海外挙式の画像

海外の結婚式に招待されたとき、ゲストはどんな服装で参加すればいいのでしょうか。

ハワイやグアムなど人気リゾートで結婚式を挙げるカップルは年々増えていますので、正しい服装マナーを知らないと招待されたときに困ってしまうかもしれません。

このページでは、「ハワイ・グアム挙式に参列するときの服装マナー」「先輩の失敗から学ぼう!海外結婚式に参列したときの失敗談」などを紹介しています。

「こちら」

ハワイ・グアム挙式の服装マナーを学んで、いざ招待されたときに備えましょう。

海外挙式に参列するときに服装マナーはあるの?

海外挙式の画像

海外の結婚式に参列するときの服装マナーは、結婚式のスタイルによって様々です。

各国の気候や宗教、しきたりなどで服装マナーは大きく異なります。

ハワイやグアムなど日本人に馴染みのある観光地でも、日本とは全く違うと思っておいたほうがいいでしょう。

ハワイ・グアム挙式に参列するときの服装マナー

ハワイやグアムと言うと、青い海&白い砂浜の常夏リゾートというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

実際ハワイの平均気温は25度、グアムは平均28度なので、結婚式に参列するゲストの服装も薄着が基本になります。

ハワイでは「アロハ」「ムームー」がゲストの正装

ハワイの画像

ハワイでは男性がロハシャツ、女性はムームーが正装になります。

ハワイ現地の結婚式では多くの方がアロハシャツとムームーを着て参列しています。

結婚式のみならず、各種イベントやビジネス、政界でも着用されている服装だということを覚えておきましょう。

ちなみに、女性ゲストの服装はムームー以外にサマードレスとフォーマルドレスがありますが、現地の結婚式では、ほとんどの女性がムームーで参列しています。

ハワイ挙式の参列衣装を男女別にまとめました。

男性ゲスト:短パンNG!アロハ&スラックスが主流

ひとくちにアロハと言っても、さまざまな色と種類があります。

普段アロハシャツを着る機会はあまりないと思いますので、この機会に南国らしい鮮やかな赤や青のアロハを着てみてはどうでしょうか。

アロハに合わせるズボンは、ベージュ・白系など明るい夏用スラックスがおすすめです。

いくらカジュアルなリゾートウェディングでも、短パンはNGなので注意しましょう。

女性ゲスト:ムームーの丈はロングもミニもOK!

ムームーはハワイらしい柄がプリントされたドレスで、短い袖とラインのシルエットが特徴です。

日本国内の結婚式では、ドレスは膝丈がマナーと言われていますが、ムームーの丈はショートからロングまで幅広いデザインがあり、どれを着てもマナー違反にはなりません。

ムームー以外では、ノースリーブタイプの涼しげなサマードレスが人気です。

あまり露出が多いデザインのドレスは選ばないようにしましょう。

グアム挙式でアロハを着るならシルク素材か襟付きのシャツ

グアムの画像

グアム挙式の場合も男性はアロハシャツ、女性はムームーを着るのが一般的です。

新郎新婦がタキシードとウエディングドレスの場合は、ゲストもフォーマルドレス&スーツで参列することもありますが、ほとんどのグアム挙式はアロハシャツとムームーで参列しています。

南国の強い日差しの下でおこなうグアム挙式にぴったりの参列衣装を、男女別にまとめましたので参考にしてください。

男性ゲスト:グアムもアロハが主流!シルク素材が人気

アロハはグアム挙式でも定番の服装です。

グアムでは、シルク素材で襟付きの前にボタンが付いたものが人気です。

ビーチなどで写真を撮影する機会が多いと思いますので、写真映えする華やかな色のアロハシャツを着用しましょう。

女性ゲスト:結婚式も観光もOKな「サマードレス」が人気

グアムの結婚式でも、女性ゲストはムームーやサマードレスで参列するのが一般的です。

特にサマードレスは人気が高く、常夏のグアムにぴったりの衣装です。

暑いグアムでは、普段着でサマードレスを着ている女性が多く、挙式前後の観光などでもサマードレスは大活躍するでしょう。

教会で挙式に参列するなら、ドレスの上に一枚羽織るのがマナーです。

ハワイ・グアム挙式での両親の衣装は?海外挙式の疑問を解決!

