花嫁の画像

結婚式を控えている花嫁が一番気になるのは、脇のムダ毛ではないでしょうか。

ブーケトスやキャンドルサービスなど、結婚式は角度によって脇が露出するケースがあります。

結婚式前であっても普段から処理している方法で問題ないのか、疑問に感じている人もいると思います。

このページでは、「結婚式前に脇のムダ毛を処理する方法」から「脇のムダ毛を自己処理して後悔した先輩花嫁の実例」まで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

「こちら」

結婚式は、脇のムダ毛までしっかり処理しないと後悔することがあります。

結婚式前に脇のムダ毛を処理するのは当たり前?

新郎新婦の画像

結婚式を控えている多くの花嫁は、挙式当日に綺麗な姿で迎えられるようにしたいと思っていますよね。

結婚式では両手を挙げて脇を露出することはありませんが、ブーケトスやテーブルラウンドなどでゲストとの距離が近くなり、角度によって脇が見えることがあります。

脇は普段から処理している人が多いと思いますが、結婚式前は特に気を使って処理する必要があります。

脇の黒ずみは遠くから見ても目立つ

結婚式前に脇のムダ毛を処理しようとしている人の多くは、自宅でカミソリや電気シェーバーを使用しようとしているのではないでしょうか。

産毛程度しか生えていないから、人よりも薄いから、と思っていると自己処理という選択をしがちです。

しかし自己処理は皮膚にダメージを与えることで色素沈着しやすく、毛が皮膚の下に埋まってしまう埋没毛や、雑菌が入って赤くポツポツしてしまう毛嚢炎になりやすくなります。

脇の黒ずみは遠くから見ても目立ちますが、自己処理している本人は「汚い」ことに気がつかない人がほとんどです。

「新婦」

結婚式前に脇のムダ毛は処理するべきですが、処理する方法には細心の注意を払いましょう。

結婚式前に脇のムダ毛を自己処理すると後悔する?

花嫁の画像

結婚式前は脇のムダ毛を処理するべきですが、剃刀や電気シェーバーなどで自己処理をすると後悔するケースが少なくありません。

実際に、脇のムダ毛を自己処理して後悔した先輩花嫁のケースを紹介していきましょう。

脇のムダ毛を自己処理して後悔した先輩花嫁のケース

挙式前日にカミソリで自己処理をしたら、当日に毛穴が赤くポツポツしてしまいました。(20代 女性)
毛抜きで抜いていたら埋没毛になってしまい、黒ずみで汚くて後悔しました。(20代 女性)
結婚式前に初めて除毛クリームを使用したら、肌に合わなかったのか赤くなってヒリヒリしました。挙式当日まで回復せず、やめておけばよかったと思いました。(30代 女性)

自己処理には様々な方法がありますが、どれもトラブルになる可能性はゼロではありません。

人生で一番キレイな姿でいたいのであれば、結婚式前に脇のムダ毛を自己処理するのは避け、プロに依頼するようにしましょう。

ブライダルシェービングは脇が含まれていないため要注意!

シェービングの画像

結婚式前に脇のムダ毛処理をプロに依頼すると聞くと、ブライダルシェービングを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

