結婚式場の画像

さまざまな結婚式場がありますが、食事を楽しむレストランで結婚式をおこなうレストランウェディングの人気が高まっています。

このページでは、「レストランウェディングの会費や費用について」「レストランウェディングでおすすめのドレスや演出」について紹介しています。

「こちら」

海外挙式を済ませたカップルが、国内でお披露目会をするためにレストランウェディングをおこなうことも多いです。

レストランウェディングとは
レストランウェディングとは、レストランで結婚式をおこなうスタイルのことです。

結婚式をおこなう場所・スタイルは4つのタイプに分類され、レストランは4大タイプのひとつです。そのほか「ホテル」「専門式場」「ゲストハウス」があります。

レストランウェディングは本格的な料理が堪能でき、リーズナブルな費用で結婚式を挙げられることから、新郎新婦もゲストも大満足できる結婚式スタイルです。

レストランウェディングの費用の相場はどのくらい?

結婚式場の画像

レストランウェディングは、アットホームな雰囲気と費用の安さで人気が高まっていますが、具体的に費用はいくらぐらいなのでしょうか。

式場タイプ別の平均予算

レストランウエディング 平均260万円
ホテルウエディング 平均330万円
ゲストハウスウエディング 平均370万円
専門式場で結婚式 平均306万円
神社・仏閣で結婚式 平均220万円

レストランウエディングの平均予算は260万円で、もっとも高額なゲストハウスウエディングより110万円も安く結婚式を挙げることができます。

レストランウェディングをするなら会費制?ご祝儀制?

結婚式場の画像

レストランウェディングは、挙式費用がほかの結婚式場より安く済むことから、ご祝儀制ではなく会費制でおこなわれることが増えています。

会費制にするか祝儀制にするかで、ルールはあるのでしょうか?

レストランウェディングは会費制が主流

レストランウェディングには会費制とご祝儀制の2つのパターンがあり、新郎新婦はどちらを選択することもできます。

会費制の特徴は、新郎新婦がご祝儀の平均相場よりも低い価格を設定して、ゲストに結婚式の参加費を支払ってもらう点です。

会費は1万円~1万5千円が相場と言われています。

ゲストからお祝い金をいただくご祝儀制は、決まった金額はありませんが、友人だと3万円、家族や親族は5〜10万円を包むのが一般的です。

またご祝儀制の結婚式は、引き出物やプチギフトでゲストにお返しするのが基本ですが、会費制ではお返しを用意しないという違いがあります。

レストランウェディングは、よりカジュアルな結婚式を希望するカップルに好まれるため、新郎新婦もゲストも負担が抑えられる会費制が主流になっています。

会費制でもご祝儀制でも問題ない

会費制が主流になってきているものの、レストランウェディングでもホテルウェディング並みの費用がかかる場合もあり、ご祝儀制を採用するカップルも少なくありません。

ご祝儀制と会費制のどちらが正しいということは特にないので、自分の理想の結婚式に照らし合わせて決めればいいのではないでしょうか。

とはいえレストランウェディングは年配の世代にはあまり浸透していないので、事前に家族・親族の理解を得たほうがいいでしょう。

レストランウェディングの進行や流れは一般的な挙式と変わらない

結婚式場の画像

レストランウェディングは、どんなプログラムで進むのか流れが分からない人も多いのではないでしょうか。

レストランウェディングの一連の流れは、もっとも一般的なホテルウェディングとそれほど変わらないと思って大丈夫です。

挙式

レストランウェディングの会場は、基本的にチャペルが併設されているので、「教会式」を挙げる新郎新婦は同じ敷地内で挙式と披露宴をおこなうことができます。

レストランウェディングでは、ゲストに結婚の証人になってもらう「人前式」も人気です。

「神前式」を希望する場合は、提携する神社へ行って挙式をするのが一般的になっています。

披露宴または会食

挙式後はレストランのパーティー会場で披露宴もしくは会食がスタートします。

開会の言葉に始まり、新郎新婦の入場、新郎新婦の挨拶、乾杯…と一般的な披露宴のプログラムで進めることはもちろん可能ですが、せっかくのレストランウェディングですから、二人らしさを詰め込んだオリジナル演出を入れるのもおすすめです。

