な手続きは一切いりません。

参加方法はイベント会場に行くだけ!チケット不要

式場の展示

ゼクシィフェスタはチケットがないため、事前に予約をしなくても当日参加できます

途中退場や再入場も自由なので、余った時間を有効活用することが可能です。

普通のよくあるイベントであれば、事前にチケットを発行したり当日に整理券をもらったりなど、手間がかかって面倒ですが、ブライダルフェスタは当日行くか行かないかを決められるのでお手軽ですよね。

ただしお得に参加したいのであれば、事前予約をしておくことをオススメします。

事前予約しておくとプレゼントがもらえるからお得

ゼクシィフェスタでは、事前予約をした人限定で入場時にプレゼントがもらえます

もらえるものはフェスタごとに違い、QUOカード2,000円相当のマスカラなど様々です。

事前予約をしただけでプレゼントがもらえるうえに、無料で楽しいイベントに参加できるのですから予約しないと損ですよ。

予約方法はゼクシィフェスタの公式ページに、ニックネームやメールアドレスを入力して登録ボタンを押すだけ!

住所や電話番号などの個人情報は入力する必要がないので、手間はかかりません。

たくさんのプレ花嫁から好評なゼクシィフェスタに、一度参加してみてはいかがでしょうか。

実際にゼクシィフェスタに参加したプレ花嫁の口コミ

実際にゼクシィフェスタに参加したプレ花嫁はたくさんいます。

SNSに投稿されている口コミを一部抜粋したので、紹介していきます。

結婚式に関するイベントというだけあって、華やかで素敵な催しだということが口コミから分かりますね。

ではゼクシィフェスタの開催情報を紹介していきます。

ゼクシィフェスタの開催情報【2020年7月】

式場の展示

ゼクシィフェスタは上述したとおり、不定期で開催しています。

開催場所は東京名古屋大阪の三大都市なので、地方に住んでいる人が参加するのは難しいかもしれません。

機会があって都市部に遊びに行くことがあれば、参加してみましょう。

直近で開催されるゼクシィフェスタは以下のとおりです。

首都圏

ゼクシィプチフェスタ

開催日 2020年7月11日(土) 10:00~18:00
2020年7月12日(日) 10:00~17:00
開催場所 タカシマヤローズホール
アクセス 横浜駅西口から徒歩6分

現在はゼクシィプチフェスタのみ開催されています。

豪華なブライダルフェスタがいいという人は、ハナユメが開催しているブラフェスも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

私はゼクシィフェスタとハナユメのブラフェス、どちらも参加しましたが、ハナユメのブラフェスの方が好きだと感じました。

ゼクシィフェスタとブラフェスは、何が違うのでしょうか。

ゼクシィフェスタとハナユメのブラフェスを比較してみた

ブラフェスのステージ

ブライダルフェスタには、ゼクシィフェスタ以外にもハナユメが開催するブラフェスもあります。

開催の目的は式場探しなので内容は大きく変わりませんが、細かいところを見てみると違いが多々あるのがわかります。

それぞれの違いは、以下のとおり。

ハナユメブライダルフェスタ ゼクシィフェスタ
式場ブース あり あり
体験コーナー あり あり
ドレスショー あり あり
スイーツ試食 あり なし
事前予約特典 2,000円分 1,000円分
挙式費用割引 あり なし
入場料 無料 無料

大きく変わるのは、スイーツ試食事前予約でもらえるQUOカードの金額挙式費用の割引の有無です。

同じブライダルフェスタなのに、開催する会社が異なるだけで違いが出るのですから不思議ですよね。

違いが出る理由は、開催する会社の方向性の違いにあります。

ゼクシィは情報を提供して選択肢を広げることを目的としていますが、ハナユメは格安で結婚式をおこなえるように努力しています。

その結果が、ブライダルフェスタに現れているというわけです。

私が参加して感じたのは、以下のような印象です。

結婚式に関する情報を収集しつつ色んな体験をしたいなら→ゼクシィフェスタ

数多くの式場を比較しながらできるだけお得に結婚式を挙げたいなら→ハナユメのブラフェス

では各イベントの特徴を紹介していきます。

ゼクシィフェスタは体験イベントが充実している

コースター手作り体験

ゼクシィフェスタの特徴は、やはり体験イベントが充実しているところです。

DIY体験だけではなく、エステやドレス試着も無料でおこなえるのがポイント。

特にDIY体験はブラフェスでは料金が発生してしまうのに対し、ゼクシィフェスタはすべて無料でおこなえます

またダンドリ講座など、結婚式に関する情報が手に入るのも嬉しいですよね。

そのため、ゼクシィフェスタは情報収集しつつ色んな体験がしたい人に向いているブライダルフェスタだといえます。

ハナユメのブライダルフェスタに行くと結婚式費用を割引してもらえる!

ブラフェスのフォトスポット

ゼクシィフェスタの強みが情報と体験なら、ブラフェスの強みは式場ブースの多さと割引です。

実は出店する結婚式場の数はブラフェスの方が多いため、より多くの式場を比較することができます。

せっかくブライダルフェスタに参加するのですから、多くの結婚式場の話を聞けるに越したことはないですよね。

またブラフェスの最大の強みは結婚式費用を割引できる点です。

ブラフェスでブライダルフェアを予約してから式場を決めると、結婚式費用が100万円以上割引されると評判のハナユメ割が適用されます。

無料のブラフェスに参加しただけで大幅な割引が適用されるのですから、驚きです。

たくさんの式場を比較しながらお得に結婚式を挙げたい人はハナユメのブラフェスがオススメです。

とはいえハナユメのブラフェスは開催が不定期なうえ、開催日数が少ないので参加したくてもできないという人も多いと思います。

「こちら」

結婚式費用の割引を受けたいのに参加できない、そんな人に朗報です。

ハナユメでは、ハナユメの公式サイトからブライダルフェアを予約するだけでもハナユメ割が適用されます。

実際に管理人である私も、ハナユメを利用して結婚式費用を129万円も割引してもらえました!

式場割引サイトの「ハナユメ」を使って129万円も節約できた!

管理人は、式場割引サイトのハナユメを使って、結婚式の費用を129万円も節約できました。

もちろん質はそのまま!

理想の結婚式が、おトクに挙げられます。

さらに!おトクに結婚式を挙げるなら

ハナユメ

ハナユメを通してブライダルフェアに参加すると、もれなく電子マネーを受け取れます。

今なら当サイトとのコラボ企画で通常26,000円のところ31,000円分に金額アップキャンペーン中。

「結婚式の割引」+「全員もらえる¥31,000円」はハナユメだけ!

\ 31,000円キャンペーンは7月27日まで /

ハナユメ

お盆後は親に挨拶を済ませたカップルで混雑するため、予約が取れづらくなります。

ブライダルフェアに参加するカップルが少ない7月が、狙い目です。