ハワイ・グアム挙式の画像

新郎新婦の両親や親族は、ハワイやグアムの結婚式でどんな衣装を着用するべきでしょうか。

実際にハワイやグアムでの結婚式に参列した家族の多くは、正装であるムームーとアロハシャツを着用しています。

夫婦や家族で色柄を合わせて統一感を出すのがおすすめです。

両家の親族は服装を合わせることが重要

ハワイ・グアム挙式に招待された親族は、両家の親族が服装を合わせることを意識しなければなりません。

日本の結婚式でも同じことが言えますが、両家で服装がチグハグになってしまうと、二つの家族が一つになる結婚式を台無しにしてしまいます。

事前に両家で服装について話し合うか、新郎新婦に直接相談しておくといいでしょう。

国内結婚式のフォーマルな衣装でも参加可能

ハワイやグアムの結婚式で、モーニングやフォーマルスーツ、ドレスなど日本の結婚式と同じ衣装で参列することも可能です。

スーツやドレスを着用する際の服装マナーは、日本と同じ認識で大丈夫です。

ただ日本からスーツやドレスを持ち運ぶ際、衣装にシワがつかないよう気を付けなければなりません。

さらにハワイやグアムは日本より気温が高いため、汗をかきやすいというデメリットがあることを覚えておきましょう。

「ハワイアンスタイルで」と言われたらアロハシャツとムームーで!

ハワイアンスタイル=ハワイの正装ですので、男性はアロハシャツ、女性はムームーが正しい服装になります。

ラフすぎる服装だと心配になるかもしれませんが、現地の伝統に合わせた服装に身を包むことで、リゾート感たっぷりの結婚式を楽しむことができるでしょう。

先輩の失敗から学ぼう!海外結婚式に参列したときの失敗談

結婚式の画像

ハワイやグアムなど海外挙式では、想定外のトラブルに見舞われることも少なくありません。

実際に海外挙式に参列した人の失敗談を紹介します。

これからハワイ・グアム挙式に参列するときに備えて、頭の片隅に入れておいてくださいね。

  • 結婚式で着る衣装を忘れてしまった
  • 海風が強すぎて髪型がグチャグチャに崩れた
  • あまりの暑さに衣装が汗まみれになった

結婚式で着る衣装を忘れてしまった

娘の結婚式に参列するためにハワイを訪れたご夫婦の体験談です。

ハワイの空港に到着してから、結婚式の衣装であるモーニングとフォーマルドレスを家に置き忘れてしまったことに気づきました。

ご夫婦も新婦である娘さんも大パニックになりましたが、父親のモーニングは現地でレンタルでき、母親はハイビスカス柄のワンピースを購入して無事に結婚式に参列することができました。

リゾートウェディングに招待されると、旅行気分で浮かれてしまいがちですが、持ち物の確認は入念におこないましょう。

海風が強すぎて髪型がグチャグチャに崩れた

親族の結婚式に招かれ、グアムでの結婚式に参列した女性ゲストのエピソードです。

結婚式当日は、ドレスも髪型もバッチリ決めて準備していましたが、海風が強すぎてセットした髪型がグチャグチャに崩れてしまいました。

編み込みをルーズにまとめたオシャレな髪型のはずだったのに、ひどい状態で記念撮影をおこなったそうです。

国内の結婚式とは違い、リゾートウェディングは屋外にいる時間が長いので、強風や突然のスコールも想定しておいたほうがいいでしょう。

あまりの暑さに衣装が汗まみれになった

ハワイの結婚式に参列した男性ゲストのお話です。

ハワイのガーデンウェディングに参列したのですが、その日は気温・湿度が非常に高かったため、着ていたフォーマルスーツが汗まみれになってしまいました。

日本では屋内の挙式がメインのため、あまり気温を気にすることはありませんが、ハワイやグアムの結婚式に参列するときは、必ずしも快適な環境ではないことを理解してください。

「こちら」

先輩カップルの失敗とは同じことをしてしまわないように気をつけましょう。

ハワイ・グアム挙式の参列衣装はどこで購入・レンタルできるの?