レストランウェディングの会場には、ガーデン付きレストラン・プール付きレストラン・一軒家レストランなどさまざまなタイプがありますので、会場の特色を生かした演出をおこなうといいでしょう。

レストランウェディングでおすすめの演出3選

結婚式の画像

レストランウェディングは、形式にとらわれず自由な演出をおこなうことができるのも魅力のひとつです。

レストランウェディングにぴったりの演出を3つ紹介します。

  • オリジナルメニューでおもてなし
  • 利きワイン
  • 会場全体をテーマパークに

オリジナルメニューでおもてなし

レストランウェディングで一番こだわりたいのは「料理」ですよね。

会場によっては、事前にシェフと相談してオリジナルメニューを作ることができます。

新郎新婦にゆかりのある土地の食材を使うなど、二人だけの特別メニューを作ってみてはどうでしょうか。

利きワイン

あらかじめ銘柄を隠したワインを2本用意して、どちらが高級ワインかゲストに当ててもらいます。

お酒好きのゲストに喜んでもらえそうな演出です。

これを料理にアレンジすれば、お酒を飲めないゲストも参加できます。

たとえばお肉料理を二皿用意して、どちらが高級なお肉か当てる「利き肉」も盛り上がりそうですね。

会場全体をテーマパークに

手作り装飾より思い切ったことがしたいという人は、二人でテーマを決めて会場を丸ごとテーマパークのように演出してみてはどうでしょうか。

これも会場を貸し切っておこなうレストランウェディングならではの特徴です。

人気のあるテーマを例に挙げると、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」です。

エントランスから庭にいたるすべての装飾をアリス仕様に統一し、ウェディングケーキやデザートブッフェのスイーツも「アリスのお茶会」をモチーフに揃えれば、まるで絵本の世界に迷い込んだかのような空間ができあがります。

二人の好きな映画・アニメ・趣味などをテーマに会場を派手に演出すれば、ゲストの印象に強く残る結婚式になるでしょう。

レストランウェディングにおすすめのウェディングドレス

ドレスの画像

レストランウェディングで着用するウェディングドレスは、どんなデザインを選べばいいのでしょうか。

ゲストとの距離が近いアットホームなレストランウェディングでは、ボリュームをおさえたAラインやエンパイアラインのドレスがおすすめです。

動きやすさを重視するなら、足を大胆に露出するミニドレスという手もあります。

「こちら」

会場の規模や雰囲気に合ったドレスを選びましょう。

レストランウェディングのメリット・デメリットは?

結婚式の画像 width=

ここまでレストランウェディングについて詳しく説明してきましたが、結局レストランウェディングをするメリットは何でしょうか。

レストランウェディングのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 料理がおいしい
  • 結婚費用が安く済む
  • 貸切の会場で自由な演出ができる
  • アットホームな結婚式ができる

レストランウェディングの最大の魅力は、なんと言っても料理のおいしさです。

大切なゲストを最高の料理でもてなしたいなら、レストランウェディングをおすすめします。

コストパフォーマンスの高さもレストランウェディングの特徴です。

工夫次第では、ほかの式場より結婚費用が抑えつつも満足のいく結婚式を挙げることができるでしょう。

また本業はレストランなので、会場の装飾や衣装の持ち込み料がかからないため、コスト面もお得なうえに、貸切の会場で演出も自由に楽しむことができます。

レストランウェディングはゲストとの距離が近いため、格式張らないアットホームな結婚式をあげたいカップルにおすすめです。

デメリット

  • 会場がせまい
  • 控え室や待合室など設備が不十分
  • 親族や年配ゲストに不評

レストランウェディングの会場は、結婚式のために会場が設計されていないため、ホテルや専門式場などと比較するとコンパクトな会場が多いことは否めません。

また、控え室や待合室などの設備が整っていない場合もあるので注意が必要です。

レストランウェディングは若い世代を中心に人気が高まっていますが、格式高い結婚式を好む親族や年配ゲストに反対される可能性があることも頭に入れておきましょう。

会場の規模や設備に不安があるなら、事前にブライダルフェアに参加して確認しておくことをおすすめします。

レストランウェディングのメリット・デメリットをしっかり理解した上で検討しましょう。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら