共済組合で結婚式はどれだけ割引できるの?手続きは面倒くさい?

結婚式に必要になる費用の全国平均は、約350万円だと言われています。

しかしたった1日で終わってしまう結婚式に、そんなにお金をかけることができないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人に一度おすすめしたいと思うのが、共済を利用して結婚式を挙げるというものです。

今、ほとんどの人が共済組合ってなに?という疑問を抱いたのではないでしょうか。

「こちら」

共済組合とはどんなものなのか、なぜ結婚式を安くすることができるのかについて紹介したいと思います。

共済組合ってなに?結婚式はどれだけ安くなるの?

共済とは、お互いにお金を出し合って助け合うという意味があります。

簡単に説明をすると組合に加入している誰かが困ってしまったとき、他の加入者全体で助けてあげるという仕組みです。

そのため毎月共済組合へ保険のようにお金を払うことで、結婚式などのイベントの際に協力してもらうことができるのです。

そのうえ共済加入のハードルは低く、法律や定款で定める要件を満たしていれば誰でも加入することができます。

しかし多くの人からお金を集め、何かあった時には保障を提供するという制度は、なんだか保険と似ている感じがしますよね。

共済には保険とは違う、下記のような特徴があるのです。

非営利事業だから結婚式も安くなる

共済は組合員の相互扶助のための制度になるので、営利を目的にしていません。

最近の保険会社は株式会社化して株主への配当を目的としているところが多いので、営利目的で運営していることになります。

しかし共済は、万が一集めた掛金が余ってしまった場合でも、きちんと還元されています。

そして共済が提供しているサービスの中に、結婚式を支援するブライダルプラザというものがあるのです。

安く結婚式場で挙式をあげられるだけでなく、衣装のレンタルや引き出物の購入もすることができます。

そのうえ共済と提携をしている式場であれば、衣装や引き出物の持ち込み料も無料になります。

県や式場によって割引される金額や割合が違うため、はっきりと提示することはできませんが一般的な結婚式よりも大幅に割引されることは間違いないのです。

共済でブライダルプラザを利用するときの方法は?

結婚式を共済で挙げたいと考えているのであれば、まずは共済に加入するところから始めましょう。

結婚式を挙げる都道府県に住んでいるか、勤務先がないと共済に入会することはできません。

自分の住んでいる都道府県で結婚式を挙げないという人は、一度共済に電話をして相談してみるのがベストです。

共済組合の加入方法

  1. 県民共済のホームページより申込書作成サービスの記入
  2. 共済から郵送で申込書が送られてくる
  3. 郵送されてきた申込書に署名や捺印をした上でポストに投函
  4. 共済側で手続きが完了したら加入証明が届く

結婚式場などに加入証明を提出したりする可能性もあるので、必ずなくさないようにしましょう。

共済に加入をしたら毎月決まった掛金を支払うことになるため、毎月の出費が少し増えることも理解しておきましょう。

都民共済ブライダルプラザ http://tomin.jp/bridalplaza
会費 2,000円/月~
入会資格 東京都在住か職場がある方、都民共済の生命共済に入会

衣装のみ共済を利用したいときは?

和装の画像

共済にあるブライダルプラザを、衣装のみ活用したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

共済は衣装だけレンタルすることも、もちろん可能です。

ただし衣装は本人の加入が必要になるため、新郎の衣装を借りるためには新郎が、新婦の衣装を借りるためには新婦の加入が必要になります。

都民共済の場合、ドレスはアクセサリーや小物込みで全品18,000円〜、タキシードも小物込みで全品15,000円〜になっており、結婚式場やドレスショップでレンタルするよりも大幅に安くなるのです。

他にも埼玉県民共済では、新郎新婦2人で何着レンタルしても50,000円というプランもあります。

結婚式で一番お金をかけてしまいがちな衣装代をおさえることで、結婚式費用をおさえることができるのです。

新郎新婦だけでなく親族の衣装も借りることができる

共済では新郎新婦の衣装だけでなく、両親の衣装をレンタルすることもできます。

この際は本人が共済に加入する必要はなく、新郎新婦でレンタルしてあげることができるのです。

たとえば父親の着るモーニングの衣装であれば、式場レンタルの場合は50,000円程度することが多いのですが、共済でレンタルをすれば9,000円で済んでしまいます。

式場に共済を利用したいと言っても対応は変わらない?

式場に共済を利用したいと言っても対応は変わらない?

共済を利用するときに不安になってしまうのが、共済を利用すると式場に伝えたら対応が悪くなるかもしれないということではないでしょうか。

共済を利用するということは、式場と提携しているドレスショップなどを利用しない可能性が高いですよね。

そのため、式場のプランナーさんに嫌な顔をされてしまうのではないかと思ってしまいがちです。

しかし結婚式場のスタッフさんは、共済を利用して結婚式を挙げるカップルを何組も対応してきています。

共済を利用するからといって、スタッフさんの対応が悪くなってしまうことはありません。

万が一、対応が変わってしまうような式場であればこちらから断ってしまうようにしましょう。

共済に加入するとハネムーンも安くなる

共済に加入をすると、結婚式が安く挙げられる以外にもメリットがたくさんあります。

共済と提携をしている旅行会社を利用すると、旅行代理店の中間マージン分が割引されるので、とてもお得になるのです。

旅行内容やプランに多少の制限はあるものの、格安でハネムーンに行くこともできるので、結婚を考え始めたらブライダルプラザを訪ねてみてはいかがでしょうか。

ハナユメ割で結婚式の費用が150万円も割引できた!

ハナユメ割を活用するだけで結婚式の質を落とすことなく、費用を150万円も割引することができました。

ハナユメでブライダルフェアの予約をし、見学後に簡単なアンケートに答えるだけで33,000円分の商品券をもらえました。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる33,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(無料)はこちら