ブライダルフェアは両親と参加するべき?気をつけたいポイントまとめ

式場選びでブライダルフェアに参加するときは、一度両親も一緒に参加するようにしましょう。

ブライダルフェアに両親と参加するなんて恥ずかしいと考えていませんか。

しかしブライダルフェアに参加している人の約1割は親同伴だと言われています。

両親と共に式場選びをすることは今後結婚式の段取りをすすめていく際のトラブル回避にもなりますし、よりスムーズにすすめていくためのコツにもなります。

両親となかなか都合が合わないから、と思っている人も自分たちで式場を決定してしまう前に一度は両親と参加するようにしましょう。

「ポイント」

両親とブライダルフェアに参加することは、決して恥ずかしいことではありません。

式場変更の原因に!両親への事後報告は要注意

結婚式場の画像

あなたは結婚式場の契約をキャンセルしてしまう原因の中に、両親との意見の食い違いが深く関係していることをご存じでしょうか。

自分たちで式場の契約をした後に両親への報告をしてしまい、挙式スタイルや日程に両親が納得できず式場をキャンセルしなければならなくなったという話しを耳にします。

事後報告になってしまわないためにも、ブライダルフェアの段階で一度は両親と参加しておくべきなのです。

式場のキャンセルということはキャンセル料がかかりますし、式場を選び直さなければならないというリスクもあります。

自分たちは納得して契約をしたのに、また式場をはじめから探し出すのは難しいですよね。

ブライダルフェアに両親と参加すると考え方や重視しているポイントなどが自然と分かってくるようになりますよ。

両親の意見を尊重しすぎないように

両親は自分たちよりも多くの結婚式に参加していますし、人生経験も豊富ですよね。

そのため、自分たちでは気づかないような思わぬ点に気づくこともありますし、遠慮せずに第三者としての意見をもらうことができます。

経験者の意見を聞くことができるのは、とても貴重なことですよね。

たしかに結婚式は両親の意見を取り入れることも重要です。

しかし、自分たちの意見を押し殺してまで両親の意見を尊重する必要はありません。

たとえばドレスや式場の装飾などでも、両親のいいなりになっていては自分たちの納得いく結婚式をあげることはできません。

両親の意見はあくまで参考程度に考え、自分たちの意見を第一に考えましょう。

結婚式は誰のため?自分ため?両親のため?

結婚式は両親のために挙げるものだと考えている人も多いと思います。

たしかに今まで育ててくれた感謝の気持ちを結婚式という場で伝えることができるのは、人生の中でも貴重なことですよね。

両親の喜ぶ顔が見たいから、という理由で結婚式を挙げることを決意した人や、両親の援助があるからこそ結婚式を挙げることができる人など、きっと人それぞれの事情はあると思います。

しかし、いくら両親のためと考えていても自分が納得できていなければ意味はありません。

親が似合うと言うから着たいドレスではないドレスを着る、両親が選んだから希望どおりではない日程で結婚式をおこなう、などは将来後悔してしまうかもしれません。

結婚式は両親のためでもありますが、自分のためにおこなうものでもあることを忘れてはいけないのです。

一緒に参加できないときに両親に聞いておくべき3つの質問

一緒に参加できないときに両親に聞いておくべき3つの質問

もしも両親が遠方で暮らしているなどの理由でブライダルフェアや式場選びに参加できないのであれば、事前に意見を聞いておきましょう。

はじめに両家の両親に相談しておくことが、式場選びで両親とトラブルに発展してしまわないためのポイントなのです。

自分の両親の意見は自分で聞くようにして、パートナーとお互い両親の意見を橋渡し出来るようにしておきましょう。

  • 両親から援助はあるのかなどの予算について
  • 式場や挙式スタイル、日取りの希望はあるのか
  • 親戚などの招待するゲストの情報について

両親から援助はあるのかなどの予算について

まずはじめに決めておくべきことは、結婚式にかける費用です。

自分たちの貯蓄のみで挙げることができるのか、両親からの援助を受けるのかなど話し合っておきましょう。

もしも援助をしてもらうのであれば、具体的な金額と返済方法を決めておくことが重要です。

自分の両親には自分の口からしっかりと事情を説明し、後日パートナーと情報を共有するようにしましょう。

予算の決定をしておかなければ、式場見学のときに正確な見積書をもらうこともできません。

式場や挙式スタイル、日取りの希望はあるのか

両親が結婚式で一番気にするポイントは挙式スタイルと日取りです。

自分たちは気にしていないとしても仏滅の日だけは避けてほしい、キリスト教のスタイルでは参加したくない、など両親がこだわっていることもあります。

式場を契約してしまった後にキャンセルをしなくてはいけなくなるよりも、事前に話し合って明確にしておきましょう。

親戚などの招待するゲストの情報について

結婚式の内容で事前に両親に聞いておくといいことは親戚や身内についての情報です。

もしも親戚の中に高齢の人やマタニティの人がいるのであれば、式場選びの時にバリアフリーに対応しているか、マタニティの人向けに料理の変更ができるのか、などを確認しておく必要がありますよね。

契約後に対応していないことに気づいてしまったら、親戚のゲストが苦痛な思いをしてしまうこともあります。

親戚や身内の情報は事前に確認してまとめておきましょう。

両親とはこまめに連絡を取り合うことが大事

結婚式の準備を進めていく中で重要なことは両親とこまめに連絡を取り合うことです。

理想はブライダルフェアに参加するたびに両親に報告しておくことではないでしょうか。

結婚式当日にこんな飾り付けはいやだ、などのトラブルになってしまわないためにも演出や飾り付けを決定したときなども報告しておくことがおすすめですし、そのうえ招待するゲストをリストアップしたときなどは確認してもらうことが重要です。

優先するべきことは自分たちの理想とする結婚式を挙げることですが、両親と意見がすれ違ってしまわないためにもその都度報告することを忘れないようにしましょう。

ブライダルフェアの試食会は両親も参加OK?

ブライダルフェアに両親と参加をすると、試食会などに両親も参加ができるのか心配になってしまいますよね。

実際にブライダルフェアの試食会には両親も参加することは可能です。

しかしブライダルフェアに参加する結婚式場には事前に連絡をしておくようにしましょう。

両親が参加することを伝え、試食会に参加しても問題ないのか確認しておくと安心して参加することができますよ。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら