アニヴェルセル表参道の画像

東京都港区北青山にあるアニヴェルセル表参道は、クチコミ総合サイトで東京都1位に選ばれた注目の結婚式場です。

東京メトロ表参道駅A2番出口より徒歩1分の場所にある、ゲストハウス型の結婚式場になります。

今回、縁あってプレ草嫁のしーぽんさんにアニヴェルセル表参道のブライダルフェアに参加していただけたので、レポートを紹介していきたいと思います。

口コミレポート!アニヴェルセル表参道のブライダルフェアに参加してみた!

アニヴェルセル表参道の画像

初めまして!今年の夏に入籍を予定している、しーぽんと申します。

現在は、新郎のゴマと二人暮し中です。

自己紹介イラスト

入籍は決めたものの、結婚式のことは全然準備ができてなくて、何がわからないかもわからない状態。

きっと、私と同じ悩みを抱えているプレ花嫁の人は多いのではないでしょうか?

プレ花嫁イラスト

お互い仕事が忙しく、デートらしいお出かけもしてなかったので、思い切ってブライダルフェアに行ってみることにしました!

初めてのブライダルフェア参加は新しい発見がたくさん

アニヴェルセル表参道は、表参道の駅を出たらすぐ目の前にあり、方向音痴な私でも迷わず到着することができました。

式場までのアクセスがわかりやすいと、招待するゲストも安心です。

アニヴェルセル表参道の画像

アニヴェルセル表参道の画像

中に入ると、2階に案内されます。

沢山のカップルが相談や挙式に向けた打ち合わせに来ていましたが、中には花婿さんだけで来館している人もいました。

ブライダルフェアは女性がいないと参加できないと思っていたので、正直驚きました。

アニヴェルセル表参道の画像

アニヴェルセル表参道の画像

その後、ウェルカムドリンクとして、春をイメージしたオリジナルドリンクをいただきました。

季節に合わせて色々な種類を作ってるのかなー、と思うと感激です。

アニヴェルセル表参道の画像

まずは、私たちの好きなものや、理想とする結婚式のイメージをプランナーさんと話し合いました。

ここに来て初めてゴマがどんな結婚式をイメージしてるのかなど、聞けたのでなかなか新鮮でした!

結婚式に興味のなかった彼が、ブライダルフェアをきっかけに「その気」になる気持ちもわかります。

アニヴェルセル表参道の8階「THE GARDEN」へ

私たちは豪華絢爛な披露宴よりも、家族と、親しい友人だけでハートフルなお食事会を希望していたので、8階の披露宴会場を案内していただきました。

アニヴェルセル表参道の8階は、「THE GARDEN」と呼ばれるペントハウスをテーマにした披露宴会場です。

アニヴェルセル表参道の画像

部屋の奥にある大きなディスプレイには、花嫁さんたちが思い思いの装飾をするそうです。

アニヴェルセル表参道の画像

人気なのは、花嫁花婿の年表を壁一面に飾る装飾らしいです!

みんなせっせと手作りしていると聞いて、不器用な私感心しまくり。

この披露宴会場は外に出られるスペースが二箇所あり、ここで自分たちの手作り結婚式をすることも可能です。

とにかく、このスペースでは何でもできちゃうので、可能性は無限大!見ているだけでワクワクしました。

アニヴェルセル表参道の画像

アニヴェルセル表参道の画像

披露宴会場の説明を一通り聞くと、新郎新婦の座る席にも実際に座らせていただきました。

一番奥の席もとても近いので、アットホームな披露宴がイメージできる造りです。

アニヴェルセル表参道の画像

アニヴェルセル表参道のチェペルには細かいこだわりが多い

披露宴会場の見学が終わると、ついにチャペルへ案内していただくことができました。

あまり結婚式場を見たことがない私でもわかるくらい、とても神聖な雰囲気のあるチャペルです。

アニヴェルセル表参道の画像

パイプオルガンやステンドグラスは海外のものを直輸入してるとのことで、音色も期待できます。

バージンロードは三段目だけが広くなってるのですが、なぜなのかという理由を伺うことができました。

アニヴェルセル表参道の画像

広くなっている三段目のバージンロードでは、アニヴェルセル表参道のオリジナルのイベントである「確認の儀」というものができます。

「確認の儀」や「家族の時間」ってなに?

