ブライダルフェアで聞いておくべき3つの質問と式場から聞かれる質問

ブライダルフェアに参加するときには必ず聞いておくべき3つの質問があります。

初めてブライダルフェアに参加する人はもちろんですが、今まで参加していても質問してこなかった人は、次回から質問するように心がけましょう。

「こちら」

どの結婚式場のブライダルフェアに参加したとしても、質問しておいて損はありません。

ブライダルフェアでしておくべき質問とは

式場設備が合っているかブライダルフェアに参加するのであれば、後悔してしまわないように聞いておくべき質問というものがあります。

  • 見積書の内容は自分たちのやりたいことを含んでいるのか
  • ゲストのニーズに式場設備が合っているか
  • 料理の味や品数は満足できるのか

1.見積書の内容は自分たちのやりたいことを含んでいるのか

見積書

契約時に比べて契約後では約100万円見積り金額が高くなる、と言われていることをご存知でしょうか。

しかしブライダルフェアの時点から見積りの内容をきちんと確認しておけば、このような事態に陥ることはありません。

ブライダルフェアで見積書をもらう時には、プランナーさんに見積り内容を詳しく説明してもらい、提示されている見積書の内容で自分たちの挙げたい結婚式ができるのかどうかを確認しておきましょう。

実はブライダルフェアで体験した会場の飾り付けや料理が、見積書に全て含まれているとは限りません。

提示された見積書の金額で、ブライダルフェアのような結婚式が挙げれるのかは全く別になってくるのです。

必ず自分たちの挙げたい結婚式のイメージを伝えて、見積書に全ての金額を含めてもらうようにしましょう。

その時は持ち込み料について聞いておくのもおすすめです。

もしもドレスなどを提携外のショップで考えているのであれば、どれだけ気に入っている結婚式場でも持ち込み料が高ければ他の式場に変更しなければならないこともあります。

2.ゲストのニーズに式場設備が合っているか

式場設備

ブライダルフェアに参加するときは招待するゲストの顔ぶれを思い出しながら、全てのゲストのニーズに式場設備が合っているのか考えましょう。

もしも、小さい子供が参加するのであればキッズスペースがあるのか、年配のゲストがいるのであればバリアフリーになっているのかなどスタッフさんに質問しておきましょう。

結婚式はゲストも満足できなければいい結婚式とはいえません。ゲスト目線になって式場を見学することが重要です。

3.料理の味や品数は満足できるのか

料理の味や品数

結婚式に参加するほとんどのゲストは、美味しい料理を楽しみにしています。

そのためあまりにも美味しくない料理では、ゲストに満足していただくことはできません。

そのうえ見積書の内容では料理の品数が少なく、契約後に料理のランクアップをして追加料金がかかったという人もいます。

もしもブライダルフェアに試食会があるならば試食をして味を確認しておくべきですし、品数が不安であれば始めから一般的なものよりワンランク高いコースで見積書を出してもらうようにしましょう。

ブライダルフェアに行く前に!質問事項を書き出しておく

質問事項

ブライダルフェアに行く前は、必ずパートナーと話し合うようにしましょう。

話し合いをするときは、ブライダルフェア当日にスタッフさんに聞きたいことを書き出しておくのがおすすめです。

ブライダルフェアに参加している最中にスタッフさんからの説明などで質問が必要なくなることもありますが、まずは事前に自分たちがわからないと感じるところを理解しておくことが重要なのです。

