ブライダルフェアで勧誘されないためのコツ〜上手な断り方〜

ブライダルフェアはデート感覚で気軽に参加OKだと理解はしていても、勧誘をされるのではないかと心配になってしまい参加をためらっている人も多いのではないでしょうか。

たしかに結婚式場がブライダルフェアをおこなう理由は、自分の結婚式場で結婚式を挙げてもらうためにおこなう、いわば営業です。

そのため勧誘や営業を全くしないということはありません。アンケートには答えなければいけませんし、見積書の提示もされると思います。

しかし強引かと聞かれれば、そうではありません。

断り方次第ではっきり断ることもできますし、見積書の提示をしてもらったからといって契約をしなければいけないルールもありません。

「ポイント」

勧誘をうまくかわす時に重要なことは「断り方」なのです。

勧誘されないためにはどうすればいいの?

ブライダルフェアで勧誘

ブライダルフェアでは一歩間違えてしまうと、自ら勧誘をしてくださいと誘ってしまう結果になることがあります。

熱心な勧誘をされないためには、断り方を心得てからブライダルフェアに参加する必要があるのです。

一つ頭に入れておかなければいけないことは、プランナーによる熱心な営業と理不尽に契約を迫るということは全く別物だということです。

最近は勧誘や営業に対しての法律も厳しくなってはいますが、もしも理不尽に契約を迫られるような式場であれば、今後その式場で契約することもないので契約しないと告げて帰りましょう。

勧誘される前に雰囲気を見に来ただけだと伝えておこう

雰囲気を見に来ただけだと伝えておこう

ブライダルフェアに参加するときにあらかじめ契約はしないと決めているのであれば、ブライダルフェアのはじめに今日は雰囲気を見学しに来ただけですと伝えておきましょう。

やはり結婚式場も本格的に式場選びをしているカップルには、熱心に式場の良さを伝えようとするものです。

結婚式場で仕事をしているのですから、熱心に説明をしているプランナーさんは、決して悪いプランナーさんではありませんよね。

しかし、ブライダルフェア=強引な勧誘というイメージが広まってしまった原因として、雰囲気を見に来ただけのカップルに対しても同じようにプランナーさんが熱心に営業をしてしまった、という点があげられると思います。

そのため軽い気持ちで参加しただけなのに強引な勧誘を受けた!と、あとで騒いでしまうカップルがいるのです。

ただしこの状況で悪いのは、お客様を見抜けなかったことにより熱心に営業をしてしまったプランナーさんだけなのでしょうか。

真剣に式場選びをしているカップルに混じり、雰囲気を見学しに来ただけという旨を伝えておかなったカップルにも少なからず非があるのではないでしょうか。

ブライダルフェアに参加する上で、勧誘を全く受けないということはありません。

ブライダルフェアにデート感覚で気軽に足を運ぶときには熱心な営業を受けないためにも、正直に雰囲気を見学しにきただけですを伝えることがとても重要なのです。

「検討します」は勧誘してくださいと伝えているようなもの

「検討します」は勧誘してくださいと伝えているようなもの

ブライダルフェアで見積書を提示された時に多くの人が使う対処法が、持ち帰って検討します、両親と相談してみます、と担当者に伝えることではないでしょうか。

実際に持ち帰ってパートナーと検討する場合や、両親に相談する場合は何の問題もありません。そのまま正直に検討することを伝え、後日結果を式場に連絡しましょう。

しかし、契約しないと決めているのにもかかわらず逃げるための文句として検討します、と伝えることはタブーです。

なぜならまだこの式場は検討する余地がある、ということを自ら式場に伝えていることになるからです。

もちろん式場側としては、まだ自分の式場は検討してもらえる希望があると考え、もっと式場の良さを伝えて他の式場より優れていることを知ってもらおうと思いますよね。

そのため熱心な営業をしてしまうことは、プランナーとしての仕事を真っ当している証拠です。

この状況ではプランナーさんだけが悪いのではなく、検討しますと逃げたカップルにも原因はありますよね。

この考え方は結婚式場にかかわらず、契約をおこなう全ての物事において当てはまるのではないでしょうか。

契約という行為をおこなうときには、逃げるような言葉を使うとお互いのためにもよくありません。

この式場とは契約しないと決めているならば、検討しますという言葉は使わないようにしましょう。

「契約しません」は無敵の言葉!

