結婚式場の画像

 ブライダルフェアは冷やかしでも参加できる?しつこい勧誘や営業の断り方

結婚式をする予定は全くないが結婚式場の見学をしてみたい、と考えている人は思っているよりも多いのではないでしょうか。

このページでは、「ブライダルフェアに冷やかしとして参加できるのか」「しつこい勧誘や営業を受けたときの断り方」について紹介しています。

「こちら」

すぐに結婚式の予定がなくても、ブライダルフェアに参加できるのか一緒に考えていきましょう。

ブライダルフェアの参加は、直近で結婚式を挙げる予定のない人でも冷やかしのような人でも気軽に参加できるイベントになります。

そのうえ式場検索サイトを利用してブライダルフェアに参加すると、キャンペーンに応募することができ商品券やポイントなどの特典を受けとることができます。

冷やかしのような人でも、せっかくブライダルフェアに参加するのであれば少しでもお得になるようにチェックしておきましょう。

ブライダルフェア参加で商品券がもらえるキャンペーンはこちら

ブライダルフェアは冷やかしでも参加できるの?

結婚式場の画像

結婚式場のきらびやかなイメージやウェディングドレスへの憧れは、女性であればほとんどの人が持っている感情だと思います。

もちろんブライダルフェアはほとんどの式場が無料のうえ、結婚式の予定がない冷やかしであっても断られることはありません。

しかしモラルを守るためにも人として参加してはいけないケースというものがあるため、最低限のマナーとして注意するポイントをチェックしていきましょう。

ブライダルフェアは結婚式を予定している人が前提

結婚式場の画像

そもそもブライダルフェアは結婚式場探しをするときに、式場選びの判断材料にしてもらうことを前提に開催しています。

やはり結婚式は高額の費用が必要になってくるため、パンフレットなどの情報だけで決断することはできませんよね。

そのため結婚式場はフルコース試食やウェディングドレスの試着会など、魅力的な内容でブライダルフェアを開催しています。

結婚式を挙げる予定がない人がブライダルフェアに参加するときは、ブライダルフェアは結婚式場選びをしている人をターゲットにしていることを忘れてしまってはいけません。

結婚式場の見学がしたいだけの理由では冷やかしになるの?

結婚式場の画像

ブライダルフェアは結婚式を予定している人が参加するものだと説明しましたが、実際には結婚式場の見学がしたいだけの理由で参加しても問題ありません。

結婚式をいますぐ予定していない人でも、数年後にはその式場で結婚式を挙げてもらうことができる可能性があるからです。

ブライダルフェアに冷やかしとして参加するのであれば、招待式場にとってプラスになるようなお客さんとして足を運ぶことが大切になります。

ブライダルフェアにタダ飯目当てで参加するのはマナー違反?

試食の画像

ブライダルフェアに冷やかしのような形で参加したいと考えている人の中には、試食会でタダ飯を食べたいと考えている人も多いと思います。

たしかに結婚式場が開催しているブライダルフェアでは、フルコース試食や高級食材を使用した料理などを無料で試食することができるため誰もが体験したいと考えるものです。

タダ飯を目当てにブライダルフェアに参加することがマナー違反だと言い切ることはできませんが、式場や他のお客さんに迷惑をかけてしまうのであれば避けましょう。

冷やかしとしてブライダルフェアに参加するときの注意点

結婚式場の画像

ブライダルフェアに冷やかしのような形で参加するとき、事前に知っておくと安心できる注意点があります。

ブライダルフェア当日に困ってしまうことがないように、理解しておきましょう。

  • 挙式などの内容が決まっていないことを伝える
  • 案内されている途中で退席したりしない
  • 人数限定のブライダルフェア参加は避ける

挙式の日程等の内容が決まっていないことを伝える

挙式や結婚式の日程が確定していない場合、式場のスタッフさんからは冷やかしだと思われてしまうことがあります。

ブライダルフェアはウィンドウショッピングのように、見るだけで帰るということが簡単にできません。

アンケートの記入や結婚式に関する質問は、必ずプランナーさんから受けることになります。

冷やかしで参加していると思われてしまわないためにも、あらかじめ将来のために見学に来ただけだとう理由を伝えておきましょう。

案内されている途中で退席したりしない

ブライダルフェアは1件参加するだけで約2〜3時間の長い時間が必要になり、約2時間もの間は常にプランナーさんと行動を共にし、結婚式場に関する説明をひたすら聞かなければいけません。

そのうえ無料で豪華な試食を体験することができても、食事中もプランナーさんが側につきっきりになり、料理の説明を受けながら食事をするケースもあります。

しかし、ブライダルフェアの最中に退席してしまうようなことはマナー違反です。

無料の試食会だけを体験したいという安易な考えでは、ブライダルフェアに参加しても後悔してしてしまうことがあることを理解しておきましょう。

人数限定のブライダルフェア参加は避ける

結婚式場の見学がしたいという理由だけでブライダルフェアに参加するのであれば、数名しか参加することができないような人数限定のブライダルフェアに参加することはやめましょう。

基本的にブライダルフェアに参加する人は、真剣に式場探しをしている人ばかりです。

人数限定のブライダルフェアに結婚式の予定がない冷やかしのような人が参加してしまうと、真剣に式場探しをしている人が参加できなくなってしまいます。

ブライダルフェアは誰でも無料で参加することができますが、式場は商売としてブライダルフェアを開催しているため、式場や他のお客さんの迷惑になるような参加の仕方は控えるようにしましょう。

冷やかしで参加するとしつこい勧誘や営業が待っている?

結婚式場の画像

結婚式の予定が決まっていないような人が冷やかしとしてブライダルフェアに参加する際、しつこい勧誘や営業が待っているのではないかと不安になってしまうと思います。

ブライダルフェアに参加する上で勧誘や営業は避けることができないのか、もしも勧誘を受けた時にどうやって対処すればいいのかを紹介していきましょう。

強引な勧誘や営業はおこなわれていないが全くない訳ではない

ブライダルフェアに参加をすると、多少の勧誘や営業を免れることはできません。

式場側は仕事としてブライダルフェアを開催しているため、結婚式を挙げてもらいたい気持ちは誰もがもっていると思います。

しかし契約するまで帰さない、などの強引な勧誘や営業はおこなわれていません。

多少の勧誘や営業はあるものだということを理解しつつ、ブライダルフェアに足を運ぶようにしましょう。

断り方がわからない人のための上手な断り方

ブライダルフェアに参加をすると多少の勧誘や営業は避けることができないと説明しましたが、勧誘を断る方法をあらかじめ知っておきたいという人もいると思います。

たしかに勧誘をうまくかわす時に重要なことは、断り方です。

契約しません、とはっきり伝えることができるように断り方を習得しておきましょう。

ブライダルフェアの勧誘を断る方法は、「ブライダルフェアで勧誘されないためのコツ〜上手な断り方〜」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

式場のパンフレット程度なら郵送で対応してもらえる

パンフレットの画像

結婚式場の見学をしたい!と感じるのであれば、まずは郵送で対応してもらうことができるパンフレットを請求してみましょう。

ブライダルフェアに参加をすると、どうしてもプランナーさんから受ける説明などで2時間程度かかってしまいます。

ただ結婚式場の中を見学したいだけなのであれば、まずはパンフレットを郵送してもらい、それでも式場に行きたいと感じるのであればブライダルフェアに参加してみるようにしましょう。

冷やかしでもお得にブライダルフェアに参加するならハナユメ!

ハナユメの画像

ブライダルフェアに冷やかしのような形で参加する際、式場から断られてしまうのではないかと不安になってしまうと思います。

しかしハナユメを経由してブライダルフェアの予約をすれば、断られてしまう心配は必要ありません。

そのうえブライダルフェアに参加すると、当サイト限定で最大40,000円分の商品券をゲットすることも可能です。

ハナユメを経由すれば、どこよりもお得にブライダルフェアに参加することができますよ。

ハナユメから式場見学を申し込むだけで40,000円分の商品券がもらえる

ハナユメでブライダルフェアの予約をすると、もらえる33,000円分の商品券が当サイトキャンペーンで40,000円分になります!

さらに結婚式を挙げることになった場合も、ハナユメ割を活用することで、結婚式の質を落とすことなく費用を150万円も割引することができました。

他の式場検索サイトで予約をするよりもお得になっているので、見逃してしまわないようにチェックしておきましょう。

「結婚式の割引率」+「商品券でもらえる40,000円」キャンペーンサイトでダントツNo.1

ハナユメの申し込み(公式サイト)はこちら