結婚式場の画像

ハワイ・グアムでの結婚式に参列するときの衣装は、どこで手に入れればいいのでしょうか。

購入するかレンタルするべきか迷ってしまいますよね。

衣装を手に入れる方法は、「事前に通販サイトで購入」「現地で購入」「日本か現地でレンタル」があります。

衣装を選ぶ際の参考にしてください。

事前に購入するなら通販サイトがおすすめ

ハワイアンウェアを扱った通販サイトがたくさんありますので、事前に衣装を購入したい人はぜひ活用しましょう。

あらかじめ衣装を日本で準備しておけば、現地で衣装を探す手間が省けますので、ほかの準備や観光に時間を使うことができます。

通販サイトを使って衣装を購入する場合、サイズが合わない場合の交換などを考慮して、なるべく早めに準備するようにしてください。

荷物が増えるのが嫌なら現地調達でも問題なし

衣装を日本から持ち運ぶのに抵抗がある人は、ハワイやグアムに着いてから現地のお店で購入してはどうでしょうか。

お店によっては日本で取り扱っていないデザインのアロハやムームーを購入することができ、値段も国内で買うより安く購入できます。

現地に着いて1日〜2日余裕があるなら、観光を兼ねて衣装を探すのも楽しそうですね。

現地のお店でレンタルすることも可能

アロハやムームーは結婚式以外では着る機会がないので、購入するのを迷っているという人は、レンタルするのがおすすめです。

日本でもハワイアンウェアをレンタルできるお店があります。

日本人の体型や好みに特化した衣装を取り揃えているので、初めてアロハやムームーを着る人におすすめです。

またハワイやグアムに到着してから衣装をレンタルするという手もあります。

レンタル料金はアロハ、ムームーともに日本円で1万円以下で、アクセサリーもセットになっているので、安心して借りることができますよ。

ハワイ・グアム挙式の靴やアクセサリーはどうしたらいいの?

アクセサリーの画像

ムームーやサマードレス合わせて、アクセサリーや靴もモーディネートしたいですよね。

リゾートウェディングにマッチしたアイテムを選びましょう。

リゾートドレスにはフラワー&シェルモチーフのアクセサリー

ムームーやサマードレスには、フラワーやシェルモチーフのネックレスやピアスがよく合います。

またバッグを持ち歩く場合は、クラッチバッグか小さめのかごバッグが衣装とマッチしておすすめです。

靴は基本的に歩きやすい履き慣れたものがベスト

靴の種類
男性ゲストの靴 デッキシューズ・革靴
女性ゲストの靴 歩きやすいミュール・サンダル・パンプス

女性の場合は基本的にドレスのデザインに合ったミュール、サンダル、パンプスなどを自由に選んで構わないのですが、ピンヒールのパンプスは砂浜で足を取られるので注意してください。

汚れる場合があるので新品の靴も避けたほうが無難です。

ハワイアンウェアで結婚式に参列する男性ゲストは、デッキシューズ、サドルシューズ、または革靴を合わせると、アロハスタイルにとてもマッチします。

ビーチサンダルはマナー的にNGなので避けたほうがいいでしょう。

「新婦」

アクセサリーや小物も現地のスタイルに合ったアイテムを選びましょう

ハワイやグアム挙式でおすすめコーディネート

ハワイの画像

ハワイやグアムでの結婚式は、日本国内での結婚式に比べるとゲストの人数は少ないですが、だからこそゲスト同士でコーディネートを合わせやすいというメリットがあります。

友人同士、夫婦、家族で衣装のデザインを統一するか、ペアルックに抵抗があるようなら、同系色で揃えてみてはどうでしょうか。

お子さん連れで参列するなら、キッズサイズのワンピースやアロハも多数ありますので、家族全員で色・柄を合わせると、写真映えしますし統一感が出るのでおすすめです。

ハワイ・グアム挙式の服装に困ったらまずは新郎新婦に相談すること

もしハワイやグアムの結婚式に参列する衣装で迷ってしまったら、新郎新婦に直接質問してみてください。

どれほどお金と時間をかけて衣装を選んだとしても、主役である新郎新婦の意向に沿わなければ、結婚式を台無しにしてしまう可能性もあります。

ゲストはあくまでも新郎新婦の引き立て役として、二人のイメージする結婚式に合う服装に最高の形でお祝いしてあげましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら