電気シェーバーの画像

結婚式を控えている花嫁の中には、ムダ毛をどう処理すればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ウェディングドレスを綺麗に着こなしたい花嫁にとって、ムダ毛の処理は重要です。

しかし、人生で最も大切な日だからこそ、後悔しない方法を選択したいですよね。

このページでは、「結婚式前のムダ毛処理におすすめの電気シェーバー」から「結婚式前に電気シェーバーで自己処理するメリット・デメリット」まで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

「こちら」

結婚式前にムダ毛を処理する時は、失敗しないためにも慎重になる必要があります。

結婚式前にムダ毛の処理をするときは電気シェーバーでもいいの?

花嫁の画像

普段ムダ毛を自己処理している人の中には、電気シェーバーを利用している人も多いのではないでしょうか。

電気シェーバーはカミソリよりも安全に使用できるうえ、数千円で購入できるのが魅力です。

そのため普段から使い慣れている人は、結婚式前であっても電気シェーバーで処理すれば問題ない、と考えているのではないでしょうか。

実際に、結婚式前に電気シェーバーでムダ毛を処理する花嫁は少なくありません。

カミソリや毛抜きで肌に直接ダメージを与えるよりも、電気シェーバーのような安全で刺激の少ないものを選択しましょう。

結婚式前のムダ毛処理におすすめの電気シェーバーはどれ?

シェービングの画像

結婚式前にムダ毛を電気シェーバーで自己処理するのであれば、どの商品が最も適しているのか知っておきたいという人もいると思います。

長年使用できる電気シェーバーであっても、何年も同じものを使用していると汚れや刃こぼれから肌へのダメージは強くなります。

結婚式を機に新しいものに買い替えたいと考えている人は、下記で紹介している商品を参考にしてみてはいかがでしょうか。

パナソニック フェリエ

フェリエの画像

フェリエは電気シェーバーの中でも、最も人気が高い商品です。

ボディ用とフェイス用の2種類がありますが、使用する部位によって使い分けるのがベストです。

フェイス用の刃は厚さ約0.12mmのうす刃になり、肌を傷つけにくい丸い刃先になっています。

ボディ用の刃はフェイス用と厚さに変わりはありませんが、刃溝幅(刃と刃の間隔)がフェイス用よりも広く、太い毛もしっかり処理できる構造になっています。

ボディ用はスイングヘッドになっており、でこぼこした部分にも密着するのが特徴です。

ポーチに入る小さめのサイズなので、挙式当日にも持っていくと安心できます。

価格 電池式or充電式 防水 替刃
1,500〜2,000円 乾電池式(アルカリ単4×1個) × ×

パナソニック サラシェ

サラシェの画像

サラシェは防水加工されているので、使用後に丸洗いができて衛生的です。

全身に使用できるため、うなじや背中などの広範囲な部位にもストレスなく使用できます。

石鹸剃りにも対応しているので肌へのダメージを最小限に抑えられますが、現在は生産終了となっており在庫が残っているネット通販などでしか購入できません。

コンパクトで軽い設計になっており、挙式当日に式場まで持ち運んでも荷物になることはありません。

ただし、あまりにも伸びてしまった毛は処理しずらく、一度ハサミなどでカットしてから使用しましょう。

価格 電池式or充電式 防水 替刃
約2,500円 乾電池式(アルカリ単4×2個)

ブラウン シルク・エピル・レディーシェーバー

シルク・エピル・レディーシェーバーの画像

シルク・エピル・レディーシェーバーは、お風呂の中でも使用できる防水設計です。

パナソニック製のサラシェに比べると使用時の音が大きいとの口コミが多かったですが、男性用の髭剃りと同じくらいだと考えれば問題ありません。

丸ごと水洗いが可能なので、きちんと手入れをすれば何度使用しても雑菌などが入る心配もありません。

フローティング網刃とトリマーがボディラインにフィットし、肌にシェーバーを押し付けることなく処理できるのも大きな特徴です。

角質除去アタッチメントも付属されているので、ムダ毛の処理と同時に古い角質も除去できます。

価格 電池式or充電式 防水 替刃
約2,000円 乾電池式(アルカリ単3×2個)

電気シェーバーを上手に利用するポイント

花嫁の画像

結婚式前におすすめの電気シェーバーを紹介してきましたが、使用方法が間違っていると綺麗にムダ毛を処理することができません。

電気シェーバーを上手に使用するポイントを押さえ、トラブルなしでムダ毛処理をおこないましょう。

  • 長い毛はあらかじめカットしておく
  • シェーバーの使用前に毛を柔らかくする
  • 処理した後は保湿を心がける

長い毛はあらかじめカットしておく

電気シェーバーは数ミリの毛を処理するのに敵しているため、3〜4センチ以上の長い毛はあらかじめカットしておくのがおすすめです。

長い毛はシェーバーに絡んでしまうだけでなく、故障の原因にも繋がります。

長い毛を無理やりシェーバーで剃ると、肌にもダメージが加わるので気を付けましょう。

シェーバーの使用前に毛を柔らかくする

ムダ毛を電気シェーバーで処理するときは、毛が硬い状態のままだと綺麗に仕上がりません。

そのため防水加工がしてあるシェーバーの場合は、お風呂などで処理するのがおすすめです。

防水加工のないシェーバーの場合は、お風呂上がりや蒸したタオルなどで毛を柔らかくしておくと、仕上がりも綺麗になって肌へのダメージも最小限に抑えられます。

処理した後は保湿を心がける

電気シェーバーを使用した後は、乾燥を防ぐためにも保湿を心がけましょう。

カミソリや毛抜きに比べて肌への刺激は少ないものの、シェーバーを当てることで多少の負担はかかります。

化粧水や乳液などでアフターケアをして、しっとりとした状態を保ちましょう。

結婚式前に電気シェーバーで自己処理するメリット・デメリット

花嫁の画像

結婚式前に電気シェーバーで自己処理する花嫁は多いですが、メリットだけでなくデメリットもあることを理解しておかなければいけません。

メリットばかりを見ていると思わぬトラブルに陥る可能性もあるので、あらかじめチェックしておきましょう。

電気シェーバーで自己処理するメリット

  • 好きな時間に好きな場所を処理できる
  • 他人に体を見せる必要がない
  • カミソリや毛抜きより肌へのダメージが少ない

結婚式前の忙しい花嫁にとって、好きな時間に好きな場所でムダ毛を処理できるのが大きなメリットになります。

シェービングや脱毛サロンなど、他人に体を露出する必要がないため抵抗なく処理できるのもポイントです。

電気シェーバーであればカミソリや毛抜きよりも肌へのダメージが少ないため、トラブルになる可能性が低くなります。

電気シェーバーで自己処理するデメリット

  • 肌荒れなどのトラブルが起きる可能性がある
  • 手の届かない部位は剃り残しができる
  • 効果の維持期間が短い

電気シェーバーでムダ毛を自己処理すると、肌荒れやトラブルが起きる可能性があります。

カミソリや毛抜きよりダメージが少ないとはいえ、肌に刺激になることに変わりはありません。

ウェディングドレスから露出する背中やうなじは、自分の手が届かないため剃り残しができることも考えられます。

多くの電気シェーバーは安全設計で作られているため、深剃りできず翌日にはチクチクとした毛が生えているケースも少なくありません。

結婚式前に電気シェーバーでムダ毛を処理した先輩花嫁の口コミ

口コミの画像

20代 女性

結婚式の2日前に電気シェーバーでムダ毛を自己処理しました。

前日では赤くなる可能性があると思って2日前にしましたが、挙式当日に毛が生えてきてしまい、結局当日の朝に全身剃り直しをする羽目になりました。

40代 女性

結婚式だからといってそこまで体をジロジロ見る人はいないと思い、電気シェーバーで軽く自己処理して本番を迎えました。

電気シェーバーなので産毛の細かい毛まで綺麗に処理できず、後から写真を見て後悔しました。

写真で撮られると、想像しているよりもムダ毛が目立つので、電気シェーバーで自己処理するときは気を付けたほうがいいと思います。

30代 女性

結婚式前に脱毛サロンやブライダルシェービングにお金をかけるのがもったいないと思い、普段から使用している電気シェーバーでムダ毛を処理しました。

いつもと同じ手順で処理したにもかかわらず、結婚式前だけ赤いプツプツができてしまい、とっても後悔しました。

いつもやっているからといって、結婚式前もうまくできるとは限らないみたいです。

電気シェーバーで自己処理すると後悔するかも?結婚式前は避けるのがベスト

花嫁の画像

結婚式前にムダ毛を自己処理するのであれば電気シェーバーが最もおすすめですが、決して満足できる仕上がりになるとは言い切れません。

結婚式前はストレスやプレッシャーなどからホルモンバランスが崩れることが多く、いつも以上に肌が敏感になっています。

普段から電気シェーバーを使用していても、結婚式前はトラブルになる可能性が少なくありません。

赤いポツポツしたデキモノ(毛嚢炎)ができてしまったり、皮膚の下に毛が埋まる(埋没毛)こともあります。

そのうえ、肌トラブルばかりを心配して数日前に処理すると、挙式当日に毛が生えてくる可能性も高いです。

結婚式前に限っては、ムダ毛を自己処理するよりもプロの手に任せてしまうほうが、安心して挙式を迎えられるのではないでしょうか。

プロに施術をしてもらうならシェービングよりも脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロンの画像

結婚式前にムダ毛の処理をプロに依頼することを考えると、多くの人はブライダルシェービングと脱毛サロンを想像すると思います。

しかし、ブライダルシェービングは電気シェーバーでの自己処理と同じく、肌トラブルが起こる可能性が高いです。

結婚式前に体をツルツルにしたいのであれば、ブライダルシェービングよりも脱毛サロンでの脱毛を選択しましょう。

脱毛サロンは費用が高いと考えている人が多いと思いますが、キャンペーンを利用すれば数百円で脱毛が可能です。

そのうえ、脱毛サロンで施術を受けると約2週間後に一度ムダ毛が全て抜け落ち、1週間程度はツルツルの状態を維持できます。

「新婦」

挙式日に合わせて施術を受ければ、電気シェーバーを買い換えるよりも安く済ませられるうえ、肌トラブルが起きるリスクも回避できます。

結婚式前に脱毛するならミュゼがおすすめ

ミュゼの画像

電気シェーバーで自己処理するのが不安な人は、あらかじめ脱毛サロンでツルツルにしてしまいましょう。

ミュゼは現在、両ワキ+Vラインの通い放題に、好きな箇所を15円で足せるキャンペーンを開催しています。

Sパーツは最大8カ所(1カ所15円)、Lパーツは最大4カ所(1カ所30円)です。

ミュゼの画像

例えば、ウェディングドレスから露出する部分(両ヒジ上・両ヒジ下・背中上・両手の甲指・襟足)を全て選択しても、合計220円で施術が受けられます。

電気シェーバーを買い揃えるよりも安くて、安全に施術が受けられるうえ、トラブルが起きる心配もありません。

ミュゼは店舗数が多いため予約が取りやすく、結婚式前の忙しい花嫁にとって最も利用しやすいサロンになります。