ハナユメ割の画像

最近、ローラさんがCMをしたことで話題の、「ハナユメ」を知っている人は増えてきているのではないでしょうか。

このページでは、「ハナユメ割で本当に安くなるのか」「実際に使ってみてわかった注意点」まで紹介しています。

「こちら」

ハナユメ割を利用すると、結婚式の費用に悩まされる心配がありません。

ハナユメ割とは一体なに?本当は安くならないの?

ハナユメ割の画像

式場検索サイトであるハナユメは、半年以内に挙式を検討している人向けに「ハナユメ割」と呼ばれる特別割引を提供しています。

ハナユメを経由してブライダルフェアに参加するだけで、結婚式の費用が最大50%割引になるサービスです。

しかし、結婚式の費用が大幅に安くなると、質や内容が心配だという人が多いのではないでしょうか。

ホテルなどの直前割引と同じ仕組み

なぜハナユメ割を利用すると費用が安くなるのかというと、ハナユメ割は主にホテルなどの直前割引と同じ仕組みを取り入れているからです。

ホテルは宿泊日の前日や数日前に予約すると、早くから予約をするよりも安く宿泊できます。

結婚式場の予約は約1年前から埋まり始めると言われていますが、日取りや時間帯によっては半年前でも問題ありません。

結婚式場は1組でも多くのカップルに結婚式を挙げてもらう必要があるので、費用を安くしてでも契約してもらいたいのが現状です。

ハナユメ割を利用すると費用が大幅に安くなる

ハナユメ割を利用すると、本当に結婚式が安くなるのか疑問に感じている人も多いと思います。

必要なアイテムが含まれていなかったり、オプションの追加で結局費用がアップするのではないかと、ほとんどの人が疑心暗鬼になっているのではないでしょうか。

しかし、ハナユメに記載されている見積もりシミュレーションを確認すると、確実に安くなるのがわかります。

ハナユメを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引されます。

ハナユメ割でいくら安くなるの?割引金額の確認方法

ハナユメ割の画像

ハナユメ割は、各式場によって割引される金額が違います。

招待するゲストの人数によって割引金額が変動しており、ハナユメのウェブサイトやアプリから確認が可能です。

CMでは最大100万円の割引と紹介していますが、実際には150万円近く割引される式場もありました。

式場名 人数 割引額
ラグナスイート NAGOYA ホテル&ウェディング 70人 101.4万円
シャルマンシーナTOKYO 70人 112.5万円
モンサンミッシェル大聖堂 ザ・ガーデンコートなんばパークス 70人 138.1万円
プレミアホテル門司 70人 141万円

ウェブサイトやアプリから確認が可能

ハナユメはウェブサイトだけでなく、スマートフォンアプリも配信しています。

ハナユメ割の金額はどちらからでも確認でき、人数を変更するだけで割引される項目と金額がわかります。

あらかじめ割引額を確認しておくとブライダルフェアに参加するときに安心ですし、費用の目安にもなります。

「新婦」

ウェブサイトもアプリも各式場ページの「ハナユメ割」欄で確認できるので、式場ごとに見比べるのがおすすめです。

ハナユメ割で安くなるサービスはどんなもの?

ハナユメの画像

ハナユメ割は式場によってサービスされる項目が違うため、前もって確認する必要があります。

割引される項目の一例にはなりますが、主に下記のようなアイテムが割引の対象です。

  • 新郎新婦の衣装代
  • 挙式会場の使用料
  • プロジェクターや音響の使用料

他にも割引が適応される項目はありますが、衣装や会場の使用料などが割引されるケースがほとんどです。

自分で値引き交渉できる項目でもありますが、あらかじめ割引されていると心に余裕ができ、冷静に式場選びをできるのがメリットです。

ハナユメ割の疑問を全て解決!Q&Aまとめ

ハナユメ割の画像

ハナユメ割について紹介してきましたが、他にも疑問に感じる点があるという人は多いのではないでしょうか。

ハナユメ割のよくある質問について、紹介していきましょう。

ハナユメ割を利用すると安っぽい結婚式になる?
ハナユメ割を利用しても安っぽい結婚式にはなりません。
ハナユメ割を利用すると費用が安くなるため、質が落ちるのではないかと不安になる人も多いと思います。