ブライダルフェアで勧誘

ブライダルフェアに参加した上でパートナーと話し合い、この式場では結婚式を挙げないと決めたのであれば契約しませんとはっきり伝えましょう。

もしも理由も明確にわかっているのであれば着たいドレスがないから、やりたい演出ができないから、など理由もはっきり伝えましょう。

先ほども説明したように、この式場はまだ検討する余地があると思わせてしまわないためにも、この式場ではやりたいことができないため契約はしませんと伝えることが重要なのです。

ブライダルフェアに参加して試食会や試着会などの無料でいい思いをさせていただいたからといって、契約を断ることに罪悪感や引け目を感じることはないですし、むしろブライダルフェアにおいて当日契約をしている人はほとんどいません。

勧誘を回避するために一番有効なことは、はっきりと契約しないと伝えることなのです。

実は「曖昧な返答」が「熱心な勧誘」を誘っている

熱心な勧誘

ブライダル関係の口コミサイトなどで、ブライダルフェアに参加して熱心な勧誘を受けたから注意しましょうという意見をよく目にしますが、全ての意見を鵜呑みにしてはいけません。

熱心な勧誘をされた原因は参加した本人たちにもあるからです。

あなたは勧誘を断るときに日本人特有の曖昧な返答をしていませんか。

よく外国では日本にはイエス、ノー以外の言葉が多用されていて伝わりづらいと言われています。

日本人は昔から責任を分散させる傾向にあったため曖昧な言葉が多いですが、日本人の知恵でもあるこの曖昧な表現は、契約の場において相手を熱心にさせてしまう言葉でしかないのです。

式場はとても素敵だったけど好みのドレスがないから、という断り方をしていませんか。

この曖昧な断り方こそが、熱心な営業を誘発しているのです。この場合であれば結婚式場は好みのドレスになるべく近い物を用意するので、となりますよね。

プランナーさんなら誰でも自分の結婚式場で結婚式を挙げてもらいたいと考えているので、この熱心な考え方は間違いではありません。

熱心な勧誘を受けたという口コミは、本人たちにも原因があることに気が付いていないことが多いです。

口コミサイトなどの悪い意見を全て受け入れるのではなく、勧誘というものを理解した上で判断するようにしましょう。

後日電話がかかってきたときはどうするの?

ブライダルフェアの勧誘の一部として、後日電話がかかってくるという意見もありますよね。

しかし、ブライダルフェアでアンケートに電話番号を記入したからといって、後日電話で勧誘されるようなことはありません。

電話がかかってくるのは、仮契約期間のカップルに本契約の有無を聞くときのみです。

ブライダルフェアはどこの式場でも毎日のように開催しているものなので、全員に電話で勧誘をするようなことはありません。

万が一、電話がかかってこないように対処しておくのであれば、何かあればこちらから連絡します、と伝えておきましょう。

結婚式の良し悪しはプランナーさんで左右されることも

結婚式の勧誘

結婚式場選びは、プランナーさんとの相性が重要だと言われています。

一般的にブライダルフェアで担当してもらったプランナーさんと、契約後に担当してくれるプランナーさんは違うと言われています。

しかし最近では、ブライダルフェアで担当してくださったプランナーさんが継続して担当してくださることもあります。

結婚式は何ヶ月も準備がかかるものなので、担当してくださるプランナーさんとの相性が悪いと良い結婚式を挙げることはできません。

ブライダルフェアに参加する件数が多くなってくると、プランナーさんの質も見極めることができるようになってきます。

どれほど結婚式場を気に入っていたとしてもプランナーさんの質が劣っていては、契約後にキャンセルしてしまうこともあります。

しかし気をつけなければいけないのは、勧誘が熱心なプランナーが悪いプランナー、勧誘をしないプランナーは良いプランナーと判断してはいけないことです。

勧誘が熱心ということは、契約後も熱心に結婚式について考えてくれるかもしれないですし、勧誘をしないプランナーでは契約後も適当に準備を進めていくこともあります。

結婚式を挙げるときは良い結婚式場よりも良いプランナーさんに出会えるように式場選びをしましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの公式サイトはこちら