「確認の儀」とは、新婦と新婦の父、新郎の三人で三段目に並び、誓いを立てると言う素敵な演出です。

確認の儀イラスト

プランナーさんの語りで想像力MAXになってしまい、つい涙がこぼれてしまいました…。

ブライダルフェアにはハンカチ片手に行ったほうがいい。これ、新発見です。

また、この挙式の前には「家族の時間」というイベントもできるらしいです。

挙式をする前に新郎新婦がそれぞれの親と5分間、思いの丈をお話しできる演出です。

家族の時間イラスト

実際に、とある家族の5分間を撮影した映像を見せてもらうことができました。

ここでも涙腺崩壊したので、やはりハンカチは必須です。

いざ、スイーツ試食へ

見学を終えて、スイーツの試食をしながら感想などをプランナーさんと話し合いました。

ローズの香りが上品で、とっても美味しいスイーツでした!

アニヴェルセル表参道の画像

アニヴェルセル表参道の画像

みっちり見学やお話をしたので、だいたい3時間半ぐらい滞在しました。

招待するゲストの人数とか、理想とする結婚式のイメージとか、何にも話し合ってなかった私たちですが、実際に式場まで足を運んだことでイメージが湧き、もっと具体的に話し合うきっかけができました。

ゴマとの絆も深まった…かな?笑

私みたいな、結婚式の準備をスタートしたいけれど何をしたらいいかわからない、という人は、一度ブライダルフェアに行ってみるのもいいかもしれません。

アニヴェルセル表参道にかかる費用は一体いくら?見積書をチェック!

結婚式場の画像

ブライダルフェア終了後、見積もりを2回に分けて提示していただきました。

50人規模の結婚式を希望しており、1回目は正規の値段で約300万円、2回目は割引を含んだ値段で約240万円でした。

1回目の見積書の時点でヒアリングの内容を加味してくれていたため、すでに私たちが必要だと感じるオプションは含まれていました。

後から卒嫁の友人に聞いたのですが、「初めてブライダルフェアに参加する時が、一番特典が多くて安い」そうです。

今回、私は上記の条件に当てはまっており、2回目の見積りでは想像よりも安い見積書をいただきました。

しかし人生初の式場見学で即決する勇気はなく、また式場を何件か見てから考えさせてください、と伝えました。

自宅に帰って考える時間もいただけた

10万円で仮抑えするという提案もいただきましたが、決定できるかわからない状態で仮抑えの料金を支払う余裕もなく、泣く泣くお断りすることに。

すると、何個か割引は適用されなくなってしまうが、翌週までに返事をすればいくらか割引を残せます、と提案をいただくことができました。

冷静に考える時間をもらえただけでなく、式場探しのヒントもいただけたので初めてのブライダルフェアとしては大変満足です。

自分たちの理想とする結婚式場に出会えるよう、今回の体験をいかして式場探しを進めていきたいと思います。

アニヴェルセル表参道のブライダルフェアの感想は?満足できるの?

アニヴェルセル表参道のブライダルフェアに参加していただいた、しーぽんさんのレポートによると、下記のようなポイントが魅力だとわかりました。

  • しつこい勧誘がなくて安心
  • プランナーさんの案内がわかりやすい
  • 豪華な試食が無料で体験できる

しーぽんさんのレポートを確認すると、勧誘という言葉がなく、しつこい営業がないことがわかります。

プランナーさんの案内がわかりやすく、ブライダルフェア初心者でも安心して参加できるのも大きなメリットです。

そのうえ、インスタ映えするような可愛いデザートを無料で体験できるのもポイントですね。

初めてブライダルフェアに参加するしーぽんさんでも楽しめたので、式場探しで悩んでいるプレ花嫁さんは、アニヴェルセル表参道を「はじめの一歩」にしてみるのもいいのではないでしょうか。

アニヴェルセル表参道のブライダルフェアに参加するならハナユメがおすすめ

アニヴェルセル表参道のブライダルフェアに参加するのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。

アニヴェルセル表参道は人気の結婚式場になるため、事前予約をしておかないとブライダルフェアに参加できないケースがあります。

ゼクシィやハナユメのような式場検索サイトを利用すると、商品券などがもらえるキャンペーンが受けられます。

中でもハナユメ(式場検索サイト)を経由してブライダルフェアに参加すると、40,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が最大50%割引できます。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる30,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「全員もらえる40,000円」+「抽選でもらえる60,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1