しかしハナユメ割は半年以内という条件を呑むだけなので、結婚式の内容に影響はありません。

日取りやドレスの選択肢が少ない?
日取りやドレスの選択肢は変わらない。

ハナユメ割は半年以内の日程を選択する必要がありますが、日取りが選べない程少ないわけではありません。

大安や土曜日の昼などを外すだけで、選択肢は広がります。

ドレスの種類も式場に準備されている中から選択できるので、ハナユメ割の利用が原因で選べなくなることはありません。

半年前でも結婚式の準備は遅くないの?
半年前でも結婚式の準備は間に合う。

一般的に、結婚式は挙式予定日の約4ヶ月前から打ち合わせがスタートします。

半年前に式場と契約を交わしても、準備が間に合わなくなる心配はいりません。

ハナユメ割を実際に使ってみて感じた注意点

ハナユメの画像

ハナユメ割を実際に使ってみると、利用する前に知っておくべき注意点があるとわかりました。

しかし、あらかじめ把握しておけば問題ないものばかりなので、先輩花嫁と同じ失敗をしないためにも把握しておきましょう。

  • 人数や挙式スタイルによって割引額が違う
  • 割引される項目によって適応できないケースもある
  • ハナユメを経由してブライダルフェアに参加する必要がある

人数や挙式スタイルによって割引額が違う

ハナユメ割は招待するゲストの人数だけでなく、挙式披露宴と少人数向けのスタイルで割引額が変わります。

あらかじめ自分たちがどの程度ゲストを招待するのか考えておかないと、ハナユメ割の割引額も曖昧になる可能性が高いです。

ブライダルフェアに参加する前にゲストの人数を決めておくと、問題なくハナユメ割を受けられるのではないでしょうか。

割引される項目によって適応できないケースもある

ハナユメ割は式場によって割引される項目が違うため、自分たちの挙式に含まれていないことで利用できないケースもあります。

たとえばプチギフトが必要ないのに割引対象になっている場合、他のアイテムへ割引額を移動するのが難しくなります。

あらかじめどの項目が割引対象なのか確認し、自分たちに一番メリットがある式場を選択するのが重要です。

ハナユメを経由してブライダルフェアに参加する必要がある

ハナユメ割は、ハナユメを経由してブライダルフェアに参加しなければ適応されません。

式場に直接連絡をしたり、他の式場検索サイトから予約をするとハナユメ割が利用できません。

あらかじめ、ハナユメを経由してブライダルフェアに参加しましょう。

キャンペーンとハナユメ割は併用できるの?

ハナユメの画像

ハナユメは、ハナユメ割以外にもキャンペーンを実施しています。

現在はハナユメを経由してブライダルフェアに参加するだけで、40,000円分の商品券がもらえます。

キャンペーンとハナユメ割は併用可能なので、漏らすことなく受け取るのがいいでしょう。

ハナユメデスクからの申し込みでも適応される

ハナユメには相談デスクが全国に12店舗ありますが、ハナユメデスクからブライダルフェアの予約をしてもハナユメ割は適応されます。

ハナユメデスク専用のキャンペーンと併用もできるうえ、プロのアドバイザーさんにハナユメ割について質問できるのでおすすめです。

ハナユメデスクに行ってみた感想などは、下記の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

ハナユメの評判や口コミは?【どっちがお得?王道ゼクシィと徹底比較】

式場探しするなら最近CMでよくみるハナユメ?やっぱり王道ゼクシィ?ハナユメとゼクシィどっちが得なのか徹底比較しました。「ハナユメを使うとマージンで割高になる」というデメリットはないのでしょうか?先輩花嫁の口コミや評判をもとに、また実際に相談カウンター(ウェディングデスク)へ行って分かった本当のことだけを紹介していきたいと思います。

9,223view

結婚式をお得に挙げるならハナユメ割の利用がおすすめ!

ハナユメの画像

結婚式をお得に挙げたいのであれば、ハナユメ割の利用がおすすめです。

ハナユメ割は事前におおよその割引額が確認できるうえ、結婚式の質が落ちることがありません。

ハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加するだけで、結婚式の費用を最大50%割引できます。

ハナユメ割を利用すると、憧れていたワンランク上の式場にも手が届くのではないでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

さらにハナユメでブライダルフェアの予約をするともらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分の商品券になります!

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1