自分たちがわからないと考えている部分を理解しているだけで、ブライダルフェアでは自然と答えを探すように見学しますよね。

ブライダルフェアとは、結婚式場選びで自分たちのわからないことを失くすために参加するものでもあります。

事前にわからない部分を確認しておくと、ブライダルフェアに参加しているのに何も頭に残らないまま終わってしまったとなる危険もありません。

分からないと思ったことは全て質問しておこう

ブライダルフェアに参加しているときは、疑問に思ったことは全て質問しましょう。

たとえば模擬披露宴に使っていた装花の値段やフラワーシャワーができる場所など、些細なことでも質問しておくのです。

ブライダルフェアなのにプランナーさんを質問攻めにするなんて、失礼ではないかと考えていませんか。

本来プランナーさんとは新郎新婦の悩みを聞き、問題なく結婚式を挙げることができるようにお手伝いすることが仕事です。

質問攻めにしてしまったからといって引け目を感じる必要はないですし、むしろ質問攻めにするくらいの勢いで質問事項を探していくほうがいいのです。

もしも質問ばっかりでめんどくさい客だな、と思っているのが伝わってくるようなスタッフであれば、こちらのほうから式場候補には入れないようにしましょう。

ブライダルフェアのアンケートは正直に記入しよう

ブライダルフェアに参加すると、必ずアンケートの記入をお願いされます。

名前や住所、年齢や職業の記入欄がありますが、ブライダルフェア後に勧誘があるのではと稀に嘘の記入をしている人がいるそうです。

口コミサイトなどではブライダルフェアに参加すると後日営業の電話がかかってくるという意見もありますが、電話がかかってくることはほとんどありません。

実際に電話がかかってくるカップルは、仮予約の期間が過ぎてしまうようなカップルのみなのです。

そのため雰囲気だけを見に来たカップルに対して、後日電話をするようなことはありません。

アンケートに嘘の記入をすることで得られるメリットは、何もないのです。

その後の相談会などでプランナーさんと話をしていると、プランナーさんは違和感を感じ嘘の記入だと気づくそうです。

ブライダルフェアはデート感覚で参加しても問題ありませんが、正直に雰囲気を見にきただけだと伝えましょう。

自分たちで設定を考え、アンケートに嘘の記入をしていては楽しいブライダルフェアにはなりませんよ。

見積書を作成するために式場から必ずされる3つの質問

式場から必ずされる3つの質問

ブライダルフェアに参加すると、式場から必ずされる3つの質問があります。

実は下記で説明する3つの質問は、全て見積書を作成するための材料になっているのです。

正確な見積書を作成してもらうためにも、事前にパートナーと確認した上でブライダルフェアに参加しましょう。

しかし具体的に決まっていないカップルであれば正直に未定です、と伝えることが重要です。

  • 具体的な招待するゲストの人数
  • 結婚式の予算
  • 希望している時期や日程

具体的な招待するゲストの人数

見積書を作成するにあたって一番関係してくるのは、招待するゲストの人数になります。

料理や引出物などは、招待するゲストの人数が変わるだけで大幅に値段が変わってしまうからです。

なるべく正確な人数を出すためのコツとしては、頭の中に思い浮かべて大まかな人数を数えるのではなく、ノートなどに名前を書き出し、漏れのないようにしておくことではないでしょうか。

そのうえ結婚式の席次を決定する時にそのまま活用することができるので、親戚、友人、同僚、上司などカテゴリーごとにまとめて書き出しておくことも重要です。

まずは招待するゲストの人数を正確に数えておくことが、差異のない見積書を提示してもらうコツになります。

結婚式の予算

結婚式の予算については事前にパートナーと話し合い、自分たちの貯蓄から全て出すのか親からいくら援助をしてもらうのかなどを決めておきましょう。

もしも予算内の内容で自分たちの理想としている結婚式を挙げることができないのであれば、結婚式までの間に貯蓄を増やすか招待状や席次表を自分たちで作成するなどの節約する工夫をする必要があります。

見積書の金額が予算より高くなってしまっても、理想としている結婚式に近づけることは工夫次第でいくらでもできるのです。

そのため見積書をもらうときのコツとしては「予算内で挙げられる内容の見積書」と「理想としている内容の見積書」の2枚を提示していただくことです。

後悔しないためにも見積書の内容は比較し、なるべく予算内で理想としている結婚式を挙げれるように工夫しましょう。

希望している時期や日程

挙式を予定している時期や日程などは見積書の内容に深く関係してきます。

平日や土日、大安や仏滅などによって結婚式場を使用する基本料が変わってきてしまうのです。

しかし日取りの決定は、自分たちだけでしてはいけません。

事前に両家の両親にも、日程の候補をある程度聞いておきましょう。

自分たちだけで日取りを決定し、後日両親から反対を受けキャンセルになったという話はよくあります。

すでに予約で埋まっていることもあるので、両家の両親の意見と自分たちの意見をすり合わせ、希望とする日程を2〜3個出しておきましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も節約できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、結婚式の費用を150万円も節約することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら