タキシードとウエディングドレス

ブライダルフェアの試着と聞くと、女性が主役だと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし試着会を開催している式場の中には、男性向けにタキシード試着をおこなっているところもあります。

「こちら」

主役は女性だからと控えめにならずに、男性も積極的に衣装選びに参加しましょう。

  • ブライダルフェアでタキシード試着ができる
  • タキシード試着をおこなっている式場は少ないので、直接おこなっているか聞こう
  • タキシードはパートナーと一緒に選ぶと、衣装選びに失敗しない

ブライダルフェアでタキシード試着ができる!

タキシード

ブライダルフェアでタキシード試着をすることが可能です。

あまり一般的ではないため、知っている人は少ないのではないでしょうか。

式場を決定する条件に衣装が入っているカップルにとっては、嬉しいサービスですよね。

タキシード試着は大々的にはおこなっていませんが、試着させてもらえる式場は多く存在します

大々的にやっていなくても試着させてもらえる式場は多い

一般的にタキシード試着は式場決定後におこなうものだという認識が強いので、ブライダルフェアで大々的に開催されないことがほとんど。

そのため試着をせずに式場を決定して、気に入るものがないからとオーダーメイドで購入するカップルも少なくありません。

しかし大々的に開催していないというだけで、実はおこなっている式場は多く存在します

ドレス試着会とセットになっていることがほとんど

タキシードとウエディングドレス

ドレス試着会をおこなっている式場は、大きく宣伝していないだけでタキシード試着もおこなっている場合が多いです。

試着会というと男性は待ちぼうけというイメージが強いので、女性がドレスを試着している間に男性もタキシードを試着できるのは嬉しいですよね。

二人で試着することによって、タキシードとドレスの雰囲気が合っているかも判断できます

試着会に参加するのであれば、注意したいポイントを以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

ブライダルフェアのウェディングドレス試着会で失敗しないための注意ポイント

ブライダルフェアのウェディングドレス試着会で、失敗しないための注意点を紹介しています。服装や持ち物、身だしなみなど注意したい点がいくつかあるので参考にしてください。試着会付きのブライダルフェアを簡単に探せる方法も教えます。

15,119view

とはいえ必ずしも試着がおこなえるとは限らないので、ブライダルフェアを予約する前に式場に直接タキシード試着の有無を聞いておきましょう。

式場に直接タキシードを試着できるか聞こう

式場のパンフレットと電話の子機

ブライダルフェアの内容欄にタキシード試着の文字がない場合は、式場に直接連絡をして聞くのが確実です。

おこなっているだろうと確認を取らずにブライダルフェアに参加して、断られたら気まずいですよね。

事前に確認しておくことでそういった事態を防げるので、めんどうくさがらずに連絡しましょう。

試着会に参加する場合、特別な準備は必要ありませんので気軽に参加することができます。

用意するものは特になし!気軽に参加しよう

試着会に参加するにあたって、特別な持ち物は必要ありません

体一つで参加できるので、気楽ですよね。

気になる人は、シャツの下に着るTシャツや靴を試着する時に履く薄手の靴下を持っていきましょう

試着会に参加するときの服装は、普段着で大丈夫です。

とはいえブライダルフェアに参加するのですから、ラフすぎる格好は避けてキレイめな服装を着用するのがマナーです。

ブライダルフェアに参加するときの服装については、以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

ブライダルフェアに参加するときの服装は?「春夏秋冬」おすすめスタイル

ブライダルフェアに参加するときの服装について紹介しています。服のチョイスを間違えてしまうと、浮いてしまうかもしれません。春夏秋冬ごとのおすすめスタイルからコーディネートを決めるときの注意点、持ち物までを詳しく解説していますので、参考にしてください。

4,865view

一通り準備が完了したら、次はどんな衣装を選ぶかが重要になってきますよね。

「新婦」

ここからはタキシード選びを失敗しないためのコツを紹介していきます。

タキシードはパートナーと一緒に選ぶのが失敗しないためのコツ

タキシード

タキシードを選ぶときは、必ずパートナーと一緒に選ぶようにしましょう

一緒に選ばないと、雰囲気が異なる衣装をチョイスしてしまう可能性があります。

衣装の雰囲気がちぐはぐでは、ゲストに違和感を感じさせる原因になってイマイチな式という印象を与えてしまいます。

結婚式において、新郎新婦の衣装は極めて重要なポイントです。

ドレスとの雰囲気に合わせてタキシードを選ぶと、間違いありませんよ。

ドレスの雰囲気に合わせてタキシードを選ぶのがベスト

タキシードとウエディングドレス

ドレスの雰囲気に合わせるといわれても、あまりピンと来ない人も多いと思います。

例えばウエディングドレスは純白のフォーマルなドレスなのに、タキシードはブラウンのカジュアルなデザインだったらどう感じるでしょうか。

想像してみると、違和感があるのがわかると思います。

つまり、ドレスとタキシードは同じ系統にすると納得のいく衣装選びができるということです。

ドレスがスレンダーラインであれば、タキシードも細身のスタイルにするなど、雰囲気を合わせて衣装を選びましょう。

とはいえ雰囲気ばかりを重視して、似合わない衣装を選択してしまうのは避けたいですよね。

男性の衣装はサイズ感がとても重要なので、体型から似合う衣装を探すことが大切です。

新郎の代表的な衣装は4種類!体型から似合うものを選ぼう

タキシードと靴

新郎が結婚式で着用する衣装にはいくつか種類があり、好きなものを選ぶことができます。

種類によって形が変わるため、ものによっては着る人を選ぶ場合もあります。

衣装の特徴や、どんな体型の人が似合うのかを紹介していきますので参考にしてください。

  • モーニングコート
  • テールコート
  • タキシード
  • フロックコート

モーニングコートはどんな体型の人でも似合う!

