結婚式場の画像

結婚式を予定している人の中には、純白のウェディングドレスでバージンロードを歩くチャペルウェディングに憧れている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、「チャペルで結婚式をするときの費用相場」から「チャペル挙式するときのマナー」まで紹介しています。

「こちら」

結婚式の中で最も人気の高い、チャペルウェディングについて学びましょう。

チャペル挙式(チャペルウェディング)とは?

結婚式場の画像

チャペル挙式は、キリスト教のしきたりに沿って結婚式をおこなうウェディングスタイルのひとつです。

ホテルや専門式場内に併設されているチャペルのほか、普段は礼拝堂として使われている教会で挙式することもあります。

先輩カップルへのアンケート調査では65%がチャペルでキリスト教式を挙げており、数あるウェディングスタイルの中でも圧倒的な人気を誇っています。

人前式をチャペルでおこなうカップルも多い

最近では宗教的な儀式はおこなわずゲストに結婚の証人となってもらう「人前式」というウェディングスタイルに注目が集まっています。

人前式を挙げる会場としてチャペルを選ぶカップルが増えています。

チャペル挙式の衣装はウェディングドレスとタキシードが基本ですが、人前式では和装でバージンロードを歩くなど自由な発想で挙式をおこなうことも可能です。

教会で結婚式をするときの費用の相場は?

結婚式場の画像

結婚式をチャペルでおこないたいと思っている人にとって、挙式するときの費用は気になりますよね。

結婚式でかかる費用は招待する人数や会場によって費用が異なります。

また挙式のみ、挙式+披露宴、フォトウェディングなど内容によって費用が全く異なりますので、それぞれのケースで費用がいくらかかるかを理解しておくことが重要です。

チャペルで挙式のみは10〜20万円

チャペルで挙式のみをおこなうときの相場は10万円〜20万円です。

チャペル挙式の費用の内訳は、挙式料、装花代、生演奏、結婚証明書代になります。

生演奏にかかる費用は演者の人数や曲数によって金額が変わってきますので、事前に詳細を確認しておいたほうがいいでしょう。

チャペル挙式+披露宴の相場は約300万円

チャペル挙式後に披露宴をおこなうときの相場は約300万円です。

費用は披露宴をおこなう場所や招待人数で差がありますが、もっとも人気の高いホテルウェディングの相場は330万円で、カジュアルな結婚式として最近人気が高まっているレストランウェディングは260万円が費用の目安になります。

チャペルでフォトウエディングをする相場は10万円程度

挙式はおこなわずにチャペルで写真撮影だけのフォトウエディングをおこなう場合、撮影費や衣装代、ヘアメイク代を含んだ相場は10万円程度です。

スタジオ撮影であれば3万円程度の費用で収まりますが、チャペルでの撮影はカメラマンの出張費用が別途かかるため割高になることを理解しておきましょう。

チャペル挙式のみの結婚式はご祝儀は辞退すべき?

これからチャペル挙式をおこなう人の中には、挙式のみで披露宴はおこなわない予定の人もいるのではないでしょうか。

挙式のみの結婚式でご祝儀をもらうべきか悩みどころですが、先輩カップルの多くはご祝儀を辞退しています。

ご祝儀を辞退する場合は、結婚式の招待状に「ご祝儀のご用意はご遠慮ください」と一言添えて、辞退する意思をはっきり伝えましょう。

二人の意図を事前にはっきり伝えて、ゲスト全員にご祝儀を辞退していることが分かるようにしましょう。

チャペル挙式するときの結婚式のマナーを覚えよう

結婚式場の画像

チャペルウェディングは基本的にキリスト教のしきたりに沿って式をおこなうため、気をつけなければいけないマナーがあります。

チャペル挙式をする際に気をつけるべきマナーをまとめましたので、必ず覚えてから本番に臨みましょう。

  • チャペル挙式は宗教儀式であることを忘れない
  • 撮影可能か確認する
  • 挙式料は費用ではなく「献金」として準備する
  • ゲストの衣装は露出控えめが好ましい

チャペル挙式を選択する花嫁は多いと思いますが、挙式は神聖な儀式であることを忘れてはいけません。

教会は神聖な場所であるという考えから、写真や動画の撮影ができない場合があります。

撮影不可の教会で挙式する場合は、ゲストにも事前に伝えておくようにしましょう。

神聖な教会においては、参列するゲストも露出度の少ない衣装を身につける必要があります。

肌を大きく露出する衣装は避け、挙式中はストールを羽織るといいでしょう。

本物の教会で挙式することは可能なの?

チャペル挙式をするカップルは、ホテルや結婚式場に併設されたチャペルでおこなわれることがほとんどですが、本物の教会で挙式したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

キリスト教徒でなくとも礼拝に通ったり講習を受ければ、教会で挙式することは可能です。

本物の教会は厳かな雰囲気の中で永遠の愛を誓いたいと考えているカップルにおすすめですが、披露宴会場までの移動が不便になるなどデメリットがあるため、あらかじめ車を手配するなど移動手段を考えておきましょう。

一度は訪れたい日本の教会トップ3を紹介!

結婚式場の画像

日本国内にも数多くの有名な教会があるのはご存じでしょうか。

日本人なら一度は訪れたい教会のトップ3をまとめました。

  • 光の教会(茨木春日丘教会)
  • カトリック東京カテドラル関口教会(東京都文京区)
  • 大浦天主堂(長崎県長崎市)

光の教会(茨木春日丘教会)

大阪府茨木市にある茨木春日丘教会で、通称「光の教会」と呼ばれているプロテスタント系の教会です。

世界的建築家の安藤忠雄の教会三部作の一つで、十字架状のスリット窓から入り込む自然光が神秘的な美しさを放っていて、世界中から見学者が訪れています。

カトリック東京カテドラル関口教会(東京都文京区)

東京都文京区にある東京カテドラル聖マリア大聖堂は、建築界の巨匠・丹下健三が設計を担当したことでも有名なカトリック系の教会です。

半世紀以上前に設計したとは思えない近代的な外観ですが、上空から見下ろすと十字架をかたどっているのが特徴で、斬新さと神聖な雰囲気を併せ持っています。

大浦天主堂(長崎県長崎市)

長崎県には、国宝や重要文化財に指定されている歴史ある教会が数多く現存しています。

中でも有名なのは長崎市内にある大浦天主堂で、日本のキリスト教の歴史を学ぶことができる建造物です。

大浦天主堂の正式名称は日本二十六聖殉教者天主堂で、豊臣秀吉のキリスト禁教令により処刑された26人の聖人に捧げられた教会として有名です。

チャペル挙式のBGMで使いたい人気曲5選

結婚式場の画像

チャペルウェディングをおこなうなら、挙式の雰囲気に合ったBGMを流すことも重要です。

チャペル挙式をするときに取り入れたい人気曲5選をまとめました。

  • アヴェ・マリア
  • アメージング・グレース
  • カノン(パッヘルベル)
  • ユー・レイズ・ミー・アップ
  • Marry You(ブルーノ・マーズ)

アヴェ・マリア、アメージング・グレース、カノンは結婚式の定番曲で、厳かな教会の雰囲気にぴったりです。

ユー・レイズ・ミー・アップはキリスト教とは無関係の曲ですが、優雅な曲調と前向きな歌詞が結婚式に合っているということで、挙式のBGMで使われる機会が増えています。

明るくポップな曲調のMarry Youは、人前式をおこなうカップルにおすすめの一曲です。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる30,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「全員もらえる40,000円」+「抽選でもらえる60,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1