結婚式前は体の隅々まで手入れしたいと考えるため、ブライダルエステとシェービングがセットになったコースを選択する人もいるかもしれません。

しかし、ブライダルシェービングの中には脇が含まれていないケースがほとんどです。

脇は皮膚が薄く、デリケートゾーンと同じ扱いになるうえ、カミソリ負けなどで赤くなる可能性があります。

結婚式前はブライダルシェービングをすれば問題ないと考えていても、実際は施術してもらうことができません。

「こちら」

脇のムダ毛はブライダルシェービングではなく、脱毛サロンで処理するのがベストでしょう。

結婚式前に脇のムダ毛を処理するなら脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロンの画像

結婚式前に脇のムダ毛を処理するのであれば、脱毛サロンで施術を受けるのがおすすめです。

脱毛サロンは費用も時間もかかると思われがちですが、脇だけであればたった数百円で脱毛できます。

そのうえ、挙式当日だけツルツルの状態でいたいのであれば、施術を一回受けるだけでも十分効果を得られます。

脱毛サロンで施術を受けると約2週間後にムダ毛が全て抜け落ち、約1週間はツルツルの状態を保つことができます。

そのため挙式日に合わせて施術を受ければ、たった1回通うだけでも問題ありません。

ミュゼなら100円で通い放題のキャンペーンを利用できる

ミュゼの画像

結婚式でキレイな脇を手に入れたいのであれば、ミュゼで脱毛するのがおすすめです。

ミュゼは現在、両ワキ+Vラインの通い放題が100円ではじめられるキャンペーンを開催しています。

脇だけであれば100円で脱毛できるだけでなく、結婚式後も通い続けられるなんてとってもお得ですよね。

そのうえ、今なら好きな箇所を15円で足すことも可能です。

Sパーツは最大8カ所(1カ所15円)、Lパーツは最大4カ所(1カ所30円)なので、「両手の甲指」のみを追加するのであれば、両ワキ+Vラインの通い放題(100円)と合わせて115円で施術が可能です。

ミュゼの画像

ウェディングドレスから露出する部分(両ヒジ上・両ヒジ下・背中上・両手の甲指・襟足)を選択しても、合計220円で施術が受けられます。

ミュゼを利用すれば、たった100円で両ワキの脱毛を通い放題にできるだけでなく、ウェディングドレスから露出する部分を全て脱毛しても220円で済みます。

前日に産毛が生えてきた!自己処理するのは危険なの?

花嫁の画像

結婚式前に脱毛サロンで施術を受けても、人によっては産毛が生えてきてしまうケースがあります。

結婚式は照明が強いため産毛が目立ちやすく、たとえ細かい産毛であってもきちんと処理しておくのがおすすめです。

もしも挙式前日に産毛を見つけたときは、自己処理で対応するようにしましょう。

結婚式の前日に処理するのであれば「フェリエ」で優しく

挙式前日に気になるムダ毛を処理したいのであれば、パナソニックの電気シェーバーである「フェリエ」などで優しく自己処理するのがベストです。

カミソリは肌を傷つける可能性が高く、除毛クリームは皮膚が赤くなる危険があるため避けましょう。

自己処理したあとは保湿を心がけ、乾燥させないようにすると安心です。

脇の黒ずみはファンデーションで隠してもいいの?

花嫁の画像

結婚式前に慌てて脱毛サロンに通い始めても、自己処理をしてきたことによってできた色素沈着は簡単に消えることがありません。

そのため結婚式当日にファンデーションなどを使用してもいいのか、疑問に感じている花嫁も多いと思います。

脇のファンデーションは各式場によって使用状況が異なるので、一度プランナーさんに確認してみましょう。

ドレスに色が移るとクリーニング代がかかることもある

結婚式場に相談しないままファンデーションを使用する花嫁もいますが、ウェディングドレスに色が移ってしまった場合、クリーニング代を請求されることがあります。

自己処理をし続け、挙式当日はファンデーションで隠せばいいと考えていても、追加でクリーニング代がかかったり、式場とトラブルになる可能性も少なくありません。

しかし、脇の黒ずみは早くから脱毛に切り替えることで段々目立たなくなります。

結婚式が決まったら、なるべく早くから脱毛サロンに通い始めるのがいいのではないでしょうか。

結婚式に恥ずかしくない脇を手に入れるならミュゼがおすすめ

ミュゼの画像

結婚式をキレイな脇で迎えたいのであれば、脱毛サロンであるミュゼの利用がおすすめです。

ミュゼは現在、両ワキ+Vラインの通い放題が100円ではじめられるキャンペーンを開催しています。

脇だけであれば、たった100円で結婚式後も通い続けられるなんて、とってもお得ですよね。

そのうえ、今なら好きな箇所を15円で足すことが可能です。

Sパーツは最大8カ所(1カ所15円)、Lパーツは最大4カ所(1カ所30円)なので、「襟足」のみを追加するのであれば、両ワキ+Vラインの通い放題(100円)と合わせて115円で施術が可能です。

ミュゼの画像

ウェディングドレスから露出する部分(両ヒジ上・両ヒジ下・背中上・両手の甲指・襟足)を全て選択しても、合計220円で施術が受けられます。

ミュゼを利用すれば、たった100円で両ワキ脱毛を通い放題にできるだけでなく、ウェディングドレスから露出する部分を全て脱毛しても220円で済みます。

ミュゼは店舗数も多くて予約も取りやすいので、結婚式前の忙しい花嫁にぴったりの脱毛サロンです。