モーニングコートは昼の礼服の中で最も格式の高い服装です。

新郎新婦の父親が着用しているイメージのモーニングコートですが、新郎用のデザインはスタイリッシュでとてもオシャレです。

ジャケットの前裾が大きく斜めにカットされているのが特徴で、基本的にどんな体型の人でも似合います

ただし足のラインがはっきりと見えてしまうため、足が太い人は違う種類を選ぶのが無難です。

低身長ならテールコートを着ると背が高く見える

テールコートは日本では燕尾服と呼ばれており、聞き馴染みがある人も多いのではないでしょうか。

結婚式というよりかはパーティーなどのイメージが強いテールコートは、夜の礼服で一番フォーマルな服装です。

ジャケットの前裾が短く、後ろが長いのが特徴で、足を長く見せてくれる効果があります

またテールコートはジャケットが特徴的なので目線が上にいきやすく、身長が高く見えるというメリットも。

「こちら」

低身長の人にオススメの礼服です。

ぽっちゃり体型の人はタキシードを選ぼう

結婚式と言えば、やはりタキシードですよね。

新郎の約7割が衣装にタキシードを選んでおり、最も認知度の高い礼服と言えます

タキシードはバリエーションが豊富で、ハリウッドスターが授賞式で着るようなデザインのものから、少し個性的なものまでなんでも揃っているのが特徴です。

モーニングコート同様どんな体型にも似合うので、衣装に困ったらタキシードを選びましょう

ぽっちゃり体型の人でもすっきり着られるデザインが多いため、ぽっちゃりさんにはタキシードがおすすめですよ。

フロックコートは長身で細身の人にオススメ

フロックコートはこれぞ新郎という印象を受ける礼服です。

裾が長く、ストレートなのが特徴的で、ダンディズム溢れるデザインとなっています。

長身で細身の人であれば、かっこよく着こなせます。

低身長やぽっちゃりの人が着ると着せられている感が出てしまうので、フロックコートをチョイスするのはやめておきましょう。

また色を変えるだけでも、雰囲気が変わります。

人気のカラーは5色!ドレスの色と合わせてチョイスしよう

タキシード

衣装を決めるにあたって、カラーは重要なポイントになってきます。

ドレスとの兼ね合いも考えつつ似合う色を探し出すのは大変です。

人気のカラーを紹介していくので、人気色の中から気になる色を探してみてはいかがでしょうか。

人気カラーランキングは、以下のとおりです。

1位 ホワイト
2位 シルバー
3位 ブラック
4位 ゴールド、ブラウン
5位 グレー、ネイビー

1位は王道のホワイトです。

新郎新婦の特権であるホワイトは、新郎らしさを演出してくれます。

2位であるシルバーも、新郎らしい色ですよね。

また5位にランクインしているネイビーは人気急上昇中のカラーです。

黒ほどシックでもなく、親しみやすい落ち着いた色合いが人気の理由。

「新婦」

花嫁の衣装にもよりますが、トレンドのネイビーを視野に入れてみるのもオススメですよ。

衣装で重要なポイントは、デザインと色だけではありません。

小物だと思われているネクタイも、衣装の雰囲気を決めるのに大きく関わってきます。

ネクタイを変えるだけでも雰囲気が大きく変わる

ネクタイ

たかがネクタイと思っている人もいるかもしれませんが、新郎の衣装はネクタイを変えるだけで印象がガラリと変わります

ネクタイ一つを取っても様々な種類があるので、一番似合うネクタイはどれかパートナーと吟味してみてはいかがでしょうか。

また衣装によってネクタイが似合う、似合わないも出てきます。

そういったところもプランナーさんを交えて話し合ってみると、面白いと思います。

ネクタイの種類は以下のとおり。

  • レギュラータイ
  • 蝶ネクタイ
  • クロスタイ
  • アスコットタイ

ではネクタイの特徴について、詳しく説明していきます。

最も多くの新郎に選ばれているのはレギュラータイ

レギュラータイ

ビジネスシーンなどでも使用されている一般的なネクタイがレギュラータイです。

レギュラータイは新郎に一番選ばれており、王道なネクタイともいえます。

どんな衣装にも合わせやすくカラーバリエーションや柄も豊富なので、多くの新郎から重宝されています。

太さは7〜9cmが基本で、それ以上の太さになるとワイドタイ、細くなればナロータイと呼び名が変わるので覚えておきましょう。

ワイドタイはクラシカルに、ナロータイはカジュアルな雰囲気になりますよ。

蝶ネクタイは二次会やカジュアルな式で着用しよう

レギュラータイの次に選ばれているのが蝶ネクタイです。

かわいらしい雰囲気が特徴的で、レギュラータイよりもカジュアルな雰囲気を演出することができます

そのため人前式や披露宴、二次会などカジュアルな場で使用されることが多く、衣装も遊び心のあるデザインをチョイスする人が多いです。

蝶ネクタイには普通のデザイン以外にも、リボンの端がとがっているポイントエンドや、リボン自体が四角に見えるスクエア・ボウタイなど様々なデザインがあります。

衣装に合わせて蝶ネクタイの種類も変えてみると、個性が出るのではないでしょうか。

クロスタイは個性的だから1.5次会にオススメ

ネクタイで個性を出すのであればクロスタイがオススメです。

クロスタイは名前のとおり十字の形にデザインされたネクタイで、スティックピンで留めるだけの簡単な構造になっています。

大聖堂でおこなわれる厳かな雰囲気の挙式にはそぐわないカジュアルなネクタイではありますが、1.5次会や二次会などで使用すると周りと差をつけられます。

ジャケットと合わせるより、シャツとベストに合わせる方がクロスタイが目立つのでオススメです。

大人の男を演出したいならアスコットタイ!

アスコットタイと聞いても、どんなネクタイか分からない人も多いと思います。

アスコットタイはスカーフのように太いデザインのネクタイで、大人の男性を演出してくれます。

フロックコートやタキシードに合わせると、ダンディでラグジュアリーな雰囲気をかもしだせるのではないでしょうか。

他のネクタイよりも首元が華やかに見えるので、シンプルな衣装に合わせるのがオススメです。

「こちら」

管理人のイチオシはアスコットタイです!

ブライダルフェアに参加してタキシードを試着しよう!

チャペル

ここまでタキシード試着の情報と、タキシードを選ぶコツについて紹介してきましたがいかがでしょうか。

衣装選びは女性が主役というイメージがどうしても強くなってしまいますが、そもそも結婚式の主役は新郎新婦です。

主役である二人の衣装を決めるのですから、新郎も積極的に参加していくべきです。

まずはブライダルフェアに参加して、タキシード試着をおこなってみてはいかがでしょうか。

ハナユメ

ブライダルフェアに参加するのであれば、式場割引サイトであるハナユメの利用がオススメです。

現在ハナユメでは、ハナユメを通してブライダルフェアを予約すると電子マネーが手に入るキャンペーンを開催しています。

ブライダルフェアに参加するついでに、ハナユメのキャンペーンを利用してお小遣いをGETしましょう。

式場割引サイトの「ハナユメ」で50,000円分の電子マネーをGETしよう

式場割引サイトの「ハナユメ」でブライダルフェアの予約をすると、もれなく電子マネーが受け取れます。

【おトク情報】特別コラボ金額UPキャンペーン実施中!!

ハナユメ

当サイトからのフェア予約なら、通常40,000円のところ50,000円分に金額アップ!

他サイトやハナユメ公式サイトから申し込むより、10,000円もお得です。

さらに管理人は、特別割引であるハナユメ割で結婚式の費用を150万円も節約できました。

もちろん質はそのまま!

理想の結婚式が、おトクに挙げられます。

「全員もらえる¥50,000円」+「結婚式の割引」はハナユメだけ!

\ 50,000円キャンペーンは4月27日まで /

ハナユメ

結婚式を挙げる人が少ない時期は、ブライダルフェアの内容が豪華になるため狙い目です。

新元号「令和」になって例年より結婚式を挙げるカップルが増えているので、早めに予約しておきましょう。